家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-08

明日は始業式

8月25日から仕事は始まっているが、明日は幼稚園の始業式。 本格的な一日保育は9月4日(月)からだ。 2学期は運動会、クリスマス子供会など、大きなイベントが控えている。 先生や園児が楽しく過ごせるよう対応しなくては。

今日は駐車場の草取りをほぼ完了。 なぜほぼだって、駐車場には車が止まっていて、どうしても草取りができないところができてしまう。 車が出た後、その部分だけ草が残っている。 大した量ではないので、明日にでも片付けよう。

今日の農作業: 16:30~17:30
①収穫    地這キューリ、ナス、ミニトマト、オクラ、インゲン
②オクラ  オクラの葉をくるっと丸める虫がいる。 その中には幼虫がいる。 害虫なのか益虫なのかわからないのだが、葉が丸まっていると全て切って地表に落としている。 地表に落とされたら幼虫は生きていけない気がする。
③白菜、ゴボウ、大根、春菊が発芽しているが、春菊の発芽は思わしくない。 何で???


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。



スポンサーサイト

久しぶりの雨

最近は曇りが多かったが、意外と畑は乾燥し、雨が降ると出てくるカタツムリも影をひそめてしまった。 今日は午後から雨が降り始め降ったりやんだり、時には強く雨が降った。 こんな日でも畑に行き、収穫だけは行った。 オクラやキューリは待ってくれないのである。 私が畑に行った時(15:30頃)は丁度雨が降りやんでくれたのである。 

今日の農作業: 15:30~16:30
①収穫   ナス、キューリ、オクラ、虫食いトウモロコシ
②春菊  新聞紙を剥がし、虫よけシートを掛けた。 どちらかと言うと幼苗期の雨対策である。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜の発芽

二日前に蒔いた白菜の種が発芽してきた。 まだ、土から芽を出したばかりだが本当に早い。 ここ天気が良く、水分も与えたので、発芽も早まった気がする。 同時に、同じ日に蒔いた春菊も発芽してきている。

白菜の発芽: 種を残してもしょうがないので、一か所に10粒くらい蒔いてしまった。
白菜の発芽

白菜畑に刈り取った草を麦わらと同じようにかけて置いた。 これで、水分の蒸発防止と水分確保ができた様だ。 草もうまく活用できるのだ。
白菜をカバーしている刈り取った草

今日の農作業: 15:3016:30
①収穫   ナス、キューリ(第三弾の地這キューリ)、オクラ、ミニトマト、ゴーヤ
②28日に蒔いた種に散水と大根に草の藁を掛ける。
③大豆の虫退治
  大豆の葉が小さい時に葉の間に卵を産む輩がいる。 葉が成長するにしたがって幼虫も成長する。 大豆の莢が成長するにしたがって、この幼虫が莢の中に入り込むようだ。 と言うことで、二つ折りに閉じている葉を見つけると取り除いている。 ほとんど中には幼虫がいるのである。 多少葉を取り除いても大豆の成長にはそれほど影響はない。

幼虫がいる大豆の葉: 葉がきれいに二つ折りになっている
虫が入った大豆の葉
 


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

夏休みも終わり

先週の金曜日から仕事が始まった。 夏休みも終わりである。 休みの前はかなり長い休みだとは思っていたが、いざ終わってみるとあっという間の夏休みだった。 

この休みの間に何回かは幼稚園に顔を出したが、草がぼうぼうである。 夏季保育は今日から3日間、この間にすべてきれいにしたいな。 今日は1/4くらいの草を取った。 草の多くは駐車場とはいえ子供たちが毎日触れる場所である、絶対に除草剤などの薬品は使いたくない。

草取り最中に見つけた小さなアリの集団。 沢山の卵もあり、ものすごい数である。 これでは人間はかなわない。

今日の農作業: 16:30~17:30
①収穫   キューリ、ナス、オクラ、ネギ、トマト、ミニトマト こんなものかな。
   それにしても野菜は高い。 今日は昼食を買いにジャパンに行ったが、キューリ、ナス、ネギなどは一本50円。 高すぎだ。
②早く、チンゲンサイ、レタス、ニンジンの種まき。 育苗中のキャベツの定植をしなくては。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

市場には流れない農作物

生産される農作物の何割が市場には出ずにボツまたは家庭内で食べられるのだろうか。 規格外の農産物の多くは加工業者に引き取られるか廃棄されてしまう。 中にはB級品として市場に出回る物もあるが本の少しである。 

虫が食った、傷がついた、色が悪い、大きすぎ、小さすぎ、太すぎ、細すぎなど農産物はいろいろな理由ではじかれてゆく。 でもですよ、多くは食べることは可能なものが多い。  自家用に栽培している農産物は食べきれないで捨ててしまうことも多いと思うが、規格外農産物でもほとんど食べられるのである。

本日トウモロコシを収穫したが、殆どが虫食い。 でも、一部分を切り取れば問題なく食べられるものばかりである。 しかしながら、このようなトウモロコシは市場には出てこないだろう。 他の野菜でも同じようなことが言えるのである。

このように捨てられてしまう農産物はどのくらいあるのだろうか。 たぶん国として統計データは取っていないのではないかと思う。自給率40%以下の日本で、このような農産物をうまく活用したらかなり自給率は上がるのではないかと思う。 このような農産物をうまく活用する方法はないものかといろいろ考えてしまうのだが、私の頭ではなかなか良い方法が思い浮かばない。

今日の農作業: 10:00~14:00
①収穫   ゴーヤ、ナス、キューリ(第三弾のキューリ)、オクラ、ミニトマト、トマト、トウモロコシ
②種蒔き  春菊、ゴボウ、大根2種、白菜3種類
③定植   ブロッコリー8株(購入株)
④茶ノ木刈り少し


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。



いろいろな虫

いつも書いているが畑には沢山の虫たちがいる。 大きな虫だけでなく見るのが大変なくらいの小さな虫達が沢山いる。 意識してみないとわからないので、普通の人には全く気が付かないだろう。 でも、こんな虫たちが作物の成長に大いに貢献しているとしたら???。
私が自然農法を始めてから10年以上たつが、徐々に畑が肥えてきた気がするのである。 あまり肥料を与えなくても野菜が育つ気がしてきたのです。 

ここに今まで刈り取った草を敷いていたのだが、その草を取り除くと本当に沢山の虫がうごめいている。 私にはこの虫がなんだかわからないのだが、何か植物の生育に大きな役割をしていたのではないかと思えてしまうのです。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

夏が戻ってきたと言ってもあまり陽が出ない

夏が戻ってきたと言っても日差しがある時間はあまり多くない。 午前中は結構日が差していたが、午後からはかなり曇っていた。
陽がささなければ農作業をするには全く問題はないので、午後から畑に出かけた。 スイカ畑の後に、2畝は発酵牛糞、1畝はホウレン草のために発酵牛糞+苦土石灰を与えた畝を完成。 後は種まきまたは苗を植えればOKだ。 明日はいろいろな種まきとブロッコリーの苗を植える予定である。

今日の農作業: 14:30~17:30
①収穫   キューリ、ナス、オクラ、トマト、ミニトマト、ゴーヤ
    第二弾のキューリは殆どダメになってきたが、第三弾のキューリの収穫が始まった。 本当にタイミングよくキューリの収穫を続けることができる。
②3畝を完成   一つはホウレンソウ用で、発酵牛糞のほかに苦土石灰を十分に与えた。 ボカシは追肥として土寄せの時に与える予定である。  他の2畝は白菜、株、ブロッコリー、チンゲンサイ、春菊、ニンジン、等の圃場にする予定である。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

初収穫の落花生

最近は収量が多いいので、もう持って来なくて良いと言われている。 高い野菜を購入している人から見ればなんと贅沢なことを! と言われてしまいそうだ。 でも、現実なのです。 家庭菜園の作物を消費者におすそ分けするのは意外と大変なことだ。 私としては食べきれない野菜はただで良いと思うのだが。 

提供する側はただで良いと言っても受ける側はそうはいかない。 いくら? と言っても価格があるわけではない。 こんな問答をしていると、ただで提供するのも面倒になってくる。 それではどうしたらよいのだろうか。 

今日の農作業: 16:00~17:30
①収獲: ナス、キューリ、オクラ、ゴーヤ、トマト、カボチャ、落花生
   落花生は今季初収獲だが、まだ小さな実が沢山ある。 本格的な収穫時期は来月中旬だろう。でも、茹でて食べたらこんなにおいしいものはない。 まだ、盛りになっていない落下生だが、もう食べること可能だ。
    
②スイカ畑の後の整備。 1畝を作る。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の花が咲いている

秋野菜の準備がなかなか進まない。 今日はスイカ畑に畝を作る作業などをしたが、まだまだたくさん作業がある。 そんな中、大豆の花が咲き始めた。

大豆の花: 
大豆の花


今日の農作業: 13:00~17:30
①収穫: オクラ、ゴーヤ
②購入: 完熟牛糞(40l*2  596円)、油カス(20kg 1380円)、ブロッコリー苗(8株、396円)、5寸ニンジン(398円)
③畝つくり
④大豆の追肥と土寄せ
⑤ねぎの土寄せ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

二日休んだ後の農作業

野草の状況、植物への水遣りとごみの状況確認のために幼稚園へ。 園ではないが野草が繁茂していたので、刈り込みを行った。 ガソリンを入れてから畑に顔をだした。  

今日の農作業: 11:30~17:00
①今日の収穫
   書くより写真:でも、書きます。 キューリ、ナス、オクラ、モロヘイヤ、むかご、ネギ、トマト、ミニトマト、ミョーガ、インゲン、カボチャ、ピーマン、ゴーヤ、ブルーベリー  これで全部かな?今日の収穫:二日開けたので大量だ
②一部茶ノ木の刈り込み
③イチゴ畑の草取り
④種の確認:現在持っている種を確認して、今後の作業の優先項目を洗い出し。
⑤一部、畝つくり。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

裏磐梯旅行二日目

年をとると皆朝は早い。 とはいうものの遅い人もいましたね。 

朝食を摂ってからロープウエイで天元台へ。 途中の景色は良かったし、宿泊した吾妻屋旅館が遠くに見えた。 ものすごいところに1軒だけあるのです。  さらに30分ばかり3本のリフトを乗り継いで上へ、さらに30分ばかり石の登山道を上って頂上の湿原へ。心配したが、全員が登頂。 良かった良かった。 お花畑まではいけなかったが、まあまあ花が咲いている場所まで行くことができた。 頂上付近は結構風も強く、下界とは違う姿を見せていた。 

帰りは同じ道を下り、リフト、ロープウエイで下界へ。 リフトに乗っているときにアメに降られたが、こんな経験は初めてだ。 でも、傘をさしたりして何とかクリアー。

その後昼食を摂り大内宿へ(鶴ヶ城はパス)行き人のいない大内宿を堪能。 続いて搭のへっつりへ。 

時間的には大分遅れたので、帰宅したのは10:30くらいかな。 車で家までおくってもらい本当に感謝です。

ケーブルカーから宿を見た: こんなところにあったんだ。 ぽつんと白いところが泊まった宿。 秘境と言われるのも納得。
宿はここにあり:ケーブルーカーより
天元台高原スキー場:リフトを乗る前です。
天元台高原スキー場
人のいない大内宿:なぜなら大内宿が締まる5時過ぎに行ったから。 でも、静かでこんな大内宿は最高ですね。
人のいない大内宿
 

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

裏磐梯旅行1日目

今日はだいぶ前から計画されていた旅行の日である。 一年ぶりの宿泊旅行かな。 昔の会社のメンバーとその家族が10名集まっての旅行だ。 住んでいるところはまちまちなので、それぞれの車に集まっての出発で。 五色沼に集合してから10名一緒に行動をした。 まずは昼食を摂り、五色沼の散策、その後宿に行き、風呂三昧をしてから宴会。 その後は寝るまで各自の趣味の写真や昔の写真などを見ながら飲みふけったのです。 あっという間に寝る時間、でも何時に寝たのか覚えていない。

五色沼
五色沼
宿:吾妻屋旅館
宿:吾妻屋
内風呂:年輪が刻まれています。
内風呂
滝を見ながらの露天風呂:優雅ですよ。
滝を見ながらの露天風呂
木の根っこで作られた露天風呂:良くも作りましたね
木の根の露天風呂


今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スイカ畑の草刈り完了

3/4以上残っていたスイカ畑の草刈りがやっと完了した。 もう、草が倒れてきているので、結構手間のかかる作業で、約2時間もかかってしまった。 これからカボチャ畑もしなくてはならないので、これ以上の時間がかかるだろう。 

刈り込み前のスイカ畑: 一面草で覆われている。
刈り込み前のスイカ畑

刈り込み後のスイカ畑: 刈り取られた草が横たわっている。
刈り込み後のスイカ畑

続いて茶ノ木の刈り込みを5mほど行った。 側面を10cm以上刈り込んだので、結構太い枝をもカットした。 

毎日少しずつ作業は進むのだが、全体としてはまだまだだ。 当分休む暇はなさそうだ。

今日の農作業: 8:00~11:30
①収獲  キューリ、ナス、トマト、オクラ、インゲン、ミニトマト、ゴーヤ
②スイカ畑の草刈り: ブルーベリーや山芋の周りも刈り込んだので、結構時間がかかってしまった。
③茶ノ木の7刈り込み: 側面を強く刈り込んだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。 

何者かに落花生を食べられた

今朝友達の農園に伺った。 昨日落花生を食べたと思われるアライグマを捕獲していた。 ハクビシンやタヌキは見たことがあるが、アライグマは初めてである。 

我が畑に戻って、落花生対策を始めたのだが、すでに少しだけど動物に食べられた跡がある。  一応対策はしたのだが、これで十分なのか不安が残っている。

被害に会った落花生:
被害にあった落花生

落花生畑全体: この中のほんの一部が被害に会っていたので、なかなか気が付かない。
落花生畑

対策をした落花生: 虫よけシートでほとんど全体をカバー。 畑の南北のシートのサイドは支柱を固定しているのでめくられることはない。 空いている通路には8号の釣り糸を張り巡らせた。 
落花生畑の動物対策

友だちの畑で捕獲されたアライグマ: 入間には沢山いるのです。 山沿いには、しか、イノシシもいるようです。
捕獲されたアライグマ

今日の農作業: 9:00~13:30
 今日は晴れたり曇ったり。 曇りの時は良いが、晴れると急にしんどくなる。 次から次に新しい作業が発生するので、なかなか秋野菜の準備が進まない。
①収穫   スイカ、ナス、キューリ、オクラ、インゲン、トマト、ミニトマト、ミョーガ
②草刈り、草取り: スイカ畑 まだ半分は残っている
③ネギの土寄せ  全部で20mくらいかな
④落花生の動物対策 


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

茶ノ木の刈り込み

約300坪の私の畑には合計70m位の茶ノ木が植わっている。 現在は春芽生えた茶の若葉が成長して2~30cmくらいの高さになっている。 当然上だけでなく側面も10cmくらい伸びている。 伸びた分だけ刈り込まないとぼうぼうとした木になってしまうので、年2回くらいは刈り込みを行う必要がある。 10mを刈り込むのに約1時間。 これだから農作業は終わらない。


茶ノ木の刈り込み途中: 30cmくらいの上下の段差がある。
茶ノ木の刈り込み途中

刈り込み終了後: 両サイドには沢山の刈り取った枝葉が。

刈り込み終了

今日の農作業: 9:00~12:30
①収穫   キューリ、ナス、トマト、ミニトマト、ゴーヤ、ミョーガ、オクラ、インゲン、長ネギ
   第二弾のキューリは8月に入ってから毎日10本位の収穫が続いていたが、今日を最後にガクッと減る感じだ。
   今後は第3弾の地這きゅーりの出番だ。 
   地這キューリの今:大分弦が伸びてきている。 でもちょっと混雑しすぎかな。 右を上にして見てください。地這キューリ
 
②茶ノ木の刈り込み: 約10m
③キャベツ畑の草刈り完了  これから片づけが必要。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

むかごの今

今季初めてむかごを収穫した。 ネットで調べるとむかごの収穫時期は9~10月。  現在、大小さまざまなむかごができているが、むかごは風などで落ちやすいし、手でちょっと触れると落ちてしまう。 そんなわけで今日は大きなむかごを選びながら収穫したのです。 まだ小さなむかごが沢山ついているので、大きくなるにしたがって徐々に大きなものを選びながら収穫しよう。

今日収穫したむかご:
収穫したむかご

今日の農作業: 9:00~17:30 昼飯なし
①収穫: キューリ、キャベツ、ナス、オクラ、ゴーヤ、ミョーガ、ミニトマト、インゲン、むかご、ゴーヤ、ニンジン、ジャンボカボチャ
   完熟ゴーヤがあったので来年の種を採取した。
②キャベツ畑の片付け(まだ途中)
③大豆畑の草刈り
④年末用ニンジン畑の間引きと草取り
⑤カボチャ畑の草刈り(まだほんの一部)
⑥イチゴ畑の草取り/草刈り
⑦観察:ニラが成長してきた。 収穫しても良い時期かも
   
今日の作業の多くは草との闘いだ。 


今日収穫した野菜たち:
今日の収穫
ジャンボカボチャはそれほど大きくなならなかった。残念。
今年のジャンボカボチャ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

野菜の高騰?

またまた野菜の高騰がニュースになってきた。 何か大げさだといつも思う。 我が菜園の野菜は日照不足の影響は殆ど受けていない。 何で野菜の価格が上がるのだろうか。 

今日も雨

今日も朝から雨がしとしと。 まるで梅雨だ。 草が生え放題だが雨で畑には行けないので、今日も一日家の中で過ごした。 

部屋の掃除をしたり、埼玉県の花咲徳栄の高校野球を見たり、ゲームをしたり、孫たちとあそんだり、これからすべきことを整理したり、久しぶりに本を読んだり。

最近は本を読むと目が疲れるので、どうしても敬遠してしまう。 最近購入した本が4冊あるがまだどれも読みきっていない。 でも、読みたくて購入した本だ、夏休中に読み切りたいな。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

終戦記念日

今日は終戦記念日。 私は特別何もしなかったが、戦争だけはしたくないしすべきではないと思っている。 感じたことを少し書いてみる。

過去の戦争を肯定する人たちは 戦争せざるを得ない状況に追い込まれやむを得なかった、また植民地解放に役立ったとかいろいろな理由を言っている。 一方過去の戦争を否定する方たちは、日本軍の残虐行為や実際に多くの軍事人や一般人が殺されたり亡くなったりした事実を指摘している。 肯定派も否定派も自分たちの都合の良い視点で戦争をとらえ、都合の良いところだけを強調しているのは事実である。

でも、どんな理由であれ戦争は悪である。 戦前戦中の様に戦争を否定するようなことは一切言えない世の中になり、呪われたように平気で人を殺せるようになってしまう。 そして多くの犠牲者を出し、多くの人々が悲しみに打ちひしがれ、憎悪を増長するのである。  

今の日本はどうなんだろう。  何かきな臭い方向に向かっているような気がしてならない。 

今の北朝鮮問題、本当に解決したいのなら制裁だ、制裁だと遠くから威張っているだけでなく、自ら直接乗り込むような折衝をすべきではないかと思う。 日本の首相にそのくらいの気概が欲しい。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

返しを作る

今日の農作業とはいっても殆ど雨で何もできない。 今日は友人が収穫に来ることになっていたので、多少の雨でも畑に出かけた。
昨日も収穫していないので、キューリなども大分大きくなっていた。

時間もあるので、材料を購入して、蕎麦の返しを作成。 みりん、砂糖、醤油があれば簡単に作ることができる。 そばのつゆ、煮物、うどんのつゆなどに活用でき、また長持ちするので非常に便利である。 今日は約1リットル作成。

今日の収穫  13:00~14:30
①収穫  キューリ、ナス、ミョーガ、トマト、ミニトマト、オクラ、スイカ、カボチャ、インゲン、モロヘイヤ、ブルーベリー
     ミョーガは今季初収穫である。 
②畑の見回り。   すべきことが沢山あるが雨で手を出せない。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

何もしない一日

今日は雨が降ったりやんだり。 畑に行こうにも雨が気になって出かけられない。 本を読んだり、買い物したりすればよかったのだが、一日家も出ずに高校野球を見たりゲームをしたりして過ごした。 休養したように見えるが、かえって疲れが増したような気がする。 私にとって時間を持て余して、ごろごろしているのが一番疲れることなのかもしれない。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大量のごみ

今日は119回ごみひろい隊。 社協から夏ボラの若者が参加。 若者の参加は大歓迎である。今回だけでなく継続して参加してくれるとなお良いのだが。 本日集めたごみは比較的多かったが、理由ははっきりしない。 夏で夜に発生したごみが多かったのかもしれない。 皆さんもゴミ拾いに参加しませんか。 連絡いただければすぐに日程等連絡します。


市役所裏に集めたごみ: 結構大量だ。 これから分別して廃棄する。 このほかにタバコや傘などがある。
集めたごみ

ごみ拾い隊:
ごみひろい

市役所裏でごみの分別をしている皆さん:
ごみの分別をしている皆さん

この写真では良く見えないが、市役所裏の道路は汚れているし草ぼうぼう。掃除が必要。
市役所の裏の道路沿いは汚い


今日の農作業: 13:00~14:00
①収穫: ナス、キューリ、トマト、ミニトマト、インゲン、スイカ、


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

畑の虫達

作物を抜いたり、草を刈ったり取ったりすると沢山の虫がいる。 当然知っている虫もいるが全く名前のわからない虫たちが沢山いる。 一体何種類の虫がいるのか見当もつかない。 少なくとも50種類以上の虫達がいるだろう。 

この虫たちはいったい何の役に立っているのだろうか。 多くの虫たちは野菜や草の残渣を食べて処理してくれている気がするし、農作物の成長を促すような役割を持っているかもしれない。 正確にはどんな役割をしているのかはわからない。 でも、この虫たちが農薬(除草剤、殺虫剤や殺菌剤など)でいなくなったらどうなるのだろうか。 クスリを蒔いたからと言って虫達がいなくなるとは限らないが、殺虫剤は確実に虫たちを絶滅する原子爆弾のようなものだろう。 

虫と農薬との関係はあまり研究されていないような気がする。 多くの学者は農薬と農作物と人間の関係を研究するが、虫などは無視(虫)されている気がする。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

草刈り

朝から雨だったので、午後2時過ぎから北側の駐車場の再整備を実施。 写真がないので全くわからないと思うが、整備をしたのです。

3時過ぎから畑へ。 キャベツ畑の草刈りと虫よけシートを外すつもりではあったが、行った途端に目についた落花生畑の草取り、スイカ畑の草取りに目が移ってしまった。 いつもこのように目的の作業をほったらかしてその場で気になった作業をしてしまう自分があるのです。 キャベツ畑はいつきれいになるやら。 

草刈り: ここはスイカ畑の周り。 手の施しようもないくらい草が伸びてしまった。 伸び過ぎて草が倒れ始めると草刈りが大変だ。 ちょうど倒れ始めた頃なので、今のうちに刈り取っておかないと本当に面倒なことになる。 と言うことで刈り取りを始めた。 手前に軍手、その少し上にノコギリ鎌が見える。 まだ、今日の5倍以上の草刈りが必要だ。
草退治

今日の農作業: 15:00~17:00
①収獲:  きゅーり、ナス、トマト、ミニトマト、オクラ、ゴーヤ、
   第二弾キューリの収穫が下火になってきた。 形も悪くなっているし、量も少なくなってきている。
②落花生畑の草取り  完了
③スイカ畑周辺の草刈り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ハナミズキを切る

天気がいまいちである。 畑の作業は草刈りや草取りが主であるため畑が乾かないと作業がしにくい。 

そんなわけで、今日は女房の要望である庭に植えた樹齢35年、直径20cmのアメリカハナミズキの木を切り倒すことにした。 今のうちに私が木を切らないと木を切れる人がいなくなるからだそうだ。 

大きな木を切る前には、形だけであるが、これから命をいただくことに祈りをささげてから行っている。 

枝木を数本切ったところ。 作業前の写真を撮っておけばよかった。(右が上です)
庭のアメリカハナミズキ

切り株: 枝切ノコギリと鉈を使って・・。
切り株

切り取った後の残渣を含む全景:
切り取ったあとの残渣を含む全景

角度を変えた全景:ハナミズキが無くなって殺風景な感じが。。。  
切り取った後の全景


今日の農作業:5:40~7:00、16:00~17:30
①収穫 キューリ、ナス、オクラ、モロヘイヤ、トマト、ミニトマト、トウモロコシ、ゴーヤ、スイカ
②第二弾トウモロコシの虫対策: 雄穂、雌穂を良く見て、食べられた跡等をチェック。 3匹ほどアワノメイガの幼虫を退治、また雄穂、雌穂を手で握って幼虫を潰す作業を行った。 また、葉裏を見て卵を探したが、見つからない。 一体卵はどこに産み付けられているのだろうか。
③今日収穫したスイカは丸くて(楕円ではない)甘くておいしかった。 種を採取して来年使うつもりである。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ここにキャベツがあるの?

今日は雨が降ったり変な天気で畑に顔を出さず。 一日のんびりと高校野球観戦。 こんなにのんびりとした日も珍しいが、畑のことは気にかかる。 キューリは肥大しすぎただろうな、草はさらに伸びただろうな。 蜂に刺された手は次第に腫れも引いてる感じなので、一安心だ。 

これは二日前の写真だが、草が生え放題の虫よけシートの下には食べられるキャベツが沢山ある。 もう食べきれないので、ほったらかし状態だ。 
キャベツと草

今日の農作業:なし
   明日は早めに収穫に行こう。 当然キャベツも。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

トウモロコシの敵

第二弾のトウモロコシの雄穂が出てきたので、よーく観察してみた。 結構何者かに食べられたような形跡がある。 糞があったり、食べた後が茶色く変色していたりしている。 アワノメイガの仕業のようだ。 でも、ヨトウムシも見つけたので、アワノメイガだけではなさそうである。 

ネットで調べるとある程度はわかる。 雄穂が出るころ卵は葉裏に産み付けられ、葉を食べて成長し、そのうちに雄穂に入り込んでくる。 当然雌穂も同じように食害する。 以前、雄穂から雌穂に移動すると聞いたことがあるが、何が真実なのかよくわからない。
自分で確認するしかないかな。 

まだ何もわかっていなかったので、本日は雄穂を手で圧迫して幼虫を潰してみたが、どれだけ効果があったのかは不明である。 これからは、雄穂が出るころに卵を見つけて処分するのが一番かもしれない。 このような手作業は大量に栽培する農家にはできないかもしれないが、家庭菜園なら対応可能だろう。

トウモロコシの雄穂:すみません、右が上です。 アワノメイガの幼虫がいます。
トウモロコシの雄穂

今日の農作業: 8:30~9:30
①収穫  キューリ、ナス、オクラ、トマト、ミニトマト、カボチャ*2
②第二弾トウモロコシの観察  雄穂にアワノメイガやヨトウムシがいた。 明日は徹底的に観察しよう。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。    

茶畑はツートンカラー

茶畑を良く見てください、濃い緑と薄い緑が交互に並んでいるでしょう。 ツートンカラーなんですね。
ツートンカラーの茶畑
なんでこのようになるのだろう。 これは刈り込む方向が交互に代るからなんです。 刈り込む方向によって葉の向きなどが多少変わることよる。 こんな光景はゴルフ場のグリーンでも見かけますね。 グリーンの場合には縦横交互に刈り込むからマス目のようになっています。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日は痛い思いを3回

台風一過、早速畑へ。 
今日は最悪の日かな。 畑仕事をしていて3回も痛い思いをしてしまった。
①イラガの幼虫(毛虫)にさされる。 ブルーベリーの葉裏に毛虫がいたのだが、外からは見えない。 収獲中に毛虫に手を触れてしまったのである。 この毛虫は触るだけでひりひりし、しばらくは痛みが続くが、そのうちに痛みはなくなる。
②ノコギリ鎌で親指の先端を切る。 農道の草刈り中に手を滑らして切ってしまった。 すぐに血をしぼりだして体内に菌が入るのをふせぎ、ティッシュで巻いて手袋をして作業を継続。 直ぐに血を出せば消毒も不要だし、カットバンも無くて大丈夫だ。
③小型の蜂に刺される。 小型の蜂に刺されると、その場は多少しびれるだけだが、後で手がかゆくなり、腫れてくるのである。 今まで3回ほど経験しているので、気にはしていないが、 現在大分腫れてきている。 明日の朝はどうなっているだろう。  

小型の蜂に刺されて手が腫れている:
小型の蜂に刺された手

今日の農作業 8:30~12:20
①収獲  キューリ、ナス、トマト、ミニトマト、オクラ、インゲン、ゴーヤ、ブルーベリー
②サツマイモ畑の草取り
③隣の畑との境の草刈り
④駐車場周りの草刈り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

サトイモとアブラムシと蟻

いつも見逃してしまうのだが、サトイモの葉表に蟻が数匹群がっている。 アリがいるということはアブラムシが付着していることを示している。 葉の裏を見ると結構な量のアブラムシがいる。 このまま放っておくと葉がダメになってくるので、早めに取り除こう。

サトイモの葉表にいるアリとアブラムシ。 葉裏にはもっとたくさんのアブラムシがいる。 アリとアブラムシは共生関係にある。
サトイモの葉にあり

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター