家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-06

今の畑

今の畑は殺風景ではあるが、まだまだ収穫できる野菜たちが頑張っているし、春を待っている野菜たちも沢山ある。 また、真面目にやればすべき作業も沢山あるのだが、ついついさぼってしまうのである。 ぼかし肥作り、春の準備、畑の片付けも。 
今収穫できるのは大根、ニンジン、キャベツ、白菜、ホウレンソウ、ネギ、などかな。 

麦踏:本当に発芽している麦の葉を足で踏んずけてしまうのです。それでも麦は元気で成長も促進されるのです。 なんでかな?
麦踏

キャベツ踏み:キャベツを踏むことはあまりないのだが、植えて間もない苗なので霜に浮かされないように徹底的に踏み込んでいる。それでもキャベツは育ってくれる。 心配ご無用なのです。
キャベツの根を霜から守る

カキナの防寒:寒さに耐えて元気に育っている。
カキナの防寒

割れてしまった白菜: 食べられるのだが廃棄処分です。
割れてしまった白菜

寒さに耐えるイチゴ:店頭では今が盛りとばかりにイチゴが売られているが、本当の旬は5月。 このイチゴは5月を待っているのです。
寒さに耐えるイチゴ

結球しなかった白菜:種蒔きの時期が遅れると白菜は結球しない。 このようなキャベツは廃棄処分かな。
結球しなかった白菜

白菜の防寒は白菜の葉を上にかけている: 出来れば収穫して納屋で保管できればいいのだが、納屋は無いのでやむをえない。
白菜は葉を掛けて防寒



 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター