家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2008-07

またまた雑草

 相変わらず雑草で苦しんでいる。
自然農法ではいかに雑草と対峙するのだろうか。
雑草をそのままにしておくと、栽培野菜に影響することが多いし、
種を作らないとなると、かなりまめに雑草を刈り込む作業をしなくてはならない。

自然農法も、雑草対策を除けばそれ程大きな手間が必要なわけではないようだ。
でも、どなたか雑草との付き合い方について、実践を通した経験をお教え願いたく。
ただ今苦しんでいる雑草はオシヒバとメヒシバ。
スポンサーサイト

鎌首を持ち上げるスイカのつるの先端

 昨日、スイカのつるの話をしたが、本日写真を撮ってきたので、掲載する。
これは勢いが良いことを表しているので、良いことなのである。
DSC05830syukusyou.jpg

鎌首を持ち上げているスイカのつるの先端。
DSC05828sykusyou.jpg

あちこちで鎌首を持ち上げている。なにか力強い物を感じる。

スイカと雑草

 今日も雑草との戦い。今までスイカのところは雑草をそのままにしていた。スイカは雑草の上をはいづるように伸びているので、あまり気にしないで放任していたのである。

 しかしながら、雌花が雑草の陰に隠れて実をつけても腐ってしまうものがあった。やはり日が当たらないと実がうまく成長できないのかもしれない。

 そんなわけで、かなり伸びたスイカのつるを掻き分けて大雑把に雑草を切り倒しておいた。スイカのつるを踏まないで、また切らないようにしなくてはならない作業なので、結構神経を使う。

 と言うわけで、来年はもった早い段階で雑草を短く刈り込んでおくべきである事を学んだのである。

 話は変わりますが、スイカのつるは一日でどの位延びるでしょうか。昨日から今日にかけて10~15cmも伸びたのです。すごい勢いですね。

 スイカのつるの先端を見たことがありますか。つるの先端を持ち上げている姿は蛇が鎌首をもちげて獲物を狙っている様です。それだけ勢いがあると言うことです。今度写真を撮り、紹介します。

雑草

 なぜか久しぶりの投稿となってしまった。最近は時間が無い。毎日雑草との戦いである。
自然農法では雑草は目的の作物に影響が無い限りは放任するのが鉄則のようだが、廻りの畑の人からは「種だけは作らないでくださいね」と言われてしまうと、種が出来ない程度には刈り込んでおかないといけない。
 雑草の根をそのままにして、更に種は作らないようにするには、刈り込み作業をきちんとしなくてはならない。200坪の畑の雑草を手で刈り込むには毎日2時間かけても1週間くらいはかかる。始めに刈り込んだところはまた結構伸びてくるので、結局は毎日2時間は雑草の刈り込み作業を継続しなくてはならないのである。
 自然農法は確かに耕す手間はかからないので手間のかからない省力農法だと言っているが、雑草問題を解決しないとそうはいえない。
 これから当分は雑草との戦い方を研究しなくてはならない。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター