家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2012-08

朝顔

 朝顔も芽を摘んであげると比較的大きな花を咲かせることが出来る。きちんと管理してあげればもっと大きな花を咲かせられたのだろう。
とりあえず花をご覧ください。それ程大きくはありませんが。
大きな朝顔

 今日は2万円もどこかに落としてしまった。何か落ち込んでいるのです。どなたか拾ったら連絡ください。ここで言っても意味がないのですが・・・。

今日の農作業:
 今日は畑には顔を出していないが、家のベランダで黒ゴマの実の取り出し。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

ゴマ

 もしかしたら雨が降るかもとの天気予報。念のために幼稚園に出園する前に乾燥中のゴマを逆さにして振って実を取り出す作業をした。そして取り出した実はビニール袋に保管。500mlくらいは獲れたと思う。まだ莢が割れていないところが沢山あるので、まだ暫くは乾燥させないといけないだろう。

今日獲った金ゴマの実を紹介する。まだ、莢などのごみが混ざっている。
DSC09704trim-syuku.jpg


 本日は少しではあるが、実際に雨が降ったのである。畑に行ったときに土埃りがたたなかった。でも、スズメノ涙でしかない。

今日の農作業:
①収穫   オクラ、トマト、ナス、キューリ、インゲン、スイカ*1
②見回り  
③乾燥中のゴマから実を取り出す(これは我が家のベランダでの作業)。 


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

アカボシゴマダラ(奄美大島産)

 本日、幼稚園の部屋の中にちと変った幼虫が動いていた。チョット見慣れない幼虫なので、蛾の幼虫だろうと思い込み、外の草の茂みに逃がしてあげた。でも、何故部屋の床の上を歩いていたのだろうか。私が、草木の刈り込みをして帰ってきたので、服か帽子についてきたのかもしれない。

 変った幼虫だったので、念のために写真を撮っておいた。家に帰ってネットで調べてみたら、どうしても、アカボシゴマダラ(奄美大島産)としか思えない。最近は中国産のアカボシゴマダラが関東にもいるということだが、幼虫の色がまったく違う。

 関東にアカボシゴマダラ(奄美大島産)がいたとなると大発見なのかもしれない。その道に詳しい方がいましたら教えてくれませんか。

何はともあれ、私が撮った写真とネット上の写真とを見比べてみてください。

私が撮った写真:
自分が撮ったアカボシゴマダラ

ネット上で紹介されている3枚の写真:3枚目は成虫である。
ネット上のアカボシゴマダラ
ネット上のアカボシゴマダラ
アカボシゴマダラの成虫


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今年のジャンボカボチャ

 今年もジャンボカボチャが育った。とは言っても、今年は昨年の種が落ちて勝手に生えてきた物だ。当初はなかなか実をつけなかったのだが、何とか実がついたのだが、それ程大きくならなかった。ちなみに昨年は50kg、今年が25kgだ。

 でも、今年も幼稚園に飾っていただいた。小さくても子供達には大きなカボチャだから喜んでもらえるだろう。
今年のジャンボカボチャ

今日の農作業は前に記事を参照ください。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の莢

 大豆の莢が大きくなってきた。とは言ってもこの大豆は昨年畑に落ちた大豆が勝手に生えてきたもので、私が蒔いたものではない。多分5月中に発芽したのだろう。私は6月末から7月中旬にかけて大豆を蒔いたので、ただ今花を咲かせているがまだ莢をつけるまでにはいたっていない。

自然発芽した大豆の莢の写真である。これがもう少し大きくなる(10月初め)と美味しい枝豆として食べられるのである。
大豆の莢

今日の農作業:
①発芽した白菜への水遣り
②ブルーベリーの収穫  今日で合計約10kgとなった。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ここは緩衝地帯

二枚の写真は、この乾燥が続く毎日なのに草が生えてきたところ。まだ小さいので、三角グワでちょいと表面をかき混ぜてあげれば草退治が出来る。

 この緩衝地帯は隣との界であり、無農薬無化学肥料を宣言できる環境を保つためだ。

草かき前:畑の表面にうっすらと緑がかっている
草かき前

草かき後:三角グワで表面をかき混ぜた後。これで、草退治完了。草も小さいうちに対応すれば手間はかからない。
草かき後

今日の農作業:
①収穫   スイカ*2、キューリ*2、トマト*10、ナス*5、黒ゴマ(先日は金ゴマを収穫)。
②ジャンボカボチャの収穫  ちなみに体重は25kg。昨年の半分だ。でも幼稚園に持っていこう


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

仕事始め

 長いと思っていた夏休みもあっという間に終わり、今日から2学期の準備のための出園である。思っていたとおり草が繁茂して、きれいにするには3日はかかるだろう。当分はこの炎天下で草取り作業をする。今日は花壇、園庭、保護者の通路、駐車場入り口の草を取った。
 明日からは、駐車場、北側隣家との界の草取りをする。駐車場は広いので、ちと時間ががかかる。

今日の農作業:
①収穫   トマト*1畑で食べたがいつもうまい、スイカ*1
②畑の見回り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

パソコンの整理

 毎日のようにパソコンを使っていると、OSも大分疲れてくる。時どきパソコンの大掃除をしてあげないといけない。今日行った作業は

①HDの容量を増やすために不要なファイルを消したり、バックアップ用のHDに移したり。

②個人データを外部HDにバックアップ
  バックアップ用のソフトは使わないので、自分でバックアップする個人ファイルを決めている。
  バックアップするファイルは お気に入り、スタートメニュー、デスクトップ、メールアドレスとDドライブのoutkook expressの.dbx fileとMydocumentである。この作業は4時間近くかかるので、今日の夜中に実施予定。

③私はメールは全て残しているが、その量が膨大となっている。特に添付ファイルが1MBを越える物が沢山あり、困っている。でも、メールの内容を見て、改めて不要なメールを削除している。

今日の農作業は前の記事を参照ください。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ボカシ作り

 私が使っている肥料はボカシ肥だけだ。今日そのボカシ作りをした。

材料は次のとおり。

米糠:10kg
油カス:5kg
籾殻クンタン:2kg   (これは菌が繁殖しやすい環境つくりのために加えている)
バーミュクライト:2kg  (これは肥料にはならないが今回初めて入れてみた)
糖蜜:300mlくらい  (チョット大目かな。これを水4lくらいに溶かす)

以前はEM菌を使っていたが、最近ではEM菌無しでボカシを作っている。

その他の肥料は与えていないが、畑ででた残渣や庭で出た剪定枝や草などを全て畑に還元している。

今年は肥料も何もやらずに栽培した作物も多いいが、肥料がなくても良く育った。

この写真は材料と糖蜜水を良く混ぜて、手で握ってダンゴが出来る程度になったもの。これをバケツに詰め込み、嫌気状態にして保存する。今なら1ヶ月もあれば十分使えるようになる。
ボカシ作り

今日の農作業:
①収穫  スイカ*8、なす、キューリ、トマト いつも同じ収穫物だ。



 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日の農作業

今日の農作業 今日はほんの少し畑に顔を出しただけだ。
①収穫   スイカ*2、とまと*10、おくら*1
②大豆の虫取り
  今年はかなり虫取りを徹底してやっているので、虫食いの少ない大豆が収穫できることを期待している。
③庭で白菜の60日と90日を種蒔き
④ゴマの乾燥具合  二階のベランダに干したゴマ。今日で三日目だが大分莢が割れてきた。
          下に敷いたゴザの上にゴマ粒が落ちている。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

乾燥

 畑の乾燥が著しい。植物はどうやって地中から水分を吸収しているか考えてしまう。今の状態はあるていど成長し、根張りある野菜はなんとか耐えられるが、小さな植物は人工的に水をやらない限り生きてはいけないだろう。

 この調子で2,3週間も雨が降らなかったら、秋から冬にかけての野菜は高騰疑い無しだ。事実、今のままでは種を蒔く事が出来ないのである。トレイやポットで育てられる野菜は何とか種蒔きは出来るが、今度は苗を植えることが出来ないだろう。

 本当に異常気象である。このような乾燥状態を肌で感じる事の出来るのは農家が殆どだろう。

本日の農作業:前の記事を参照ください。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の虫退治

 今日も午前中は農作業。大豆の新葉に巣くう虫退治と、葉を食害する虫達の退治である。この作業は殆ど毎回しているのだが、幾ら退治しても虫はいなくならない。と言うことは、もし何もしていなかったら成虫になったかなり大量の虫達が大豆を食害していたのだろう。
 大豆を一本一本見ながら虫が巣くっている葉を捜して潰す。中には幼虫が入っているのである。当然近くで葉を食害しているカメムシ類、黄金虫類も退治する。

 先日も紹介したが、今日も割れたスイカにカブトムシのメス(左)とカナブン(右)が2匹来ていた。
割れたスイカに虫達

今日の農作業:9:00~12:00
①収穫   スイカ8個、トマト*10、キューリ*3、ナス*10 こんなところかな
②茶の木刈  先日は知に刺された近くの茶の木を刈り込んだ。今度は注意しながらだ。
③草刈り  カボチャ畑の草刈り。
④大豆の虫捕り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ゴマの天日干し

 今年初めてゴマの栽培を試みた。5月中旬に種を蒔き収穫時期を迎えた。

 間引きもせず、あまり手入れをしなかったので、成長したゴマの茎の丈がばらばらだ。

 先ず、ゴマの葉を全て刈り取り、ゴマの茎を切り取り、丈を合わせて10本くらいずつ束ねた。多少経験者から収穫の仕方などを聞いたのだが、聞いただけでは良くわからないことも多く、見よう見まねの作業である。

 束ねたゴマの茎は家に持ち帰り、庇のついたベランダに干した。下にはござを敷き、実が落ちても集められるようにした。

 莢が乾燥し割れてきたら、ごまの実を取り出すのだが、これからが大変な作業になるらしい。何でもそうだが、穀物をきれいに取り出すのは大変な作業である。

ベランダに干したゴマの茎の束:
ゴマの天日干し:2階ベランダ

ゴマの莢の拡大写真:この莢の中には沢山のゴマが入っている。
ゴマの莢の拡大写真

今日の農作業:9:00~12:00
①収穫: なす*10、スイカ*8、トマト*10位  
②金ゴマの葉刈り、収穫、結束、天日干し(黒ゴマは別途収穫する)


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日も畑

 今日も午前中に畑へ。草を刈り、収穫して作業を終える。今日は友人が遊びに来た。Facebookへの記事がきっかけで、我が畑のスイカをおすそわけ。こんなこともあるのである。

今日の農作業:
①収穫  スイカ、トマト、ナス
②草刈り

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

景色

 素晴らしい景色である。ここは私が空き屋管理をしている羽村のお宅のベランダからの景色である。背景には奥多摩の山並みが連なり、その上には入道雲がもくもくと、そして鮮やかな青空、そして手前には整然と配置された町並みが見える。青梅線沿いにはこのような景色が見えるところが多い。
羽村の景色

今日の農作業は前の記事をみてください。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の花

 ここに来て大豆の花が沢山咲き始めた。この写真には3つの花が咲いている。直系1cmにも満たないちいさな花が大豆の鞘となる。やはり花の周りには小さな虫達が飛び交っている。この小さな虫の中には害虫もいるはずだが、どの虫も受粉を助けてくれているのだろう。害虫とは言っても悪者扱いは出来ないのかもしれない。
大豆に花が3つ

今日の農作業:8:00~11:30 まあ、熱かった。
①収穫: スイカ12個、ナス18個、キューリ*3、オクラ*2、トマト*3
②大豆の新芽に巣食う虫取り作業、カメムシや黄金虫も手でつかまえて捕殺する。
③草刈り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

家族の絆

 大震災があってから「絆」と言う言葉が頻繁に使われている。私が勝手に解釈するに、この絆は、人は一人では生きてゆけない、お互いに助け合いながら生きてゆくものなのだ、と言うことを表した言葉なのだろう。
 昨日、我が家の家族が集まって食事会を開催。我が家では酒好きは私だけなので、いつも食事会となる。子供達3人と、連れ合いが一人、孫が一人、女房の母、甥が一人、そして我が夫婦で合計9人の集まりとなった。話は他愛のないことでもこのように集まってわいわいがやがや出来ることが最高なのかもしれない。食事後、皆で花火をして、記念写真を撮ってお開き。

 このような集まりをすると、改めて家族の絆の大切さ、そして私のような古い人間は別として、若い世代の家族達が仲良くお付き合いして行って欲しいと思う。年に2,3回は集まりたいものである。今度は正月かな。

スイカとカブトムシ

 今日は久しぶりに朝7:00前に畑へ。見回りだけのつもりで行ったのだが、そうは問屋がおろしてくれない。収穫を待っている野菜たちが沢山。

 そんな中で、スイカを収穫中に変った光景に出会った。割れたスイカの中にカブトムシがいるではないか。割れたスイカの隙間にもぐりこんでスイカの密をすっているのである。そんな光景を紹介します。

スイカ畑に転がる割れたスイカ。ラグビー型のスイカの尖った部分なのでが、撮影位置が悪くスイカではないような・・・。
スイカ畑の割れたスイカ

スイカの割れ目を拡大してみました。カブトムシであることがわかるでしょう。左に突き出ているのが角、上に突き出ているのが右足、角の根本の顔がわかりますか。スイカの密を吸っています。
スイカの割れ目にカブトムシが

今日の農作業:
①収穫  スイカ8個(他に3個が割れていた)、ナス沢山、キューリ
 今日も畑でスイカを食べたが最高に美味しい。友人も来ていたので、一緒に。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

蜂に刺された経過

 17日に蜂に刺されたが、その12時間後に次第に手が腫れてきて、24時間後には晴れ上がってしまった感じである。18日はほぼその状態を維持し、19日になってから次第に腫れが引き始め、夜中にはほぼもとの状態に戻っている。ただし、たいした事はないが、かゆみは残っている。明日の朝には完治するであろう。この経過は予想通りであった。

 何回も蜂に刺されていると、状況がわかるので、病院へも行かず、予想通りの経過を経て、治ったのです。ただし、本来は病院へ行くべきなのかもしれない。なれていない方々は、刺された蜂の種類にもよるので、基本的にはすぐ病院へ行ってください。

今日の農作業:なし

大量のスイカ収穫

 今日はスイカ畑をくまなく見て廻った。スイカの蔓を踏まないように、そしてカラス除けの釣り糸を引っ掛けないように。何と、14個のスイカを収穫。3個のスイカが割れて虫が入っていた。合計17個のスイカを収穫したようなものだ。こんなに沢山収穫してどうするの。誰もが思うでしょ。でも、今回は全て嫁ぎ先があるのです。
 今日はナスも大量に収穫。とりあえず写真をみてください。
スイカが14個。これだけ集まるとチョット豪快かな。右上がナスだが、皆良いナスである。
大量に収穫されたスイカとナス

今日の農作業:
  今日は収穫だけのつもりで畑へ。だが、近くで雷が暴れているので、そんなにのんびりは出来ない。
①収穫   スイカ14個(3個は畑で割れていた)、ナス大量、オクラ3個、ネギ少々。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

墓参り

 今日は我が両親や親族の墓参りのために横須賀まで車で出かけた。片道3時間、往復で6時間だ。でもあまり苦にはならない。この年になってもドライブは好きだ。8時に出発し、11時頃到着、さっそく墓参りをしてから親戚に寄って、14:00頃横須賀を出発。ほぼ予定通り17:00時頃帰宅。

 でも最近はドライブをしていないな~~。いままで最高一日で750kmの記録がある。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

蜂に刺された後

 昨日蜂に刺された記事を書いた時にはたいした事はなかったが、思っていたとおり、12時間過ぎた頃から次第に手が腫れ、かゆくなってきた。今日になると手はマルマル腫れあがってかゆさもひとしおである。そしてこれだけ腫れるとまるで自分の手ではないような感じだ。

 今まで蜂に刺されたときも同じ経過をたどっているので、医者にも行かずにほったらかしである。あと、2,3日もすれば完全に直る事はわかっているのである。

 今日の午前中の両手の写真をお見せする。蜂に刺された左手がやけに腫れているのがわかるでしょう。ぶよぶよの手と言ったところだ。腫れているのは問題ないが、かゆいのがチョットきついかな。掻き過ぎると更に腫れてくるから。
腫れあがった左手

今日の農作業:
①収穫   久しぶりに夏ネギの収穫、スイカ1個


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。




蜂に刺される

 昨日同様に、今日も茶の木の刈り込みを行っていたら手首を突然チクリ。案の定蜂に刺されてしまったのである。すぐに刈り込みバサミで巣をたたき落し、さされたところの血液を外に出したのだが、毒液はそうは簡単には出ないだろう。その後、畑の同僚がちくさく液を持っていたので、塗っておいた。

 今は痛くもかゆくもなく、腫れてもいないが、後で腫れてくることが多い。今回はどうなるだろう。これで蜂に刺されるのは何回目だろう。10回は越えたかな。今回の蜂の名前ははっきりしないが、比較的小さな足長バチではなかろうか。
これが落とした蜂の巣。直径は10cm位。
落とした蜂の巣
茶の木に残った蜂の巣。周りに2,3匹蜂いる。
残った蜂の巣の根本

今日の農作業:
①茶の木の刈り込み
②収穫   スイカ6個、ナス20個くらい、ピーマン20個くらい
      残っているスイカを数えてみたが、あと50個くらいありそうだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

お茶の木の刈り込み

 我が畑は昔お茶畑だったので、ところどころにお茶の木の畝がある。当然刈り込まなければぼうぼうになってしまうので、時々刈り込まなくてはいけない。今日は20m程の畝を一本刈り込んだのだが、約1時間半かかってしまった。植木の刈り込みに使う刈り込み鋏で刈っているので当然だろう。ここに刈り込む前と、刈り込んだ後の写真を添付する。
 刈り込み始めたばかりの写真:ぼうぼうの茶の木
作業を開始したばかりの茶の木

 刈り込んだ後の写真:ああ~すっきりした。右下には刈り込んだ枝が沢山。しかし、身体は汗だくだく。
刈り込みを終えた茶の木

今日の農作業:
①茶の木の刈り込み
②収穫: トマト、 まだいろいろ収穫は出来るのだが、明日纏めて収穫する予定だ。
③畑の駐車場の草刈り

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

落花生

 毎年栽培している落花生だが、今年は例年の倍栽培している。それは茹で落花生を食べたい方が多いいからだ。千葉なら生の落花生も手に入るだろうが、入間ではなかなか生の落花生は手に入らない。
 
 皆さんに落花生の花や子房柄(しぼうへい)の写真をお見せしましょう。

先ずは落花生の花:現在花がどんどん咲いています。直径は1cmくらい。きれいでしょう
落花生の花

これが子房柄:この根っこのようなものが伸びて地面に突き刺さり、その先端に落花生が出来るのです。
       現在、この子房柄がどんどん地面にもぐろうとしています。
落花生の子房柄

 落花生がどのように出来るのか詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。-->http://www.masuda-shop.co.jp/ohanashi.html


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ブルーベリーの収穫

 収穫後、3,4日もすると庭のブルーベリーが大分色づいてくる。収穫しなくては。なぜなら、鳥が大分つついているし、熟しすぎて落下するものもありそうだ。

 約1時間かけて庭のブルーベリーを収穫。今日は2.3kg収穫出来た。今まで収穫したものと合わせると、合計4.6kgになる。これからまだかなりの収穫が見込めるので、一つの株で合計10kgにはなるだろう。

今日収穫したブルーベリーの写真です。合計2.3kg。
2.4kgのブルーベリー

今日の農作業:
①収穫   スイカ4個、ブルーベリー2.3kg、他の野菜はストップ。
②草刈り   スイカ畑近くの刈り込み、他。
③茶の木刈り  10mくらい刈り込んだ。
     最近は戦車のような茶の木を刈り込む機械が使われているが、
     私は相変わらず刈り込みバサミで刈り込んでいる。
     慣れないときれいには刈り込めないかも知れない。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

自分の写真

 8:30~1:30頃まで畑作業をしたが、この暑い昼間に畑に出てくる者はだ~れもいない。このまま日射病で倒れたら一貫の終わりだろうな。

 茶の木の刈り込みをしている時にふと思ったのだが、畑では沢山の写真を撮っているのだが、自分の写真が殆どない。それならと思いついたついでに自分の写真を撮ってやろう。腕を伸ばして自分にカメラを向けてパチリ。レンズの向きを良く見れば結構自分の写真も撮れるものだ。あまり好きな自分ではないが、チョット固めの自分の顔写真を紹介する。下から突き出ているものは刈り込みバサミである。
自分の写真
今日の農作業は前の記事をご覧ください。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

弱肉強食

 今日は衝撃的な写真を紹介する。畑を見回っていたら、カマキリが自分よリ大きなショウリョウバッタを捕まえて抱え込んでいる。バッタが幾らもがいてもカマキリの鎌が食い込んでいてびくともしない。カマキリは生きているバッタのかま首をかじり始めた。徐々に食べられて、そのうちにバッタは息の根が止ってしまうのだろう。この写真はカマキリがバッタのかま首を食べているところだ。驚いて後ずさりする人もいるだろうし、写真を見ることも出来ない人もいるだろう。詳しく見たい人は写真を拡大してください。なお、カマキリは上の方からバッタの首を食べています。わかりますか?
 カマキリは残虐だと思うかもしれないが、生きるためだけに虫を捕まえ食べているだけだ。他の生き物も皆そうだ。 しかし、人間はどうだろうか。考えさせられる事がたくさんある。

カマキリがバッタを捕まえた

今日の農作業:
①茶の木狩り
②収穫  スイカ8個、きゅーり、ナス、トウモロコシ
③育苗に使っていたビニールシート5枚を片付け
④草刈り 水仙畑とカボチャ畑


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャイアントカボチャは?

 今年は、改めて種を蒔くことなく勝手に生えてきたジャイアントカボチャを育てている。先祖がえりするかと思っていたが、それなりに成長し、かなり大きくなってきた。ここに写真を添付する。今の大きさだと40kgがいいところかも知れない。
ジャイアントカボチャ

 そのほかにも小さなカボチャが生育しているが、大して大きくはならないだろう。

今日の農作業:
①収穫   大根、スイカ*4、ミニトマト、トマト、キューリ、ナス、トウモロコシ
②大豆の虫退治  暫く前から大豆の虫退治をしている。新芽に卵を産み、成長する。。。だ。
         既に100匹は手で退治しているだろう。この見回りも結構大変な作業なのである。
③草刈り  これは日課のようなものである。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日の農作業

今日の農作業
①収穫  スイカ、トマト、ナス、キューリ、トウモロコシ(第2弾)
②大豆畑の草取り
   かなり草が繁茂し始めたので、あまり大きくなる前に草を抜いた(一部)。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター