家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2010-07

味噌への道は険しいのです

 今日はおやじの会の味噌作りのための大豆畑の草取りである。鳥除けの糸を片付け、野草を取り、土寄せをする。熱中症を意識しながら、水分補給と休息をとりながらの作業だ。7:00に集まり、11:00に作業を終えたが、炎天下の作業はかなりきつい。汗だくだく、水は1リットル以上飲み干してしまった。

 そんなわけで、本日は我が菜園の作業はお休みだ。

今日の農作業:
 我が菜園の作業はなし。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

ナス

 最近の世の中ではナスはもう盛りを過ぎているような感じだ。このように市場に出回っている(家庭菜園の苗も同じ)ナスは2月から3月に種を蒔き、温室で育てた苗を4月から五月に購入して定植している。でも、暖房を使わず
に種から育てようと思ったら、種まきは4月後半から5月だ。だから今が走りであり、これからが盛りとなる。

 我が菜園のナスは今が走りであり、一番果がやっと収穫できたところである。でも、順調に育っており、これからの収穫が期待できる。
ナス

 今日もジャンボカボチャの写真をアップする。昨日より更に成長し、長さは40cm位になっている。一体何キロになるのだろうか。中央の黒いものはデジカメのケースで長さが11cmだ。
ジャンボカボチャ

 今日はこれから拝島まで飲み会。今日は暑かったのでビールが美味しいだろな。

今日の農作業:
 ①収穫:キューリ、ナス、トウモロコシの収穫
 ②支柱立て:きゅうり
 ③ナスが良くなってきた。やっと盛りを迎える。
 ④最後のトマトの支柱立て
 ⑤草刈いろいろ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

トマトの支柱立て

 午前中は娘夫婦の建前を見学。出来るだけ別のところで準備をし、現地ではクレーンを使ってどんどん組み立てるだけ。積み木を積むようにみるみる家の骨格が出来上がってゆく。今日は雨模様だったので、一階部分だけで中断。でも家が建つということは嬉しいものである。

 今日は非常に涼しく、昨日までの暑さがウソのようだ。たまにはこんな日があっても良い。でも、風が強く支柱物は大変だ。

 午後から雨が小降りになってきたので、畑の見回り。ついでにトマトの支柱立て等をした。嬉しい事にナスが収穫できるようになってきた。大森の池祭りで販売可能かもしれない。


今日の農作業:
 ①収穫:キューリ、ナス、トマト
 ②支柱立て:第3弾のトマト約10本の支柱を立てる。
 ③第2弾のナスが実を着けるようになったので、両サイドを弓竹で補強
 ④隣接する畑の近くを草刈
 ⑤ジャイアントカボチャが非常に大きくなってきた。底に敷いたハッポウスチロールの板の大きさをを越えてしまった。ジャンボカボチャは生育が早い


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

血液

 血液って体の中にあるのですが、外からもよく見えることがわかりました。何はともあれ2枚の写真を見てください。
これは下を向いている手です。凹凸が激しく、血管が膨れて血液が沢山集まっているのがわかります。
下を向いた手
これは上を向いている手です。血管がかなりしぼんでいます。どちらかと言うと普通の手ですね。
上を向いた手

 このように血液が簡単に移動する事に初めて気がついたのです。皆さんもやってみてください。見た目は大きく変わります。

今日の農作業:
 作業せず。
 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

足長バチ

 残りのスイカ畑の草刈を終えてからやっと庭の草刈を始めた。女房と二人で作業し、何とか見られるような庭になったかと思う。
 と、そんな作業中足長蜂の巣を見つけた。蜂退治用のジェットガンがあるのだが、変な薬はあまり使いたくないし、隣に近い場所であったので、水道水の噴射をした。しばらく水をかけ続けてから長い枝きりバサミで巣を切り落とした。これだけで簡単に足長バチの蜂の巣の退治が完了である。切り落とした写真を添付する。まだ幼虫が動いている。
落とした足長バチの巣

 午後には我が家のびわの木の切り落としをして、その切った枝などを大森の畑に置きに行った。後で、畑で燃やすのである。

 ついでに、草取りをし、作物の観察を行い、収穫できるものを収穫して6時半に帰宅。大豆であるが、普通の大豆は5割以上発芽しているが、黒大豆は殆ど発芽しないままである。普通のカボチャは順調に育っており、大森の池祭りには販売できそうである。

今日の農作業:
 大体本文に記載

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スイカ

 6月25日にスイカの苗を植える時に廻りの草刈をしたのだが、もうかなりの草である。意外とスイカの生育が良くないので、草に隠れてしまいそうだ。1ヶ月も経っているとは思わなかったのだが、あっという間に経っていたのだ。
 その草刈作業をしたのだが、ツルものの廻りの草刈は大変だ。特にスイカは縦横にツルを延ばすので、誤ってそのツルを切ってしまう。今日も1本のスイカを根元から切ってしまった。アーメン。朝5時半から約3時間掛けて作業を殆ど終え、家に帰りシャワーを浴び一休みである。
 まだスイカの実は小さく直径5cmそこらである。本当に食べられるスイカが出来るのだろうか?

 その後色々な用事を済ませ、大妻の畑の見回りである。以外や以外、大豆や黒大豆の芽が出てきているではないか。全部ではないが確かに発芽している。
 昨日大豆の種まき失敗の記事を載せたが、全部が全部ダメだったわけではないらしい。まったくの失敗と思っていたことがそうではないとわかると、こんなに嬉しい事はない。さっそく発芽した大豆の写真を見せよう。
発芽した大豆

続いてジャイアントカボチャの生育状況、本当に毎日大きくなるものである。30cmはあるだろう。
ジャイアントカボチャの成長


今日の農作業:
 大体本文に記載
①他にキューリの収穫

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

やればできる

やればできる

やればできると言われても、
出来ないものは出来ない。
でも、出来ないと思ったら其の先はないのかな?
できると思っていれば何かを考えようとする。
そしていつかできるのかもしれない。

大豆の種まき失敗

 先日から黒大豆と大豆の種蒔きをしてきたが、殆ど芽が出ないまま、熱い土の中で茹で上がったしまったのだろう。ここ2,3日は夕立があり、改めて種を蒔けば発芽してくれると思うが、第二の強敵雉がいる。鳥除けの糸を張っても、其の糸をいとも簡単に切ってしまうし、畑の中を自由自在に歩き回っている。そんなわけで、今年は大豆が収穫できないのではないかと、内心チョットあせっている。

 そんなわけで、昨日と合わせて庭で大豆12トレイ(各8*8=64)合計768株分と黒豆100株分の種を蒔いた。既に昨日蒔いた大豆の一部はたった1日で根を出している。また、これらの種を強烈な太陽から守るために簡易ビニールハウスのような日よけを作成した。芽が出て本葉が出てきたら定植すれば、強烈な太陽と雉の被害を受けずに育てる事が出来るだろう。しかしながら、定植作業が結構大変になるので、覚悟が必要である。

日よけの下に置いた大豆たち。うまく育って欲しいな
トレイに蒔いた大豆と黒大豆

成長するジャンボカボチャ:もう楽に20cmは越えている。
成長するジャンボカボチャ

今日の農作業:
 今日、新車が届く。スズキのマニュアルシフトのワゴンR、農耕車でもある。
 ①トレイに大豆250株ばかりを蒔く。これで大豆合計768株、黒大豆100株。
 ②日よけを作成
 ③カボチャのチェック ジャンボもハロウインカボチャも順調だ。
 ③スイカの見回りをする。かなり草が生えてきているが今刈り取れば丁度良いかもしれない。
  明日はスイカの周りの草刈だ。なお、スイカも順調に成長を始めているようだ。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆は?

 大豆の種まきをしたが、うまく発芽してくれそうにない。暑さで、土の中で蒸されてしまったかもしれない。それ程最近は毎日暑いのです。蒸し暑さと言うより、日照りといった感じである。植えた土の中の大豆の種を見てみたが、膨らんではいるが何か蒸されてしまっているような感じである。
 そんな可能性があるので、夕方からトレイに大豆と黒大豆の種まきをした。大豆が500株、黒大豆が100株。まだ足りないので、明日追加の種まきをしなくては。この作業は庭でしたのだが、最近の雉の動きが気になるのである。先日雉対策として沢山の糸を張ったが、今朝行ってみると雉が平気な顔をして3羽も糸を張った畑の中にいるのである。確かに糸が切れているところがあったが、あまり気にしていない様子。鎌を投げつけてやっと逃げ出した次第である。

 今日は大森の池祭りの準備作業の集まりである。池に下りるための通路を確保するための草刈と、カヌーのための水草取りである。私は午後から川越で西部地区県政モニターの会議があったので11時に帰宅したが、皆さん本当に暑い中大変な作業をご苦労様でした。炎天下くらくらしながらの作業は本当に大変だと思う。75歳を過ぎた会長はじめ皆さんには酷な一日だったと思う。ちなみに大森の池祭りのHPは下記のとおりである。
大森の池祭り大森の池祭り

今日の農作業:
 今日も5時起で畑にーーー。
 ①大豆の様子を観察。種は膨らんではいるが、太陽の熱で蒸しあがっている感じだ。
 ②サツマの廻りの草刈。さっぱりした。
 ③カボチャの見回り。ジャイアントカボチャの間引きと写真。
 ④収穫:トマト、インゲン、キューリ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

牛久の大仏

 昨日は携帯からのアップなので、こじんまりとした文章をアップ。だからといって今日が特別多いいと言うわけではない。とりあえず、昨日行った牛久の大仏の写真をアップする。
牛久の大仏全体像
 この大仏はギネスブックに掲載されている世界で一番大きな大仏だ。何しろ大きく、100mの高さがある。85m付近に展望台があり、中から外を見ることが出来る。大仏だけあって中に入ると神秘的な感じである。


今日の農作業:
 作業なし。昨日朝に一生懸命水をまいたのだが、昨晩、結構な夕立があったようで、畑の水分は大分補給されたようだ。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

携帯からのアップ

今日は四時半に起きて蒔いた大豆に水やり。これで芽を出してくれれば良いのだが。

家を六時頃出て深谷経由で牛久の大仏へ。本当に巨大な大仏だ。その後八幡屋には六時に到着。温泉に入り一杯やって最近の疲れを癒す。

今日の農作業:
 ①種を蒔いた大豆にみずやり。黒大豆3畝、青大豆2畝。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

かんかん照り

 梅雨が明けてからの毎日はすごいの一言である。収穫したジャガイモを半日日向においておいたら全て日焼けしてしまい、色が変り水っぽくなりダメになったしまった。
 この天気では大豆を蒔いてもうまく発芽するかどうか。今朝、雉による被害が想定される話をしたが、其の前に太陽の照りが心配になってきたのである。
 少なくとも種を蒔いたら水をまいてやらねばいけないかも。でも明日から二日間は入間にいないので、それも出来ない。

今日の農作業:
 既に書いたので、ここではなし。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

雉対策

 今朝も4:30から畑に出た。雉が3羽も畑をうろうろしていて、表土が出ているところは雉の足跡で一杯だ。一昨日から大豆を蒔き始めたがこれでは芽が出たとたんに全滅の憂き目に会いそうだ。雉だけでなく鳩も一羽いる。
 鎌を雉めがけて投げてみたが、びっくりはするのだが、遠くには逃げていかない。ここいらの主なのかも知れないが、図々しい限りである。

 そんなわけで、さっそく鳥除けの糸を畑全体に張り巡らせたのである。雉はよくお茶の木の中を通るので、茶の木に沿って糸を張り、当然大豆を蒔いた畝に沿って糸を張り、念のために横糸も張り巡らしておいた。これで被害が防げるかどうか? 芽が出る3,4日後が楽しみである。

 今日は、2畝の整理と大豆を蒔いたが、かなり暑く疲れも出てきたので、無理をせず7:30には帰宅。まだ、大豆は蒔ききれないのです。今度は24日が勝負だ。

今日の農作業:
 ①キューリ2本収穫
 ②あとは本文に書いたとおり。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大豆の種まきとジャイアントカボチャの台座

 15時から畑へ。ジャガイモ「男爵」の収穫、畝作り、黒大豆を2畝種まき。出来ているキューリ、トマト、インゲン、ナスの収穫をして終わり。あと9畝の大豆を蒔く予定である。

 今日の最大の難関は畝作りのときの野草の根だ。根がはびこっていて大豆が蒔けない。そのまま蒔いても野草の根に邪魔されて芽を出せないものが出てくるような気がするのです。どうしても根を取り除かなくてはならない。
不耕起なので、どう対応したらよいのだろうか。

 最近、農家では見た目の良いカボチャつくりのためにカボチャの台座が使われている。改めて台座を購入するのも面倒なので、ハッポウスチロールで台座を作ってみた。ハッポウスチロールの蓋を使い、4隅から中央に向けて切り込んでおくのである。こうすればカボチャが重たくなれば中央が沈み込んでくれるし、水もたまらない。これで綺麗なカボチャが収穫できるのではないかと思う。結果が楽しみだ。

 昨日は台座のない写真であ会ったが、今日は台座を置いたジャイアントカボチャの写真を添付する。
ジャイアントカボチャと台座


今日の農作業:
 今日の作業は本文に書いたとおり。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャイアントカボチャと大豆

 朝、4時半に起き畑へ。もっぱら草刈だ。この草刈が終わらないと大豆の種まきが出来ない。トマトとゴーヤとほうき草の定植、麦わらの収穫、ジャガイモ「北アカリ」の収穫、畝作り、8:45分頃家に帰り、朝からビールを飲み、2時間ばかり昼寝をして午後の作業に備える。ビールを飲んでから既に6時間は経過しているので、午後3:30頃から再び畑へ。先ずは残っている草刈を終え、その後ジャガイモの収穫をし、畝を整えて一畝だけ黒大豆を蒔く。

 どんなに忙しくてもジャイアントカボチャの成長は楽しみだ。一昨日に比べてかなり大きくなっている。毎日目に見えるように成長しそうである。今日は発泡スチロールの底板を用意し、カボチャの下に引いてみた。これで、綺麗なカボチャが出来るのではないかと期待している。

 7月16日夕方のジャイアントカボチャ
ジャイアントカボチャが実をつけます

 7月19日朝のジャイアントカボチャ:2日半でこれだけ肥大してきました。
ジャイアントカボチャが大分成長しました

 おまけとして何者かに食べられた鳩の残骸:ハクビシンなどが良く出没します。
鳩が食べられました


今日の農作業:
 今日の作業は本文に書いたとおり。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

トウモロコシと草刈

 最近は野菜の名前が出ない。先ずは草刈なのですが、野菜の名前を前面に出して其の後に草刈を入れることにする。そうでないと草刈しか出てこなくなってしまうのです。

 トウモロコシ、先日上の穂が出た来たところでEMボカシを振ったトウモロコシ。かなり実も太ってきていて、あと1週間もすれば食べられるのではないか。多分アワノメイガの被害はないだろう。

 ジャイアントカボチャとハロウインカボチャが急に肥大してきた。綺麗なカボチャを作るためには何か下に引くものを考えなくてはいけないかな。今年は綺麗なカボチャを作ってみたいと思う。

 色々な事を言っても今日のメイン作業は草刈だ。30mの畝を3本くらい草を刈ったのだが、全部刈り込むには明日、半日の作業が必要だろう。

 その後、ジャガイモの収穫をしてから大豆の種まきだ。何処まで出来るかわからないが、出来るだけ終わらせたい。

今日の農作業:
①草刈:沢山しました。
②トウモロコシの確認
③カボチャの確認
④きゅうり収穫2本
⑤トマト収穫1個
⑥落花生の周りの草刈

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ボウリング&バーベキュー

 今日は10時前から出かけ、午前中はボウリング、午後はバーベキュー。家に着いたのは7時半くらいかな。
ボウリングは2ゲームで255、スパットを見て投げられる時はまあまあなのだが、なかなかスパッとを最後まで見ていられない。投球直前にどこかに目が移ってしまうのである。

 バーベキューコンロ2卓を使ってのバーベキュー。良く食べた食べた。炎天下ではあったが、風もあり、
肉や野菜を焼きながらの生ビールは最高であった。

今日の農作業:
 今日の農作業はありません。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

草刈テクニック

 相変わらず草刈に専念しています。鎌を持つ右手がどうかしてしまいそう。おまけに、左の指をかなり深く鎌で切ってしまい、それでもばい菌が入らないように指から出る血を吸って手ぬぐいで巻いて、草刈を続行。今日の空は遠くで雷がゴロゴロ。雷も怒っていたようであった。何か無理をしているような、そんな一日でしたが、何とか19日には大豆を蒔く場所の見通しがついてきた。とは言ってもまだ草刈は残っているのです。

 相変わらず倒れた草を刈るのは大変だが、自分の向こう側に倒しながら刈ると比較的楽に刈れることが判明。繰り返しやればうまい方法が見つかるものである。でも、草が倒れる前に刈るほうが圧倒的に楽である事に変わりはない。

今日の農作業:
①トマト収穫2個
②インゲン収穫
③きゅうり収穫3本
④ジャイアントカボチャが大分膨らんできた。
⑤草刈は続く
⑥ナスにEMボカシを与え、土寄せする。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

やっとトマトの面倒を見る

 今までは余裕がなく草刈専門の毎日であった。まだ草刈はしなくてはならないのだが、少しは余裕が出てきたので、定植したトマトの面倒を見てあげた。植えぱなしのトマトは結構実は良く着いているのだが、荒れた感じである。

 支柱を立てて、10本のトマトを支柱に固定し、側枝を取り除き、風通し良くしてあげた。当たり前のことだが、やっと出来たといってもいいだろう。トマトさんごめんなさい。これでトマトに少しは愛情をささげる事が出来たかもしれない。

 同じような事が他の作物にもあるのです・・・・・ごめん。

 ジャンボカボチャとハロウインカボチャの生育が良い。雌花が咲き、受粉すればこれから肥大化しそうである。今から楽しみである。

今日の農作業:
①一部ジャガイモ掘り。其の前に草刈をする。
②トマトのお助け
③収穫:きゅうり、キャベツ
④今ごろ玉葱掘り。この玉葱は児玉の玉葱を植えたもの。大体4つに分結している。
⑤第二弾として植えたピーマン、オクラ、トウモロコシ、キューリにEMボカシを与える。
⑥第二弾トウモロコシの穂にEMボカシを振り掛ける。
⑦あちこちの草刈

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

草刈は続く

 今日はカボチャ周り、駐車スペース等の草刈に3時間を費やした。300坪あっても、毎日3時間あれば十分刈り込める。しかし、雨で出来ない時や用事で出来ない時があるので、草刈の時間が不足気味である。まだ、これから大豆を蒔く場所の刈り込めていないところがある。今週中に片付け、19日には大豆を蒔きたいものである。

今日の農作業:
 今日は草刈に専念。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大森の池まつり

 8月8日(日)に開催される大森の池まつりが近づいてきた。7月の記事で、池の廻りの草刈の話の時に、触れたことがありますが、宣伝のためにも改めてここに紹介します。この池祭りには毎年4~500人の親子が参加しています。
 改めて大森の池祭りのHPも紹介します。
 自然に接する事の少ない子供達のためにも、これからも後1、2回は宣伝したいと思っています。

今日の農作業:
 本日は雨のために畑に行く事も出来なかったのですが、明日からは曇りが続き、その後は梅雨明けになるかもしれない。明日の農作業を楽しみにしよう。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ニイニイゼミ

 一昨日ですがニイニイゼミの声を今年初めて聞いた。この蝉の声を聞くと夏が来ると感じるのである。ジーまたはニーと鳴くこの蝉は地味な色をした小型の蝉であるが、比較的簡単に手で捕まえられるくらいに鈍感な蝉でもある。

 今日もまた草刈である。まだ刈り獲れない麦よりも野草のほうが丈が高い。こうなると、草も横に寝てきて刈り取るののが非常に難しくなってくる。草が立っているうちは簡単に鎌で刈り取る事が出来るが、横に寝てくると鎌の刃ががうまく当たらないのである。
 野草はあまり成長させないうちに刈り込めば簡単に刈る事が出来るが、しかし成長しすぎて草が寝るようになると簡単に刈る事が出来なくなる。今日初めてこんな事がわかったのです。しかし、これからは今日の教訓を生かして草刈をしたいと思う。

今日の農作業:
①麦の周りの草刈
②カボチャの周りの草刈
③しょうがの周りの草刈
④相変わらずカナヘビの餌捕り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

草刈が続く

 午前中は第50回記念のごみひろい隊に参加し、午後はやっと畑仕事が出来ると勇んで畑に出かけた。しかし、1時間チョット過ぎたところで、雨が降り出してきた。しばらくは我慢していたのだが、やや本格的に降ってきたところで、野菜の収穫とカナヘビの餌を捕まえて家路についた。

 所がである、家につく頃には雨はほとんどやんでしまった。改めて行くかどうか迷ったが、天気予報の通りまた雨は降り出すだろうと思いあきらめたのである。さっそく、先ほど沢山汗をかいたので、ビールの誘惑に負け飲んでしまった。その後は今まで2時間半も雨は降っていない。いま少し我慢していれば草刈の作業は大分進んだのに・・・。ビールを飲んだら車は運転できないので畑にはいけない。畑仕事が必要な時ほどこんな事になってしまう。後の祭りである。

今日の農作業:
①さといも/キューリ/トマト等の周りの草刈
②インゲン収穫
③カナヘビの餌獲り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

美農会

 美農会、この会は私が始めて農業研修をした方々の集まりであるが、その後は他の多くの農業を志す若者が参加している。比較的若者の集まりなのであるが、なぜか年寄りの私も参加させてもらっている。

 農業で自立したいと思っても多くの障害が立ちはだかっているようだ。土地が手に入らない、最初は殆ど収入がないなど、色々な悩みが覆いかぶさっている。今後日本の食糧自給率を上げるためにも何とか支援をしてあげたいものだ。

 今日は小川町の畑に伺いジャガイモの収穫のお手伝いをしてきたのです。皆さん、無農薬無化学肥料を実践し、職の安全を意識した農業をしている人たちである。こんな若者が生活できる農業。それを是非実現させてあげたいものである。

公民館

 昨日、先日行ったバーベキューの道具を公民館の準備室にしまってきた。ついでに、大森の池まつりのポスターとビラを持って行き、ポスターの掲示とビラを置いてもらうよう依頼してきた。快く受け入れていただき感謝である。

 今後、公民館として子供達に楽しみながら環境についていろいろな体験/経験をさせてあげたいとのこと。そのような知識を持った人を紹介する話、幼稚園でカナヘビが生きた虫を食べるシーンを神妙に見る園児達の話をしたり、シュロチクの葉でバッタを実際に作りながら教えてあげたりした。

 最近は学年が違うと子供達とあまり遊ばない、外に出て遊ばないなどの実態があるが、実際は自然の中で経験する多くのことに興味を示すようだ。自然の中で遊べるような環境が近くからなくなっているのが大きな原因なのかもしれない。

今日の農作業:
 今日も雨で、何も出来ない。すべき事は山ほどあるのに。明日も一日畑仕事をしたいが、明日は美里に行かなくてはならないし、帰って来てから打ち合わせが2件。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

除草剤

 我が菜園は無農薬無化学肥料。だけど、今日菜園に行ってみてびっくり。隣との境の野草に除草剤がまかれているではないか。野草の生育が著しく、隣の方が野草の生育を見かねて、好意で我が畑の中にも除草剤をまいてくれたようなのである。でもこれでは無農薬無化学肥料をうたえなくなってしまい、チョット残念なのである。でもしょうがないか。

 7月3日以後、忙しいのと天気の関係で畑に出かけていない。本日見回りに行ったのだが、5日間顔を出していないと野草の活動はすさましい物がある。特に隣との境界付近を中心に野草を刈り込んでおいた。でも、まだまだ野草刈は終わらない。今の2倍の時間が欲しい・・・・!。

今日の農作業:
①隣との境(除草剤をまかれた)の草を綺麗に抜き取った。
②大豆を植える畝の草刈
③カボチャの周りの草刈
④キューリ、インゲン、ナス、大根の収穫
④これは畑仕事ではないがコオロギなどの虫を捕獲。カナヘビの生きた餌になる。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

カナヘビ

 今日は七夕、幼稚園でも大きな七夕飾りを飾りました。子供達の願いが届くと良いのですが。でも、この雨で思うように飾れないのが歯がゆいですね。

 トカゲの一種であるカナヘビ。なぜか「ヘビ」と言う。今年は幼稚園で人気者になっている感じである。現在4クラス、合計5匹のカナヘビが飼われている。多くは園児が持参するのだが、幼稚園の敷地で捕獲されたカナヘビも2匹いる。

 以前にも書いた事があるが、このカナヘビ、死んだ虫は見向きもせずに、生きた虫しか食べない。普通の人が生きた虫達を捕まえるのは至難の業だと思うが、我が菜園で捕獲するのはいともたやすいのです。しかし、雨が降れば畑には入れないので、餌(小さなこおろぎ、バッタなど)の捕獲は出来ない。そんな時は園の排水溝にいる小さなミミズを捕まえてくる。

 カナヘビは色々な虫を食べるようだが、自分に見合った大きさの虫しか食べないようだ。口を開けて一飲み出来るくらいの大きさだろうか。従って小さなカナヘビには小さな虫が欠かせない。

 今日の農作業:
 毎日のように夕方になると雨。今日は何も出来ませんでした。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スイカの見回り

 世の中ではスイカが沢山出回っていると言うのに、我が菜園では先日定植したばかり。そのスイカの様子を見てきたのですが、まだまだ殆ど成長していない。これで本当に株が大きくなり実をつけてくれるのか心配になってしまうような状態なのです。

 とは言うものの定植した1mくらいの所にEMボカシを四方に埋めてあるので、スイカが根を延ばしてくれば其のうちに急に成長を始めるのだろう。あせらずに待っていよう。

 最近の野菜類は殆どが季節はずれで、いつが旬かわからないようになってしまった。だが、我が菜園ではあせらずに旬の野菜を食べるべく待っていよう。

今日の農作業:
 上に書いたので省略。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

横須賀へ

 叔母さんの通夜に出席するために園の仕事を早退して横須賀へ。叔母さんといっても本当の叔母さんではないのだが、小さい時から近くで生活してきたので、叔母さん同様なのである。人は死ぬものではあるが、身近な方が亡くなってゆくのは本当に寂しいものである。

 そんな訳で、今日も農作業は出来なかった。もともと午後から雨で出来なかったのだが。明日も、マンション管理のために農作業は出来ない、なぜかさせてもらえないのです。

育苗ハウスの解体

 4月に組み立てた育苗ハウスも役割を終えて解体する事にした。このハウスは芝生の庭の上に作られていたので、芝生にとってはまったく迷惑千万だったろう。先ずは解体途中のハウスの写真です。使ったビニールは来期も再利用するので、きれいにして日に干してから保存する。安易にごみとして出さないのが私流。
育苗ハウス解体中

次は解体した後の芝生の状態です。ひょろひょろと伸びた芝生や野草が目立ちます。長いものは20cm以上にもなっています(写真)。
今日、芝生の刈り込みも完了し、しばらくぶりに見られる庭になって来ました。でも、この写真はありません。
解体後の芝生はぼさぼさ

 其の他に、生垣の剪定を全て行ったので、残務であるびわの木を倒す以外の新たな要求はあまりないだろう。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター