家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-10

落花生の収穫

例年9月後半になってから収穫するのだが、落花生を試に収穫してみた。 意外や意外もうかなりできていてる。 まだこれから育つ実もあるが、少しづつ収穫していこうかな。
早速収穫したばかりの落花生を茹でピーとしていただいた。 おいしいこと

収穫したばかりの落花生収穫した落花生

茹でた落花生(茹でピー):落花生を良く洗う。 鍋に十分な水を入れ、塩を好みの量入れ、落花生を入れて、強火で湯をわかす。 湯が沸いて来たら中火で40分くらい茹でる。 茹で上がったら、そのままにして、冷めたら完成。 冷める間に塩分が豆の中に浸み込み塩加減が良くなるようだ。 表面が凸凹している豆が完熟、白くつるっとしている豆は完熟していない豆。 でも茹でピーは完熟していない豆のほうが甘味があって柔らかくておいしい。
茹で落花生

茶ノ木の間に育った落花生:土が全く見え無くなってしまった。茶ノ木の間の落花生


今日の農作業: 5:30~11:30
①収穫  いろいろ収穫した。 落花生、キューリ、ナス、シシトウ、オクラ、インゲン、長ねぎ、ゴーヤ、すぐり菜(新戒青菜、パクチョイ、株)
②種まき  ホウレンソウ、2年子大根(第2弾)、ニンジン(第2弾)、新戒青菜(第2弾)、
③畝つくり  今まで用意した畝(すでに苦土石灰+ぼかし肥が鋤き込まれている)に苦土石灰を追加し、今一度畝の天地返しを行い、テンガで20cmくらいの溝を掘り、元肥としてぼかし肥を十分に入れて、土とかき混ぜて、掘りあげた土を被せて、レーキでならして畝の出来上がり。 畝には2列の溝を作り、日本ホウレンソウの種を蒔き土を被せて上からテンガで圧着して完成。 
農作業を言葉で説明すると本当に面倒だ。
④カボチャ畑の草取り  半分ほど完了。
⑤新戒青菜、パクチョイ、株の草取りと、間引き作業: この作業ですぐり菜が手に入った。 早速塩もみにした。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター