家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2011-02

FMチャッピー

 ラジオから流れてくる自分の声を聞くのは何か変な感じである。自分の声であっても、自分ではない感じなのである。
 今日午後3:00頃、アフタヌーンスクエア月曜日のチャッピーイベント情報で昨日金子公民館で行った金子おやじの会の味噌作りが放送されたのです。

 FMチャッピーの津和野さんに味噌作り全体を見ていただき、インタビューを受けたり記念写真を撮ったり。其の状況を放送していただいたわけです。また、DJ日誌(ブログ)にも味噌作りを紹介していただきました。

 なお、我が金子おやじの会のHPにも掲載されていますので、ご覧ください。
スポンサーサイト

贅沢

 国産無農薬無化学肥料で栽培した大豆で味噌を仕込む。これは最大の贅沢なのかもしれない。こんな大豆を手に入れること自体が大変難しい時代である。しかしながら、昔は当たり前のことで少しも贅沢ではなかったのである。逆にいえば、現代は贅沢の出来ない時代なのかも知れない。スーパーでは大量生産の安い味噌が1kg200円以下で販売されている。それに引き換え我々の作る味噌1kgを作るのに、食材費(大豆/麹/塩)だけで700円以上する。手間暇を入れたら大変高価な味噌になる事請け合いである。ぜいたく~~。

 今日、こんな自作の大豆を使って会のメンバー8名と一緒に二回目の味噌の仕込み作業をした。1kgの大豆で約3.5kgから4kgの味噌を仕込む事が出来た。 味噌の完成する6ヶ月後が楽しみである。

 私個人としてはあと4kgの大豆を使って2回味噌を仕込む予定である。知人/親族に食べてもらうためだが、一部は町から田舎への味噌提供となる。以前は田舎から町に送られるものだったのだが。

うさぎは何が好き

 家庭で飼っているウサギは何が好き? 当然、お店にはウサギ専用の餌も売っているので、それなりに考えられた栄養バランスの良いウサギの好きな餌なのだろう。 ある時色々な野草を与えてみた。当然食べるもの食べないものがあるが、タンポポの葉、ハコベやノゲシの葉(?)などを好んで食べる。

 店で売っている餌より、人間が作った野菜よりも好んで食べる事も分かった。自然の味と言うかアクのある食べ物が動物には合っているのだろう。

 と言うわけで、私の職場で飼っているウサギには市販の餌のほかにお金のかからない野草を与えている。但し冬場に野草を確保するのは大変であり、時どきまたは少量しか与える事が出来ない。

 最近動物が人里に下りてきて畑を荒らしたりするニュースがよく報道されるが、動物にとってはあまり美味しくない物をやむなく食べにきているのが実情ではないかとも思う。

存在感

 人は自分の存在を認めてもらえること、そして関心を持ってもらえることが最大の喜びなのではないだろうか。昔ながらの言葉で言えば名誉なのだろう。
 今、幼稚園で仕事をしているが、多数の園児を相手にしているので、あまり固定的な園児とだけコミュニケーションをとるわけには行かない。そのような状況ではなかなか名前も覚えられない。しかしながら、園児の良いところを褒めてあげると非常に喜び明るくなり、親しい感じになってくるのである。
 このような事も、自分の存在を認めてもらえたと言う気持ちが内面からの喜びを生み出しているのだろう。

 人との交流をするに当たって、相手の気持ちをいかに理解してあげられるかが勝負かもしれない。

 一対複数の状況の中にいると、人の心と言うものが少しずつ理解出来るようになってくるような気がする。

定年後の世界

 最近は定年後の色々な問題が話題になっている。今までの生き方が180度変わってどうしたら良いかわからない人達が沢山いるらしい。熟年離婚、孤独社会、孤独死など嫌な言葉ばかりが一人歩きしている感じである。最近、渡辺淳一さんの「孤舟」という本を読んだが、働き蜂にとって、定年後の世界を生きてゆくのは難しいのかもしれない。
 でも、答えは簡単で、自分のしたいことをすればいいのです。何もしたくないのも自分の意志であればそれでいいことであって、誰も彼もが社会に出てボランティアなどで活躍する必要はないのです。プラス思考でもマイナス思考でもいいのです。
 しかしながら、何かしたいのだが何もできない人がいるというのですが、それはそれで良いと思うのです。誰も彼もがプラス思考になって、世の中前向き前向き全てが前向き人間の集まりになったらそれこそ大変な世の中になってしまう。
 世の中色々な人がいて、十人十色がいいのではないかと思う今日この頃です。定年を迎える皆さん、自分の好きなように生きてゆきましょう。

今年の菜園計画

 3月に入ればジャガイモの植え付けが始まるのだが、なかなか菜園計画を立てる気持ちにならないし、畑にもあまり顔を出していない。既にジャガイモの種芋(北あかり)や自然農法の種類は購入済みで、EMボカシⅡを120リットルを仕込んである。大体の事は分かっているので、今年は其の時ばったりで栽培する事になるかもしれない。これでは出荷するような農産物は生産できない。

ひな祭り

 そろそろひな祭りの時季である。既にお雛様を飾った家庭もあるかとも思う。最近は住宅事情もあり、こじんまりとしたお雛様を購入する家庭も多いいと思うが、まだ7段飾りの大きなお雛様を持っている家庭も多いいと思う。
 最近は使われなくなったお雛様を集めて大々的に飾っているニュースを目にするが、一般家庭では7段飾りの大きなお雛様をどうしているのだろうか。ちなみに貴方の家庭ではいかがなものでしょうか。我が家では、殆ど使っていない縦型ピアノの上に飾っています。

雪だるまはまだ健在

 19、20日のお休みの間に雪は相当解けて、雪だるまも直径40cm位の単なる小さな雪の塊になってしまった。でも、残っている雪で再び雪だるまを再生。これで寿命も1週間となった。最初の雪だるまと、再生された雪だるまの写真を並べて掲載する。赤いコーンで比較してください。また、顔も怖くなってしまいましたね。
雪だるま 小さくなった雪だるま

蕎麦打ち

 今日は蕎麦打ち。48名の参加者のうち40名が蕎麦打ちを楽しんだ。自己紹介に始まり、師範の手本をみてから順番に蕎麦をうった。会員には多くのベテランがいるので、一人ひとりに付き添い指導しながらの作業である。指導宜しく失敗する人は皆無である。中には初めてであっても結構うまく蕎麦を打つ人もいた。打ち終わってから皆で楽しい蕎麦の昼食の時間だ。食事を終えて後片付けをし、今日の感想をうかがって、集合写真を撮って、楽しい蕎麦打ちを終了した。9:00から始まり、終了したのは13:30。幹事が帰ったのは2:00を過ぎていた。来週はまた味噌の仕込みをする。

蕎麦打ちの準備

 今日は午後からは明日の蕎麦うちの準備作業だ。購入した粉は 蕎麦粉30.5kg、打ち粉6kg、小麦粉7kg、合計43.5kg。 金額にして約45000円だ。 参加者は50名近く。 蕎麦を打つ人は40名になる。 明日はあまり時間が無いため、事前に一人ずつ、40人分の粉を計量して準備をした。
 30.5kgの蕎麦粉だと、約400人分の蕎麦に相当する。 まるで大きな蕎麦屋さん並である。

痩せても健在

 2月15日に作った雪だるまは18日現在まだ健在であるが、大分雪が融けて、次第にやせ細り、毎日顔の部品が落ちてしまう。其のつど修理をしてあげているので、まだ健在なのである。今日はついでに服のボタンを着けてあげた。思ったよりかわいらしくなった。
進化した雪だるま

 でもこの雪だるまは幸せ者だ。沢山の子どもに喜ばれ、一緒に沢山の写真も撮ってもらったようだ。でも、今日の風と温度で大分融けるのが激しい。月曜日にはお別れになってしまうかもしれない。

不要になったCD

 多くの皆さんが不要になったCDの扱いに困ったことがあるのではないでしょうか。ごみに出すにしても何かに使えるような気がして、チョット躊躇するような。よく、鳥除けと称して吊るしてあるのを見かけるが、本当に効果があるのかわかりません。鳥も慣れてくると、効き目はないと言う話も聞きます。

 そこで、何か役に立たないかといろいろ考えてみたのです。CDを平面に並べて3角形、4角形、5角形などをつくり飾りに出来ないか、またCDを立体的に組み立てて4面体、6面体、12面体等を造りミラーボールのようなものが出来ないか。

 実際に平面に並べて5角形などを作成。それを2個に貼り合わせれば両面がピカピカ光る飾りが出来る。4面体、6面体、12面体も作ってみたが、立体はCDを貼り合わせるのが非常に難しい。後で、写真を掲載する。
CD飾り

 皆さんのなかに、CDをうまく活用する方法をご存知の方はおりませんか。

ネットで調べたら下記のような活用方法が出てきました。
1)縦横にいくつか繋ぎ、インテリア用として使用
2)大型トラックの後扉に飾りとして貼りつける
3)つり糸等で吊るし、鳥おどし(鳥避け)として使う
4)同じくネコ避け(になるかな???)
5)子供の手裏剣ゴッコの材料?

今日の農作業:
 またまた暫く畑には縁のない生活が続いている。準備作業はあるのだが心のゆとりがなく、いつも後回しになってしまう。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

まだ雪だるまは元気

 今日は晴れて大分気温も上がったのだが、雪だるまはまだまだ元気である。時どきまつげや口などが落ちてしまったが、直ぐに補修してあげた。チョットメンテナンスしてあげれば今週一杯は十分に生存できるだろう。でも、大分細身になっているかも知れない。

雪だるま

 昨年も作ったのだが、今年もさっそく雪だるまを作成。子供達は雪だるまが大好きだ。 普通、雪を転がして玉を二つ作って重ねて雪だるまを造っているが、私の作り方は違う。まづ、雪を円錐状に積み上げ、その後円柱に近い形になるように上の方を太らせてゆく。 その後、雪だるまの形になるように削ってゆくのである。まあ、雪像のようなものだ。

 このように造ると比較的簡単に雪だるまを作ることが出来る。何はともあれ実物をみてください。もう少しかわいらしい顔をしているといいのだが。私には芸術的センスがないのです。
雪だるま

大雪

 予想に反して大変な雪になりそうだ。今朝の時点では多少は白くなるかな、とそんな感じで天気予報を聞いていた。しかし、夕方から降り始めた雪は本格的で、あっという間に道路にも積もり始めたではないか。我が家の車が大量の雪で隠れてしまいそうな写真を添付する。左上は道路、右側が車である。10cmは積もっている。ただ今14日23時59分。
雪に埋もれる車

味噌の仕込み

 今日は待ちに待った味噌の仕込である。大豆から育てたメンバーと一緒に味噌を仕込むのは感慨深いものがある。今日は6名金子公民館に集まり、昨日から水に浸しておいた大豆を持ち寄り、各自大なべに入れて茹で、潰して、麹と塩を混ぜ樽に仕込む作業をしたのです。経験者も始めての人も皆それぞれのやり方で、味噌を仕込み、9:00~12:20の作業を完了。
 1キロの大豆、1キロの米麹、400~450gの海塩を使ってのみそつくりである。今から出来上がりが楽しみである。できたら、皆さんの味噌を食べ比べる品評会でもやろうかとも思う。

 これを機会に皆で発酵食品への色々な挑戦をしてゆきたいと思う。当然、どぶろくも仕込んでみたいものである。

米麹

 今日、加藤ファームに頼んでいた米麹17kgを受け取りに行った。おやじの会の皆さんで味噌を仕込むための麹である。明日、6kgを使い、27日に8kgを使う。残りは私が個人的に味噌を作るために使う予定である。

 27日に使う麹はこれから2週間保存しておかなくてはならない。しかし相手は生き物であり、保存するにはうまく乾燥したり、塩を混ぜて微生物の繁殖を抑えてあげなくてはならない。このような作業は始めてであり、経験者から聞いたり、本を読んだりして情報収集。 今回は扇風機を使って乾燥させているが、うまく行く事を期待している。

 米麹、直接見たことがない方も沢山いると思うが、お米の周りに白い粉がついて、何というか微生物が沢山寄り集まっていて、神秘的な感じがするのです。

両方とも5kgの米麹 本当に手触りがいいです。之を扇風機で乾燥し保存します。
米麹 各5kg


 

味噌蕎麦味噌

 今度の日曜日から3週続けてイベントの幹事役だ。2月13日は6名で味噌の仕込み、2月20日は48名で蕎麦打ち、2月27日は8名で味噌の仕込み。

 味噌作りは昨年自分達で種まきから育てた無農薬無化学肥料の国産大豆を使う。仕込むには準備が結構大変だ。要領書作り、麹をタイミングよく準備をし、海塩などの購入、道具類の準備などなど。

 蕎麦打ちは何回も経験しているが、今回はビジター中心で、参加者は総勢48名となる。蕎麦を打つ人数も40名となり、蕎麦打ちの台が10台あっても1台当たり4回も打たなくてはならない。初心者だと一回一時間を見なければならないので、四時間はかかる。もっと短時間で出来る方法を考えなくては・・・・。と、色々工夫せねばならない。

 大変ではあるが、多くの皆さんが色々な新しい経験をし、楽しんで、喜んでいただく事は、幹事にとっては遣り甲斐があるのです。ここで経験したことがきっかけになって、多くの皆さんが趣味そして楽しみを増やしていただけたら最高ですね。

 味噌つくりや蕎麦打ちも老後の楽しみだけでなく、若い時から経験して欲しいですね。

シール剥がし

 ガラスに貼ったシールを剥がすのだが、このシール何年も太陽に当たり続けているため大分固くなってきていて、一部はもろくなり柔らかさはまったくない。また、大きいものは20*20cm近くあり、数も20近くある。
 こんな大きなまた大量のシールをどのように剥がしたらいいのだろう。市販されているシール剥がし用の糊状のものやスプレーなどはシールそのものを溶かしてしまうようだが、シールが多きいので、大量に必要となってしまう。
 ネットで調べてみたが、ドライヤー、お湯、お酢、台所洗剤、ライター用のオイルなどが出てくるが、どれだけの効果があるかが不明だし、どれも大量のシールを対象にしていない感じである。

 色々考えた結果、先ずカッターの刃を使ってシールを剥ぎ取ってみた。少しずつではあるが確実に取り除く事が出来るではないか。ただ、カッターの刃の場合手で持つところがないので、チョット力が入らない。でも、このような道具さえあれば比較的簡単に剥がせる事が分かった。

 シールを剥がした後についている接着剤も出来るだけカッターで取り除き、更に残っている接着剤はガラスクリーナーなどで綺麗にすることが出来る。

 そこで、カッターの刃に変る道具を探しに行き、シール剥がし専用のステンレス製の刃物(500円程度)を見つけた。このシール剥がしを使えばかなり頑固に固まったシールでも比較的簡単に剥がす事が出来る。あとで、写真を添付する。

初雪

 気象庁の発表では初雪ではないかもしれないが、庭一面うっすら白くなったのは今日が始めてである。一時は本降りになり、これは積もるかなと思ったがあっという間に晴れ間が出てきて雪は解けてしまった。また、今週末に雪が降りそうだが、金土に積もっても月曜に雪が残っている可能性は低い。大きな雪だるまを子供達に見せてあげたいのだが。

今日の農作業:
 今日も何もせず

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

政治家とは

 政治家とはどのような人のことを言うのであろうか。一番簡単なのは選挙で選ばれた人たちだ。国、都道府県、市町村の首長や議員全てが政治家となる。他にも選挙でなくても選ばれた人たちもいる。民間の大臣や副市長などもそうかもしれない。
 でも、実際の政治家は人によって大分違うのでは。私は市町村議員や県議はあまり政治家だと言う感じがないが、さすがに国政を預かる国会議員の殆どは政治家だと感じる。 あなたはどうでしょう。

お雛様に変身

 来月に入ると雛祭りである。初めての娘を持った家庭ではお雛様の準備をしている方も多いのでは。娘夫婦のところでも娘のために雛人形を購入し、さっそく飾り付けてある。孫娘はひな壇の下に鎮座している。
孫娘とひな壇

 しかしながら其のうちに、何だこれ! お姫さまが孫娘に変身しているではないか。 孫娘が自分で這い上がったのではない。親が鎮座させたのである。思わずこのユーモアたっぷりの写真を見て久しぶりに大笑いをしたのである。ちなみに孫娘は次第に横になり落ちそうになったのである。注意注意。ひな壇に鎮座する孫娘

今日の農作業:
 今日は何もせず

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

味噌の仕込みと蕎麦打ち

 今日は朝9:00からほのぼのみなみの皆さんと味噌の仕込みと蕎麦打ちのために高倉へ。皆さん主婦の方達、味噌の仕込みは殆どお任せ、メンバーの旦那さんが蕎麦うちに興味があり、一緒に打った。初めての蕎麦うちとはいえ、うどんで慣らした方なので、見事な蕎麦を打つことが出来ました。

 昼食の準備ができて、皆さんと一緒に打ちたての蕎麦、天ぷら、果物、おしんこなどいろいろな食べ物を食べながらワイワイがやがや。味噌、蕎麦の話はもちろんだけど、カラオケ、暑気払い、うどん、地域活動の話などで盛
り上がりました。1:00頃皆さんの暖かい気持ちを感じながら家路についたのです。

大豆をゆでています
大豆を茹でています
天ぷら担当です
天ぷらをあげています
ゆでた大豆を潰すのが大変
ゆでた大豆を潰す作業は皆さんで
ゆでた大豆を潰しています
ゆでた大豆を潰す作業は皆さんで
初めてでもこれだけの蕎麦が
初めてでも見事なできばえです


 家に帰ってから、久しぶりにEMボカシⅡ号を60リットルの容器2個に仕込んだ。EMボカシ作りでは米糠、油カス、EM1号、糖蜜、くんたん、魚粉などを使うが、一番大変なのが材料と水分を均一に混ぜる作業である。蕎麦の水回しと同じように材料と水分を手でほぐしながら混ぜるのが一般的であるが、かなり時間がかかる作業なので、私は適度に混ぜたら少しずつ容器に投入し、手でよくかき混ぜて材料と水分を均一にするのである。容器の中なので、均一にする作業は非常に楽なのである。
容器に詰める前
左はこれから容器に詰める材料。ダマが多くまだ水と均一になっていない。
大体詰め終わったところ
色の薄いところはまだ不均一。周りの色の濃いところは手で均一にしたところ。均一になると水分が出てきて色が濃くなる。


アカギレ

 最近は寒い中、水道水を使うことが多い。毎回食後の皿洗いは私の役目。お湯を使えばいいのだが、皿を洗う時はポットのお湯を多少使うが、洗い流すのは全て冷たい水道水。湯沸かし器は使わないだけだ。また朝、顔を洗うのも冷たい水、顔が引き締まって気持ちがいい。加えて仕事でも沢山冷たい水道水を使う。これらの事は全て素手でしているので、今年の寒さが、指の関節にひび割れのような亀裂(アカギレ)作ったのだろう。でも、こんな事は初めての経験である。
 これからはどんどん暖かくなる。アカギレも直ぐに撤退してくれるだろう。そう言っても明日蕎麦を打つ。だいじょうぶだろうか? それが心配である。

 明日は高倉の南七区自治会集会場でそばうち、みそつくりをする。何人集まるのだろうか。


今日の農作業:
 EMボカシの準備のために米糠30kg 600円で購入。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

そば粉の購入

 昨日ネットで注文したそば粉が届いた。まだ従来とおりの価格なのだが、4月からは1割くらい値上がりするとの連絡があった。 最近は食料も含めた基本的な資源の価格がじわじわとアップしているようだ。 天候不順であったり、資源そのものが少なくなってきていたり、裕福な国が増えてきていること等が原因になっているようだ。

 今は資源戦争の時代だ。多くの国が資源を確保するために戦略を駆使している。大豆、小麦、コーヒー、石炭、石油、レアメタル・・・・、など沢山の資源が・・・。

 多くの資源以外はいつかなくなることは誰もがわかっていても、景気回復のためには消費を増やさなくてはいけないと誰もが言う。消費を増やせばより沢山の資源が必要になるのに。資源のない日本は一体どうなってゆくのだろうか。 消費大国日本を憂う一人として・・・・・。

入間市廃棄物減量等推進審議会

先日「入間市廃棄物減量等推進審議会」の事を書いたが、本日24年9月30日までの任期の委員の委嘱式があった。一期目は何も審議することなく終わってしまったが、二期目の今回は7月以降入間市一般廃棄物処理基本計画の見直しを審議する事になるとのこと。楽しみではあるが、希望的な項目の羅列ではなく、実現するための裏づけを何処まで考えた計画に出来るかが大きな課題だろう。みんなのごみ部会にも一緒に考えてもらおうと思う。

 ところで今日は節分。子供のいる家庭や保育園/幼稚園/小学校などでは節分をするのだろうが、大人だけの家庭では節分も何もあったものではないような気がしている。我が家でも形ばかりの節分はするが、大きな声を出すわけでもなく、これでは鬼は出て行ってくれそうにない。皆さんの家の節分はいかがでしたか。

今日の農作業:
 本日はなしではあるが、昨日北アカリの種芋を5kg購入。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

味噌つくり

 今月は3回みそつくりをする。今日は其の準備で友人宅を訪れて、大豆6kgを渡し。麹の購入、塩の購入、当日は蕎麦も打つのでそばつゆの準備などをお願いしてきた。最近チョット風邪気味だが、味噌を仕込む2月6日(日)には完治しておかなくては。

陽だまり

 久しぶりに暖かい日中であった。風もなく、陽だまりにいるとぽかぽかしてくる。今までが寒かったので、こんな日が来ると何かほっとし、今年の菜園計画に思いをめぐらすのである。そういえば昨日カインズホームに行ったところ、既にジャガイモが販売されていた。でも、ジャガイモの植え付けは3月になってからだ。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター