家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2011-11

明日は12月

 早いもので、明日は12月1日、幼稚園のクリスマス子供会の日である。うた、合奏、ゆうぎ、劇と市民会館を使った豪華で多彩な催しである。今日まで大道具、小道具の準備作業をしてきたが、大変であっても結構楽しい準備作業なのである。なぜなら、初めての仕事が多く、頼まれた仕事をどう実現するかは自分次第だからだ。

 でも一番大変なのは先生達だろう。時間的にも体力的にも精神的にも本当にすごいと思う。他の幼稚園は知らないが、園児を預かる幼稚園として誇れる先生達だ。

 当然、今日も農作業は無し。明後日は特別な休みなので、大豆の収穫脱穀に勤しみたい。そうだ、生涯学習フェスタの展示資料も作成しなくては。他にもいろいろ・・・・あと何が残っているのだろう。
スポンサーサイト

前向きに考える

 前向きに考える事は非常に良い事である。一生懸命努力して失敗してもくよくよしないで次の挑戦をしてゆくような前向きな考えはよ~く理解できる。また、世の中には色々な人がいることを認められる人も前向きな感じがする。前向きの条件は他にも色々あるかもしれない。

 しかし、良くない場合もあるようだ。努力もしないで失敗しても何とかなるさ的な考えである。これでは人間何の進歩も無い。自分と違う意見を持った人をまったく敵視するような人もいただけない。

 何が前向きなのかは簡単には決められないが、最低限、精一杯努力して生きている人が前向きなのではないだろうか。では私はどうなのか。まだまだかな。

大豆の話は続く

 ここ数日は夜のパソコン作業の合間に大豆の選別作業をしてきたので、今までに収穫した大豆の選別作業は全て終わった。選別前の大豆のうち10.8kg(83%)がきれいな大豆で、2.2kg(17%)がカスとなった。

 あと約2倍の大豆があるので、合計約30kgのきれいな大豆が収穫できそうである。

カラオケ

 午前中は公園の花壇にチューリップの球根を植えた。その前に大量の落ち葉や花壇を片付けてからのの作業である。全部で150球くらい植えただろうか。

 12時からは6時間ものカラオケである。ちびりちびりと飲みながら、予約はいつも一杯で10名で歌い続け、あっという間に終了。最初は6時間はなが~~いな~~、と思ったが、終わってみるとあっという間の出来事であった。このカラオケの集まりはあまり歌のうまくない私でも気軽に参加できる。何しろ皆さんも練習のつもりで参加しているので、初めての歌でも何でもトライできる。うまいかどうかではなく、楽しめるかどうかが問題なのである。

 と言うわけで、今日も一日があっという間に過ぎ去っていった。明日からは幼稚園のイベントの準備を最優先だ。 従って、大豆の脱穀はイベント終了後かな。天日干ししてある大豆がはじけなければいいのだが。

忘年会

 今日は畑仕事はなし。一日忙しくあちこち飛び廻っていました。福生、羽村で空家管理、青梅で生涯学習フェスタの買い物、川越で県政モニターの定例会、家に戻ってからバスで入間に行き忘年会。10:30過ぎに忘年会から帰宅して、やっとこの記事を書いています。チョット疲れた感じですね。

連続2年間

 11月17日で休むことなく連続2年間ブログを書き続けることが出来た。旅行に出かけた時は携帯から、そして忘れていて12時を少し過ぎてしまった時には時刻をチョット前倒しにして記事を書き続ける事が出来た。厳密に言うと時刻の前倒しは違反なのかもしれないがそれは許して欲しい。

 昔の記事を見ていると、ある程度同じような記事が季節ごとに掲載されている。特に菜園の記事はかなり繰り返しが多い。でも、毎年少しずつ変化があり、まったく同じわけではない。そんな少しずつの変化が人生なのかもしれない。

 これからも書ける限りは継続して毎日書いていこうと思う。その理由は? と聞かれたら「そこにブログがあるから」と答えたい。特に理由があるわけではなく、自己満足でいい。

大豆の脱穀

 今日は思いもかけず、幼稚園を早く退園する事が出来たので、さっそく畑に行き大豆の脱穀作業をした。1時間半の作業なので、たいして脱穀できなかったが、少しでも進む事に感謝したい感じである。何枚か写真を添付する。

脱穀風景:手前は干した大豆。ブルーシートの中で干した大豆をコンテナに叩きつけて脱穀。右は脱穀して残った枝と莢。大豆の脱穀

脱穀して溜まった大豆とかす:脱穀中の大豆

多少かすを取り除いた大豆:この後今一度かすを除き、その後選別作業に入る脱穀し大きな殻を取り除いた大豆


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

いつ作業ができるやら

 幼稚園のからの帰りが遅いため、夕方、菜園に行くことが出来ないでいる。そんなわけで、大豆の脱穀が進まない。幼稚園の最大のイベントがあり、準備作業が沢山あるのでしょうがないのだが・・・、でも昼間の時間が欲しい。今度の土日も全て埋まってしまっている。

 話は変るが、ジャンボカボチャの料理をお願いしたが、とろけるようで料理のしようがなかったそうだ。そんなわけで、料理できずじまいでお・わ・り。ジャンボカボチャは家畜の食料に使うそうだが、確かに普通の食用カボチャとは違う。

大豆の脱穀とかす取り

 やっと大豆の脱穀が始めることができた。今日は約30%弱の大豆を脱穀。その後かす取りをして、選別前の大豆が約10.6kgの収穫である。選別すると8kgになるので、全体では25kg~30kgだろう。これからは時間さえ取れれば大豆の脱穀作業だ。

今日は軽く初霜が降りたようだ。畑がうっすらと白いところがあった。サツマイモの葉が黒く変色している。

今日の農作業:
①大豆の脱穀と粕取り。その後家に帰ってから一部選別作業。
②この寒いのにナス1本を収穫できた。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆大豆

 今日も予定通りの畑仕事は出来なかったが、いつもより多少早く家を出て畑に寄りネギを収穫した。当然人に食べていただくためにである。この調子では大豆の収穫/脱穀は益々遅れてしまう、明日は全てを無視して大豆に掛かりきりにならなくては。

今日の農作業:
①ネギの収穫のみ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

集中

 まあ、世の中忙しい時は全てが集中するもののようだ。幼稚園はクリスマス会の準備、県政モニターは提言の作成、各種HPの作成、案内の印刷、ごみ部会の見学会の準備、生涯学習フェスティバルの準備(ごみ部会、おやじの会)、そして極め付きは大豆の収穫脱穀選別作業である。でも何とかなるだろうと楽観的な今なのです。当分は暇なしであることには変りはない。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日も蕎麦打ち

 昨日はまがりなりにも先生としてのそばうち。今日は生徒として技術を磨くための蕎麦うち。食べる蕎麦は大好物と言うわけではないのだが、蕎麦打ちは非常に楽しい。

 今日は金子おやじの会のメンバーが20人も集まり、蕎麦打ちに勤しんだ。大量の天ぷらと蕎麦を食べ放題だ。帰りには自分で打った蕎麦だけでなく、お土産の野菜類もあり、皆さん満足して家路についたことだろう。

写真は天ぷらとそばつゆ:さつまいも、カボチャ、ちくわ、しゅんぎく、かき揚げ、人参、ヤーコンなど
配膳された天ぷらとそばつゆ

蕎麦を茹でているところ:湯気が心地よさそう。
蕎麦をゆでる

想像もできない世界:ジャンボカボチャの中は?

 9月4日に収穫した50kgのジャンボカボチャは今日もまだ健在である。しかし、もう時間の問題でもあるので、料理のために切り落とすことにしたのです。順に写真をお見せしますが、想像も出来ないような世界が待っていました。

①一部を切り落としたカボチャ 内部はどうなっているのだろう
ジャンボカボチャ:外から

②切り落とした断片 これを料理します。おいしいかな~~。
ジャンボカボチャの断片

③カボチャの内部:上 まるで鍾乳洞に入った様。
ジャンボカボチャの内部:上


④カボチャの内部:下 どろどろの世界だった。これが外に出だしたら大変なことに。でも、よく見ると種が見えるでしょう。

ジャンボカボチャの内部:下


ちなみに料理に挑戦するのは・・さん。がんばって! 試食しますよ。

今日の農作業:
①白菜の収穫
②大豆の天日干し完了

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

蕎麦打ち

 今日は蕎麦打ち。ありがたいもので、講師をするほどの腕前ではないのだが、ここ3年も私に声をかけてくれる皆さんがいる。このようなことがあるとあまりいい加減ではいけないと自分の励ましになる。なんともありがたいことである。そしてこのようにしてお友だちが少しずつ増えてゆくのが嬉しい。

 今日は総勢私も含めて11名。皆さんは殆ど年に一回しか蕎麦打ちをしないので、なかなか覚えられない。でも、年に一回蕎麦打ちを楽しんで、蕎麦を食べて話をしてコミニュケーションを計っているようだ。確かにうまくなるだけが能ではないかもしれない。

一緒に蕎麦を捏ねている皆さん。そばうち


今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

予定通りには行かず

 今日は定時で仕事を切り上げて大豆の天日干しを終わらせようと思ったが、そういうわけには行かなかった。12月1日にクリスマス子ども会があり、先生方は準備作業に忙しい。急に頼まれごとが発生することもあり、今日がその良い例である。でも、クリスマス子供会は最大のイベント。最優先で対応してあげなくては。早め早めに頼まれごとをこなさなくては。急に何が出てくるかわからないので。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の作業は続く

 当分は大豆の作業が続く。何しろ我が菜園の半分以上が大豆だからです。現在、2/3は天日干しの最中。残りの1/3は菜園に植わっているそのままで乾燥させる予定なので、暫くはそのままでいいだろう。先に天日干しをした大豆は豆がはじけ始めているものがある。早く脱穀作業に入らなくてはいけないだろう。

今日の農作業:
①大豆の天日干し作業


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

審議会後は畑に集中

 今日は審議会。幼稚園を早退して入間市一般廃棄物等減量推進審議会に参加。言いたい事は山ほどあったのだが、他の方の意見も大切なので、誰も意見が出なくなった時を見計らっての質問である。昨日も書いたが、準備不足もあって、成果は少なかったな~~。

 帰りに、審議会出席者とお茶を飲みながら意見交換をしたが、皆さん、このような審議会には大きな期待をしていない感じであった。大きな目標を立てているならいざ知らず、前の計画に多少色を添えたような新たな計画では、期待する方が無理と言うものかもしれない。

 しかしながら、5年でごみを半減すると言ったら、参加者の審議委員も真剣に議論の準備をしてきて、大いに前向きな議論が出来たのではないかと思う。

 計画を作成した行政側の方が前向きでない限り、他の参加者は燃えないだろうと思う。

今日の農作業:
①収穫:ネギ、白菜、大根
明日からは大豆の天日干し、脱穀、ごみの分別、不良豆の分別作業に専念したいものだ。

明日は審議会

 いつもの事であるが、切羽詰らないと手を出さない。多少の準備はしたものの、またまた今日になって本格的な準備作業である。

 入間市一般廃棄物処理基本計画のごみ処理基本計画編の3回目の審議会である。

 こちらで何を言っても言い訳が多い。どうしたらできるかではなく、先ず意見を否定する事から始まり、いかにしたらやらなくて済むかが答えとなることが多い。そんな言い逃れが出来ないような質疑をしなくてはいけないのだが、そうは問屋はおろしてはくれない。それなのに直前にならないと手を出さないのはどういうことか。明日も準備不足は否めない。自戒!

大豆

 大豆の天日干し作業はまだまだ続く。今日は約1時間ほどの作業。

今日の農作業:
①大豆の天日干しを少し。茶の木の南側の大豆はなかなか枯れないでいる。明日の冷え込みで枯れてくれると作業がしやすいのだが。
②収穫:はくさい、大根、ネギ
③麦の種まき(大豆を片付けた後の1畝分) これで、2畝分の麦を蒔いた。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆

 今日は思わぬお休みだった。県民の日だそうだ。学校はゆとり教育返上のために今年から休みではなくなったようだが、幼稚園はお休みだという。そんなわけでじっくり大豆を刈り取って天日干しする作業を6時間もしたが、まだ終わらない。後1日は必要だ。夕方から川越で知事への提言の打ち合わせ。その後はお決まりの飲み会だ。

畑の大豆の写真を添付する。チョットわかりにくいかもしれない。
枯れてきた大豆

地面に落ちている大豆の枯れた葉などで、わかりにくいが大豆自体が黄土色に変っている。これを根から引き抜いて、根を切り、付いている葉や実の付いていない莢や虫食いの莢などを取り除いて、天日干ししてゆく。手間はかかるが、このように余分なものを取り除いておくと乾燥が速いと思うのである。

余分な物を取り除き天日干しした大豆:結構きれいになっている
余分なものを取り除き天日干しした大豆

今日の農作業:
①大豆の天日干し
②大豆を取り去った畝を整理して麦蒔
③収穫:白菜、しょうが


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

続:大森の池

 昨日の続きです。大森の池周辺には県の蝶であるミドリシジミが好むハンノキが植わっている。しかしながら先日の台風で直径20cmもの木が2本ばかり倒されてしまった。そんな倒れた木の枝を払う作業をしたのである。チェーンソーが無いので、手作業で切り落とし作業を完了。幹は市にお任せ。
枝を払った倒れたハンのキ:
枝を切り倒した倒木

 作業も終わり、池全体を見回してみた。水草が繁茂していて水は殆ど見えなかったが、すすきの穂が揺れて、遠くには所沢市の焼却施設の煙突がそびえている。秋らしい風景である。
 大森の池:
秋の大森の池

 昨日も触れたが大量のザリガニを地上で捕まえたのである。家に持ち帰って収納庫に入れてあるザリガニ君の写真である。
沢山のザリガニ君:
ザリガニ君たち

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大森の池のごみ拾い

 以前にも大森の池のことを書いたが、今日は秋の草刈りの日だ。草刈りがメインだが、先日の台風で倒れた大きな木の片付けやごみ拾いも同時にする。また池の周りの湿った陸地には沢山のザリガニ君がノッソノッソと歩いているではないか。20匹ばかり捕まえて幼稚園へ。

集めた大量のごみ:
集めたごみ border=


ザりガニ君:土手の隙間に巣くうザりガニザリガニ君

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

喜劇を見に

 本当に久しぶりにこれから下北沢まで演劇(喜劇)を見に行く。テレビと違って生の舞台は何か直接訴えるものがあって、見ごたえがある。もっと生の舞台を見たいものだ。

今日の農作業:今日は一日雨、農作業はなし。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

もう一つのジャイアントカボチャ

 昨日は家においてあった40kgのカボチャが腐ってきた事を話した。しかしながら、幼稚園においてある50kgのカボチャはすこぶる元気だ。とは言っても腐って崩れてきたら運び出せなくなってしまうかもしれない。

 と言うわけで、今日50kgのカボチャを畑に移動する事にした。幼稚園には力持ちがいて、この50kgのカボチャを一人で抱え上げて我が車まで運んでくれた。ありがたかったが、その後腰を痛めてしまうのではないかと心配である。

 このカボチャは朽ちるまでは畑に飾っておき、その後、希望者に料理していただこうかと思っている。

今日の農作業:
①ジャイアントカボチャの移動
②大豆の天日干し
③収穫:しょうが

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャンボカボチャが・・・

 数日前から我が家の玄関先に飾ってあったジャンボカボチャに変調の兆しがあった。切り口が濡れていたり、コバエが飛んでいたり、していた。その後1週間くらいであっという間にカボチャの底が崩れ哀れな姿になってしまったのである。

 幼稚園の仕事を終え、歌声の会に参加し、畑に寄ってから家に帰るとカボチャが腐ってきているとの話。あたりは甘酸っぱい臭いがしている。早く片付けないと強烈な臭いになってしまう。でも40kg以上ある崩れたカボチャを片付けるのは至難の業。本体を台車に乗せて庭に運び、崩れた部分はシャベルですくい取って箕に入れて庭へ。すぐに庭に穴を掘って全てのカボチャを埋め、玄関は水でよく洗い流して作業は完了。

 面倒な事は後回しにするのが常であるが、今日片付けてしまってよかった、良かった。と思うのである。

今日の農作業:
もう薄暗くなってから畑に寄り様子を見てきた
①収穫:白菜と大根

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ごみ処理施設見学会下見

 ごみ処理施設見学会。毎年入間市報に募集案内を出して実施している。今日はその下調査のために幼稚園終了後、立川市の総合リサイクルセンタ-へ。
 
 字のごとく資源化のための施設である。立川市はH20年から5年で可燃ごみの50%削減と資源化率50%を掲げて取り組んでいる。我が入間市から比べるとうらやましい限りの目標である。

 実現できるかどうかはわからないが、話していてその意気込みを強く感じる事が出来た。施設そのものは新しいものではないが、見学する意義は大いにある。

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の天日干し(2)

 3時頃から約2時間大豆の天日干し作業を実施。まだ大豆の葉が枯れたものから順に干しているので、全て干せるわけではない。今日も葉が枯れているものはほぼ干す事ができた。全体からすればまだ1/5も干せていないが、あせってもしょうがない。葉が枯れるたびに干してゆくつもりだ。

干している大豆の写真:大豆の下はお茶の木である。中間に見える青いのは長ネギだ。大豆の天日干し

 今まではかなり暖かかったので、葉ガ枯れる速度が遅かったが、明日以降の朝の冷え込みで葉はどんどん枯れてゆくだろう。幼稚園の仕事が終わった後で、明日(火)は見学会の下見で立川へ、明後日(水)は歌の会へ、今度作業できるのはその次(木)になりそうだ。

今日の農作業:
①大豆の天日干し
②収穫:大根、白菜


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

文化祭

 今日は金子地区の文化祭。雨を心配していたが、思ったより天気がよく蕎麦の販売も外で行う事が出来た。この時季は気温も適度だし、やはり外が良い。

 今朝は6:00に起きて朝食の準備をし、その後蕎麦粉500gの2-8蕎麦を2回、合計1kgの蕎麦を打ち公民館へ持参。今回の収穫は菊練りである。今までは思うようにできなかったのであるが、要領を掴む事が出来た。

 蕎麦を同じ巾で切りそろえるのが非常に難しい。包丁の角度やこま板の押さえ具合がそばの巾を決めるのだが、それが思うように行かないのだ。しかし、こちらも要領を掴みかけてきた。今月はあと2回蕎麦を打つ機会があるので、意識して取り組んでみたい。

 そばうちも自分で食べる分には多少失敗してもいいが、有償でお客さんに食べてもらうとなるとそうはいかない。それなりに緊張しながらのそばうちなのでした。また、それが勉強になるのです。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

落ち葉堆肥とカブトムシの幼虫

 ボランティアで公園管理をしているが、毎年大量の落ち葉や草が出る。その落ち葉や草は積み上げて堆肥を作っている。と言ってもただ積み上げているだけで、意識して堆肥化しているわけではない。

 15年近く積み上げてきた落ち葉や草達(写真)は大量の堆肥になっている。今までも数回堆肥の取り出しをしたが、今日は本格的に堆肥の取り出し作業を行った。堆肥を取り出さないともう落ち葉を積み込む場所が無いのだ。一回20kgとして20回ほど堆肥を我が庭に運び、途中近所の方にも欲しいだけもって行っていただいた。それでもまだまだ沢山の堆肥が残っている。

堆肥場:堆肥を取り出しているところ堆肥場


堆肥化して層になった落ち葉:一体何層になっているのかな。まるで15年前の化石のようだ。
落ち葉の層


 堆肥を取り出すために落ち葉の山をいじくっていると、カブトムシの幼虫(写真)が出てくるではないか。丁度、落ち葉の発酵が進んで暖かくなっている場所に居る。だいたたい上から20cmくらいだ。全部で20匹以上いたが、全て居心地の良さそうな場所に戻してあげた。このような堆肥場にはカブトムシが卵を産むのに好都合なのだろう。

カブトムシの幼虫:一度に3匹だが、外気に当たって寒そう。
カブトムシの幼虫

今日の農作業:
公園の堆肥の取り出しをしたので、予定の大豆の天日干しが進まなかった。
今日は見回りだけ。
①ネギに黒斑病が時どき見られるので、葉を取り去って遠くへ廃棄している。
②第三段のほうれん草の生育が今一の感じだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の天日干しを開始

 昨日から大豆の天日干を開始した。と言うのも、大豆の葉が大分枯れ始めているからである。殆どは葉の落ちた大豆を根から抜き、根を切って、葉のかすなどを取り除いて干し竿にかけてゆく。そして、叩いて莢から豆が飛び出すくらいまで乾燥させる。大豆の枯れ方も様々で、全部が枯れるにはあと2週間くらいかかるだろう。一畝が片付けば順次麦を蒔くことができる。

 大豆が乾燥すれば、叩いて豆を取り出し、ごみを除いて、大豆の選別(虫食いなどの大豆を取り除く)をし、粒の大きさを分けて完成である。大豆の選別以降の作業は多くの人にお手伝いしていただく予定だ。

今日の農作業:
①大豆の天日干し 1畝分くらい  写真は明日添付する。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター