家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-09

蓄膿症の手術の後遺症か?

3月25日ころから頬を押すと何かふくらみがあり、押すと痛い感じを受けた。 28日になってから痛みが激しくなり、夜は眠れなくなり、夜中の3時ころ痛み止めを飲み、何とか29日の朝を迎えた。 その日は孫のお迎えをしたが、一日床に臥せっていた。 その間に頬は大分腫れてしまったと同時に目から涙が自然と出てきてしまう。 頬の腫れが眼の近くまで来ているので、涙腺が刺激されているようだ。

夜になって急きょ歯医者に出かけた。 てっきり虫歯の痛みだと思っていたのである。 しかしながら、歯医者からこれは蓄膿症の手術の後遺症だろうと言われ、良くあることなのだそうだ。 今と違って昔の手術は不十分で、10年20年後に後遺症を引き起こすことが良くあるのだそうだ。 今日は痛み止めとジスロマックと言う抗生物質をいただき飲んだ。 おかげで夜は十分寝ることが出た。

30日は朝一番で行きつけの耳鼻科に出かけて診てもらった。  歯医者の言うとおり、蓄膿症の手術の後遺症であり、色々な薬を飲むように言われた。 それでも治らないようなら手術をした青梅総合や毛呂病院に行って再手術をすることになると言われた。
起きていると目から涙が出てくるし、何かと気分が良くないので、今日一日は殆ど静かに横になっていた。 夜になって腫れも引いてきているし、涙もそれほどでなくなったので、大分気分も良くなってきている。

と言うわけでただいまこの記事を書いているが、幼稚園の休みは明日31日で終わり。 明日までに完治して欲しいものだ。 おかげで農作業ができないでいる。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター