家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-08

玉ねぎの種まき

玉ねぎは毎年うまく栽培できないものの一つだ。 だいたい、アルカリ土壌の作物はあまりうまくできないことが多い。 それは、
化学肥料を使わなければ特に石灰などを与えなくてもうまく育てることができるという本を読んだことがあるからだ。 でも、それには他の条件があるような気がしている。 一番可能性が高いのは、たくさんの堆肥を入れて栽培することだ。 でも、たくさんの堆肥を確保するのは容易ではない。 

というわけで、今年は苦土石灰とぼかし肥を例年よりも3倍近く元肥として与えてみた。 どうなったかは今後報告する。

①まず、周りの残渣をきれいにして、
②苦土石灰を例年の3倍くらい撒き、
③ぼかしも例年の3倍近く撒いてから、
④シャベルで天地返し。 
⑤その後テンガで土を掘り起こし、
⑥畝を作り、
⑦レーキで表面をならし、
⑧さらに表面を平らにし、
⑨ひしゃくの底を使って種まき用の丸い溝を作る。
⑩そこで、玉ねぎの種を5個くらい蒔き、
⑪その後ふるいを使って土を被せ、
⑫ここで、虫よけシートを表面に張って(雨でたたかれないため)、
⑬ジョーロで水をかけて完了。

以上の作業完了後の写真:へこんでいるところに種を蒔いた玉ねぎの種まき

今日の農作業: 14:00~17:30
①玉ねぎの種まきの準備と種まき
②収穫  落花生、サツマイモ、キューリ
③少しだけ茶ノ木刈り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター