家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2014-04

イチゴの花が増えてくる

イチゴの花がどんどん増えている。
4月16日、23日、29日の写真を添付する。


4月16日:咲き始めて間もない時期.花はまばら。
イチゴ畑
4月23日:結構な数咲いている
イチゴの花がたくさん
4月29日:見た目はそうは感じないが、さらに増えている
今日のイチゴの花


今日の農作業:なし
 だけど、スイカの芽が出てきたので、ちょっとうきうきしています。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

変な玉ねぎ

玉ねぎ。

最近はほとんど穴あけビニールシートを使って栽培される。

普通、秋に苗を植えて栽培されるが、

昨年生育が不十分であった小粒の玉ねぎを植えてみた。

写真を見る限り二つまたは3つに分欠しているように見える。

一つの玉ねぎが分欠したらどんな玉ねぎになるのだろう。

これは以前にも経験済みで、丸い玉ねぎを2または3つに分割したような玉ねぎになる。

こんな玉ねぎでも食べられないわけではないので、まあ良いか。
玉ねぎの分欠


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ヤマアラシ

これヤマアラシ? と思わず言いたくなるような。
畑で生育するエシャロットなのです。

これはエシャロット。まるでヤマアラシがトゲの毛を逆なでしたよう。
エシャロットまるでヤマアラシ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

茗荷の芽が出てきた

茗荷の芽が出た来ている。茗荷好きの私にとってはうれしい限りである。
早く茗荷タケを食べたいものである。

茗荷が出てきた


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

新しい試み

自然農法と言っても人によって大分違う。

今日は肥料のやり方につて新しい試みをした。

今まではいかに肥料を与えないで栽培できないかを考えてきたが、
思うように生育しないことがかなりある。

そんなわけで、肥料をどのように与えたら良いか、新しい試みをしてみた。

畝を作ってから、畝の両サイドを三角鍬で堀り、ぼかし肥と草木灰(ミネラル)を与え、土をかぶせておく。
こうすれば畝に種を蒔いても定植しても、植物が生育するまでは根がぼかし肥と接触することはない。

ということはぼかし肥が未熟でも問題はないことを意味する。

これがうまくいけば、未熟のぼかし肥でもすぐに肥料として使える。
(いつもぼかし肥を作るのが遅れて困っていたのです。)

中央が畝。左サイドには未熟のぼかし肥が、右サイドにはぼかし肥と草木灰がまかれている。
これから、土をかぶせておく。
畝の両サイドにぼかし肥と草木灰


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

明日雨が降る。それ~。

明日は雨の予報。

しばらくまともな雨が降っていないので、今日は最高の畑仕事のためのみどりの日(昭和の日)の休日だ。

そんなわけで、沢山の作業を行った。

今日の農作業:9:00~12:30、13:30~16:30 6.5時間

①八つ頭を植える(15個)

②トウモロコシの種まき第1弾(自然農法の種モチットコーン60粒)

③障害者福祉施設「花の郷」で購入した苗、キューリ(5株)、トマト(桃太郎5株)、なす(次郎5株)、ピーマン(2株)の定植(雨や風や寒さ対策として虫除けシートをかける)
定植が終わったキューリなすトマトピーマン

④畑にある雨水タンクの水をペットボトル(4リットルを30本:約120リットル)へ。
  これで、明日からの雨を200リットルのタンクにためることができる。

⑤先日蒔いた春菊と株の種が雨でたたかれないように寒冷紗を張った

⑥麦の生育があまり良くないようなので、ぼかし肥と草木灰を与える(一畝のみ)。
成長がいまいちの麦:肥料不足か

⑦草木灰の回収:先日燃やした残渣の灰。かなりの量がある。
草木灰

⑧新たな肥料の与え方の試み(別の記事で掲載)


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

山芋の芽

山芋の芽はものすごく生育が早い。

蔓なので、早いのも納得できるけど、

それにしても早いのは確かだ。

一日に5cm以上伸びているのでは。

山芋の鎌首


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

何!

排水路の蓋の間からタンポポの花。

何だこれと言いたくなるような。

排水路にたまった土の中からタンポポが生育して花を咲かせたのです。
なんだこれ:タンポポ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

カタツムリ君の写真

昨日掲載したカタツムリの写真。

虫かごの中にたくさんのカタツムリが。蓋の下にも沢山張り付いていました。

子供たちは大喜びだったようだ。

虫かごの中にいるカタツムリ


今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

カタツムリ

畑にはたくさんのカタツムリがいる。多くはお茶の葉の裏や枝にくっついている。
しかし、まだ本格的に活動しているわけではない。

本日、茶ノ木の刈込をしたのだが、刈込をしている最中に茶ノ木から落ちてくるのである。
多くは小さな子供のカタツムリだったが、今日だけで100匹以上採集した。

カタツムリを集めてどうするの??? 誰もが不思議に思うでしょう。

幼稚園にカタツムリが好きな先生がいて、毎年たくさんのカタツムリを飼っているのです。

子供たちはカタツムリが大好き・・・・


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

茶ノ木の刈込

わが畑、元はお茶畑。その名残であるお茶の畝が残っている。

畑の仕切りとして残してあるのだが、
抜くのも大変なので残してあるといったほうが的を得ているかもしれない。

全部で25mの茶ノ木の畝が3本、10mの畝が2本ある。
剪定鋏を使っての手作業なので、これら全てを刈り込むには6~7時間かかる。
年に2回~3回刈り込む必要があるので、結構な負荷である。

今時このような手作業ができる人はあまりいないだろう。

でも、この作業をいつもやっているおかげで、生垣などの刈込は慣れたものである。

刈込途中の茶の木:手前が刈り込んだところ。下に落ちているのは刈った茶ノ木だが、結構油っぽいのと、太陽にさらされているとよく乾燥するので、すぐに燃やすことができる。
茶ノ木の刈込途中

今日の農作業:10:00~17:30(途中3時間は別用なので、実質4時間半)
  今日は風が強く、土を動かす作業は埃がすごいので、
  あまり埃の立たない茶ノ木の刈込に殆どの時間を費やした。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

布団を干す

今日は3時間ほど布団を干した。

何故だかわからないが布団を干すと気持ちよく眠れるのである。

土日を含めて休みの日に干すので、大体1週間に一度のペースになる。

しかしながら、土日の天気が良くない場合には布団は干せない。

今日は良く眠れるだろう。

おやすみなさい。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

残渣の焼却


今日は昨年の背の高い野草や作物残渣、そして茶ノ木の刈り取った枝などを集め焼却処分をした。

焼却した灰は微量のミネラル肥料として畑に散布する


最近何回かこのような作業をしているのだが、沢山あってなかなか片付かない。

当然、うまく燃えてくれるものばかりではなく、

煙を出しながら時間をかけて燃えるものもある。

でも、草木を燃やす臭いも良いし、好きな作業だ。

しかしながら残渣を集めて燃やす作業は結構埃がすごくまた焼却時の煙もすごく、

体中に沢山のほこりが・・・。

家に帰ってから鏡で顔を見たら、明らかにほこりで顔が真っ黒。

いつもは2番目に風呂に入るのだが、今日はいの一番に風呂に入らせてもらった。

今日の農作業:12:00~18:30
①残渣の片づけと焼却
   焼却した後は火の始末に注意しなくては。水をかけて消すことも重要だが、
   一番注意すること周りには燃えるものがない状態にすること。
②畑の車置場の草刈り
   車を置くところはいつも野草が生えいる。
   野草が生えていると雨の日でも気にせずに車を入れることができる。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今年のハナミズキの花はきれいだ

我が家の庭にはアメリカハナミズキの木がある。

もう20年を超えるが大きくなりすぎたので、切れとの命令。

私は切りたくはなかったのだが、やむなく切り詰めてしまった。

この木は桜やケヤキと同じで、切ると格好がつかなくなる。

本当は自然のままがいいのである。

それにしても今年のハナミズキの花はきれいだ。

我が家に限ったことではなく、どこのハナミズキもきれいなのである。

天候のせいだと思うが、改めて身近なハナミズキを見てください。
きれいなハナミズキの花

庭にはいろいろな花が。今はハナミズキと芝桜がきれいかな。
木の中央にはシジュウカラの巣がある。この巣で、何回か子育てが行われた。
枝を切り詰めたハナミズキは貫禄がない。
左下はキウイフルーツの棚。
二階から見たハナミズキと庭に花達

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

イチゴの花が満開か?

桜と違って、イチゴの花の満開の話は聞いたことがない。

でも、わが畑のほったらかしのイチゴ畑では今が満開と思われるくらいに花がたくさん咲いている。
イチゴの花がたくさん

昨年はいい悪いは別として収穫したイチゴは2500個以上。

多分出荷できる様なイチゴは2割かな、そして食べる気にならないものが2割。

残りの6割は自家消費だから食べられるイチゴだろう。

今年は昨年以上に面積が増えているので、3000個を超えるかもしれないが、

今年は数を数えるつもりはないし、変なイチゴは収穫時に処分してしまうつもりだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモが急に成長

暖かくなると元気なもので、ジャガイモが急に成長してきている。

一時遅霜で枯れたのだが、その後残っている芽が順調に伸びてきているのである。

もう、霜でやられることはないと思うが、最近の異常気象は何が起こるかわからない。

ただ、このまま成長して欲しいと祈るだけである。
ジャガイモの今


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

場所による生育の違い:麦

非常に不可解なことがあるのです。

作物の生育が場所によって極端に違うのです。

今日は麦の話ですが、そのほかの作物でも似たようなことがよくあります。

写真を見てわかるとおり、左右の麦の成長具合を見てください。

左は良く成長し、右は何かいじけてあまり成長していないし元気がない。

すぐ隣で全く生育具合が違う。

でもなぜなんだろう。良くわからないのです。
麦の成長の違い

今日の農作業:15:00~18:00 3時間
①種まき 春菊、株
②残渣の整理 この作業は前からずっと行っているが、どんな作業か説明が難しい。
③野草退治 特に根草を中心に。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

資源

今日は初めて幼稚園で出た小型家電3点をリサイクルプラザの回収BOXに投入した。

加えて、リサイクルプラザでは牛乳パックも回収しているので、約4kgの牛乳パックを投入してきた。


また、クリーンセンター内にはNPO法人 花の郷があり、

花などの販売だけではなく、資源となる紙の収集も行っている。


担当の方に聞くと、段ボール、牛乳パック、雑誌、雑紙などを業者に売ってNPO運営資金にしているそうだ。

幼稚園からは結構な資源となる紙が出るので、今後はここに持ってきてあげようと思う。

毎月1000円以上の資源になる紙を持参できるかも。

時計の乾電池は使い古しで十分

壁掛け用の時計の乾電池(単2)が切れ、時計が動かなくなってしまった。

当然乾電池を交換すればいいのだが、新しい乾電池である必要がない。

他の目的で使えなくなった古い乾電池を時計の乾電池として改めて使うのである。

たとえば懐中電燈やラジオで使えなくなった乾電池である。

そんな電池でも時計で使うと半年や1年は持つのである。

と言うことは、時計はほんの少しの電気で動作することを示している。

使用済み乾電池はそのままとっておいて、時計用に再利用したらいかがでしょうか。

ということで、私は時計用の乾電池を殆ど購入したことがない。


今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ルールを守る

茶どころ道路を車で走る時はいつも制限速度40km+10km以内にしている。
この速度であれば検問があっても捕まらないだろうと思われているから。

でもこの速度で走っていると、車間を詰めてくる車がいたり、後続車がたくさんできてしまうのである。

これは交通ルールを守っていることになるのだろうか?


ゴミの分別ルール、納税ルール、など世の中には罰則のあるルールもないもの、

そして単なるマナーのようなものもたくさんある。

でも、殆ど沢山のルールがあることを忘れて日常を過ごしている気がする。

たまには我に返って、いろいろなルールについて思いをめぐらしてみるのもいいのでは。


ところで、最近韓国で起きた海難事故。多数の死者と行方不明者を出している。

この船長はじめ乗組員はルールを守っていたのだろうか。

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

HPの更新

4月はHPの更新が結構大変である。

総会があったり、新年度計画ができたり、HPを更新しなくてはならないことが多くなるのである。

HPを更新するためにはいろいろなデータを集めたり作ったりしなければならない。

この作業が一番大変であるが、色々なことがわかるのである。

必要なデータがそろえばあとはそれほど大変ではない。

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。


万年ネギの定植

万年ネギは便利ものである。

ネギ坊主ができない、すなわち種ができないので、

季節を問わず年中食べられる。

だから万年ネギというのだろう。

本日冬を越した分欠した万年ネギの株を分けて一本一本にして定植。

このネギが夏を越し、秋冬になると大きな分欠した株に成長する。

大きな株はまだ沢山残してあるので、これからしばらくはそれを食べる。

定植したネギの写真:約20cm間隔で植えてある。
これから土をかけて、ぼかし肥を与え、さらにその上から土をかけておく

万年ネギ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。



ヤーコンの定植

ヤーコン。あまり聞きなれない植物であまり見ることもない。南米アンデス原産の芋である。

あまり人気はないが、ここ10年以上殆ど毎年栽培している。

人気がなくても好きな人がいるのです。

きんぴら、天ぷら、サラダ、ジュースなどになるが、少量なら良いが私は大量には食べられない。

大きいのがヤーコン芋、実際にはもっと沢山ついている。その上の白い芽が出ているのが植えるヤーコン芽だ。
ヤーコン

今日の農作業:10:00~16:30 今日も昼食も食べずに。
①残渣の片づけ
②片づけた場所に万年ネギを定植
③ヤーコンの植えつけ
④タケノコ芋の植えつけ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

変化についてゆく

昨年暮れにはガラケイの更新、

3月からPCをWindowsXPからWindows7へ、

そして4月から携帯用モバイルPCからipad-miniに変更。

一番の問題は新しい概念についてゆけないことだろう。

これは昔の知識が大いに邪魔をしている。

これらはWindowsの世界からアップルの世界への移行に伴う問題のように感じている。

Windows8もスマホもタブレットもアップルに向かってい感じがする。

新しいジャガイモの芽が出てきた

先日の霜で新芽が枯れてしまったジャガイモだが、ここにきてまた新しい芽が出てきた。

植えたのは3月16日、霜で新芽がやられたのが4月7日、今日は4月18日。でも、新しい芽が出てきたのである。
再び芽が出てきたジャガイモ


今後、霜が降りなければ順調に育ってくれることだろう。

昨年は高畝にしたこと、そして風にあおられ、乾燥で痛めつけられて大した収穫ができなかった。

今年はどんなことがあってもジャガイモを守りたい。

今日の農作業: 雨のため農作業は無し
 だいぶ乾燥していたので、今日の雨は大歓迎である。
 これで、いろいろ種まきができるだろう。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

イチゴ

イチゴの花がだいぶ咲いてきた。

根に近いところの花は大した実を着けないので、取り除いてしまおう。

食べられるようになるのは5月中旬から。

今から楽しみである。

花が咲き始めたイチゴ畑。昨年からほったらかしなので、どんどん面積が広がっている。
イチゴ畑

イチゴの花:
咲き始めたイチゴの花

今日の農作業:15:00~16:30
 畑は見回りをしただけで、ほとんど車の中でi-padの練習だ。
 でも、畑で何かをすることの気分の良さは格別である。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。


サクラソウとマラコイデス

「日本サクラソウ」と「プリムラのマラコイデス」は非常によく似ている。

最近ではマラコイデスがサクラソウのように勘違いされている。

花だけ見たら区別は難しいだろう。

でも、葉を見ると良く違いが判る。

サクラソウはチジミが入ったような葉をしている。

言葉で書いてもわかりにくいので、比較できる写真を掲載する。

これが日本サクラソウ:
日本サクラソウ

こちらがプリムラのマラコイデス:
サクラソウ・マラコイデス


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

種蒔き

今日は3時過ぎに帰宅し、要望されていた家の仕事をしてから、種まきを行った。

スイカ(夢枕)8ポット、カボチャ(カチワリ)4ポット、ジャイアントカボチャ4ポット、ハロウインカボチャ4ポット。

各々2~4粒の種を蒔いて、成長の良いものを定植する予定である。

これから毎日、夜間はビニールをかけて寒さ除けをし、朝になったらビニールを外す作業が必要だ。

忘れないで毎日やらなくては。とはいっても良く忘れるのである。

ポットに種まき

今日の農作業:16:30~17:30
①種まき  詳細は本文を参照ください。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

初めての登園

入園式も終わって、新入園児たちは今日から家族と離れなければならない。 

全く平気な子、さみしそうな子、何とか頑張っている子、我慢できなくなって泣きじゃくる子、

いろいろな子供たちが幼稚園に集まって集団生活を始める。

殆どの子供たちはあっという間に慣れて、幼稚園内を飛び回るようになる。

子供たちの適応能力は素晴らしいものがある。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

近所の花壇

我が家の近くにいつもきれいな花がいっぱいの家がある。いつみてもきれいであるが、春は特にきれいだ。

なにはともあれ、写真を見てください。
正面の花壇
家の前のプランター

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター