家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-11

キャベツ

虫よけシートを覆ったキャベツは殆ど虫の被害は無いが、虫よけシートをしないキャベツはみじめなものである。 アオムシたちが
我がものがをでキャベツの葉をむさぼっている。 多い時は10匹ものアオムシをとらえるが、キャベツの葉裏には沢山の子供達がいてすぐに大きくなり大量に葉を食べ始めるのである。 葉裏をきちんと確認しないとアオムシ対策はできない。 また、大きく成長したアオムシはキャベツの葉裏でさなぎになってモンシロチョウとして育ってゆく。

こんなにアオムシがキャベツを食害するのに販売されているキャベツはどのように栽培されているのだろうか。 農薬? それとも虫よけシート? 事実はどうなのだろうか。

食べられ放題のキャベツ: でも葉を剥けば小さくなりますが食材として利用できるのです。
アオムシに食べられたキャベツ

コマユバチの繭: これは益虫だそうだ。 アオムシを退治してくれるようだが、知らないで取り除いていた。 これからはそのままにしておこう。
コマユバチの繭

アオムシ(モンシロチョウ)のさなぎ: 葉裏には結構いる。
アオムシ(モンシロチョウ)のさなぎ


今日の農作業: 16:00~17:30
①収穫   イチゴ(24)、絹さや、スナックエンドウ
②ネギ苗に散水
③春菊の苗に散水
④育苗中の キューリ、トマト、カボチャ、ゴーヤなどの苗に散水: 現在家から畑に移動してある。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター