家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2010-12

大晦日

 今日は畑には顔を出さなかった。ビラを配り、打ち合わせをし、蕎麦を打って、紅白を見て年を越す事になる。今年の計も、殆ど実現できないままに終わりそうだ。でも、計にはない新しい多くのことを経験できたので、相殺できることも多い。自己満足かもしれないが、前向きに考えよう。

 我がブログに足を運んでくれた皆様に感謝すると供に、新しい年もこのブログを休まず続けるようにしたい。新しい年が皆様にとって良い年である事をお祈りすると供に、また来年も宜しくお願いいたします。


今日の農作業:
  畑作業はなし。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スポンサーサイト

畑は面白い

 今日は先日に続いて今まで畑の隅に積んどおいた剪定枝などの焼却をした。 2,3年前から積み込んでいるので、大部乾燥していて良く燃える。
焼却作業と剪定枝の山

 途中、剪定枝の中からカタツムリが沢山出てきた。みな殻のいりぐちを塞いで冬眠状態だ。草の上にほうっておいたがどうなるのだろう。夜になると寒さで死んでしまうのかもしれない。

 今日は焚き火をしているようなもので、冷たい北東の風が吹いていたがそれ程寒くはない。しかし、空を見上げると雲は北東に向かって動いている。風の動きと雲の動きがまったく逆なのだ。多分、北東からの寒気が地表すれすれに入り込み、暖かい空気が上昇して北東に向かっていたのではないかと思う。畑にいるとこんなことも体験できるのである。

 また、カラスが一羽の鳥を集団で追いかけているところを見た。其の鳥はなんだかはっきりしないが、多勢に無勢でどんどん空高く舞い上がって行った。その後どうなったのかはわからない。
 
 積み込んだ剪定枝をほぼ燃やしたころ、下の土をかき回していたら何と、冬眠中のカナヘビが出てきた。手のひらに載せると多少は動いたが仮死状態で殆ど動かない。写真を撮り、また土の中に戻してあげたが、きちんと冬眠できるのだろうか。
冬眠中のカナヘビ

 と言うわけで、畑で剪定枝を燃やす事5時間の間に色々な体験をすることが出来たのである。


今日の農作業:
  作業は本文の通り。
  加えて、麦の種まきをした。先日古い麦を蒔いたのだが、はとにやられたか古いので目が出ないのかわからないが殆ど発芽していない。改めて昨年種を蒔いてみた。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

アジを捌く

 まあ、今日は農産物ではなく海産物であるアジの話題である。たまたま、女房の友人から中型のアジを10匹ほど頂いた。魚を捌くのは年に4、5回しかないのでなかなか覚えられない。

 さっそく、ネットでアジの捌き方を調べて、確認してから取り掛かった。最近は動画で捌き方を説明してくれるHPも沢山あり、便利になったものである。6匹を刺身にし、4匹を開きに。うろ覚えのアジの捌き方も事前にネットで見ておいたので、結構要領よく作業を進める事が出来た。

 さっそく夕食の友として刺身を食べ、残りは明日の朝だ。開きは明日干してから食べるつもりである。新鮮な魚君たちはメチャ美味しい。

自分で捌いたアジの刺身と干物。干物はまだ日干し中。
アジの刺身
アジの干物

雑用

 今日も一日雑用だ。朝は6時チョットからお土産用として500gのそばを打ち、西部地区モニター経験者協議会の会報記事を会長へ送付し、環境まちづくり会議のごみ処理施設見学会の正式申し込みをし、その後女房の実家(深谷)へ野菜を取りに出かけた。実家では年賀はがきを書き、家に帰ってから共同購入の蕎麦粉を届け、残りの年賀はがきを書き、その後投函。夕食を食べた後、メールのチェックと返事と一昨日の持ちつきの画像の受け取り作業、そして議員さんの新年会の案内を作成してメールし、メールのない方には電話で連絡。そして、ただ今このブログの記事を書いている。今日は幾つの仕事をしたのだろうか。

今日の農作業:
  農作業はなし。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

収穫

 今日は幾つかの野菜、大根、白菜、キャべツ、長ネギを収穫。また、さといもとカボチャを霜から守るために我が家に持ち帰った。イチゴは問題なく育っているようだし、水仙も目を出してきている。いまから春が楽しみなのです。

今日の農作業:
  作業は本文の通り。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

餅つき本番

 今日は餅つきの本番である。総勢50数名が集まり、わいわいがやがや36臼の餅をついた。一回2kgなので、合計72kgの餅をついたことになる。さすがに時間が掛かり、終わったのは3時過ぎ。でも、大人数での持ちつきは楽しい。あとで写真を載せる。

 夕方6時から忘年会。何回やっても良いものである。比較的早い9時半頃帰宅。このくらいで終われば体は非常に楽である。

今日の農作業:
  農作業はなし。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

年賀状

 今頃になってやっと年賀状を書き始めた。先ずは、パソコン上でデザインを決め、印刷するまで完了。あとは住所と一言を手書きしなくては。今日のところ10枚ばかり書いたが、まだ大分残っている。一番時間がかかるのは一言だ。人によって一言は違うので、ついつい考えてしまう。明後日までには投函したいものだ。

今日の農作業:
  農作業はなし。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

餅つき

 今度の日曜日(26日)には金子おやじの会で餅つきがある。最近はなかなか餅つきをする機会が少なくなっている。色々な人に声をかけると、興味を持ってくれて是非参加したいという方がかなりいる。持ちつきも経験してみたいがなかなか機会がない方が多いいのだと思う。
 今回は国際色豊かな餅つきになりそうだ。韓国留学生、スエーデン出身のホームステイをしている学生さん、加えて多くの子供等が参加する。この餅つきが国際交流そして年齢を超えた交流に少しでもお役に立てれば最高である。26日が待ちどうしい。

 今日はクリスマスイブ。週末でもあり、マスコミの宣伝も大々的で、大騒ぎのようだけども、私は普段の生活とまったく変らないクリスマスイブでした。でも、今日は料理店で食べるさくさくのチャーハン作りに挑戦。卵を入れた後、ご飯を入れるタイミングが遅れ、卵をご飯にうまくからめることが出来なかったのはチョット失敗かな。



今日の農作業:
  農作業はなし。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

除菌

 最近、巷では除菌が大流行である。手の除菌、トイレの除菌、家の中の空気の除菌、風呂場の除菌、除菌グッヅも大流行で、何でもかんでも除菌除菌。健康な普通の人が除菌生活をしているようだ。悪い菌だけを退治してくれるのならいいのだが、必要な菌までも退治してしまっては逆効果だ。ああ、全ての菌がいなくなったら人間が生きていけなくなってしまうのに。 除菌が必要なのはインフルエンザのような病が流行っている時や、病気の人なのでは。
 畑仕事は土との対話だ。いつも素手で土をいじくっている。除菌生活をしている人は農業は絶対に出来ないだろうな。とは言っても、除菌を煽っているのはメディアの宣伝であって、じっさいには普通の人はそれ程でもないとおもう。

今日の農作業:
  農作業はなし。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

仕事納め

 幼稚園では今日が仕事納めだ。一般の企業より少し早い。これからは十分な時間があるので、残っている個人的な仕事を片づけなくては。ごみ処理施設見学会の準備、味噌の仕込みの準備、年賀状書き、畑の片付けなど残務が沢山だ。とは言っても、とかく時間が有るとだらだらしてしまって何もしない傾向にある。要注意である。

今日の農作業:
  農作業はなし。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

剪定枝や畑の残渣の焼却

 ダイオキシンが問題になってから木材でも作物残渣でも基本的には燃やす事が出来なくなってしまった。しかし、今ではダイオキシンのことなど殆ど話題にもならない。昔は当たり前のようにしていた事が急に出来なくなってしまう。有機物を燃やしてもダイオキシンなど殆ど発生しないのに。何という世の中なんだろう。昔は焚き火を良くやったが、今では見たことがない子供が沢山いるのではないだろうか。

 しかしながら、畑で残渣を燃やす事は暗黙の了解のようなものがあるようだ。今日は剪定枝や畑の残渣を燃やし、少しばかり畑を綺麗にしたのです。とは言っても焼き芋をするために貯めておいたものなので、まだまだ沢山残っている。全部燃やすにはあと一日はかかるだろう。

 久振りに畑の見回り。鳥除けように張った透明の細い糸は何もなく健在であった。鳥はこの糸に接触していないのだろうか。他の野菜(大根、白菜、キャベツ、野沢菜、ネギ、ほか)たちは元気に育っているようだ。

今日の農作業:
 ①畑で剪定枝、残渣の焼却 
 ②畑の見回り

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ヤモリがいた

 ヤモリを見たことがある方はどの位いるだろう。私の勤めている幼稚園は鉄筋コンクリートなのだがヤモリが出没するのです。以前、誰かが持ち込んできて逃げられてしまい、住み着いたヤモリがいるのかもしれません。

 今日、窓の掃除をしていたら突然窓枠付近からヤモリが落ちてきたのです。寒さであまり活発に動けなかったようで、私に簡単につかまってしまったというわけです。もっと温度が高ければするりと逃げてしまったのではないかと思うのだが。これで、幼稚園の中でヤモリは捕まえたのは2回目なのです。

 写真を添付するが、ビニールの袋の中にいるので、ストロボの反射で光っている。長さは7,8cmで本当にかわいらしい。手の吸盤で何処でもよじ登れる。ヤモリがいた


今日の農作業:
  農作業はなし。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

いろいろな雑用

 今日は畑ではないが、公園の清掃と花壇の片付け、そして我が庭のキウイやいぬつげの剪定、庭の落ち葉の片づけを実施。 加えて、BSアンテナの最終的な設定作業を行った。

 公園は水仙やチューリップ畑が気になる。チューリップはまだ芽が顔をのぞかせていない。水仙は多少目を出し始めていて、寒くなればどんどん伸びてくるだろう。スイセンやチューリップの上に堆肥を掛けておいた。

 いぬつげの剪定であるが、今の時期あまり強く剪定する必要はない。飛び出している枝を切り取ってあげれば良い程度である。比較的簡単に作業は終了。

 キウイは夏の間に沢山の枝を伸ばしツルが絡まってものすごく繁茂していたのだが、今日は思いきってすきすきに剪定してあげたのです。写真を添付する。
キウイの剪定後


 こんな時間が大切なのだろうと思う。

今日の農作業:
  今日は公園と庭弄り。野菜に関する作業は何もせず。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

忘年会

 今日で忘年会は3回目だ。あと3回あるのだが、最近はあまり2次会や3次会に行かないので、日常飲んでいる量と大差がなく、二日酔いになる事は先ずない。2次会に行ってもカラオケが多く、それ程飲むわけではない。
 
 私は年を重ねる毎に飲む量が増えてきていたが、もともと酒豪ではないので、ある程度以上は飲むことが出来ないし、程度を超えると必ずと行って良いほど気持ち悪くなり、あげてしまうのである。酒は程ほどなのです。

 でも、皆と話しながら酒を交わすのは楽しい一時である。

今日の農作業:
  野菜に関する作業は何もせず。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ヒョウタンのニス塗り

 既に大きめな2個のヒョウタンに透明ニスを塗ってあるが、他に小粒のヒョウタン5個と大き目のヒョウタン1個があり、今日小粒のヒョウタンに透明ニスを3回塗り、更にチーク色のニスを3回塗った。ニスの塗りむらが出来てしまって今一綺麗に塗れない。いまさら修正できないので何度も上塗りをして濃いヒョウタンになってしまった。しかし塗り斑は消えないのでこれで終わり。あとは飾りでカバーするしかないか。
塗り斑のあるヒョータンの写真
ニスの塗り斑のあるヒョウタン


今日の農作業:
  ヒョウタンのニス塗りをしたが、野菜に関する作業は何もせず。 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の選別と性格

 やっと私の大豆の選別が完了したが、性格によって選別のやり方や、選別結果が大変違っていたのではなかろうか。他の人たちはどんな状況だろう。 今回はグループ(13名)で大豆栽培から選別作業まで実施した。

 事前に選別の参考例を皆さんにお見せし、腐り、欠け、傷物、斑点、形状、色、虫の穴など色々なファクターがあることを伝えてある。しかし、判断基準は各自が決めて選別をしなくてはならない。判断基準によって、作業時間や良品の量に大きな差が出てくるかもしれない。

 この作業時間や収量の違いは性格に拠るところが多いのでは。良否の判断に迷う人も、あまり気にせず選別してしまう人もいるだろう。大豆の選別作業を見れば其の人の性格がわかるといっても良いのでは。

 今年の私の大豆の収穫状況を整理しておく。
..............粗収穫量.........良品.........不良品
..........................大粒.....小粒
自分の畑(kg)..19.25.......13.85....1.25....4.15       
共同の畑(kg)..11.85.......09.15....0.35....2.35

トータルの不良品率は24%となった。他の人たちはどうなったかな?

 ここに良品の大粒、良品の小粒、不良品の写真を添付する。
良品大粒大豆
良品小粒大豆
不良品大豆




今日の農作業:
 ①残っている共同栽培の大豆の大小の区分け作業。
 ②ブログへの最後の報告記事

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。




餅つき

 餅つきとは言っても今日の持ちつきは園児にお餅つきを体験させてあげるのが主な目的である。一回に1kgのもち米であり、つくのは比較的楽な餅つきである。一番時間がかかるのは園児の体験時間である。何しろ全員が2回打つのだから思ったより時間がかかる。

 でも、最近は家で餅つき(臼と杵で)をする家など皆無だから、このような体験は良い思い出になるだろう。本当に子供には色々な体験をさせてあげたいと思う。

今日の農作業:
 ①残っている共同栽培の大豆の選別作業は続きます。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

BSアンテナ:再

 一昨日BSアンテナの取り付けの難しさを書いたが、今日改めてネットで調べていると、B-CASカードがテレビに装着されていないとまったく映らないとの説明を見つけた。

 さっそくテレビのB-CASカードを調べてみたら装着されていたが、差込が不十分であったようで、きちんと差し込んでみたら、画像や音声は今一ではあったが、受信しているのがわかった。

 この状態からアンテナの向きを少しずつずらしてあげたら良好な画像と音声になり、問題なく受信できていることがわかった。

 一昨日はかなり落ち込んでいたのだが、問題がB-CASカードの装着不備である事がわかり、万々歳である。指向性の強いBSアンテナでも比較的簡単に調整できることがわかったのです。

 と言うことで、一昨日の記事程には難しくないことをお知らせいたします。

 なお、今回は特売のBSアンテナセット約5200円を購入しただけであとは全て自分で作業をしたので、本当に5200円でBSが見られるようになったのです。当然、NHKとのBSの視聴の費用などがかかると思いますが。

手作りおみこし

 先におみこしの記事を掲載しましたが、完成したおみこしの写真を紹介します。前の写真に加えて、金のひらひらがつき、担ぎ棒がついています。このおみこしを年中の園児達が担いでお祭りのおゆうぎをしたのです。殆どダンボールで作られていて、担ぎ棒が竹なので、それ程の重さはないのですが、大きさは結構あるので、皆が一緒に担がないとバランスを崩すのが心配だったのです。でも、結果はうまく担いでくれてそれなりの迫力はあった気がしている。
手作りおみこし

今日の農作業:
 ①残っている共同栽培の大豆の選別作業は続きます。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

年越し蕎麦の準備

 例年、年越し蕎麦用のそば粉を関係者と共同購入をし、輸送費を浮かしている。今年もそろそろ其の時期がやってきた。さっそく、皆さんに案内を出さなくては。隣近所の年越し蕎麦を打ってあげている人もいるので、結構な注文があるのです。今年は合計何キロになるかな。私も1~2kgの蕎麦を打とうと思う。

今日の農作業:
 ①残っている共同栽培の大豆の選別作業は続きます。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

BSアンテナの取り付け

 BSアンテナを購入して取り付けたがまったく映らない。近所のBSアンテナの向きを見て大体合わせてやれば映ると思っていたのに。イライラしながら幾らやってもまったく映らないのです。

 やむなく、ネットでBSアンテナの取り付け方法の調査をしてみると、このアンテナは指向性が強く、チョット角度が違うとまったく映らないようだ。

 テレビの信号調節画面を表示し大体の仰角と方角を合わせ、1度くらい動かしては2,3秒待ってから画面、(場所が離れているので画面を見ながらアンテナの調節は出来ないので、ヴォリュームを上げておいて音量で確認するのも良い)で確認する。この作業を繰り返して信号強度の高いところを探し出すのだそうだ。

 業者は、信号強度を測る機器(4000円位)を持っていて、その信号強度を見ながらアンテナを移動しているそうな。素人には出来ないといわれているようだが、実際に自分でやっている人は沢山いるようだ。

 しかしながら今日の挑戦は失敗。また後でアンテナの角度調整に挑戦する。

 どうやって家の中にケーブルを引き込んだって? うまい具合に使っていない換気機器があり、外部と通じている穴があり、其の穴を使って家の中にケーブルを引き込んだのです。

今日の農作業:
 ①残っている共同栽培の大豆の選別作業は続きます。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

年の瀬

 年の瀬になると何かとせわしくなってくる。大掃除、忘年会、年賀状と年末固有のすべき事がやってくるからだ。とは言っても畑仕事は収穫が主な作業で忙しさはないが、今だから出来ることはしておきたい。ボカシ作り、来年の計画、今年の反省もしておかなくては。

今日の農作業:
 ①共同栽培の大豆の選別作業は続きます。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

我が畑の大豆の収穫脱穀選別作業完了

 今年は大豆の種まき時期に失敗し、あまり収穫が期待できないかと思っていたが、何とか15kg程度の大豆を収穫することが出来た。内訳は大大豆13.85kg、小大豆1.25kgで合計15kg(選別した時のかすは3.25kg出ている)。これに共同栽培の大豆10kg(予定)を加えて、合計25kgの無農薬大豆を手にする事になる。
 味噌作りを希望する人たちへの提供と来年の種大豆にする予定だが、ほぼ無くなってしまうだろう。

今日の農作業:
 ①大豆の選別作業 選別後、約3.5kgの大豆を得た。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今年の大豆

 今日、幼稚園は昨日のクリスマス会のため臨時のお休み。我が畑の大豆も今日が最後の収穫脱穀作業である。このような作業はすればするほど要領がよくなるのであるが、そろそろ終わりである。まだ、選別作業が4kgくらい残っているが、2~3時間もあれば終了するだろう。
 しかしながら、日高で収穫した共同の大豆12kgの選別が残っている。これにはまだ6~7時間かかるだろう。

今日の農作業:
 ①大豆の収穫と脱穀 さらに分別作業
 ②夏野菜:ナス、トマト、インゲンの片付け(支柱の片付けも)
 ③冬の野草(ホトケノザ、ハコベなど)の刈り込み
 ④さといもの掘り起こしと保存準備
 ⑤鳥よけの実験:支柱立てて、極細の糸を張っておいた。現在は5m*20mの廻りだけ張っておいたが、この仕掛けで鳥がどう反応するかを見てみたい。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

子供

 今日はクリスマス子ども会が市民会館で開催され、一日其のお手伝いをした。時どきではあるが、舞台裏で子供達のすばらしい演技を聞いたり見たりしていると感動ものである。普段練習している時は服装も違うし、集中できていない事もあるように見えたが、今日は違う。皆真剣で、衣装も本番用だし見ごたえのある演技を見せてくれた。

 子供達は柔軟で将来なんにでもなりうるES細胞のような気がするのである。そのためには教育が非常に大事だ。親の責任でもあり、教育する立場の人間の責任でもある。

 明日はお休みだ。畑仕事をしなくては。

今日の農作業:
仕事はなし。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

冬の野草

 最近また野草がかなり伸びてきている。今目立つ野草は、ホトケノザとスズメノカタビラである。これらの野草は麦の中に生えているため、それらを刈り込むのは非常に大変な事だ。
 麦の生育に邪魔でない限りそのままにしておこうと思うが、スズメノカタビラはそのままにしておくと根張が凄く春になって大変な事になるのである。

腱鞘炎or筋肉痛

 土日にかけてまる二日間行った大豆の収穫脱穀篩の作業で、今日は左手の付け根である肩が痛くなってきた。次第に痛くなり、今では手を前以外に向けるとやけに痛いのです。従って、服を着たり脱いだりするのも大変。これは腱鞘炎なのか筋肉痛なのか?

 原因は、左手に篩を持ち大豆とカスを分ける作業を、延々としていた事だろう。篩に大豆を入れると結構負荷が掛かり、永いことやっていると手首が痛くなってくる。これが徐々に肩を痛める事になったと思われる。早く直って欲しいものだ。

大豆の収穫作業は続く

 今日は我が畑の大豆の収穫と脱穀である。昨日に続き大豆の作業である。まったく一人なので、時間を気にせず黙々と作業を続けた。とうとう昼も食べずに、9:30~16:30まで休みなく大豆の収穫脱穀をした。

 今日は11.2kgの粗大豆を収穫脱穀までし、あと4kg位畑に残っている。これで、我が畑の粗大豆の量は合計20kg、日高の大豆12kgを加えて32kgとなる。選別後で25kg前後だろう。

夜なべの仕事として、大豆の選別を行ったが、今日は粗大豆3kg分を完了。32kgの分別を終えるにはまだまだ時間がかかる。これから毎晩分別作業が続きそうだ。

今日の農作業:
 ① 大豆の収穫脱穀
 ② 収穫:大根、キャベツ
 ③ 粗大豆の分別作業

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

グループ栽培の大豆収穫

 本日は一日かけて大豆の収穫を行った。この大豆はおやじの会の有志(13名だが親子が居るので、12名で分配)で栽培している味噌用の大豆である。朝、8:00に金子駅に集合し、日高の農場へ。今日は10名が参加。さっそく役割分担を決め、収穫に取り掛かる者、脱穀する者、かすを取り除く者のなどに分かれて作業を開始。8:30から初めて4:20分くらいまで掛かり150坪の畑の大豆の片づけを完了。10月に枝豆として1畝以上食べたので、多少は少なくなっているが、何と合計146kgの収穫があった。

 昨日雨が降ったので、朝のうちはやや大豆が湿気り気味で脱穀が多少大変であったが、最高の天気に恵まれ、午後からは大豆の乾燥が進み脱穀作業も順調に進んだ。収穫、脱穀とかなり埃がでるので、皆マスクをかけての作業である。

 脱穀中の写真を添付する。板の上に大豆を載せ丸棒でたたいたり、直接板にたたきつけたりして脱穀している。
脱穀作業

今日の農作業:
 ① グループ栽培の大豆の収穫脱穀

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

no title

今日は新宿からアップします。友人の店で飲んでいます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター