家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2012-01

今月も今日で終わり

 早いもので、年が明けたと思ったらもう1ヶ月が過ぎてしまった。今年も1/12が終わってしまったのです。なんで・・・?と言った気持ちになってしまう。

 もっと時間が欲しいとは言ってもそれは無理。今ある時間を大事に、うまく活用しなくてはいけないのだろう。考えてみれば無駄な時間が沢山ある事は確かだ。いやな事は後回しにして、簡単などうでもよいことを優先して手を出してしまう。そしていやな事は切羽詰ってから手を出す羽目に。だから余計に時間だけが早く過ぎ去ってゆくように感じてしまう。
スポンサーサイト

野菜達は元気かな

 1月11日以降まだ畑に顔を出していない。1.8m巾の昔からの農道が霜でぬかるんでいないかと、行くのを躊躇してしまう。

 収穫できるはずのはくさい、ネギ、ほうれん草、大根などはこの寒さでも大丈夫なのか? すごい気には掛かるのだが・・・・。


今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

やれば出来る

 今日は久しぶりに家の仕事ができる。懸案であったテレビの台の作成だ。材料等は事前に準備しておいたので、後は設計製作だ。

 先ずは簡単な図面(設計)を書いて、大工道具をそろえて、材料をそろえて作成開始である。使った道具類は意外と少なくて、のこぎり、曲尺、メジャー、鉛筆、ドライバー,
電動ドリルくらいだ。

 このような作業は幼稚園で日常的にやっているので、結構要領よくでき、1時間くらいで完成。あとは掃除、後片付け、台をセットしてテレビを乗せる。最初から最後まで約2時間の作業だ。

 昨年4月に始めたお手玉も、3つのジャグリングはかなり安定して出来る様になった。現在は、右手で2個、両手で3個、左手で2個と連続して変化する業を習得中。それが安定してできる様になったらいよいよ4個に挑戦だが、現状を見る限りチョット無理かもしれない。

 でも、やれば出来る事は確かである。大工仕事はそれ程した事はなかったし、お手玉はまったく初めてだった。でも、数をこなせばできる様になる。年をとったってやれば出来るのである。

警備

 2月4日飯能で行われる五十嵐財務副大臣の新春の集いに岡田副総理が来る。本日副総理を迎えるための打ち合わせに参加した。警察やSPは当然だが、招待する側としてもできるだけの事はしなくてはならない。

 私は金属探知機を使った凶器のチェックをする。金属探知機は今回で4回目なので大体の要領は分かっているが、改めて抜かりの無いように準備をしたい。金属探知機の警備がスムースに行かないと参加者の大渋滞を引き起こすのです。

バスツアー

 今日は立川市の総合リサイクルセンターと東京消防庁の立川防災館の見学体験バスツアーの日である。主催は入間市環境まちづくり会議みんなのごみ部会で、昨年の8月頃から準備を進めてきたものである。

 入間市のバスを借りてのツアーである。1月1日の入間市報に募集案内を出し、参加予定は27名であったが、本日までに3名の欠席者が出て、実際の参加者は24名となった。私が皆さんの案内をしたのだが、いつもの事ながら反省点多きツアーとなってしまった。

 立川市総合リサイクルセンターでは、リサイクル施設等の見学と立川市のごみ削減計画の説明を聞いた。可燃ごみを5年間で半減するという大目標を掲げているが、2年半経った現在約20%削減だそうだ。目標には及びそうには無いが、職員は皆目標に向かって意欲満々である。今日は色々な新鮮な話を聞く事ができ、得るものは大であった。
写真は参加者が総合リサイクルセンターの職員と質疑をしているところ。沢山の質問が出て有意義な意見交換が出来た。
質疑応答


 東京消防庁の防災館では消火、煙、地震、救急手当ての体験をし、災害映画を見た。このようなことは暫くすると忘れてしまう。年に一度くらいは受けておくのも有意義であると感じた。
写真は胸骨圧迫の体験をしているところ。
救急手当て:胸骨圧迫の訓練

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

「ほうとう」と「にぼと」

 ほうとうは山梨が有名だが、「煮ぼと(にほうとう)」は埼玉の家庭料理だろう。山梨のほうとうは味噌味だが、埼玉のほうとうは醤油がベースだと思う。ほうとうの麺は腰が無く比較的柔らかい。私はこの柔らかい麺が大好きだ。特に一夜明けて朝食べるほうとうはどろっとしていて、味がしみこみ更に美味しくなっている。

 よく腰がある麺が喉越しが良く美味しいいと言うが私はそれよりほうとうの方がずっと好きだ。薄力粉を使って塩を入れないでうどんを打つとかなり柔らかな麺ができる。打ちたてをすぐに煮込んで「煮ぼと」を作るとそれは特に美味しい。「煮ぼと」は「ほうとう」と同じように今ある野菜を何でも入れ込んで煮てしまう。私は夏でも好きだが、寒い冬は体があったまるので最高だ。

 今日の夕飯は「ほうとう」だが、やはり美味しかった。また、たまには手打でほうとうを打とう。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

手作りコマ続編

 1週間くらい前に手作りコマの記事を書いたが、今日は続編である。現在作成しているのは、荷造り用の紐を使ったコマと、CDやDVDを使ったコマである。作る度に色々な発見があり、どんどん進化している。荷造り紐の巻き方や固定方法、芯の出し方、CDの固定方法、心棒の作り方など作れば作るほど要領もよくなり、良いものになってくる。

 とりあえず、写真を掲載する。

①CD(DVD)のコマが回転してるところ。このコマは手で回すのだが非常に良く廻る。光に当たると虹色に光り本当にきれいだ。芯棒が細いので固定するのが大変。そこで、CDと芯棒の間に円柱の木を入れてCDを固定している。ピンクの輪はさらにCDを強く固定するためにつけたものだ。
CDのコマ

②荷造り紐を巻いて模様を出しているところ。模様がきれいでしょう。これから芯棒をつけて、芯を出して、固定して出来上がりである。巻いたテープなので、上下に自由にずらす事ができるので、色々な形のコマを作ることができる。
荷造りテープの巻き取り

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 昨日の雪は沢山の新しい発見を提供してくれた。たかが雪だけども良く見れば本当に色々な姿を見せてくれる。

 まず、家の近くの三ツ木台公園の枯れ木が桜の花を咲かせたよう。本当にきれいだ。さっそくパチリ。
枯れ木に雪の花

 出園のために家を出るとまず農道を通るのだが、刈り込まれていないお茶畑に積もった雪のきれいなこと。まるで、綿をちりばめたようだ。遠くには桜山展望台が見える。さっそく写真をパチリ。
お茶の木に綿

 幼稚園についてから園の雪景色の写真をいろいろ撮り、避難用滑り台から雪が少しずつ落ちてくる様が非常に面白くまたまた写真をパチリ。雪は数時間かけて少しづつ落ちてくるのだが、粘りがあり、反物を折りたたむように滑り落ちてくる。2枚の写真を添付する。
最初はほんの少しづつ滑り落ちてくる雪
滑り台と雪の反物2
こちらはすべり落ちてきた雪が反物のように折りたたまれたところ
滑り台と雪の反物1

 その後、自作の大きな雪だるまの写真をパチリ。
雪だるま

 雪が降ったおかげで色々な雪の素顔を見ることが出来、沢山の写真を撮る事が出来た。


今日の農作業:またまた無し


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。


杉花粉症

 日本ではスギ花粉が大きな問題になっている。例年今頃になると今年のスギ花粉の予想が公にされるようになる。今年はいつもより大分少ないようだが、花粉症の方は気になるのでは。たまたま私はまったく無関係なのです。

 先日NHKで中国の杉の村が紹介されていた。広大な村全体が杉の木なのである。生活の基盤が杉であり、切った杉の木の後には必ず新たな杉の苗を植え、木を絶やさないように管理している。しかしながらそんな村には杉花粉症なる人はただ一人も存在しない。

 現代社会が杉花粉と何らかの結びつきがあり、人間に逆襲しているのではないか。私は巷に氾濫している化学物質(排気ガス、食費添加物などなど)が原因だと思っているが、何の根拠も無いので、大きな声では言えないのである。

放射能の安全基準

 基準には色々なものがあるが、安全に関する基準はデジタルではなくアナログ的だと思っている。まず、今回の放射能に関する基準でも、基準値以上なら危険で、それ以下なら安全などと言う代物ではない。基準値は目安であってその基準をどう捕らえるかは各個人の問題なのである。より安全をと考える人は基準値より低い値を、今の基準値など気にしないと考える人はもっと高い値でも良い。しかしながらその結果は自己責任だ。

 より身近なものとして消費期限や賞味期限がある。多くの飲食物には賞味期限が書いてあるが、商売人は別として、多くの個人はこの期限を過ぎても食べるケースが多い。私もそうである。食べる前に五感をフル動員して食べられるかどうか判断している。

 放射能については販売する製品が基準以下と言うだけでなく、基準値と実測値の両方を明記するのが好ましい。消費者は基準値と実測値を見て個人の判断で購入する。多くの人は少しでも実測値が少ない製品を選ぶだろうが、それでよいのでは。全製品の放射能測定は無理と言う人もあるが、もっと大きな単位での測定は可能と思う。実際に、当初は無理だとい言っていた食品でも、問題発生後は計測をして販売しているものもあるようだ。

商品選び

 先日材木を購入しに行った。

 材木を選ぶのだが、誰でも節の少ないもの、節が材木の角にない物、また曲がっていないもの、正目等の材木を慎重に選ぶ。

 その結果、そこには次第にあまり良くない材木が残って行くことになる。

 しかしである。その後に材木を買いに来た人は残っている商品の中から良いものを選んで購入する。購入する人は良いものを選んで購入した満足感がある。こんなことを繰り返しているうちにどんなに悪くても殆ど売切れてしまう。うまく出来ているものである。

 販売する側としては殆ど売切れるまでは新しい商品を店頭に置かないのである。

 確かに私が購入した時は商品の数が少なく、よいものを選択するのが大変であった。でも、その中から良いものを選んだ満足感のようなものがあったのは確かである。

 しかしながら購入した商品を知識のある人に見せたらそんな商品はダメだといわれてしまったのである。

 知識の無い人はそこにある商品の中から相対的によいものを選ぶだけで満足してしまう。しかしながらより知識のある人はそこに置いてある商品だけでなく本当によいものを見わける力があるのである。

 ものを見る目、人を見る目にはそんな違いがあるのだろう。

未来

 地球の未来はどうなってゆくのだろうか。ウイキペディアで調べると、こんなことが書いてある。

①現在の地球は、海に覆われ自然も豊かではある。しかし今後数十億年の間には、巨大隕石の衝突、あるいは大陸移動に伴う火山活動や気候変動などによる大量絶滅が起きる可能性もある。

②地球からヘリウムや水素が宇宙に散逸している。地球の水分はかなり減少し、水循環は両極域に限定されると考えられている。

③また、未来にはプレート運動が停止し、海洋はマントルに吸収されて失われていく。約30億年後には現在の火星のような姿になると予想されている。

④そして50億 - 70億年後には太陽が主系列星段階を終え、地球の公転軌道に近い大きさにまで膨張する。地球自体は海洋や大気を蒸発で失い、太陽に飲み込まれるか、そうでなくても表面は融解して誕生時のようなマグマオーシャンに覆われる。太陽が燃え尽きた時に地球がまだ残っていれば、そのまま白色矮星になった太陽と共に冷えて行く。


これらは全て人類または地球が滅亡してゆくシナリオである。

 こんな事を考えていると地球上で行われている人間同士のいがみ合いが馬鹿らしくなってくる。実際に、多くの宇宙飛行士が雄大な宇宙を肌で感じた後に話すことは「些細な事で争う人間のおろかさ」だ。

 今の政治は日本の未来、世界の未来をどれだけ考えてくれているのだろうか。小さなことで対立し、自分の立場だけを主張し、今の自分を守るだけの政治になっていないか本当に心配だ。1億年先とは言わないが、10年先、50年先、100年先を見据えた政治はできないものか。


今日の農作業:無し

 最近は殆ど農業に関することを掲載できていない。農作業をしていない事もあるが、チョットだらしが無いかな。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

人が集まるという事

 昨夜は市議会議員の新年会。声をかけた9割以上の方が参加していただき、本当に参加率の良い新年会となった。このように多くの人が集まるのはやはり議員の持っている魅力のようなものが人を集めているのだろうと思う。議員本人はまったく気がついていないようだが、それが事実だと思う。しかしながら、今後皆さんの期待に答えてあげるのが議員の仕事の一つだろう。

今日の農作業:今の時間では無しが当たり前。後で書く


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

雪と茶畑と放射能

 昨日は今期初めての本格的な雪だ。出園途中、農道から遠くまで広がる銀色に輝く茶畑を撮った。でも、この茶畑から収穫されるお茶は放射能の風評被害によって販売は相当に落ち込んでいるようだ。放射能の基準値についても大分もめているようだが、私には何が正しいのか良くわからない。確実に言える事は原発事故の前に戻れば良しといえることだけ。

 こんな美しい銀世界の影に放射線が潜んでいるとは・・・。この雪が解けるときに一緒に放射能を溶かしてどこかに行ってくれればいいのだが、と思ってもそれは夢。放射能は本当に厄介者である。

農道から撮った茶畑に降り積もった雪:上から見守っている鉄塔と防霜ファンは何を思っているのだろう。チョット寂しげに見えるのは私だけだろうか。
茶畑の雪

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

乾燥注意報

 乾燥注意報が35(6?)日続いたが、これが良かった人、困った人がいる。乾燥でよかった人は誰なのか。野菜高騰で潤った農家かな?それともインフルエンザで病院かな。困った人は野菜を購入する人であり、インフルエンザに掛かった人だろう。


 当然本日の雪もそうだ。良かった人、困った人がいるはずだ。困った人は分かるけど、良かった人はいるのかな。よくは分からないけど、スタッドレスタイヤのお店や車を控える人が多かったのでバス会社かな?

 東日本大震災だって良かった人、困った人がいるはずだ。とは言っても震災にあった方々の事を考えると絶対に良かったなんて言えないのですが。

 戦争だって良かった人、困った人がいる。朝鮮戦争の時日本が大分潤ったけど、当時者は大変なことだったのである。

 何でもそうであるが、今までと変った事が起きたり、ルールの変更があれば必ずや良かった人と困った人がいる。 

 政治はルールを変えていくものであり、常に利害の対立だ。多くの場合多数の意見に沿った結果が採用されるが、時には国民を説得してでも実現しなくてはならない課題もある。

今日の農作業:無し  もう大分畑を見ていない。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

手作りコマ

 最近コマを作ってみた。材料はそこいらにある廃材である。したがって費用はゼロ円。ただ、チョット手間だけはかけなくてはいけない。 大体一個30分もあればできるが、ボンドで固定するには24時間は置いておきたい。

 今まで、普通は廃棄する梱包用の平らな紐やCD(DVDも)を何かに使えないかと保存してきた。実際に鍋敷きや飾りなどを作ってみたがあまり実用的なものではなかった。

 2,3日前にコマでも出来ないかと思いつき、最初は梱包用の平な紐を使い、平らな紐の巻き方や芯棒の芯の出し方などいろいろ試行錯誤しながらの作業。結果として、直径15cm以上の大きなコマを作成。多少の芯のずれがあるが結構よく廻る。 5色の紐が回転すると結構きれいだ。 続けて小型のコマを二つ作成した。 一つはコマ紐でまわせるもので、かなり高速回転で廻る。

 次に、CDを使ってを作成。是も思考錯誤しながら大分よいものができた。この写真は別途掲載する。

 これらのコマは皆子供たちに見せ、また遊んでもらう。これからも幾つものコマを作るつもりだ。作れば作るほど良い物になってゆくようだ。

ここには梱包用の平らな紐を使ったコマの写真を二種類掲載する。
是は直径15cmのコマで手で回転させたもの
回転する15cmのコマ

是は直径7cmのコマでコマ紐で回転させたもの。まるで止っているようだ。
回転する7cmのコマ

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

確定申告

 また今年も確定申告の季節がやってきた。そろそろ書類も集めて纏めておかなくては。例年、国税庁のHPで確定申告書類を作成している。昨年の書類は残っているので、それを多少修正すれば書類は出来上がる。そして市役所に行って納税相談をして書類の確認後正式に提出する。

 納税相談を受けるのは、以前ルールを知らなかったがために多額の納税を覚悟していたのだが、相談した結果納税不要となった事があったからである。

今日の農作業:無し
  もう幾日も農作業をしていない。早く残渣や剪定枝などを燃やしてしまいたいのだが。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

入間市廃棄物減量等推進審議会へ出席

 現在、入間市一般廃棄物処理基本計画改訂に伴う審議を依頼されて審議をしている。今日は第4回目の審議会で、今日が最後である。幼稚園を1時間ばかり早退するのだが、仕事の状況で多少遅れてしまうことが多かったのだが、今日は開始時間に間に合うことができた。

 入間市のごみの減量とリサイクル率の向上を目指して、H18年に今後15年間の入間市のごみ行政のあり方を明確にするために一般廃棄物処理基本計画が策定されている。5年経ったので見直し作業が行われ、今回の審議会はこの見直し版の審議である。

 この一般廃棄物処理基本計画の書き方は何処の自治体でも似ているが、内容や見易さは自治体によってかなり異なっているようだ。環境省かどこかが雛形を作っているのではないかと思われる。

 入間市の計画は、
 *ごみの減量の目標はごみ排出量をH20年度50256tからH32年度43350tへ。14%削減。
 *リサイクル率の目標はH20年の26.6%からH32年度には30%以上とする

 審議会を通して感じた事は以下の通り。
  1)基本計画を理解するのが大変で、一般の方には無理だろう。
  2)考えられる施策が全て掲載されていて総花的であり、実際に何を実施するのかが良くわからない。
  3)定量的でないため、各施策がごみ減量とリサイクル率アップの目標にどのように寄与するのかが分からない。
 そんなわけで、審議会ではいろいろ手厳しい発言をしまったが、入間市がごみ行政の先進自治体と言われるようになって欲しいと願うからである。

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

コミュニティサイト

 自分ではブログを毎日書いていて、二つの団体のHPを作成しているが、最近、Facebook、Twitterにも参加している。FacebookやTwitterはどんな物かを知っておきたくて参加している程度ではあるが、使い方次第でなかなか面白そうである。まだ殆どROM(見るだけ)状態だが、そのうちにRAM(読んだり書いたり)状態にしたいものだ。 だが、ブログやHP作りも結構時間をとられているので、何処まで使いこなせるようになるかは分からない。

 最近は新しいコミュニケーション機器も沢山世の中に出回っている。今の携帯が壊れたらさっそくスマートホーンにしようと思う。何処でもいつでもネット上でのコミュニケーションが取れる状況にはしておきたい。

今日の農作業:無し


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

恒例の初詣・新年会 続き

 今日の初詣と新年会は楽しいものでした。21名もの参加があり、酒造ではやはり大量の試飲をして、当然お土産の焼酎を買い、秩父神社では本殿に上がって祈願をしていただき、秩父まつり会館では勇壮な映画を見て、最後は飯能で待ちに待った新年会。帰宅は9時15分で丁度良い時間だ。 家に帰ると韓国映画トンイをやっていたのでじっくり見て、風呂に入ってパソコンをいじくっています。もう11時を過ぎた、今日は早く寝ようかな。

恒例の初詣・新年会

 金子おやじの会では毎年恒例の初詣・新年会が行われる。このイベントがおやじの会の新年である。
改めて、あけましておめでとうございます。
 今日がその日であるが、今年は秩父へ出かけ、先ずは酒造会社見学だ。すぐにお酒が見え隠れするところがおやじの会かもしれない。次に本命の秩父神社に行き祈祷を受けて新年を誓う。問題は最初に酒造会社へよることだろう。試飲が過ぎれば??。節度を持ってお神酒程度に試飲しなくては。その後秩父まつり会館へ寄って帰路へ。

 帰りは東飯能で降りて新年会である。ここでは思い切って飲んで話して新年を祝い、今年の抱負でも話し会いたいものだ。

 この続きは帰宅してから書く気が残っていれば書く事にする。

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。


習慣(風習)のぶつかり

 習慣は個人、家族、地域、地方、国家などが持っているものであり、歴史上色々な区割りが複雑にからんでいる地域は習慣も複雑に絡み合っているのではないかと思う。

 人間生まれてから、いつかは習慣との衝突を迎えるときがある。結婚した時の連れ合いとの習慣の違い、ある地域に引越しした時の習慣の違い。 引越ししたとしても一人(または家族)で引っ越した時と集団(新しい団地)で引っ越した時ではまったく習慣の違いからくる軋轢は違う。

 時には習慣の違いは大きな問題を引き起こす。夫婦の場合には離婚騒動、地域の場合には新旧住民の対立だ、国家レベルとなると戦争にも発展する。

 でも、少しでも相手の立場になって考える事が出来れば何てこともないのである。しかしながらそれが出来ないがために問題が発生するのである。もう少し、冷静になれればと思うのだが。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ランキング競争

 最近食べログの口コミが問題になっている。この場合金銭がからんでいるので、大きな問題なっているが、似たような事は他にも沢山ある。

 昔から「さくら」「うわさを流す」などウソがばら撒かれる事はよくあった。あらゆるメディアから流れてくる情報も本当に事実かどうかわからないものも多い。身近な処では、だれだれさんから聞いたという話を良く聞くが、多くの場合誇張され、何人もの人を経た情報はまったく違う事を言っていることさえある。

 昨年末に友人のブログのランクアップを目指して、ランクアップバナーを頻繁にクリックしてランクアップを計ったことがある。ランクアップは1時間に1回だけ有効なので、1時間過ぎればクリックを繰り返し、毎日4,5回ランクアップを計った。今まで2位に定着していたランクがお陰でランクトップに! 
 しかしながら相手も黙っていない。すぐにランクアップ攻撃を仕掛けてきて、あっという間に再び2位にダウン。私のランクアップ競争はこれで終わりにし、見に行った時だけランクアップをしている。これが自然のランクであろう。しかしながら、相手はまだ継続して攻撃を続けているようだ。なぜなら、昔よりかなり高い得点になっているので、攻撃継続が分かるのです。このようなランク情報が何処まで信頼できるのか?

 情報が信じることができるのか否か? 情報の発信源であるメディアや人の信頼性、複数の情報源から情報を得て総合的に判断するなどしているはずだ。その上で得た情報をどのように判断するかはやはり自己責任なのだろう。

今日の農作業:無し  今から準備作業(作付け計画、農具手入れ、作業環境の整理など)をしておかなければいけないのだが。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

みんなのごみ部会

 私は「みんなのごみ部会」の代表をしている。しかしながら、発足当初の意気込みは無く、ただ漫然と部会を運営しているのが実態だ。発足当初は生ごみの堆肥化を目指して、他の自治体の実態調査や地域の皆さんや業者の協力を得てごみの分別回収と堆肥化を試行、そして市への提言をするなど、活発に活動していた。

 しかしである、現状はまったく停滞。何とか突破口を見つけたいのだが、先が見えない。何をどうしたら良いのだろうか。こんな悩みを抱える今日この頃なのです。

 入間市のごみをドラスティックに削減し、全国からも注目を集めるごみ行政をする入間市にしたいのだが。

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

カレーライス

 カレーライス それとも ライスカレー? 是はどちらでもいいとして、カレーライスを食べる時にカレーをご飯にかけて食べる? それともカレーとご飯を混ぜ込んで食べる? ちょっとしたことでも人によって違うようだ。

 何でそうなったの? 親がそうだったから、何とはなしにそうなった、そうしたほうが美味しいから、など色々な意見が出てきそうである。私の場合にそのときの気分ではどちらもする。

 同じようなことは他にもある。納豆ご飯の食べ方である。ご飯と納豆を混ぜて食べる人、ご飯の上に乗せて食べる人。私は納豆ご飯の場合にも気分次第でどちらの食べ方もする。

 このように食べる時の習慣の違いはもっともっと色々なところにありそうだ。例えばラーメンの汁をどんぶりから直接飲む人、刺身のつまをきれいに食べる人、骨付き魚の骨しか残さずにきれいに食べる人、ハンバーグなどのたれを拭き取るようにきれいに食べる人、など本当に人それぞれだ。 十人十色それがまた面白い。

 先日の食事会でこんなことが話題になったので~す。

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根

 昨年10月2日に大根第二段として自然農法の試験栽培用の大根の種を蒔いた。大分遅まきなので、どうなるか心配ではあったが、現在30cm~40cm位の大根が収穫できている。

 この大根の北側にはお茶の畝があり北風があまり当たらないし、日当たりは抜群、そして自分の葉で自身を守っているために大根の本体は問題なく美味しく食べられる状態を保っている。

今日の農作業:
①大根収穫
②野菜類の見周り
  現在畑で収穫できる野菜は、ネギ、大根、白菜、ほうれん草、小松菜 こんなものだろう。
  生育途中の野菜は、イチゴ、キャベツ、玉葱、麦、キヌサヤ、かきな

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ぬかるみ

 我が畑の側に車で入るには昔の細い一間巾の農道を通らなくてはならない。当然舗装はされていないので、ぬかるむ事がある。 その時期は霜の降りる今が一番危険で、車で入った時が問題なのである。
 
 朝方は霜が解けていないので、農道はコチコチだ。しかし、お天道様が出てくると日の当たる場所は徐々に霜が解けて次第にぬかるんでくる。 昨年暮れから殆ど雨が降っていないし、毎日乾燥しているにも拘わらずである。しかし、日陰は相変わらずコチコチだ。

 ここで、雨でも降ろうものなら最悪である。霜も巨大になり、解けるのも早く道路全体がどろどろになってしまう。車で入ったら悲劇である。ぬかるんで動けなくなってしまうのである。数年前に何とか入ったのだが、とうとう出られなくなってしまい、一時間以上右往左往した事がある。

 そんなわけで、冬場の畑に車で行くのは最大の注意が必要なのです


 今はゆっくり入れば大きな問題はないのだが、いつもタイヤには沢山の泥がついてしまうのです。普通の舗装道路に出てスピードを上げるとタイヤについた泥がバタバタと落ちてゆく音が聞こえるのです。


今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

種子の購入

 そろそろ今年の自然農法の種子を購入しなくては。さっそく昨年来た案内を見ながら購入する種子を選択し、メールで発注した。合計5000円になる。 ナス、トマト、スイカ、キューリ、レタス、人参、ピーマンなど。 カボチャ、トウモロコシ、オクラなどは自家採取で間に合わせる。

 でもこんなに種を購入してやり切れかどうか。でも今までもしてきた事なのでやれるだけやってみよう。気を遣うのが、育苗だ。毎日こまめに面倒を見ないとすぐにダメにしてしまう。平日は仕事の身、自由に時間が取れないのが悩みの種である。

 昨年は大量に深谷ネギの苗(500本)を頂いた。今年は種から挑戦してみたい。ほうれん草はそれなりに育ったが、今年はそれ以上にうまく育ててみたい。など、やりたい事は沢山あるが、全部は無理だろう。

自然農法の種子は下記から購入できる。
 (財)自然農法国際研究開発センター 研究部 育苗課
  〒390-1401 長野県松本市波田5632
  tel:0263-92-6800
  fax: 0263-92-6808
  e-mail:seed@infrc.or.jp

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ごみひろい隊

 前にも書いた事はあるが、今日はごみひろい隊の活動日である。10:00~12:00まで武蔵藤沢駅周辺のごみ拾いを行った。天気晴朗なれど風強しであり、日陰に入るとかなり寒い。この寒い中20人前後のメンバーが集まった。
 ごみひろい隊には派手な制服がある。ピンクのジャンパー、ピンクのT-シャツ、ピンクの帽子。活動を広く知ってもらう目的もあるが、一番の目的は交通事故対策である。車から見やすい服装であることが重要なのです。
ここに集合写真を掲載しますので、その派手具合をみてください。この写真は12月なので、20人を越えています。
ごみひろい隊


今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

所得格差

 経済の減速が始まると、失業者が増えて大混乱になるといわれるが、それは何もしないときの話でしょう。経済の減速兆候が見え始めたら累進税率を高くして所得格差を少なくし、ワークシェアリングをして多くの人の働く場所を確保する必要があるだろう。このような対策をしながら、心にゆとりのある10年前、20年前にゆっくりと減速してゆけば良い。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター