家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-08

畑の乾燥

今年は畑が乾燥することが多い。 これも異常気象の一環かもしれない。 今日も農道を車で走るともうもうと土煙が立つので、ゆっくりと土が舞い上がらない様に走っている。

当然野菜達も水が欲しくてしょうがないのは事実。 種を蒔いたばかりの野菜は発芽しなくなってしまう。 特に水分を欲しがる野菜達には水を与えないといけない。

と言うわけで、自然発芽したスイカに散水、イチゴに散水、種を蒔いたばかりの大根に散水、まだ幼苗の大根に散水、まだ発芽していないホウレンソウに散水、幼苗の人参に散水、種を蒔いたばかりの枝豆とささげには新聞紙を敷いてから散水、なすとキューリに散水、さすがにトマトは乾燥には強く散水しなくても元気そのものだ。 

これから散水しなければいけないのは落花生、ごーや、おくら、インゲンなどなど。 もう雨水タンクに水はないが、家から水を何回も運んで水を確保したい。 今日も50リットルの水道水を畑に運んだ。

このように各種野菜達に散水したいが、畑での散水には相当量の水が必要だ。  

雨が降って欲しい、雨よ降ってくれ。

今日の農作業:1:30~13:00
①ぼかし肥の原料である油jカスと米ぬかを購入。 これらの原料も大分高くなった感じだ。
②麦の防鳥あみ(50坪用)とトマトの雨対策用の袋100枚(350円)を購入。
③本文に書いた通り、色々な野菜に散水


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター