家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2011-03

人の心を理解する

 物を相手にしているときは何も気を使うことなく自分の思うままだ。動物相手の場合だと、多少は相手への気遣いはあっても、かなり自分の思うままだろう。ところが相手が人間となるとまったく持って難しくなってくるのである。複雑な人の心を理解できなくてはいけないのだ。相手は何を考えているのだろうか/何故怒っているのだろうか/何故協力してくれないのだろうか/まだまだいろいろある。

 確かに人の心を専門に扱う先生でも人の心を理解するのは難しい。人間とは何て複雑な生き物なのだろうか。
スポンサーサイト

ガソリン

 ガソリン不足で右往左往していたのはつい2,3日前。あっという間に普通の生活に戻った感じだ。でも、何でこのようになってしまうのだろう。ガソリンがないと生活ができないって。確かに我が家もそうだ。

 お米、卵、トイレットペーパー、水・・・・色々なものが品不足になり、侠気の買い物合戦が始まり、暫くすると平常な姿になってゆく。買いだめだとは思わないが、必要な人が必要なだけ購入する。それだけで解決するようなちょっとした品不足が大問題を引き起こしているのが実態だ。このような問題を引き起こしている元凶が、マスコミだ。最近は話題作りに一生懸命で、ちょっとしたことでも大げさに取り上げているからだ。

募金活動

 先日生まれて初めての募金活動を経験したのだが、今日で4回目の募金活動となった。それにしても大人以上に多くの若者達が協力してくれる。なけなしの小遣いからいくばくかのお金を募金してくれているようだ。あまり、無理はしないように声をかけるのだが、若者達の反応はすこぶる良いのである。

 今日は先日の募金活動のお礼も兼ねての募金活動だ。こんなお礼の看板も作ってみました。
大震災募金御礼

選挙予想

 選挙が近づいてくると色々な方が選挙結果の予想をする。その予想は当たる時も当たらない時もあるようだが、多くの人は当たった時の話しかしないので、あたかも正確な予想ができるような錯覚に陥ってしまう。

 私思うに、殆どの予想は根拠が乏しく定性的で精度はあまりない、唯一、聞き取り調査やアンケート調査の結果だけはある程度の精度があると思っている。

 定性的な予想をする方がたくさんいるが、私はこのような根拠のはっきりしない予想は無視することにしている。選挙は水物、結果を見てみないと分からない。

ダンボールの縛り方

 皆さんは使用済みのダンボールを縛る時にどのようにしていますか。一本の紐を使って十字に縛る方が多い気がしますがいかがでしょうか。

 でも、このように縛ると意外としっかり縛れないで、崩れやすいのです。ではどうしたら良いか。

 縦紐と横紐の2本の紐を使うのです。先ず、横でも縦でも縛ります。次に、残っている方を縛るのですが、そのときに横紐と縦紐が交差するところで、横紐と縦紐をからめておくのです。このようにしておくと、新たに不要になったダンボールが出てきても追加が楽なのです。しかも、かなりしっかりとしばることができるのです。

 でも、写真がないと分かりにくいかな。そのうちに写真を掲載しますので、お待ちください。

久しぶりの畑

 もう一ヶ月ぶりの畑である。寒い寒いとは言っても水仙も良く育っているし、白菜の菜の花も咲き始めた。
今、畑で収穫できるものはネギくらいだ。 非常に風の強い日ではあったが、やはり畑は気持ちがいい。早くジャガイモを植えなくては・・・・・。

ラッパ水仙も大分成長した。
ここには約2000球の中型の球根を植えた。
幾つか花が咲いているが、来年は殆ど花を咲かせるほどに多きくなっていることだろう。
ラッパ水仙

これは白菜の菜の花です。春ですね~~~・
白菜の菜の花

選挙用語

 私はあまりよくは知らないが、選挙用語なるものがあるようだ。

 選挙カーに乗って声を張り上げている女性をウグイスと言う。之は多くの方がご存知ではないかと思う。ところが男がやると急にカラスになってしまうのである。

 また、街宣車などから議員さんの名前を書いた垂れ幕をたらしている事がある。これを「ふんどし」と言うらしい。確かに「ふんどし」に似ているが、女性議員の名前が書いてあっても「ふんどし」というのだろうか。

 それから、歩いてまたは自転車で、何人かのお供を連れて遊説するのを「ももたろう」と言う。確かに雰囲気は分かる。

 他にモまだあるかもしれない。いろいろ選挙用語を調べるのも楽しいかもしれない。
 

安全性

 今回の地震で安全性に対する考え方が大きく変わっているのではないかと思う。物事に100%安全と言うものはないと言うことを身に凍みた方も多いいのではないだろうか。

 特に原子力発電施設の建設に当たって、地元への説明は安全/安全と説明されてきたのではないかと思う。確かに多重の安全対策はされていると思うが、それでも100%ではない。

 例えば直径5cmの隕石が落ちてきただけでも原子炉には穴が開き、破壊されてしまうのではないかと思う。可能性は低くてもいつも危険を合わせ持っていることを事前に説明する必要があると思う。

買占め

 最近のニュースでは買占めの話題が耐えない。確かにニュースでは買占めが横行していると言う話が報道されるが、誰一人として自分が買占めしているとは思っていない。

 ここが面白いのである。このギャップは何故発生するのだろう。非常時には誰もが普段以上に多くの買い物をして多少の備蓄をと考えるのは当たり前の事だ。しかし、その結果として注目される品物が品薄となってくる。すると、報道は買占めだとはやし立てる。ますますその商品を求める人が増え、報道もますます煽り立てる。こんな連鎖が買占め騒動を引き起こすのだろう。誰も買占めなどしていないのに。

選挙管理委員会

 本日始めて選挙管理委員会なるところに県会議員の立候補に必要な書類の事前審査に行ってきた。正式立候補の前に書類の事前審査を受けるわけだが、きちんとしたチェクシートがあって、それにしたがってチェックができるようになっている。 こんなことを書いているが、私が立候補をするわけではない。

 最初はかなり厳密なチェックを受けるのかなと思っていたが、意外と簡単なチェックにびっくり。広報のチェックなどは、その内容をじっくりと読まないとチェックできないはずなのだが、結構短時間でOKとなってしまった。本当に内容を理解したのかな?

 初めての経験ではあったが、思った程、面倒なチェックではなかったという印象である。

 

放射能

 最近は放射能の話題で世の中がかき回されている感じがする。でも、一番面白いのが、専門家が「基準値を超えているが長期間摂取しなければ問題ない」といっていることだ。これは放射能に対する専門家と素人の理解がまったく乖離している事の現れである。

 素人は基準値を超えていれば無条件に避けたくなるのが当たり前だ。また、少しでも平常値を超えていればそれを避けようとするのも当たり前だと思う。悪戯に基準値を厳しくして安全確保を図ろうとすればするほど実際に問題が起こったときに大変だ。そのときになってこの基準値は条件があるといってもはじまらないのである。

 もともと放射能は理解しにくいものだ。基準を作るのなら素人にもっとわかりやすい基準を考えなければいけないだろう。

募金活動

 今日は募金活動を初めて経験した。夕方18:00から入間市駅にて東日本大震災の被災者支援のための活動である。既に募金は行っているが、何かもっとできることはないかと考えた結果が今回の募金活動である。

 最初はどの位集められるかまったく分からなかったが、結果として、多くの方たちから募金を頂き、本当に感謝に耐えない気持ちである。子どもさんから、また多くの学生さんからも募金を頂いたし、通り過ぎてから戻ってきて頂いた方もいる。大事なお金であり、間違いなく被災者の方に届くように心して対応しなくてはならない。

慣れるとバスも

 ガソリンが手に入らないので、今日で5日間バスを使って入間市内まで通っている。バスを使うのは本当に面倒で、よくもバスなど使っている人がいるものだと思っていたが、慣れてくると意外と便利なものである。

 まだ飲んではいないのだが、一番の収穫はバスで通う限りいつでもお酒が飲める事だ。また、同じバスに乗る人との交流も期待できる。自分で運転しないので、気が楽なこと。

 とは言っても不便な事も多い。先ずは沢山の荷物が運べないこと。バスの本数が少ない事。ちなみに朝でも一時間に3本、昼間は1本しかない。多少料金が高いのも気になるところだ。

 こうみるとバスの良さは精神的なところであり、車の良さは非常に物理的なところのように見える。

畑が気がかり

 大震災の後、実際はその前からだが、我が菜園が気がかりである。本日、菜園がかなり荒れているという話を聞いた。先ずは倉庫のカバーが大分風で痛み、風に吹かれて飛ばされそうになっているとのこと。そればかりではなく、ジャガイモも購入してそのままになっている。早く植えなければ。
 早めに顔を出したいところだが、ここに来て、ガソリンが手に入らず、車はあまり使うことができないので、行くのも容易ではない。こんな事では今年の菜園は荒れ放題になってしまうかもしれない。石油漬けの生活のしっぺ返しなのだろう。

水仙

 今年もラッパ水仙が咲き始めた。職場である幼稚園の日当たりの良い暖かいところは1週間前から咲いている。早めに咲いた水仙
あまり土壌の良くないところだったが、200の花が咲きそうである、ちなみに植えた球根は500近くだったが、腐りもあったので、まあまあの生育だろう。

大震災と選挙

 大震災の後、何処まで選挙準備や活動をしたら良いのか考えてしまう。先日の事務所開きでも、かなり遠慮したものにした。先ずはスピーカーを使わない、またガンバローは中止。告示後も、街宣車で大きな声を張り上げた活動はできないだろう。
 実際に、多くのところで、イベントの中止などが行われている。震災地区の統一地方選挙は延期されたが、他の選挙も延期されるのが望ましい気がするのだが。

バス通勤

 普段は車での通勤だが、ガソリンが少なくなり今日からバス通勤にした。とは言っても今日はバス停で待っていたら友人が車で通りかかり乗せていただいた。ありがたいことである。

 職場に行く途中、反対車線の大渋滞を2箇所で見た。一車線の狭い道路でガソリン給油待ちの大行列。これでは他の全ての車が動けなくなってしまう。皆さん何処で給油可能なスタンドを調べてくるのか分からないが直ぐに大行列となってしまうようである。

 私は並ぶのが嫌いなので、車を止めてバス通勤にしたのである。ガソリンが確実に手に入るようになるまではバス通勤かな。とは言っても仕事は来週22日までで、その後は春休みだ。

 現代は車がないと生活ができない社会になっている。これからどうなる事やら。

野草

 寒いとは言っても、野草を見ると春の訪れを感じる事ができる。野草の事をあまり意識しないからかもしれないが、いつの間にか突然大きく成長しているのである。冬の間に徐々に成長してきた野草たちは根張がしっかりしていて、抜くのも大変だ。人に踏まれても車に踏まれても成長する姿を見ていると何があっても負けずに起き上がろうとする強さを感じる事ができる。人間もこうなりたいと思うのは私だけではないだろう。

大震災

 4月1日の告示日の埼玉県議会選挙。普通なら準備作業など大忙しの時期ではあるが、大震災が発生し、それど頃ではない状況だ。本当に選挙活動などしていていいのだろうかと考えてしまう。可能な支援をし、華美な活動は控えるくらいの配慮が必要だろう。テレビを通して被災者の話などを聞いていると、自然と涙が出てしまう。

お休み

 今回の東日本大地震、現地の悲惨さは見るに耐えない状況であるが、周辺の地域にも大きな影響を残している。電車は止る、お店はお休み、学校なども休校、ガソリンの入手もままならない、計画停電、株の下落、工場も休み、ガスが止る、食料があっという間に売り切れになる、などなど・・・何か異様な状況である。

選挙公報の原紙作成

 選挙公報のサイズは非常にまれなサイズで、118mm*380mmとなっている。こんな形でもWORDで作成して、印刷できるのか不安であったが、やってみれば意外とできるものである。お陰様で色々新しい事を覚える事ができた。トライしてみる事が重要だ。

総会

 今日はおやじの会の総会。ここで新しい会長/会計そして年間の活動が決まる。飲みながらの総会だが、問題なく会議は進む。チョットどぶろくを飲みすぎて、久しぶりにあげてしまった。これから、今日決まった事をHPにアップしなくてはならない。

大地震

 今日は本当に恐ろしい思いをした。市役所の5階へ向かっているエレベータの中で地震を体験。最初はエレベータがおかしくなってがたがたしているのかと思い、エレベーターに閉じ込められてしまうのではないかとチョット不安になった。ところが、エレベータが5階に到着し扉が開いたのだが、エレベータだけでなく全体が揺れている。今度は揺れが激しくなって、建物が倒れてしまうのではないかとの不安がよぎる。最近、ニュージーランドの地震を目の当たりにしているので、誰しもが不安に駆られたのではないだろうか。

 今日のニュースでも大変な被害状況を報道しているが、明日はもっと悲惨な状況になっているのではないか非常に心配である。

選挙とお金

 選挙には金がかかると良く言われているが何故なのだろうか。ポスター、ビラ、リーフレット、演説会、街宣活(車)動、ウグイス、事務所などなどにかかる費用が大半なのだろうか。
 
 それにしても情けない感じがする。ポスターは顔写真ばかりで中意味は殆どない、ビラは配っても中身は殆ど見ないでゴミ箱行き、演説会に集まるのは身近な支援者ばかり、街宣(車)活動はうるさいばかりで聞く人はあまりいない、ウグイスも同じだ、事務所は支援者の憩いの場。

 ポスター、ビラやリーフレットの枚数で競い、演説会に何人(殆ど身内)集まったかで競い、街宣活動(ウグイス含む)の回数で競い、事務所の規模や混雑具合で競う。これではお金がかかるのはあたりまえだ。

 よ~く見てみると中身なんて殆どない。ある意味では有権者がバカにされている感じなのである。でも、どこの選挙でも似たりよったりかな。しかしながら、お金をかけなくても当選する人もいる。

政権

 政権をとるということは本当に大変な事だ。基本的にあらゆる目が政権に集中され、良い事悪い事、特に悪い事は重箱の隅をつつくようにしゃぶりつくされる。当然、マスコミ、すなわち国民に関心があるからそうなのであり、有名な芸能人やスポーツ選手と同じかも知れない。

 そんな世界に慣れていない民主党が右往左往しているのが現状なのだろう。まだ、脚光を浴びる世界を経験したことのない人々の悲哀かもしれない。

お雛様はいつ片付ける?

 今日はやっと天気も回復し、大安と言うこともあって、7段飾りのお雛様を片付けた。2時間くらいかかっただろうか。先ずは、きれいにほこりを落して、各パーツ(パーツと言うと何かお雛様ではない感じだが)を分類し、必要に応じて紙で包み、樟脳を入れて収納してゆく。各パーツの名前が分からないものが多く、収納すべき箱に正しく入れられたかは不明だ。しかし、何とか箱に収める事ができ、来年も取り出しやすいように倉庫に保管。

 よく、お雛様はいつしまうの? と言う話を聞く。そして片づけが遅くなると婚期が遅れると言う。ネットで色々調べてみた。確かに色々な理由が書いてあるが、明確に示しているものはない。私は思うのだが、季節ものなのでけじめとして片付けたり、邪魔になったり、ほこりになったり何か不都合があるときに片付ければいいような気がする。でも、一度慣習として根付いたものはなかなか消える事はない。婚期が遅れる話は永遠に続くのだろう。
 皆さんの家庭ではお雛様はどうなっていますか?
 
 

確定申告

 今年も確定申告の時期がやって来た。既に始まっているのだが、対応はいつも3月に入ってからだ。書類作成には国税庁のHPを使って作成し、昨年のデータをベースに作るので、それ程面倒ではない。一番面倒なのが、源泉徴収票などの関連書類を一箇所に集める事だろう。

 しかしながら、毎年市役所の確定申告の相談に行って確認作業をしてもらう。昨年は還付を受けたのだが、今年は納税となったので、納付書を貰い、金融機関で振り込まなくてはならない。微々たるものであるが、日本国民として納税すべきはしなくてはならない。

 昔から、税金をいかに逃れるかを専門にする職業(?)が巾を利かせているが、そのよう人はお金がないと雇う事はできない。専門家を雇える金持ちほど節税に勤しんでいるのだろうか。

5回目の味噌の仕込み

 今年は今日で5回目の味噌の仕込みである。

1回目はほのぼのみなみと共同で、しかし自分の味噌は仕込んでいない。
2回目はおやじの会で、この時も自分の味噌は仕込んでいない。
3回目は自分の味噌を約7kg仕込んだ。
4回目はおやじの会で、この時も自分の味噌は仕込んでいない。
5回目が今日である。この味噌(7kg)は田舎に送るものだ。普通田舎から送られてくるものだが、まるで逆輸出である。

 多くの人に味噌作りを覚えて欲しい。私はあと一回仕込むつもりだ。これだけ何回も味噌作りをしていると何も見ないでもできるようになる。納豆、醤油、どぶろく、次第に発酵食品の世界に引き込まれていきそうである。

最高の天気

 こんな天気が続いてくれたら最高なのだが。早いものでそろそろジャガイモを植える時季になってしまった。既に種芋は購入してあるので、準備して植えれば良いだけ。でも何も準備hしていない。明日は畑に行って先ずは様子見だ。

魔法

 まるで魔法のようである。次ぎ次と色々な芸術作品が出来上がってくるのである。百聞は一見にしかず。
先ずは私が撮った写真を3枚ご覧ください。
①コンドルを思わせるような・・・
鳥の首?
②こちらは鳥の顔のような・・・
鳥の顔?
③これはくらげかな・・・
入道?

 良く見るとこの3枚の写真は全て熱湯の入っている湯飲み茶碗から湧き上がっている水蒸気である。次から次へと形が変わり、見ていて本当に面白いのである。手を動かしても、扉を開け閉めしても、ちょっとした空気の揺らぎで形が次々と変わる。周りの空気を動かすだけでどんどん新しい芸術作品を作り出しているのである。

 普通、水蒸気が出ているのは分かっていてもこのようにはっきりとは見えない。でも、何故こんなにはっきりと見えたのだろうか。仕掛けは太陽光である。写真の奥の方から朝日が5cmくらいの巾で差し込んでいるのである。この朝日に反射して湯のみから出た水蒸気がはっきりと見えるようになったのである。今日は50枚くらい写真を撮った。

 本当に水蒸気は魔法のようだ。明日もトライしてみよう。楽しみである。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター