家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-11

今年は失敗が多い

当然うまくいっている作物も沢山あるのだが、今年はいろいろ失敗だらけである。 失敗例を列挙する。

①ジャガイモの不作: とは言っても昨年収穫したジャガイモを種芋として植えた。 その結果、もう枯れ始めていて、枯れた株を掘ってみると、粒が小さく量も少ない。
IMG_0736syuku_201705282314468c7.jpg

②自分で育苗したトマト、キューリを定植したのだが、その後元気がない。 そのわけは定植直前にぼかし肥を与えたのだが、そのぼかし肥が十分発酵していなかったからのようだ。 

③購入したトマトやキューリやナス苗にビニールトンネルを掛けたのだが、暑すぎて苗が痛めつけられたようだ。 5月に入ってから高温の日が沢山あったのが影響している。

④ゴボウの発芽は上手くいったのだが、その後枯れ始めてしまった。 これもぼかし肥の未熟によると思われる。 これで約25株分だ。本当に少ない。

⑤イチゴは上手く育ったのだが、実付きが悪く収穫が思わしくない。

⑥玉ねぎは相変わらず不作だ。 冬の霜で根が浮いてダメになったものが多いいのである。 まともに収穫できそうなのは2割もないだろう。


今日の農作業: 10:30~13:30
①収穫   春菊、大根、イチゴ(20)、ジャガイモ(約25株))
②アブラムシ退治  トマト、キューリ、ナス、オクラにアブラムシが。 刷毛を使って葉裏をきれいにするのだが、時間がかかる。
③観察:  スイカの一部の葉がちじれてきているようだ。 これが進むと光合成ができなくなりダメになってしまうかも。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター