家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-08

トウモロコシの敵

第二弾のトウモロコシの雄穂が出てきたので、よーく観察してみた。 結構何者かに食べられたような形跡がある。 糞があったり、食べた後が茶色く変色していたりしている。 アワノメイガの仕業のようだ。 でも、ヨトウムシも見つけたので、アワノメイガだけではなさそうである。 

ネットで調べるとある程度はわかる。 雄穂が出るころ卵は葉裏に産み付けられ、葉を食べて成長し、そのうちに雄穂に入り込んでくる。 当然雌穂も同じように食害する。 以前、雄穂から雌穂に移動すると聞いたことがあるが、何が真実なのかよくわからない。
自分で確認するしかないかな。 

まだ何もわかっていなかったので、本日は雄穂を手で圧迫して幼虫を潰してみたが、どれだけ効果があったのかは不明である。 これからは、雄穂が出るころに卵を見つけて処分するのが一番かもしれない。 このような手作業は大量に栽培する農家にはできないかもしれないが、家庭菜園なら対応可能だろう。

トウモロコシの雄穂:すみません、右が上です。 アワノメイガの幼虫がいます。
トウモロコシの雄穂

今日の農作業: 8:30~9:30
①収穫  キューリ、ナス、オクラ、トマト、ミニトマト、カボチャ*2
②第二弾トウモロコシの観察  雄穂にアワノメイガやヨトウムシがいた。 明日は徹底的に観察しよう。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。    
スポンサーサイト

茶畑はツートンカラー

茶畑を良く見てください、濃い緑と薄い緑が交互に並んでいるでしょう。 ツートンカラーなんですね。
ツートンカラーの茶畑
なんでこのようになるのだろう。 これは刈り込む方向が交互に代るからなんです。 刈り込む方向によって葉の向きなどが多少変わることよる。 こんな光景はゴルフ場のグリーンでも見かけますね。 グリーンの場合には縦横交互に刈り込むからマス目のようになっています。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター