家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2012-11

大豆の脱穀8回目

 今日の天気は雨が降りそうな曇りで、湿度も大分高かったようだ。幼稚園の帰りに大豆の脱穀をしたが、大豆の殻が湿っていて、たたいても莢がうまく割れてくれない。こんな天気の日には脱穀は出来ないことを知ることになった。そんなわけで、少しだけ脱穀して後は刈り取って天日干しをするために竿にかける作業をした。7、8kg分の大豆だろう。

 明日は生涯学習フェスティバルの準備があろ。明後日はフェスティバル当日。なので、大豆の作業には手が出せないだろう。となると、月曜日以降となってしまいそうである。早く終わらせたい気持ちばかりが募るのである。

 天日干しした大豆の写真である。これで7,8kgの大豆が取れる。
大豆の天日干し

 これはまだ畑に植わっている大豆。このほかにこの写真の半分くらいが残っている。
畑の大豆

 脱穀した大豆のカス。大分高く、山の様になってきた。
脱穀した大豆のカス

今日の農作業:
①大豆の脱穀はほんの少しと大豆の天日干し  約1時間の作業


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

大豆の脱穀7回目

また大豆の話。本当に、今一番の優先項目が大豆なのです。今日の作業で約半分の脱穀が終了したが、まだ半分の大豆が畑に残っている。このまま時間が経てば多くの大豆ははじけて地面に落ちてしまう。そうはさせまいと最優先課題として脱穀に励んでいるのです。

今日の農作業
  大豆の脱穀とカスの除去  収獲は約4kg


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の脱穀6回目

 最近の農作業は全て大豆の脱穀とカス取りだ。今日は6回目の作業である。今日は2時間の作業で約4kgの大豆を収獲し、合計20kg弱だ。やっと半分と言ったところだろう。これからも空き時間は全て大豆の脱穀をしても終わるのは12月9日くらいになるだろう。

 最近はよく畑で日没を迎える。天気の良い日の日没はきれいなものだ。左側には横田基地に着陸する飛行機が写っている。また、林立する柱は電柱と防霜ファンだ。

日没と飛行機

今日の農作業:大豆の脱穀とカス取り


大豆の脱穀5回目&富士山のシルエット

 幼稚園の仕事帰りに畑へ。さっそく脱穀作業を開始したが、北風が強くさむ~~い。まして、幼稚園での仕事着のままでの作業では寒いのは当たり前だ。

 とは言いながら3:00から5:00まで脱穀をして約4kgの成果だ。今までよりも効率が良い。

 これで、2/5くらいの脱穀が終了したのではないかと思う。今まで約15kgの脱穀大豆なので、30kgは楽に越えそうだ。その後、大豆の選別を行っても目標の約30kgは確保できるだろう。

 今日は風も強かったので、スカイツリーも良く見えたし、畑の帰りの途中、日没後の富士山のシルエットを見ることが出来た。写真を撮りたい衝動に駆られてパチリ。
日没後の富士山

今日の農作業:
大豆の脱穀とカスの取り除き作業


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ミニ生け花

 以前紹介した事があるお金のかかっていない生け花。材料は庭や園にある花や野草だ。殺風景な私の仕事場においておくと何か癒される感じだ。9月頃から始めて、もう10回くらい生けているかもしれない。

 最近二つの生け花を紹介する。

菊を中心としたミニ生け花:これは職場のご婦人が持ってきてくれた菊だ。
今日のミニいけばな

これは園に咲いているコスモスの花
今日のミニいけばな


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

刈り取った大豆の株

 少しでも大豆の作業を進めるべく、昨日大きな袋いっぱいに大豆の株を刈り取っておいた。あわよくば脱穀作業ができるのではと。雨が降っても納屋でもあればそこで脱穀作業もできるのだが、畑以外に作業場所がない身には、無理な話だ。 脱穀、カスの分別が終われば、残るのは選別作業のみ。大豆の選別作業なら夜なべに家でできる。というわけで、早く脱穀、カスの分別作業まで完結させたい。

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の脱穀4回目

 やっとほぼ1日脱穀作業をする時間が確保できた。10:00までは公園の作業をして、その後4:30まで昼も食べずに大豆の脱穀作業。これでも、まだ全体からしたら1/3くらいしか脱穀できていない。当面は空き時間は全て脱穀に費やさなくてはいけないだろう。

 今日は久しぶりの長時間農作業、多少疲れたのか350mlの缶ビールとウイスキーをダブルで一杯飲んだら急激に酔いが廻ってきて、1時間ばかりうとうと。

 でも今日中に見学会の報告書/アンケート印刷、封筒の宛名印刷、そして封入もしなくては。空き屋管理の報告書は明日にしよう。

今日の農作業:
①大豆の脱穀6時間半  6~7kg収獲できたのでは


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

あわただしい一日

 7:30に家を出て空き屋管理を3軒し、12:00に帰って昼を食べ、再び12:40に川越で行われる西部県政モニターの定例会へ行き、17:00に帰宅。今度は18:26のバスで市内で行われるJCの飲み会へ。2次会へは行かないので、10:00過ぎには帰宅できるかな。

 明日は8:00~10:00は公園管理だが、その後は全て大豆の脱穀の時間だ。農作業は大変だが、一番楽しい時間だ。半分までは終わらせたいが??? いかに・・・・。

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

川越市場まつり

 今朝8:00に出かけ、8:30頃現地着。でも大分混んでいて、駐車場も一杯のようだ。さっそく市場で買い物。福島産のリンゴが美味しかったので、箱で購入。一緒に行った仲間も手に持ちきれないほど色々購入していた。チン問屋さんもでて賑やかなお祭りだ。

 今日の目的は女子栄養大学学長(香川芳子)の講演「食育の進め」を聞くことだ。平均寿命と健康寿命、病気と食事の話し、四群点数法の食事、朝食は絶対にとること、食事の時は先ず野菜を先に食べる事などわかりやすく教えていただいた。最終的には何でも好き嫌い無く食べる事だと思うが、食の知識を持っているといないでは違いがある感じがした。非常に有意義な講演であった。

 その後、お土産を頂き、食事処「花一」で豪快な刺身定食を食べて家路に。

会場内を練り歩くチン問屋さん:
チン問屋


香川先生の「食育のすすめ」の講座
香川芳子先生の講演風景

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の脱穀3回目

 連日大豆の話ばかりでつまらないかもしれませんが、日記なので、その日の農作業を中心に書いています。

今日まで3日間で5kgくらいの大豆を脱穀、カス取りを行った。残るは大豆の選別だがこの作業は家の中で出来る。これまで約4時間かかっているので、脱穀カス取りした大豆30kgを確保するには後20時間かかることになる。

 明日23日は雨でもあり用事もある。明後日24日(土)は所用で出来ない、25日(日)は10時頃からやっと5、6時間は出来るかもしれない。それにしても時間が足りない。色々な用事を入れすぎた自分の責任だ。全部の大豆を収獲できるか疑問になってきた。

今日の農作業:
①大豆の脱穀カス取り
②収獲  キャベツ、大根


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の脱穀2回目

 今日は2回目の大豆の脱穀を行った。やはり幼稚園の帰りなので、3:00~4:30の1時間半が限度だ。日が陰ると急に寒くなり、畑での作業は大変だ。もう5時には真っ暗だ。

 今日も約2kgの大豆を脱穀カス取りを行った。莢がはじけ、地面に落ちてしまう大豆もかなりあり、早く脱穀だけは済ませなくては、と気ばかりあせる。 地面に落ちた大豆の多くは使えない。

昨年も掲載したが、再び脱穀のや道具を写真で紹介する。ブルーシートの中でコンテナに大豆の株を叩きつけて大豆を脱穀する。左側には脱穀した後の大豆の株、手前には脱穀しある程度カスを取り除いた大豆。
大豆の脱穀風景

2日間、3時間で収獲した大豆約4kg。まだ多少のカスと沢山の不良大豆が混ざっている。
収獲した大豆

今日の農作業:
①大豆の脱穀
②収獲:  キャベツ、ブロッコリー


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。


 

大豆の脱穀

 今日はあらかじめ竿に天日干ししておいた大豆の脱穀を行ってみた。十分乾燥出来ていたのか、脱穀が非常に楽である。それ程叩かなくても簡単に莢が割れて大豆が飛び出してくる。簡単に大豆が飛び出してくるという事はカスもあまり出ないことを意味していて、カスを分離する作業も非常に楽である。やはり良く乾燥させることが後々の作業を楽にするのだろう。お陰で、今年の大豆の脱穀、カスの分離は比較的楽に済みそうだ。

 また、来年の種用の大豆は、育ちの良い株を選別して脱穀した。いままで黒大豆なども同じ場所で栽培してしまったので、3種類の混血大豆が出来ていたようだ。それを単一の大豆にするためにも株の選別を行ったのである。

 今日は幼稚園の帰りの1時間半ばかりの作業なので、約2kg位の収獲。作業は暫く続く。30kgを目指して。

 今日は写真は撮らなかったので、後で掲載する。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

体調管理

 温度変化の激しい昨今である。寒さに向かう今は特に風邪をひきやすい。体が寒さに慣れていないと言うより、寒くなって要るにも拘わらず、無防備なのが一番の原因のような気がしている。

 体調維持のためには気候に合わせた体調管理が必要なのだろう。

今日の農作業:なし。予定では大豆の脱穀作業をしようと考えていたが、からっと晴れていないので中止。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日の農作業

 久しぶりに一日がかりで農作業をし、けだるさが残っている。この記事を書き終えてから風呂に入って改めてビールでも飲みながら見学会のアンケート集計をしよう。

 今日は
①大豆をそのまま乾燥させるための立直し作業 前に竿で乾燥していた大豆は明日から脱穀を始めたい。
②サツマイモを全て収獲(そのままにしておくと寒さでさつまがダメになってしまう)
③さといもを全ての収獲 (種イモの確保)
④竹の子イモを全て収獲 (種イモの確保)
⑤大根1本収獲
⑥ブロッコリー1株初収獲  本当においしそう
  初ブロッコリー

今日は天気も良くスカイツリーが良く見えた。さっそく写真を撮ったのだが、思ったより良く写らない。ただし、今まででは一番良く写っている。スカイツリー



 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

キウイの収獲

 何回か記事にしているが、我が家にはキウイフルーツが植わっている。この木は雌雄が別なので、我が家にも雌雄の2株が植えられている。

 場所によっては霜も降り始めているので、本日全てのキウイフルーツを収獲した。南側の棚は数は多いいが、比較的実は小さい。一方東側の棚は数は少ないが実は大きい。写真の右側の55個が東側の棚のキウイである。なんでこのようになったのかはわからない。

 成長過程でかなりの数が実落ちしているが、雌雄一組の木から合計296個の実を収獲。
先ずは296個のキウイをご覧ください。
収獲した前キウイ

大きなものから小さなものまで色々。ハート型もあります。
色々なキウイ

初冬の空に映えるキウイ(これは収獲前です)
初冬の空に生えるキウイ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

自然農法と福岡正信

 福岡さんは日本における自然農法の先駆者だと思う。基本的に無肥料、無耕起、無農薬で可能な限り自然に任せる農法を提起している。そして無と言うことの意味を伝えたいようだ。この農法は労力はかかっても、あまりお金がかからないので、比較的開発の進んでいない国で歓迎されている。

 今日、この福岡さんのインドでの活動を記録した映画を見たのですが、実際に自然農法を意識した農業を経験したことのない方々にとっては、何もしないで農業で食べていけるような錯覚を覚えさせるような映画となっていて、30年も前に福岡さんの「わら一本の革命」を読み、多少の実践をしてきた私にとってはチョット誤解し易い映画のような気がしたのです。

 今日の映画は福岡さんの農法を(哲学)を良く理解していないで見ると危険な気がしたのです。どちらかと言うと、いいところが多く描写されていて、陰に隠れた大変なところはあまり表現されていない。

 一緒にこの映画を見た皆さんからは絶賛するような意見が多く出されていましたが、一面が強調されていることの危険性を強く感じたのでした。

「わら一本の革命」の表紙:今回の映画を見る前にこの本を読むと良くわかるのだが。
DSC00316trim-syuku.jpg


今日の農作業:なし 


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ごみ処理施設と工場見学

 5月頃から計画してきたごみ処理施設と工場見学。今日それを実施。天気にも恵まれ、最高の見学会日和である。

 市報に案内を出したのが10月15日。申し込み受付開始が10月19日。その日のうちに一杯となり、キャンセル待ちが出来てしまったようだ。

 埼玉県環境整備センターで説明を受ける参加者。
DSC00303syuku.jpg


今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

霜が降りた

 3時過ぎに畑に寄ったら、さつまやピーマンの葉が黒ずんでいる。

これはまさしく霜が降りた証拠。霜が降りると畑は大きく変化する。

葉物野菜(白菜、ネギやほうれん草など)は甘みが増して美味しくなる一方、

根物野菜(さといも、サツマイモなど)は保存対策をきちんとしないと皆だめになってしまう。

また、今小さな野菜類(麦や玉葱など)は霜が強くなると根が浮いてしまって枯れてしまう可能性もある。

 わが畑のさといも、サツマイモ、竹の子イモも詩も対策を急がねば。

今日の農作業:畑の見回りだけだが、麦の発芽が十分でない事が気になっている。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

野田さん

 あまり政治のことは書きたくはないのですが、今日野田総理から解散の発言が。内閣支持率も20%を切り、党内からも突き上げられ、野党からも攻められ本当に大変な野田さん。

 でも、国民受けしなくとも常に自分の事は犠牲にしてでも日本のこと国民の事を考えて行動してきた事は大いに評価している。ここ何年かはこんな総理はいなかった。今日の党首討論を見てもよ~くわかる。他の党首は皆政局が中心であり、迫力もなく、本当に国や国民の事を考えているとは思えない。国民に嫌われても、大局にたってすべき事はしなくては。

次の選挙結果はわからないが、次も野田さんに総理になって欲しいと思うのは私だけだろうか。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 

下見

 明後日はごみ処理施設とコーセーの見学会だ。案内役としては下見をしておきたい。コーセーは先日下見を済ませている。今日はごみ処理施設(埼玉県環境整備センター)への移動時間や昼食場所の確認をする。帰りには小川で農業を始めた農業体験のメンバーに会って昼食でもと思っている。帰宅してからは見学会で行うクイズの景品の購入に行く予定。こんなことが出来るのも今日は県民の日で幼稚園がお休みだからである。

見学会は既に何回か行ったことのあるところであるが、やはり下見に行って良かった。頭の中で考えている事と実際は色々異なるところがあった。

 また、自然農法をしている旧友夫妻にも会って、昼食を供にしながら色々な話も出来た。農業で自立する事の難しさ、TPPや人・農地プランの話も。でも、元気にやっているので、一安心である。帰りに畑に寄って状況視察。草にまみれた沢山の野菜が育っていた。

 家に帰ってから、青梅のカインズに行き、見学会の景品を購入。エコに関連する品物と言ってもなかなかない。2時間も店内を廻って買いあさった。でも、次回からは景品はやめようと思う。

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

泥ダンゴ

 幼稚園ではだいぶ泥ダンゴが流行ってきている。その火付け役は私なのだが、本当に流行らせていいのかチョット迷っている。幼稚園には泥ダンゴが出来るような土はほとんどない。私が畑から泥ダンゴ用の土を持っていかない限りダンゴは出来ない。

 でも、子供達はどろ遊びは大好きだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

マスコミ

マスコミと言うものは政権批判をするのが仕事なのかな~とつくづく思う。悪いところばかり報道し、良いところはめったに報道しない。これはどの政党が政権を握っても同じなのだろう。でも、それで本当に良いのと考えてしまう。

今日の農作業:
①大豆の天日干し作業
②泥ダンゴ用の土を採取
③麦の発芽試験 一昨日古い麦を水につけて発芽試験中。これが芽を出してくれれば種はいくらでもあるのだが。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

風邪気味かな

 最近、喉がつかえる感じで、えへん虫が動き出している。

 今週末にはごみ処理施設の見学会の案内をしなくてはいけないので、要注意だ。

 と言うわけで、農作業はなし。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ごみ拾いと大豆の天日干し

 今日は午前中、ごみひろい隊として藤沢地区のごみ拾い。金子地区の青年が参加してくれたが、普段入間市外にいると金子地区の方と会う機会は非常に少ないので、非常に嬉しかった。

 ごみ拾い隊も今日で75回(まる7年)。よくも続いている。これは本多隊長の努力の賜物だろう。
ごみ拾い隊の様子:武蔵藤沢駅付近の行政道路が西武線の上を通る場所を行くごみ拾い隊のメンバー
ごみ拾い隊

今日の農作業:
①3時頃から大豆の天日干し。途中で雨が降ってきたので約2時間で終了。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

蕎麦打ちの講師

 ここ数年入間塾の皆さんと蕎麦打ちを楽しんでいる。私が蕎麦打ちの講師をするほどには実力はないのだが、皆さんの前で手本を示さなくてはならないし、色々な質問にも答えてあげなくてはならない。

 そんなわけで、多少は勉強したりするので、自分の力をつけるには良い機会だと思っている。

 今日は参加者10名?、皆さん昨年の蕎麦打ち以来蕎麦を打っていないという。1年も立つと元に戻ってしまうのだが、皆さん少しづつ要領を掴んでくれているようだ。

 最後に、皆さんと蕎麦、天ぷら、家庭の漬物、とらやの羊羹等を食べて今日の蕎麦打ちはお開きに。

今日の農作業:
①昨日に続き大豆の天日干し(植えたまま天日干しをすべく、倒れた株を立直し、枯れた葉などを取り除いて乾燥しやすいようにする作業)
②収獲   ピーマン、キャベツ、春菊


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

焼きネギ青唐辛子味噌

 畑を一緒にやっている石本さんから「焼きネギ青唐辛子味噌」と言うものを教えてもらった。酒の肴やご飯と一緒に食べると最高に美味しいという。
 青唐辛子は石本さんから頂き、ネギは自前、味噌も自前でさっそく挑戦した。レシピは下記の通り。
材料:
①青唐辛子  100g  石本さんより
②味噌    150g  自作
③みりん    50cc
④酒      50cc
⑤砂糖     50g
⑥白ゴマ    大匙2杯
⑥ごま油    大匙2杯
⑦ネギ     小一本
手順:
①ネギを焼いておく
②青唐辛子を小口切りにして、フライパンでごま油でしんなりするまで炒める。
 焼いたネギを小口切りにしてに混ぜる。
③別の容器で味噌、みりん、酒、砂糖、白ゴマを合わせて、②に入れる。
④火を弱火にしてふつふつするまで5分程度炒め、その後火を中火にして10分ほどつやが出るまで炒める
⑤火を止めて冷えたら完成

 出来立てをすぐに食べてみたが、辛いのなんの。でも、さめてくると辛さはやわらいできた。しかしながら、これを食べてから熱い飲み物を口に入れると口の中がひりひり。青唐辛子を入れすぎたかもしれない。今度作る時は青唐辛子とネギをもっと小さく切り刻む事、そして青唐辛子を多少少なめにする事。でも、毎日の様に酒の肴に食べている。美味しいのには代わりがない。
焼きネギ青唐辛子味噌

今日の農作業:
①収獲   大根1本
②昨日と同じように大豆の天日干し


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の天日干し

 今日は最高の天気。そんなわけで、幼稚園の帰りには遠くに見えるスカイツリーの写真を撮ろうと勇んで出かけた。しかしながら、3時頃には都心方面は大分もやが出ていてスカイツリーはまったく見えない。残念。

 その代わり、大豆の天日干し作業を十分する事が出来た。今年は、竿に掛けて乾燥する方法と、植わったまま乾燥する方法を併用しようと思う。

 今年は7月初めと、7月中旬に大豆の種蒔きをした。7月初めに蒔いた大豆は結構成長し株がかなり大きくなっていて、自立しているのが大変であり、そのまま乾燥するのは難しそうな感じである。この場合には竿に掛けて乾燥するのがベターである。

 一方、7月中旬に蒔いた大豆は小ぶりで、自立できる大きさであり、畑に植わったまま乾燥する事が出来る。

 ちなみに大豆を五月に蒔くと、巨大になって沢山の大豆を収獲できる。枝豆として食べるのには五月に蒔いて巨大にするのがいいのかもしれない。

 今日は7月中旬に蒔いた大豆の株の葉等を取り除いて、自立させ、そのまま乾燥するための作業を行った。作業前と作業後の写真を添付する。

作業前:倒れている株もあり、葉は大分残っている
作業前

作業後:葉を取り除き、株を起こした後。大分きれいでしょう。このまま、11月末まで乾燥させる。左奥には竿に掛けて乾燥中の大豆が見える。この大豆は7月初めに蒔いたものである。
作業後

今日の農作業:
①大豆の株の葉などを取り除き、自立乾燥させる作業。 1畝分(25mくらい)


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

寒さに耐えるピーマン

 サツマイモの葉がとろけていないので、畑にはまだ霜は降っていないようだ。わが畑のナスやトマトはもうダウンであるが、そんななかでもピーマンが良く育ち、今でも収獲できている。ピーマンはそれ程大量に食べるものではないが、毎年作っている。

今収獲しているピーマン:
寒さに耐えるピーマン

今日の農作業:
①大豆の天日干し
②麦の種蒔き(2畝分)


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

おしゃれなジャンボカボチャ

幼稚園に飾った25kgのジャンボカボチャ。ナース帽子をかぶり、付けまつげをしてすっかり女の子に成りすましている。ハロウインも終わったので、そろそろ片付けなければいけないかな。当然腐りも出てくるので。そんなカボチャをパチリ。このカボチャは当然わが菜園で生まれたのです。
帽子を被ったハロウインカボチャ

今日の農作業:雨なので、当然なし。
   今日の雨は良いお湿りになっただろう。これで、先日大豆の畝に蒔いた麦が目を出すかもしれない。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日の農作業

 今日は、4時過ぎに畑に。最近は5時には真っ暗になる。小一時間しか作業は出来ないが、ついつい畑に顔を出してしまう。

今日の農作業:
①収獲: 大根、春菊
②大豆の天日干しを少し
   先日天日干しした大豆の中には莢がはじけてしまうものがある。当然、はじけた大豆は地面に落ちてしまうので、水分を吸って使い物にならなくなってしまう。まだ、はじけた大豆は少ないので問題はないが、注意深く様子をみなくては。

   私が栽培している大豆には3種類の大豆が混ざっている感じである。
     1.青大豆  普通の大きさで、一番多く栽培されている。
     2.黒大豆と青大豆が混ざった大豆  成熟してくると比較的大きな黒っぽい莢となる。
     3.小粒な大豆  数は少ないが、比較的早めに乾燥し、はじけるのも早い。
   近いうちにこの3種の大豆の写真も撮って掲載しなくては。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター