家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-06

人参の種まき

冬から春にかけて収穫するニンジンの種まきをした。 自然農法国際研究センターの固定種の「筑摩野ニンジン」である。
畝を20cmくらい掘り下げて、元肥としてぼかし肥と苦土石灰を少し混ぜたものを良く土と混ぜて施してから、肥料のない土を上から被せて畝の完成。 

畝の表面を平らにして圧着し、10cm間隔でスジを付けてそのくぼみにニンジンの種を蒔く。 蒔いた後、篩で細かな土をかけてから、新聞紙を被せて支柱で押さえてから、ジョウロで散水する。

4、5日は毎日発芽の状況を観察し、発芽していれば新聞紙を取り除き、虫よけシートを掛けて置く。 この虫よけシートは雨対策である。 夕立など強い雨が降ると発芽したばかりの小さな苗はたたかれてダメになってしまうことがよくあるのである。

新聞紙でカバーされたニンジンの種。右側はねぎの種を蒔いたところ。
人参と長ネギの種まき

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター