家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2014-06

トマトを収穫してすぐに食べる

自分で栽培し、収穫してすぐに食べるトマトは最高においしい。 
誰もがそう思うはずだし、本当においしい。
これは多分に錯覚が含まれていると思うが、あまり難しいことはやめよう。
おいしいものはおいしいのだ。
採りたてトマト

今日の農作業: 16:20~18:40
①草取り
②収穫:トマト1、キューリ4
③スイカの定植 2株


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スポンサーサイト

本当のゲリラ豪雨

今日は天気が悪いと思い込んでいたので、畑仕事をあきらめていた。
でも、結構晴れているではないか。 さっそく畑に行って農作業。
暑いほどの日差し、時々大きな浮き雲が日陰を作ってくれる、そんな中での草取りだ。 
本当にすがすがしい感じだ。
すがすがしい青空

でも、午後3時ころから天気は急変する。 冷たい風が、そして黒雲が不気味な感じで近寄ってきた。 遠くでごろごろも聞こえている。 これで農作業は終わりだ。 片づけをして、車に乗るとぽつぽつと降り出した。 帰宅中はそれこそ土砂降り。 家についても車から降りることができない。 しばらく待ってから比較的雨の当たらない助手席のドアから降りて家に入った。
豪雨前の空模様、不気味な感じだ。
ゲリラ豪雨の前触れ

今日の農作業:8:30~12:30、13:30~15:00
①草取り  目標としていたところは完了。 草がたくさんみえるが、すべて根を切りとってあるので、片づけは簡単だ。
  草取りを終えた畑
②ジャガイモ堀  5mを残してすべて掘り上げることができた。 雨で中断。
③観察:ジャンボカボチャ

ジャンボカボチャ
④玉ねぎの収穫:  先日玉ねぎは掘り上げて畑にほったらかしておいた。今日まとめて、家に持ち帰った。
    あまり大きなものは無いのだが、玉ねぎは小粒のほうが使いやすい。そう思いませんか。 
    本当に小さなものはまた種玉ねぎとして使おうと思う。

日本オープンゴルフ

私はゴルフはやらないのだが、畑が狭山ゴルフの近くにあるので、いつも正門前を通る。開催は10月なのに、しばらく前からこの「日本オープンゴルフ」の看板が掲げられている。 いつか看板を写真に収めてやろうと思っていたのだが、本日やっと実現。 私はあまり興味はないけれど、好きな人は観戦したいんでしょうね。
狭山ゴルフ

今日の農作業: 13:00~13:10
今日は雨の中収穫作業だけ実施。明日も雨らしい、これでは野草を片づけることができない。土日は晴れてほしいな~~とつくづく思うのである。
①収穫  ナス2、キューリ3
②見回り  雉が一羽畑の中に。 私に驚いて、ネギの上をそそくさと逃げて行った。おかげで何本かのネギがなぎ倒されてしまった。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。


雨宿り

今日は畑で、車の中で雨宿りをした。 今日は一日、晴れたり、曇ったり、雨が降ったりで、最近の天気は本当に読めない。
天気予報も大変だと思うが、何でこのような天気になるのかが知りたい気持ちだ。
また、寒気が降りてくるので不安定な天気になるというが、何で寒気が降りてくるのかを知りたい。

車の中で雨が上がるのを待つ:
雨が上がるのを待つ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

枝豆

最近は7月から8月にかけて食べる枝豆を育てたことがない。なぜなら、大豆の枝豆を食べていたからだ。でも大豆の枝豆の収穫は10月なので、時期が全く異なっている。
 でも、今年は枝豆を栽培してみた。やっと花を咲かせ始めているが、葉が茂
りすぎの感じがする。窒素分が多いいのかもしれない。 どうなるか?
枝豆

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

むかご

 山芋のむかごの子供? この写真の小さな粒がむかごに育ってゆく。 たくさんの子供が育っているようだ。
ことしはむかごを丁寧に集めてみようと思う。
むかごの卵

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スイカが伸びてきた

今年は新しい種を購入したのだが、うまく発芽せずに駄目になってしまった。やむを得ず、昨年収穫したスイカの種を蒔き育苗した苗が何とか成長を初めてくれたのである。 大いに期待している。
スイカ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

野草:メヒシバ

以前にも書いたが、私は野草を雑草とは言わないようにしている。なぜなら雑草と言う学名はないからである。 それも野草研究家の標ヒロ(しめぎひろ)さんの「草の気に癒されて」を読んでからである。もう、20年以上前かもしれない。

現在わが畑で一番でかい顔をしているのがメヒシバだ。 これから花を咲かせようとする時期である。このまま花を咲かせ実を着けたら、ご近所(周りの農家)迷惑なのである。 自分の種まきや作物を守るためにも適度な草刈りが必要だ。

メヒヒバ:周りにあったメヒヒバはすでに取り除いてある。
これは一株。地べたに這いつくばってのびのびと成長している。これからたくさんの花を咲かせ、たくさんの子孫を残すのだが、根こそぎカットしてしまえば、あとは問題はない。
台地いっぱいに広がったメヒシバ

根をカットし天地返ししたところ。 発芽点を取り除いているので、この株はお・わ・りだろう。
根を切って天地返ししたメヒヒバ

残ったメヒシバの茎。 そのままにしておくと、根が付いているので、猛烈な勢いで繁茂する。 これもきれいに取り除いておく。
残ったメヒシバの茎

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日の農作業:16:00~18:50
 途中で雨が降り出しtが、10分ほど車の中で待つと雨は止んでくれた。さっそく草刈り作業に取り掛かかり、目標にしていた場所の草刈りを終えることができた。

農道の車のわだちにたまった水たまりに雨がぽつりぽつり。 波紋が面白い。
農道のわだちの水たまりにぽつりぽつり

バケツの中にもぽつりぽつり
バケツにもぽつりぽつり

①収穫:獅子唐辛子
②野草との戦い
③観察: ジャンボカボチャは毎日成長しているのがわかる。
ジャンボカボチャ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。



野草との戦い

昨日は雨のおかげで何もできなかったが、
今日は結構晴れ間もあり、夕方になっても雨は降らなかった。
おかげで、野草との戦いができた。

今日の農作業:16:00~18:40
日が長いということはありがたいことである。
最近はする気になれば19:30くらいまで農作業ができる。
①野草の刈り取り
   今日はだいぶはかどったが、当分の間は毎日野草との戦いが続く。
   明日から大豆を植える場所、落花生の周り、スイカの周り、タケノコ芋の周り、・・・・・・終わりはないかな。
②収穫: キューリ2本、ナス1個、大根一本
③観察:ジャンボカボチャ  順調に肥大している。
   さらに大きくなった実


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ゲリラ雨の中

多少雨がぱらぱら。今にもドシャーと降り出しそうな天気。
そんな中、夏野菜の収穫に菜園に向かった。
収穫の後、野草の刈り取りをしたかったが、途中で大粒の雨が。
しばらく車の中で様子を見ていたが、断念して帰宅。

今日の農作業: 14:50~15:20
①キュウリ5本、トマト2個の収穫
②見回り  生姜の芽が5つ出ていた。
        スイカが思ったより元気に伸びてきた。何とか実を着けることができるかも。
        また、昨年自家採取した残った種を蒔いておいたら殆ど発芽してきた。
        今発芽では実をつけてくれるか否かは疑問だが、期待したい。
③ジャンボカボチャが一回り大きくなっている。
ジャンボカボチャ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャンボカボチャ

今年はジャンボカボチャに力を入れているつもり。
いままでで最高は60kg。 今年はぜひそれを超えたい。

6月22日の雌花
ジャンボカボチャが大きくなり始めたようだ。

6月23日の雌花:肥大化が始まっているような気がする。受粉すると急速に肥大して来るのです。
ジャンボカボチャの肥大が始まった?

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

野草に埋もれそうなタケノコ芋

竹の子芋はさといもと同じように、かなり大きくなる。
その竹の子芋が、野草に襲われているような感じである。
タケノコ芋と野草
これが自然農法と言うわけではないのです。
実際は手が回らないのです。

でもこのままにしておくと土寄せが難しい。
土寄せは自然ではないと言われるかもしれません。
そうは言っても、自然農法にも色々な考え方があるのです。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

野草に埋もれそうな落花生

この落花生、野草に埋没しそう。早く野草を取り除かなくては:
2段目の落花生-野草に負けそう

今日の農作業: 16:20~18:50
①収穫  ナス、トマト、キューリ
②野草の刈り取り  この作業は大豆を植えるまでしばらく続きそうだ。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

野草の繁殖

朝から雨、菜園の仕事ができない。
今の菜園には恐ろしい勢いで野草が伸びている。

7月中旬には大豆の種まきをしなくてはならない。
それまでには野草を片づけ、畝を準備しておかねばならない。

雨が降れば野草の片づけはできない。
片づけなければ野草はどんどん成長する。

この野草を片づけないと大豆の種を蒔けない。
写真の下のほうは三角鍬で刈り取ったところ。
一番野草が繁茂している場所

今日の農作業: 15:00~18:10
  今日は雨が上がってからの作業。
①収穫  キューリ 2本
②カタツムリ採取  農作業ではないが、幼稚園の子供たちの為に大型カタツムリを集めた。20匹はいるかな。
③観察  野草の成長が著しい。 しばらくは雨が多いいので、野草退治もできない。 このままでは野草に占領されてしまう。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

空家管理

海外出張者の留守宅の管理をしている。
留守宅が傷まないようにまた何事もないように管理をするのである。
主な作業は、
①家の中に新しい空気を入れるために全ての窓を開けて換気
②たまった水道水を出して、きれいな水道水に置き換える
③各部屋の簡易清掃
④庭などの管理(庭のないマンションは作業なし)
⑤郵便物の管理
である。
月に一度の作業ではあるが、毎月すぐにやってきてあたふたするのです。
でも、時給はすこぶるいいのです。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

麦の脱穀完了

今年の麦の2/3は雀やハトの餌に、残りの1/3を鳥よけして刈り取り脱穀分別まで行い、約5kgの麦を収穫。
5kgの麦を得るまでに15時間はかかっただろうか。
全て手作業なので、時間がかかるのは当たり前であるが、それにしても効率が良くない。
でも手作業でやるので、しょうがないか。

収穫した約5kgの麦:収穫した麦

今日の農作業:
①収穫  ナス2個、キューリ6本、トマト2個
②草刈り、
③麦の脱穀 約2kg  これですべての麦の脱穀を終了。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
 

牛乳パックの台

1リットルの牛乳パックでちょっとした台を作ってみた。 ひもは持ち運びしやすいようにつけたもの。
牛乳パックの台

上下2段、奥行き5段で合計10個の牛乳パックと思いきや、実際は合計80個もの牛乳パックでできている。

各牛乳パックにはそれぞれ折り畳んだ牛乳パックが6枚入っている。
その6個を一個の牛乳パックに入れてからさらにもう一個の牛乳パックに入れているので、8個になる。
8個の牛乳パックでできた箱を10個使っているので、合計80個になる。

この台は大人が乗ってもびくともしない頑丈なもの。
そして、持つと結構重い。 合計で約2.4kgになる。
ちなみに、1リットルの牛乳パックは 紙が26.32g、ポリエチレン3.72g、合計30.04gでできている。
80個集まると2.4kgになるのです。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

枯れたジャガイモ

わが畑のジャガイモはほとんど枯れてしまった。
前にも記事をアップしたが、一株には小さ目のジャガイモが4,5個ついているだけだ。
でも、粒は小さいがこれだけあれば当分は食べられる。
来年は小林さんのように大きなジャガイモを育てたいな。

枯れたジャガイモ:
枯れたジャガイモ畑
小粒なジャガイモ: 一塊が一株から収穫したもの。全部で5株だ。
今日収穫したジャガイモ:一塊は一株

ジャンボカボチャの今

ジャンボカボチャも大分大きくなって雌花が咲くようになってきた。
一個目の雌花は駄目になってしまったが、この2個目の雌花は、
このまま開花して受精して実を膨らませてくれるだろうか。
写真中央のちょっと下にあるのがこれから咲く雌花である。
ジャンボカボチャ

今日の農作業:15:20~16:30
①収穫   キューリ一個、ナス一個、株数個
②小麦の脱穀  今日は途中で雨が降り出してきたので、作業を中断。 採れた麦は約1kg。
③野草かき  
   野草がだいぶ繁茂してきてしまった。水を得て伸びまくっている感じである。 大きめの野草を刈り取る作業を少し。
   伸びてきた野草君たち:
  野草が大変だ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

トマトのカバー

多くの方がトマトの上に透明な屋根を作り、雨に濡れないようにしている。
でも、何か大がかりでそのような屋根を作る気になれない。
以前からもっと簡単な方法はないかと、考えてきたがいまだに良い方法が見つからないまま、
屋根のないままに栽培してきた。

一年前にも一度トライしたのだが、効果のほどははっきりしないままだった。
今年は、レジ袋を使ってトマトのカバーをしてみたのである。
袋の底は完全に開いているので、蒸れることはないだろう。
ただ、日光を当てるためには半透明より透明のほうが良いかもしれない。
袋の中には4個のトマトが育っている。
トマトのカバー

アリと卵

 ふと菜園の隅を見るとアリが続々と巣穴から卵をくわえて出てくる。
一体どこに行くのだろうか。追跡してみたが行き先の確認はできなかった。
でもアリが増えるのは困るので、卵を持ったアリはできるだけ踏みつぶしてしまった。
普通の方は残酷な行為と思うでしょう。

アリが巣穴から卵を持って出てくるところ:アリと卵

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

畑色々

今日はいろいろありました。

キューリを網に誘引:まだ、葉があちこちを向いている。 2,3日で太陽の方向を向くだろう。
キューリを網へ誘引

トウモロコシの土寄せ。隣からイチゴのランナーが出ているので、土寄せは面倒だった。
トウモロコシの土寄せ

トマトは順調である。本日一番下に成ったトマトにビニール袋をかけてみた。 しばらく様子を見るつもりだ。
順調なトマト

麦を刈った後の畑である。 麦の切り株だけが見える。
麦を刈った後の畑

麦の脱穀

ここしばらくは麦の作業が続く。
刈り取りが終わった後の片づけをしてから麦の脱穀作業を行った。
結局うまい方法が見つからないので、手もみで脱穀をすることにした。
麦の束が11束あったが、今日だけで3束の脱穀が完了。 約1.2kgの麦を収穫できた。
このペースならあと2,3日で完了する。
種用の麦は1kgもあれば十分なので、後は気楽に作業ができる。
5kgも収穫したら製粉してうどんでも作ってみようかな。
ちなみに手動の製粉機は持っているのです。

今日の農作業: 15:30~18:20
①キュウリ1本収穫
②麦の脱穀 3束 で約二時間

    束ねた小麦
    
麦の穂の拡大写真:
    穂先の拡大写真

脱穀し、もみ殻やカスを取り除いた実 約1.4kg:
収穫した小麦約1.4kg


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

アメリカオニアザミ

この植物は危険外来植物らしい。 
きれいな花を咲かせるそうだが、多くの市町村で危険植物として退治するよう促している。
この植物の葉には固いトゲがあり、この葉を手で持つのは大変。
多分、植物の中で一番のトゲの持ち主かも。
とりあえず、写真を見てください。
アメリカオニアザミ
拡大すると鋭いとげが良くわかる
アメリカオニアザミの拡大写真
 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

手のしわ

何気なく手をそらせてみると結構しわがある。 手の指ををそらせて見るとしわが一段と良くわかる。 
そこで、しわを摘まんでみると結構伸びるのである。
そんなところをパチリ。
これ人間の手? でも、いやですね~~。
手のしわ

麦の刈り取りと脱穀

麦の刈り取りを行った。 大した面積ではないが、2時間ほど費やした。
まず、鳥よけネットを外してから刈り取り。 適度な大きさに束ねてスズランテープで結束。 
全部で10束位になった。 これで5kg位の麦が収穫できるのでは。

今日はほんの一部を手もみで脱穀を行ってみたが、時間がかかり過ぎだ。
その後もみ殻を取り除くべくみのを使って分別。
その麦がこの写真です。これで228gありました。
まだもみ殻が付いている麦がたくさんあるが、種として使うだけで、
製粉して食べるわけではないので、このままで問題なし。
脱穀分別した麦

拡大するとこんな感じです。長さは7mm位。表面の茶色いのがふすま。その中は白いのです。
拡大したところ。

とりあえず、畑の倉庫に保管したが、うまい脱穀方法を考えなくては。

今日の農作業:15:00~18:20
①トウモロコシの周りの草取りと土寄せ
②麦の刈り取り。 ほんの一部を脱穀
③スイカの種まき(芽が出るかどうか?)


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

麦の刈り取り

昨日テレビで、関東地方では麦の刈り取りが始まってるとのこと。
当然私も、種を採るために刈り取りを始めなくてはならない。
栽培農家ではコンバインを使ってあっという間に刈り取り、モミの状態までしてしまう。
でも、私の場合は全て手作業であり、当然時間がかかる。

今日も仕事が終わったら菜園へ。
最近は7時半ころまで作業ができる。

十分水分を得た野草たちもすくすくと育っている。
野草との戦いも続く。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎ

 今回の玉ねぎは種や苗ではなく、昨年とっておいた小粒の玉ねぎを植えたものだ。
写真を見たほうがわかりやすいので、写真を添付。 きれいに三つに分欠している。 ただし管理が良くないので、あまり大きくない。
3つに分欠した玉ねぎ

今日の農作業:
①キューリの収穫
②キューリの吊るし上げ(いままでは地這状態だったのをキューリネットに絡ませたのです)
③食用カボチャとハロウインカボチャの虫除けシートを外す
④枝豆に虫除けシートをかぶせる
⑤大きくなった草の刈りとり
⑥玉ねぎの収穫
⑦イチゴ畑の雉除け用の釣糸を外す
⑧落花生の鳥除け用の糸を外す


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

第三回環境フェアー

今日は第3回目の環境フェアー。今回の展示は成功か? と問われたら、成功したと答えるかも。一番の目的は市長に雑紙の分別について理解してもらうことであり、それがほぼ実現できたので成功なのである。

今日の紙(雑紙)の展示:
  ・左は雑紙
  ・中央はチョット手を加えれば雑紙として出せる紙
  ・右は雑紙として出せない紙
雑紙の展示

実物を見ていただくと理解が早い。
皆さんには
「あまり厳密に考えなくてもいいですよ。」
「現在自分が持っている知識の範囲で分別してくれればいいですよ。」
「知識は少しずつ増えていきます。」

さいごに「今日覚えたことを周りの人に伝えてください。」とお願いしている。
改めて分別をすると言ってくれた方が10名くらいいる。
嬉しい限りである。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

重箱の隅をつつくの助

この「重箱の隅をつつくの助」をご存知の方はいるかな~。
NHK2チャンネルで朝6時55分から放映される番組「ゼロロクゴーゴー」に出てくる歌の題名だ。

この歌の中で重箱の隅をつつくわけだが、それが面白い。
この時間帯の番組は子供番組のはずだが、大人が見ても結構おもしろいし、参考になる。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター