家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-08

イチゴの苗作り

 イチゴのランナーは子苗、孫苗、ひ孫苗と沢山の苗を作ってくれる。 明日が雨なので、是非本日中に苗作りに作業を終わらせたいと遅くまで頑張ってみた。 苗にするのは孫やひ孫苗で、子苗は苗としない。 

 まず、孫苗やひ孫苗のそばに穴を掘り、そこにポットを入れ、ポットの中に土を入れ、その上に孫苗やひ孫苗を置き、U型の針金をランナーにさして苗を固定する。 ポットの周りの空いているところには土を埋め込んでおく。 この状態で根が張るまでそのままにしておく。 ポットは土に囲まれているので、水分不足にはならなくて済む。 

土に埋め込まれたポットに固定されたイチゴの苗:ここには6個のポットが埋めてある
ポットに固定された苗

 この状態で1ヵ月近く置き、ポットの中に根が張るのを見計らってランナーを切ってポットを取り出し、それを夏を超すために日陰で10月頃まで育苗する。 その間苗を枯らさないように散水は必要だ。 

 このようにして夏場を乗り越えた苗を10月後半に畑に植え付け、冬越しさせてあげれば5月には新たなイチゴを収穫できる。

今日の農作業: 9:30~13:30、 16:30~18:30
①家で育苗していたカボチャ、キューリ、トマトを定植
②スイカとカボチャ畑の草取り作業
③イチゴの苗取り作業  95株の苗取りポットを準備した。 明日は雨なので、苗の活着も早いのでは。 
  知人にあげたりするので、あと50株ほど準備をする予定。
④収穫  キューリ*4、ナス*5
⑤観察 ショウガの発芽:心配していたがやっと発芽してくれた
ショウガの発芽


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター