FC2ブログ

家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2018-02

新しい眼鏡

新しい眼鏡を購入。 もうその新しい眼鏡をかけてから3週間になる。 眼鏡をかけた当日に気が付いて声をかけてくれたのは二人。 幼稚園の職員と園児だ。 その後、しばらくして二人が声をかけてくれたが、幼稚園の職員と園児の保護者だった。 合計4人。 何かが変ってもほとんどの人が気づかないことがよ~くわかる出来事である。 

服装でも、髪型でも余程の変化がない限り、気が付く人は少ない。 人はそれほど他人のことを気にしていないのである。

今日の農作業: 15:00~16:00
 今夜から明日にかけての大雨、大風対策をしようと菜園に行ったが、殆どなにも出来ずに終わってしまった・
 


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト



畑の片付け

今日の農作業: 15:20~16:40
畑の片付け。 作物を作り始める事よりも片付けの方が大変な気がしている。 今日も、くくらなかった白菜、収穫期を過ぎてしまった小松菜(新戒青菜)、青かぶ、などを片付けた。 しばらく乾燥させてから土の中に埋めるつもりだ。
くくらなかった白菜や、旬を過ぎた小松菜は食べられそうなところを選んで少しだけ収穫したが、おいしいかどうかは???


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ティッシュの箱の解体

最近ティッシュを沢山使うような生活スタイルになっている家庭が多いいのではなだろうか。 我が家でも鼻をかむだけでなく、食卓で沢山消費されている。 食事中に食べ物をこぼしたり、手についた汚れなどを落とすのに使われる。 その量たるやかなりの量である。 本当にこれで良いのかと悩んでしまう。

こんなティッシュだが、使い切れば資源ごみとして回収する。 そのためには紙でできた箱と、取り出し口のビニールを分けなくてはならない。 次の3つの作業で完結する。
①まづ、箱の両端にあるミシン目に指を差し込み簡単に開くことができる。
②次に箱を開くのだが、糊付け部分に指を差し込み開いてゆく。 この作業も簡単にできるようになっている。
③箱が開けば取り出し口のビニールをゆっくりと剥がす。  
最近のティッシュは簡単に箱を分解できるようにつくられている。

紙の部分は雑紙として、ビニールの部分はビニプラとして出すことができる。 しかしながら、ティッシュの箱は可燃ごみとして捨てられることが多い。  まだまだ分別ができていないのである。 ティッシュに限らずはやく誰もが正しく分別できる世の中が来ればいいなと思うのである。 分別すれば何が良いかって、焼却するごみは半分くらいに減るし、資源として再生利用はできるし、CO2も減るし、いいことづくめなんだよね。 一人一人がちょっと注意すれば・・・・・。

今日の農作業: 16:00~17:00
①定植:: アスパラガスの定植(4株)、カキナ(ノラボウ菜)の定植(2株)
     これらは一昨日購入したものである。
②見回り: ダメになってしまったと思っていたが、少しのカキナが元気だ。 
     今日植えたカキナと共に育ってくれれば今年も沢山カキナを食べることができるかも。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ロミオとジュリエット

今日は久しぶりの芸術鑑賞だ。 狭山市民芸術祭の一環で行われた市民ミュージカル「ロミオとジュリエット」を鑑賞。 幼稚園に来ている先生がジュリエットの母を演じている。 是非見たいと前売り券を購入し本日狭山市民会館へ。 人気が高かったようで、駐車場に入れず。 やむなく少し離れた臨時に借りた駐車場に車を止めた。 

でも、かなり迫力があったし、素晴らしいい舞台だった。 また来年も期待したい。 来月は入間の市民ミュージカル「不思議の国のアリス」がある。 これも楽しみだ。  

最近は東京でのイベントに参加するのはおっくうになってきた。 長時間の満員電車が面倒なのである。 身近で芸術鑑賞できるのが最高だ。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。


今年の寒さは

今年の寒さは最近にない寒さのようだ。 タマネギを始め幼苗で冬を越す作物は軒並み被害を受けてる気がする。 私の場合は、ホウレン草、カキナ等だ。 タマネギ、ニンジンやネギなどはビニールトンネル等で保護したので比較的順調だ。 このように人が保護してあげないと育たないくらい寒かった。

今日の農作業: 14:00~17:00
①収穫   大根
②白菜苗の畑の片付け
③ノラボウナ(カキナ)とアスパラ苗を購入:まだ植えてはいない
  カキナは寒さで全滅なので、苗を購入。アスパラは初めて栽培する。
④草取り
⑤ジャガイモの2畝つくり。 苦土石灰、牛糞を与え天地返し。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

つくしが芽を出している

つくしが芽を出している、もう春だと言いたいが、寒い日が続く。 でもつくしは春を強く感じることができる。 春だ春だ。 早く本格的な春が来て欲しい。 今年、この庭には相当数のつくしが芽を出しそうである。 

つくしが芽を出した:
つくし

今日の農作業: 15:30~17:00
①草取り  まだ畑には沢山の草が生えている。 今のうちに取っておけば後が楽だ。
②収穫   ニンジン   久しぶりの収穫である。  我が畑で今集収獲できるのは大根、ニンジン、ネギくらいだ。
③見回り  雉や動物の足あとがすごい。 こんなにも沢山の生き物が畑に来ているのだ。 特に雪が解けてやっとエサにありつけるようになったからだろうか。



 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

園庭の鳥

この鳥は園庭で何をしているのだろう。 しきりに何かをついばんでいる。 一体こんなところに何があるのだろうか。 

豆まきの後からいつもハトや他の鳥たちが園庭を徘徊している。 園庭には何キロもの福豆がまかれているのである。 水分を吸って柔らかくなった福豆をついばんでいるようだ。 鳥たちは当分の間はこの福豆を食べて命をつないでいるのかもしれない。 これは本当に福豆だ。  

園庭で福豆をついばんでいる鳥: この光景は毎年の事。
園庭を徘徊する鳥

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ごみの分別は難しすぎる

ごみの分別は難しいのが実態だ。 電話でごみ処理専門の職場に、このごみはどこに分別したらよいのか聞くと担当に代りますとなる。 電話に出た方はわかっていないのである。 全てを覚えていることは無理としても、分別するための資料が市民に配布されていて、それを見れば殆ど対応できるのにである。 そんな状態で市民に分別をきちんとしなさいと言っても説得力はないな。 

これからは分別をいかに簡単にするかをつねに考えていかないと市民はついてゆけないだろう。 

例えば新聞、段ボール、雑誌、牛乳パックはだいたい理解している。 しかしながら、雑紙となると多くの方が資源として回収していることさえ知らないし、多くは可燃ごみとして出している。 雑紙の分別となるとほとんどわかっていないのが実態で、実際に雑紙の分別は難しい。

可燃ごみであるが、普通の方は燃える物は何でも可燃ごみと考えても不思議ではない。 そして燃えないものは不燃ごみであり金属などだと思うのである。 これでは正しい分別ができるはずはない。 

そもそも事業所や家庭から排出されるものは全てごみではなく資源であると考えるのが自然なのである。 その資源からどうしても資源にならないものがごみとして処分される。これがゼロウエイストの考え方の基本である。 このような考え方ができる人が増えたらごみは極端に減少する気がしているのである。

今のごみ行政に携わっている方たちは排出されるのはゴミであり、その中から資源を取り出そうとしているのが実態だ。 ゼロウエイストとは発想が逆なのである。 これではごみ行政の進化は大きな期待を持つことはできないかな。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

物を捨てる

物を捨てるには度胸がいる。 いつも後で使えそうだ、何かに使えるのではないかと物は増えてゆく。 すぐに使えないものは処分していれば物は増えないのかもしれない。 でも、私の部屋には物が増える一方である。 捨てられないのである。 さて、どうしたらよいか。 この年になって物が増えてゆくのは考え物なのかもしれない。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

お雛様を飾る

毎年7段飾りのお雛様を飾っている。 ども、我が家ではなく幼稚園での作業である。 以前飾ったときの写真を見ながら飾るnのではあるが、毎年部品が壊れたり、無くなったりして次第にいい加減になっている。 ちょっとお手伝いをしてもらって約2時間の作業である。 それにしても手間のかかる作業である。 飾ったお雛様ではあるが、配置や持ち物などかなりいい加減だと思う。 でも例年指摘してくれる人は誰もいない。 ほとんどの方が、お雛様の飾り方を知らないことの証明かな。 これなら余程の間違いをしない限り私でも飾れるのかも。

いつも飾りながら思うのだが、2,3週間後にはこれを片付けなくてはならないと思うと、ちと憂鬱になってくるのである。

7弾飾りのお雛様:配置や持ち物は正しいか否か
ひな祭り

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日は蕎麦打ち本番

今日がそば打ちの日。 39名が集まり、実際の蕎麦を打つ人は29名かな。 初心者4名、経験はあるが初めてに近い人が多い。 それにも関わらづ、おもったより早めにそば打ちを完了することができた。 

これにはおやじの会のメンバーの手助けが大きい。 おやじの会には10数名の指導できるメンバーがいる。 今日は10名くらいのメンバーが参加。 一人の生徒に一人の先生、これに近いそば打ちなので、殆ど失敗する人はいない。

今日の農作業:なし

そば打ち

明日は40名近い人が参加し30名近い人がそばを打つ。 30名が蕎麦を打つには30台の蕎麦打ち道具が必要だ。 でも、時間的にシフトして打ってもらうのだが、時間がかかる。 痛しかゆしである。 

そば打ちの道具はおやじの会の皆さんが持っているのでできるだけ持参してもらっている。 今回は8セットくらいかな。 
私一人ではできることではないので、デモや全体指導、天ぷら担当、そばつゆ担当、会計、昼食の蕎麦打ち担当、など役割を決めての蕎麦打ちである。

参加した皆さんが少しでもそば打ちができて、蕎麦を楽しんでいただれれば幸いである。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日の記事はお休み

書くことはあるのだが、気乗りがしないので、今日はお休み。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの購入

18日に行われるそば打ち(36名参加)用に蕎麦粉などを入れるビニール袋を購入するためにカインズへ。 たまたま思い出したので、ジャガイモを購入。 きたあかり5kgで1380円。 明確ではないが、毎年確実に高くなっている気がする。 

私が栽培するジャガイモは安定せず、上手くいくときも失敗するときもある。 昨年は見事に失敗。 イモがあまり大きくならなかった。ちなみに昨年は男爵。  一昨年はまあまあの収穫で男爵ときたあかりだったと思う。

購入したきたあかり:比較的粒は小さい。 これだと一個植えかな。
きたあかり5kg

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

天地返し

一昨日行った天地返し。 長さで20m位の畝である。 ここは野草が生え放題の場所だったので、枯れた野草を鋤き込むように天地返しができた。 土壌改良にはなるだろう。天地返し

これからは今年の作物計画を立てていかなくては。 まだ、何も考えていない。 当然最初はジャガイモだが、まだ天地返しと野草取りに集中したい。

今日の農作業:なし。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

さむ!!

今朝の我が部屋の窓の内側。 結露が凍っている。 雨戸を閉めていなかったこともあるが本当に寒い。 
結露が凍っている


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

寒さにやられる野菜たち

寒さに耐える野菜たちもあるが、 本当に今年の寒さは耐えがたいのではないかと思う。 例年ブロッコリーの脇芽を食べるのだが、寒さでやられてしまった。 大根も地上部がやられている。 小さなホウレンソウも一部は霜で枯れてしまった。 麦も霜で浮いてしまった。 麦踏をしたが回復してくれるか否か不明だ。

無残なブロッコリー:
ブロッコリー

小さなホウレンソウは霜で浮いてしまった。もうだめだろう。
小さなホウレンソウ


今日の農作業:9:20~11:30
①2畝の天地返し
②雪で折れた弓だけの交換
③草摂り
④大根に防寒用に土を掛ける
⑤麦踏  回復してくれるかどうかわからない


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

久しぶりにごみ拾い隊に参加

朝は冷えていたが、日中はかなり暖かく感じた。 ごみひろい日和である。 集まった隊員の数も多かった。 今日は市役所を起点に、約2kmのごみひろい。  昨日雨だったので、たばこは水を吸っているので量は増えるだろう。 

アイポット前の陸橋より:ごみ拾いをする隊員の姿。
イポット前の陸橋から

入間市駅前で休息する隊員達。
入間市駅前で休息

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

オリンピック

今年の冬季オリンピックの前評判はすごく、特にマスコミはメダルラッシュを鼓舞している。 昨日の開会式を見て、今日もスノーボード、アイスホッケー、スピードスケート、ジャンプと見てしまったが、思うようにはメダルには届かない。 期待しすぎだな。

マスコミに乗せられてこちらも大いに期待を膨らませてしまったのも確かだが、世界の強豪はそれほど柔いものではないことを痛感。
これからはもっと冷静に見ていきたいものだ。

今日の農作業:なし
   本日は畑仕事をするつもりではあったが、ついついオリンピックを見てしまった。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

やっと畑に顔を出す

今日は仕事の帰りにやっと畑に顔を出すことができた。 まだ、長靴をはかないと畑には近づくことはできない。 何しろ農道はどろんこだし、畑も霜柱が解けてでくちゃくちゃだ。 

車は離れたところにおいて、長靴を履いて畑に。 成長した野草は確実に根付いているが、小さな野草は霜で浮き上がっている。足でかき回すと簡単に浮いてしまう。
野草が浮き上がっている

これは麦が霜で浮き上がった状態に。 足で踏んでおいたが、育ってくれるかどうかは疑問だ。 それだけ今年は寒い。
浮き上がった麦を足踏み

そして、畑のあちこちがまだ凍っている。 
畑の土も凍っている

加えて大根も地上は凍ってしまった。
大根が凍っている

今日の農作業:15:30~16:30
①見回り: 麦が霜で浮き上がっている。 
②野草の刈り込み:良く見ると大き目の野草はそれなりに根を張っている。 三角ぐわで一部刈り込んでおいた。
 
 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

農作業なしの日が続く

農作業なしの日が続く。 雪が降り、寒さが続くと畑に行こうとする気持ちもなえてくるのである。 加えて農道がぬかるんでいるので、車は畑のそばに入れないのも大きな一因になっている。 でも、天地返しはしたい。 寒い間にしないと意味がないので、今度の3連休には必ず畑に足を運ばなくては。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜泥棒

昨日から白菜泥棒が話題になっている。 野菜高騰のおり、丹精込めて作った白菜を盗む。 人の心を踏みにじる最悪の所業であり、いい加減頭にくる話である。 

今年は我が畑の白菜はうまくくくらずあまり食べられる物は多くなかったが、大根、ニンジン、ネギなどはそれなりに収穫することができているし、実家からの提供もあるので、野菜は毎日たっぷりと頂いている。  でも、購入している方々を見ているとあまりの高さにちょっとかわいそうな気がしている。 

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

豆まき

大雪の影響で、幼稚園や保育園では今日豆まきを行ったところが多かったのではないか。 私が勤務する幼稚園では3歳児はかなり泣き出したようだ。 保育所に通う我が孫も怖かったようで泣き出したとのこと。 
一方、5歳児ともなるとこの鬼は何先生と鬼の正体をすぐに見つけてしまう。 1,2歳の差で大きな変化が起きているのだろう。

日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

そば打ち

2月18日にそば打ちを行う。 私が主の幹事だが、参加者が36名で、蕎麦を打つ人数が31名。 道具の数と時間が問題だ。 
道具の数は7セット、時間は3時間。 初心者の多いいなかでこの時間内に全ての方がそばを打つのは至難の業だ。 でも、多くの参加者の希望にこたえてあげるべく首をひねっている所である。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

続きを読む »

83

タイトルの数字は今日の万歩計の数字だ。 一日に83歩。 いかに動かなかったかの証明であり、今までの新記録ではないか。 テレビを見て、スマホをいじくり、パソコンを使っての作業、新聞をじっくり読む。 こんな一日だったのです。 

こんな日は一年を通して二度とないのではないかと思うが、これも雪と寒さの影響で、畑には行けないし、今日はのんびりと決め込んだのでした。

今日の農作業;なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。 

ブーム

最近は、ブームだ、流行っているとマスコミが宣伝する。 しかし、私にはその実感がまるで感じられない。

マスコミが話題を探し、また話題作りに奔走しているのがよーくわかる。 たわいもないことを取り上げてあたかも沢山の人がのめり込んでいるような記事が多い。

あまりにもいろいろなブームがあり、マスコミが煽っているが、多くの人は「またか」と言った感じではないか。 一体,この差は何なのだろうか。

ペットブーム

最近は犬猫のペットブーム。 マスコミでもいろいろな報道がなされている。  殆ど人と同じような扱いを受けている場合も多い。 確かにかわいいし、人懐こいし、癒しを与えてくれる。

一方、食べるだけに飼育されている動物たち。 牛や豚や鶏などはペットとはまるで異なった一生を送っている。 

同じ動物でありながらこの差、この差は何なのだろうか。 何か割り切れない気持ちではある。

私は犬猫は好きでもなく嫌いでもない。 昔は猫を10匹近く飼っていたこともあるし、ネコを湯たんぽ代わりに良く寝ていたこともあるし、猫の出産の手助けをしたこともある。 でも、今は犬猫を飼う気はしない。 なぜなら面倒を見切れないからだ。 

想像だが、人間の世界が変わってきているのかもしれない。 孤独であったり、、人を信じられなかったり、自分が主役になれる存在でありたいと思う気持ちなどがペットを飼うきっかけになっているのではないだろうか。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

また雪

また雪だ。 もう2cm程積もっている。 私の勤務している幼稚園もインフルエンザと雪で振り回されている。 でも、早く安定した状態になって欲しいものだ。

もう雪が2cmも積もっている:
また雪

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME | 

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して13年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター