家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2010-09

トルコと言う国6 初めてのモデル

 トルコツアー中にモデルをすることになった。初めてのモデルである。商品である革製品を着て、店の女性と手を取って、舞台を移動していくのである。以前、モデルの歩き方のテレビを見たことがあり、それを覚えていたので、比較的うまく動けたのではないかと思う。ここで、モデルとして舞台にいる写真を添付する。良い経験であったが、商売がうまいなと思う。最後には、自分のものではないが購入してしまったのである。でもたまにはいいか・・・・。
モデルになったの?


 トルコツアーでバスが立ち寄るところには必ずと行って良いほどバスを洗車してくれる人たちがいる。我々がそこで買い物や食事をしている間に洗車しているのである。確認しなかったので、これが商売なのかわからないが、日本には無い習慣である。このように国によっていろいろな違いがあるのが面白い。
スポンサーサイト

ハロウインカボチャ

 ハロウインカボチャは目鼻口を切り取ってかざるものだとばかり考えていたので、幼稚園のカボチャはハロウインの時期が来るまでそのままにおいておこうと考えていた。

 先日ネット上で、カボチャに目鼻口の黒い紙を貼り付けて飾ってあるのを見た。これならカボチャに切り込みを入れなくても飾る事が出来る。さっそく、黒い紙で目鼻口を作成して、カボチャに貼ってみた。見事ハロウインカボチャの出来上がりである。

@出来上がったハロウインカボチャ
顔のついたハロウインカボチャ

 後はハロウインの10月31日少し前に中をくりぬいて目鼻口の切込みを入れれば良い。

今日の農作業:
農作業はなし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

八つ頭の葉

 一昨日の事であるが、八つ頭の葉が何者かに食われている。良く見るとハスモンヨトウの幼虫が沢山いるではないか。直ぐに退治したが、これも観察不十分がいけないのだ。 以前から葉が食べられているのはわかっていたが、それ程でもないので、良く観察しなかったのである。 兆候を見つけたらすぐさま良く観察して対策しなくてはいけない。 これも愛情の問題だ。時間が無いのは確かだが、栽培する限りは愛情を注がなくてはいけないだろう。

今日の農作業:
農作業はなし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ヒョータンの加工

 もう20年以上前になるかもしれないが、ヒョータンの中を抜き、綺麗にニスを塗って、飾り物を作った事がある。結構綺麗に出来たので、暫くは飾っておいたのだが、いつの間にかどこかに行ってしまった。

 先日、幼稚園の友人からひょうたんを2個預かったので、改めてトライしてみようと腰を上げたのである。昨日、ひょうたんの頭のツルの部分を切り取り、穴を開けてみた。穴はドリルを使うといとも簡単にできる。先ず、細いドリルで小さな穴を開け、つづいて少し太いドリルで明け、最後に5mmくらいのドリルで穴を開ける。これならヒョータンをわることなく綺麗に穴を明ける事が出来る。最後は、4,5cmの深さまで穴を開けておく。

 このヒョウータンを水をはったバケツの中にいれ、頭を上にしてヒョータンが浮かないように重石をする。この作業まで終えて、あとは10~20日待って、内部が腐るのを待つ。腐ると相当臭いので要注意。それでは、10~20日後を楽しみに。

 詳しい事は このHP にも出ているので、参照ください。 このほかにも沢山HPがありますよ。
 

白菜の定植

 本日は9:00から17:00まで8時間、菜園の仕事に没頭。途中トイレにも行かず、昼飯も摂らず、水も飲まずだった。家に帰ったときはさすがに疲れたが、直ぐに風呂に入りその後のビールは最高だ。
 時間がかかったのは草刈だが、鎌を使って素手で刈っていたので、またまた豆を作ってしまった。草刈は後1日はかかるだろう。
 今日は友人が落花生を掘りに来てくれた。

 白菜の定植をしたが、下準備の時間がかかった。畝を綺麗にするために草を取り除き、EMボカシを撒いて土と慣らし、三角グワで定植する穴を明け、その穴にEM活性液を入れ、その後定植だ。弓竹をして、虫除けシートを被せて、さらにその上に弓竹をして虫除けシートを固定。白菜の定植といっても結構手間のかかる事なのである。

今日の農作業:
  ①収穫:ナス、青ナス、落花生、サツマイモ
  ②白菜の定植。
  ③ネギの土寄せ。
  ④5時間もの草刈。でもまだ一日分残っている。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

畑の見回り

 午前中に多少の時間があったので菜園へ。 畑全体の見回りと収穫をした。 明日は、白菜定植とネギの土寄せ、そして夏の片付けをし、残った時間は全体の草刈をしよう。

今日の農作業:
  ①収穫:ナス、キューリ、オクラ  友人からモロヘイヤを頂く
  ②白菜の芯に入った幼虫捕りと菜園への運搬
  ③キャベツにも幼虫がいる。手で取り除く。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜の苗

 白菜の苗が大分成長してきているが、良く見ると芯の所に幼虫がいて、芯を食い荒らしている。半分くらいは食べられているようだ。以前から気がついていて、虫を捕っていたのだが、いい加減に見ていたので、思った以上に虫食いが多くなってしまったようだ。これも愛情が足りないいい例なのだろう。

 残った株は早く植えなければ。もちろん、虫よけシートを掛けて・・・。

今日の農作業:
  ①白菜の苗の虫捕り

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

味噌用大豆の観察

 今日はおやじの会のメンバー13人で共同で栽培している大豆畑の管理をする予定であったが、今日は雨。作業は止めて生育状況の観察会を開催。

 ハスモンヨトウやカメムシ等が散見されるが、それ程まん延しているわけではない。また、成長しつつある莢にもそれ程虫食いは無い。でも、見た目はたいした事は無くても、莢の中に産み落とされた卵は見えないので、被害の程度はこれから判明するのかもしれない。

 莢は大分膨らんできていて、あと10日もすれば枝豆として食べる事が出来そうである。この枝豆が最高に美味しいのです。大豆として栽培された枝豆を食べた事がある方は非常に少ないと思うが、一度食べたら病み付きになるのでは。今からこの枝豆を食べるのが楽しみである。

 この味噌用大豆は日高の土地を借りて栽培しており、約150坪、予想では50kgくらいの大豆が収穫できるだろう。

今日の農作業:
  ①共同栽培の味噌用大豆の観察。我が畑の作業は無し。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャンボカボチャの処分

 昨日、汁を出し始めたジャンボカボチャ。今日は、幼稚園から生まれた畑に里帰りをしたのです。先ずは、カボチャを少し移動し、それをブルーシートに載せ、先生達に手伝ってもらい、4人がかりで我が軽自動車の荷台に積み込んだ。穴が開き汁が出ているので、こぼれないように注意して車に乗せた。この後は全て一人の作業である。畑についてから、60kgのカボチャを一人で下ろし(上げるのは無理だが、下ろすだけなら何とか一人でOK)、カボチャを上下に間二つに切り裂いてみた。中は殆ど空洞で、すでに芽を出している種もある。そして何という肉厚なのだろう、一番厚いところでは10cmもありそうだ。
上下二つに切ったカボチャ

 このカボチャが美味しいかどうか? 甘酸っぱい香りがして、美味しそうで、そのまま食べられそうなのだが、私を含めて身近な人はどなたも食べた事がない。 しかし、多くの方は食べられるか否か、聞いてくるのです。 そのため、どなたかに是非食べていただくために、カボチャの一部を切り取り、冷蔵庫に保管。 明後日には幼稚園に持参し、誰かに調理して試食してもらいたいのだが。

 この写真は肉片ならぬ、カボチャ片です。まるで、ケーキのような。
実験用に切り取ったカボチャ

カボチャは畑のお茶の木に立てかけて、暫く置いておくつもりだ。腐ってきたら穴を掘って埋めることになるだろう。手前の半分は穴の開いたほうで、そのままにおいてある。
畑のカボチャ


今日の農作業:
  ①白菜の苗への水遣り
  ②ジャンボカボチャの処理
  ③草刈
  ④収穫:ナス、青ナス。今日のナスは非常につやがあり、猛暑の影響は殆どなくなってきていて、美味しそうだ。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャンボカボチャから汁が漏れる

 とうとう、幼稚園に飾ってあるジャンボカボチャからポトリぽとりと水分が滴り落ちてきた。嫌な臭いもするし、小さな虫達も徘徊している。カボチャを返して底をのぞいてみると、小さな穴が開き、そこから水分が出ている。さっそくカボチャの穴を上にして水分が垂れるのを止め、垂れたカボチャのエキスを雑巾で拭き取った。

 カボチャが育った場所で底になっていた部分の皮が意外と薄く、ぶよぶよし始めている。そんな所から、虫が穴を開けたのだろう。上になっていた部分は色艶もいいし、まだまだだめになるような気配はまったく無いのだが、一部分がだめになればもう終わりだ。

 来年のことを考えると、カボチャの底になる部分を如何に丈夫に育てるかが問題のようだ。カボチャの底にも日を当てられればいいのだが、カボチャを回転し、底に日を当てる事は簡単ではない。大きくなってくると茎が太くなって簡単にカボチャを回転することが出来ないのです。

 ここで、一工夫が必要だ。何か良い考えを募集しますので、コメントを入れていただければ幸いです。

今日の農作業:
  白菜の苗への水遣り以外何も作業せず

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

種の保存とほうれん草

 大好きなほうれん草の種まき。加えて、先日撒いた大根の芽が出てこなかったところに新たに種をまいた。先日撒いた大根の種は保管状態が良くなかったので、発芽率が格段に落ちていたようだ。今回は新しい種を購入して撒いたのです。

 種ですが、保管状態が悪いと発芽率が格段に落ちてしまう。車の中に置きっぱなしだと相当高温になり、種が劣化してしまうようだ。昨年購入したほうれん草の種を開封してみたら、何かふやけているような、チョット劣化しているような感じを受けたので、全部廃棄したのです。
 この場合も植物に対する愛情なんだろう。種を保存する場合には、必要な保存方法を守らなくては。

 夕方ぼうぼうとした場所の草刈をしているとブヨらしき小さな虫がぶんぶんと顔の廻りを飛んでいる。時々、チクリとするような攻撃を加えてくる。汗をかいていると特に寄ってくるようだ。こいつがまとわりつくとなかなか作業もはかどらない。追い払っても追い払ってもまとわりついてくる。それもそうだ、本能で動いているのだから。畑仕事にはこんな戦いもあるのです。

 今日の農作業:
  ①種まき:おでん大根と豊葉ほうれん草の種まき  
  ②収穫:ナス、青ナス、サツマイモ、カボチャ
  ③草刈:カボチャ畑の草刈。ここが一番の難所だ。葉はのびのびと生育して、取り除くのは至難の業だ。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

子供と畑

 今日は4家族も我が畑に来てくれて、落花生掘りを楽しんでくれました。何といっても皆さん、畑に育つ落花生を見るのは初めてで、子供以上に興味深々です。なすの収穫、サツマイモの収穫、ハロウインカボチャとジャンボカボチャの収穫、大人でもこんな畑での経験はなかなか出来ない世の中のようです。でも、実際に植物を育てるためにはいろいろな作業が必要で、収穫だけの経験をさせてしまって本当に良いのか迷うところでもあるのです。

 一方子供達も収穫を楽しんでいましたが、それ以上に沢山いる虫に興味があり、いろいろなバッタを捕っていましたし、自由に掘ったり出来る泥んこ遊びを楽しんだようです。本当にお金のかからない遊びに夢中になっていたようです。子供達にはこんな遊びが出来る場所が近くに必要なのかもしれません。

 今日はなんと私を入れて16人も集合。こんなことは初めての出来事で、約300坪の畑が狭いよう。収穫物(野菜と虫達)を前に全員で記念撮影です。時どきこんな集まりもいいものです。

 今日の農作業:
  ①収穫:ナス、青ナス、キューリ、落花生、サツマイモ、ジャンボ/ハロウインカボチャ、しょうが
  ②草刈:落花生廻りと大豆の廻りの草刈を継続。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

朝作り

 「朝作り」と言っても別に何かを作ったわけではありません。農家ではよく、朝の農作業をこんな風に言います。今朝は5時半に起き、畑へ。少なくともナスなどを収穫しなくては巨大になってしまう。収穫だけのつもりであったが、畑に行けば気になることが沢山。作物の見回り、続いて草刈の継続。結局8まで作業をしてしまった。急いで家に帰り、朝食をとり、ペンキ塗りのために幼稚園に出勤。

 大豆にはハスモンヨトウがところどころにいる。またシャクトリ虫も。其の他にわからない虫達がいろいろ。葉が多少食べられているが、それ程問題ではない。一番大変なのは、実の中に卵が産みつけられることだ。大豆の莢が出来始めた頃、柔らかいところで、卵を産みつけ、実が大きくなってくるとそれを食べて成長するのである。

今日の農作業:
  ①収穫:ナス、青ナス、キューリ、オクラ
  ②草刈:落花生廻りと大豆の廻りの草刈。でも、ほんの一部である。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

菜園に顔をだせない

 最近は菜園に顔を出す事を頻繁に書いているが、今日も顔を出せないでいる。明日は朝収穫だけしよう。19,20日は何とか菜園に顔を出し、草刈をしたい。そんなわけで、秋野菜の種まきや植え付けはほったらかしとなっている。
 ほうれん草、かきな、春菊、白菜(育苗中)、水菜、大根(種をまいたが)、玉葱(種まきはもうダメかも、苗をどこかで貰おうかな)、キャベツ(苗が生育中)、ブロッコリー(今年は中止)、麦の種まき(10月後半)など、いろいろな作業がある。当然草刈も。種や苗を植えるには準備が必要だ。草を取り、畝を作り、肥料を与え、必要な準備をしないと植物は育たない。そして、自然農法との関係を見ながらの作業をしなくてはいけない。

今日の農作業:
  何もせず。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

雨雨雨・・・

 久しぶりに一日雨。朝は土砂降りだ。今までも何回か雨は降ったが、本当に畑を湿らすにはまだ不足だった。でも、昨日今日の雨で、畑は完全に濡れた事だろう。
 と言うわけで、雨のために畑仕事は出来ない一日となってしまった。月曜日の朝に収穫して以来、これで、連続4日間も畑に顔を出していない。明日は是非草刈を再開したい。

今日の農作業:
  何もせず。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

トルコと言う国-5

 表題はトルコと言う国ではあるが、今回はトルコでブログを書くために初めてレンタルした国際携帯の話。手続きや実際に使えるようになるまでは紆余曲折がありましたが、何とか使えるようになり、現地からブログの記事を掲載する事ができました。

 最初は先ず、ドコモショップへ行き、何をどうしたら良いか伺ってきた。基本的な手順は
①レンタル申し込み
  これはネット上で申し込みをした。

②受け取り
  宅急便で出発3日前に届いた。現地で充電できる備品もついている。

③出国前の設定
  自分のFOMAカードをレンタルした携帯にセットし、必要な情報(使用する電話番号やメールアドレスなどを赤外線通信で設定する。)i-modeを使うにはまた別の設定が必要。これらの作業は面倒なことだらけだ。

④現地にて利用
  現地時刻のセットは簡単。国内でのメールは確認していたが、現地についてから最初メールをしてもエラーが出て使えなかったのである。電源を切ったりしていたら使えるようになったが、理由はわからない。最初はブログへの記事をアップするためだけに使っていたが、次第に女房のメールのための携帯となってしまった。
⑤返却
  成田で返却できるので、面倒が無い。ただし、返却前にFOMAカードを抜き、残っているアドレスやメール内容等を消す事。

 ①~⑤だけだが、説明書にはわからない単語が沢山出てきて、慣れていない者にとっては本当に面倒だ。じっくり説明書を読んで理解するより、知っている方に聞くのが一番早いでしょう。


今日の農作業:
  育苗中の白菜にみずやりだけ。もう、3,4日も草刈をしていない。気になってしょうがないのだが・・・。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

入間市議会の傍聴

 議会の傍聴は誰でもすることが出来る。手続きは簡単なものである。これまでに、県議会、市議会、審議会などの傍聴をし、合計10回程度になる。興味あるテーマがあれば皆さんも気軽に傍聴することをお勧めします。入間市の場合、議会のHPに詳しい事が乗っていて、議会の開催時期や質問内容などが事前に掲載されますので、確認してからお出かけください。

 今日は友人議員の一般質問があり傍聴してきました。入間市の場合、写真禁止、当然ビデオも禁止、録音も禁止ですが、入間ケーブルテレビの放映もありますし、後ほどHP上に質問と答弁の内容が全て掲載されますので、じっくり見ることも出来ます。


今日の農作業:
  育苗中の白菜にみずやりだけ。野菜たちも大分大きくなっているだろう。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

飲み会

 今日は農業に関心のある方々との飲み会。当然農業の話を中心にいろいろな話をした。分野の違う方々と話をするのは本当に楽しい。

 土、日、月と草刈が出来ずにそのままになっていたが、明日から再開だ。


今日の農作業:
  ①育苗中の白菜にみずやり。
  ②収穫:早朝にナス、青ナス、オクラ、きゅうりの収穫

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ミステリーツアー

 表題ごとくミステリーツアーで、行き先やする事をあまり公表しないツアーである。参加者は案内に掲載された内容を見て想像しながら参加するのです。金子おやじの会ではここ数年ミステリーツアーを行っていて、今年は幹事なので企画から準備をしてきたのです。

 今回の参加者は25名、観光会社のバスツアー並の参加者でなので、参加者がはぐれないようにするのが大変。廻ったコースは、お台場の船の科学館見学、パレットタウンで食事、レインボウブリッジを歩いて渡り、水上バスからスカイツリーを見学し浅草へ。ざっとこんなコースです。入間市金子からは結構遠いので、結構時間がかかる計画である。8:10に金子駅に集合し、金子駅に戻ったのは17:00過ぎ。約9時間のツアーである。

 各箇所で十分な時間はとることは出来なかったが、雰囲気は味わう事が出来たのでは。また今後自分で行く時の参考には十分なったと思う。

 今日は最初から事件が。私のリュックサックの置忘れ。金子駅のベンチに置き忘れてしまったのです。箱根ヶ崎の手前で気がついて、箱根ヶ崎の駅で急遽金子方面への電車に乗り換えて金子に戻り、リュックを探した。ない! でも、駅員に届けられていて、直ぐに我が手元に戻ったのです。それにしても金子はいいところです。置き忘れたものでもなくならない・・・。そのご、25遅れで皆を追い、船の科学館で合流できたのです。それにしてもダメな幹事と言われてもしょうがない。

今日の農作業:
  育苗中の白菜にみずやりだけ。野菜たちも大分大きくなっているだろう。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

韓国留学生との交流会

 今日は韓国学生との交流会。おやじの会もお兄さんの会に変身してそばうちを通して交流。そばうちの後、皆で打った蕎麦と天ぷらで昼食。夜は留学生が韓国料理を作り、夕食を共にした。皆さん、陽気で明るいし、ある程度日本語を話すので、大体の会話は不自由なく出来た。たまにはこんな若者との交流もいいものである。今度、10月23.24日の目白大学の文化祭で料理の販売をするそうなので、都合がつけば見に行きたいものである。
 初めての方達との交流は体を動かすイベントが最高である。そばうち、料理作り始め体を動かしながら交流できる事がうまく行く秘訣だろう。

 韓国留学生との交流は臨時のイベントであったが、年度計画で決まっていたおやじの会のイベントが明日開催される。私も幹事であるミステリーツアーである。ミステリーツアーなのでここに行き先や内容を書くわけには行かないが、明日報告したい。

今日の農作業:
  育苗中の白菜にみずやりだけ。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

今日で何日?

 連続掲載の記録を更新中であるが、一体今日で何日になるのだろうか? 改めて計算してみると今日で296日目になるのである。これが長いかそうでないかは人によるだろうが、我が友人にはもう4年も休み無く続いているやからがいるのである。こうなると誰でもが長いとのお墨付きを与える事が出来るだろう。
 私はそこまでは行かなくても365日は続けたいと思っている。

 
今日の農作業:
  今日の農作業は無しでした。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根の種まき

 雨が降り、さっそく大根の種まきだ。それ程食べるわけでもないので、20株ばかり種を二粒ずつ蒔いた。後1週間から10日したら今一度蒔く予定である。

 なすは沢山の実を着けるのだが、実が今一大きくならない。今までの暑さのせいもあると思うが、肥料不足の可能性も高いので、EMボカシⅡ号を一株一握り位与えた。株の近くに撒いて土寄せしておいた。でも、今日の収穫は青ナス含めて40本くらいかな。ナスは幾らあっても平らげてしまう。

 パクチョイ、春菊、人参などの種まきもしたかったが、夕暮れとなり作業不可。今度出来るのは来週水曜日かもしれない。秋の一日は野菜にとって非常に大切な時間なのです。

 先日から大豆の様子を観察している。葉が虫に食われている株が幾つかあるが、ハスモンヨトウ以外の虫の仕業のようだ。時どきカメムシもいるし、バッタ類も結構いる。天敵である、カマキリや蜘蛛も沢山いる。

今日の農作業:
 ①上に書いた菜園の作業
 ②収穫:ナス、青ナス、キューリ、オクラ。
 ③草刈:これは終わる事のない作業です。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

トルコと言う国-4

 町の中は別としてチョット町を離れると工事中。こんな印象を持ったトルコの道路。日本のように道路を作るのに大規模な工事をするわけではない。平坦な原野をブルトーザーでならして近くで取れる砂利を敷いてアスファルトのようなものを敷いて押しつぶして完成。そんな道路工事現場を沢山見た。費用は日本の数分の一だろう。
 街の近くでは高速道路もあるが、まだ少ない。しかし、どんどん発展してくる気配を感じる事が出来た。
道路工事風景:
工事中の道路

 ただ、一つだけ気になったことがある。トルコの道路の両脇がごみだらけでなのだ。特に目立つのは飲料水のペットボトル。日本のように綺麗な飲み水が自由に手に入るわけではないトルコではペットボトルの飲料水が沢山販売されている。その多くが道路に捨てられているのだ。最初は道徳心のない国だと思ったが、やむを得ないのかもしれない。しかし、トルコは活気がある国だし、近い将来はもっと綺麗な国になってくれるのではないかと思う。
道路わきは何処もごみだらけ:
道路わきのごみ


 久しぶりの恵みの雨。気分はルンルンである。この雨で、作物は息を吹き返し、十分な恵みを与えてくれるだろう。しかし一方では野草も息を吹き返し、改めて強敵となるのかもしれない。

今日の農作業:
 ①先日蒔いた白菜の苗を雨に打たれないように家の脇に移動。雨のため其の他は何も作業せず。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

明日は待望の雨か

 よくもまあ大きくなってしまったものだ。種を沢山つけて来季も芽を出して私を悩ませるのだろう。でも、今日はここの野草の殆どを根こそぎ刈り取る事が出来た。でも、まだ沢山残っているのには変わりはない。
野草の繁茂

 キャベツの苗だが、昨日はぐったりしていたが、今日は元気に葉をぴんと張っていた。昨日掛けたかんれいしゃのお陰かもしれない。明日は待望の雨が期待されている。野草も元気を取り戻してしまうかもしれないが、野菜たちも元気を取り戻してくれることを期待している。

今日の農作業:
 ①草刈の継続:約20m分の野草を根っこから刈り込んだ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

昨日定植したキャベツ

 昨日定植したキャベツを見に畑に寄った。穴にかなりの水を与えてから定植し、虫除けシートも掛けてあったのに、暑さにやられたのか、キャベツの葉はぐったりしていた。このままでは心配だったので、改めて水を与え、ついでに肥料(EMボカシⅡ号)を与え、虫除けシートの上に更に寒冷紗を掛けてみた。これで、どうだろう。また明日観察だ。
 この写真は大分強い日差しでぐったりしたキャベツだ。
暑さでぐったりしたキャベツの苗

 日差しからキャベツを守るために虫除け+寒冷紗を掛けた。
虫除けシート+寒冷紗を掛けたところ


 8月中旬に長ネギを植えたが肥料を与えていなかったので、本日EMボカシⅡ号を与え、多少の土寄せを行った。昨年は赤錆病で成長が今一であったが、今年はどうなる事やら。

 サツマイモを試し掘りしてみた。小さいがおいしそうな3本の芋が取れた。 

 落花生の試し掘り。実付も良く、実もしっかりしていて最高の出来だ。まだ多少早いが今収穫した落花生をゆでて食べたら最高に美味しいそうだ。

大豆の虫食いのチェック。虫食いの場所は集中していて、まだ全体には広がっていない。これから毎日観察し、見つけたら手で捕虫してあげれば被害は防げるだろう。

 カボチャの確認。もうカボチャも大分葉が枯れてきて終わりが近い。カボチャ畑は草ぼうぼうであるが、草をどけながら見回りをした。まだ、10個くらいは収穫できそうだ。

今日の農作業:
 ①作業は記事に書いたとおり色々な事をした。
 ②草刈の継続:今日は少しではあるが、ネギの脇の草刈を少し。
③収穫:サツマイモ、落花生、キューリ、ナス、オクラ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

キャベツの定植

 今日は二回目の掲載である。朝の作業をし、昼間は家で休養をとり、夕方あらためて畑へ。以下は夕方の作業です。

 キャベツの苗を定植。苗は青梅のカインズホームで10株で400円で購入したもの。定植するために、畝に生えている野草の根を全て取り除き、きれいにしてから三角グワで穴を開け500mlくらいの水を注入してから定植。まだ肥料を与えてないので、後でEMボカシⅡ号を与えるつもりだ。虫対策として虫除けシートをかけておいた。乾燥が激しいので、良く観察していないといけないだろう。

 また、野草刈りの続きである。大豆の周り、通路、さらにネギの周りの野草を根こそぎ刈り取った。

大豆の観察

 大豆も大分成長してきて、現在花を咲かせている。でも、同時に種を蒔いたのだが、右と左の畝では大分成長が違っている。左の大豆は何か生長が抑制されたような感じで、明らかに小さいし、葉がやつれているように見える。でも何故だかわからない。写真を見て下ださい。隣り合わせの場所でも成長にこんな差が。農業の難しさはこんなところにもある。
大豆の生長の違い


 また良く見ると虫食いの葉がところどころにある。
虫に食われた大豆の葉

 葉の裏には幼虫がうごめいている。この虫の名前はハスモンヨトウ、大きさは1cmくらい。このままにしておいたらあっという間に全体に広がって大きな被害を被る事になりそうだ。さっそく虫食いの葉がある大豆をチェックし、手で潰して退治した。葉裏に卵がまとめて産み付けられているのだが、まだそれ程広がっていないので、暫くは虫食いの葉を見つけ退治すれば大きな被害にはならないだろう。暫くは要注意だ。
葉裏にいる幼虫

今日の農作業:
 ①大豆の周りの大きく成長した野草刈り 6:00~9:30 暑くなってきたので帰宅。作業はまだまだ残っている。
 ②収穫:オクラ、キューリ、ナス大量、青ナス、しょうが

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜の発芽の写真

 種を蒔いてから今朝で2日半経った白菜の芽である。60,90日の白菜を合計70株を蒔いたが全て順調に発芽し、成長を始めている。種が沢山余ってしまうので、1ポットに3~5粒も蒔いてしまった。発芽しすぎである。近いうちに間引きしなくてはならない。白菜の発芽2.5日目

 今日は久しぶりに新宿まで出かけてきた。友人がカフェを開店したのでお祝いがてら、遊びに行ってきたのである。まだ、知人のお客さんが多いようだが、雰囲気も良いので、人が人を呼んで、是非盛って欲しいものだ。

今日の農作業:
 白菜が発芽したところの写真を撮っただけで、作業無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜の発芽

 早いものである、9月1日の夕方ポットに蒔いた種がもう発芽している。たったの1日半である。この暑さで水分があれば当然かもしれない。うまく育ってくれれば10日前後で定植出来るだろう。それまでに雨が降り、強烈な太陽が収まってくれればいいのだが。

 今日も、幼稚園から帰ってから約2時間、スイカ畑の草刈だ。予定では今日で終わるつもりではあったが、あと一回の作業が必要だ。それにしても大きく成長した野草の草刈は並大抵のものではない。今回は根こそぎ取り除いているので、余計大変だが、秋野菜の種まきや苗の定植は楽になるだろう。

 こちらから情報提供をしたのだが、本日FMチャッピーよりジャイアントカボチャの取材を受けた。さっそく、FMチャッピーのDJ日誌に掲載していただきました。ありがたいことである。

今日の農作業:
 ①収穫:黒小玉スイカ
 ②スイカ畑の草刈り

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ナス

 幾つかの野菜を収穫。ナスも2日毎に収穫しているが、つやのあるみずみずしいいナスではなく、何となく水分不足の感じがする。これも乾燥しすぎが原因なのだろう。でも、今日は10個のナスを収穫。ナスは好きなので、幾らあっても良い。

 また、スイカ畑の草取りを継続したが、大きく育った草達を取り除くのはかなり大変だ。2時間掛けて、10坪も草刈が出来なかった。草の陰に隠れていた黒小玉スイカを2個収穫。まだまだ、草刈は続くが、この暑さではあまりはかどらないのが実態だ。早く涼しくなって欲しいものだ。このままでは大根の種も負けない。

今日の農作業:
 ①収穫:カボチャ(カチワリ)、オクラ、キューリ、ナス、青ナス、黒小玉スイカ
 ②スイカ畑の草刈り

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター