家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2008-03

新たな友人

 本日新たな友人ができた。
近藤さんと一緒に浅見さんを二本木の畑に案内した。
ふれ合うことが出来る人が増えるのは最高の喜びである。
思うに農に関心のある人に悪い人はいない。
確かに私の周りにいる方々は皆良い人ばかり。
何故なんだろうか。
わかっているようで上手く表現が出来ない。
でも、文字に表せなくても、自分自身が感じることが出来れば
それでいいのかもしれないですね。
スポンサーサイト

種まきの準備

 昨日今日と種まきの準備をした。先ず、雨が当たらないように、庭の芝生の上に即席のビニールハウスのようなものを作成。このハウス内で育苗する。とりあえず、ポット170鉢、育苗箱一箱、プラグ128個分の準備をした。さくらが散ってから、ナス、レタス、トマト、さらだ菜、キューり、など時期に合わせて種まきをする。自作のビニールハウスのようなものの写真を添付する。
DSC05233syukusyou.jpg

両サイドが空いているが、今後ビニールで蓋をする。
昨年も同じようなものを作ったが、30分もあれば作れるので、非常に便利である。

有機マルチ

 本日は昨年収穫した大豆などの残渣をジャガイモの畝間にマルチとして敷いた。これで、畑で採れた物は食べた分を除いて全て畑に還元。まだ、残っている残渣も順次マルチとして活用する。
雑草も、出来るだけ抜かずに、どうしても抜かざるを得ないときはマルチとして使う。これで、少しずつではあるが自然農法に近づいている。

  たまには花でも観賞してください。このスイセンは約3000球。そんなには無いように思えるのですが、実際にあるのです。満開になったら豪華です。其のときは改めてアップします。

畑の入り口のスイセンの花壇
スイセン花壇
DSC05184syukusyou.jpg
拡大写真

ジャガイモの植え付け

 ジャガイモの植え付けに関する写真を撮るのをわすれてしまった。まだ、記録を残すための腹づもりが出来ていないようだ。13日(木)午前中に植え付けを行った。
ジャガイモの植え付け方法:
・約10メートル+α の畝2本、幅は60cmくらい。
・男爵60個、メイクイーン50個の計110個の種芋を植える。
  植える前にEM1号の500倍液に1時間ほど種芋を浸けておいた。
  種芋は分割しないで済むような大きさのものを揃えて、分割せずに、一個そのままを植えた。
・全て昨年自分で収穫した種芋なので、投入費用はゼロ。
・株間にEMで作ったぼかし(EM1号、糖蜜、米ぬか、油粕、籾殻クンタン、麦他)費用を一握りづつ与えた。
・自然農法が確立するまでは多少有機肥料を与えるつもりである。
・出来るだけ土寄せをしないで済むように、植えつける深さは例年の2倍(10cm以上)くらい深く植えつけた。

 植え付けの特徴はこんなところだろうか。
先週、畝を作っておいたので、植えてボカシを与える作業時間は30分くらい。

ジャガイモ植え付け準備

 昨日、まだ本格的な暖かさではないが、仕事が休みなので、ジャガイモの植え付け準備をした。9:30~14:00まで休み無し。一度出かけると帰るのが面倒になりいつもこんな調子である。
 先ず、
  ・剪定枝や畑の残渣を燃やして片づけた。

  ・続いて埋めてあった種芋用さといもを取り出した。がしかしである、かなりの芋が腐ってきて
   いる。寒さに当たったからか、それとも自然なのかわからぬが、半分くらいはダメになって
   しまった。一部分が腐ってもそこだけ剥げば問題なさそうなイモもかなりあった。
   これからも更に腐るイモが出ると思うが、何とか数は確保できたのでは。

  ・最後に目的のジャガイモの畝つくり。自然農法では、改めて畝を作ることはしないのだが、
   自然農法への転換するために、畝を作った。
   今後は其の畝をベースに無耕起栽培にしてゆくつもりである。
   また、落ち葉堆肥と、多少のぼかしを与えた。今後は、畑から収穫した分だけのぼかし肥料を
   追加してゆくつもりである。作った畝は長さ10m、1m幅2本である。3月13日にはジャガイモを
   植えよう。 種芋は昨年6月に収穫した男爵とメイクイーンである。
   今年の種芋は比較的いい状態で残っている。

  ・畑を移って、こんどは金泉の畑のほうれん草を全部収穫した。コンテナ一杯あった。
   今収穫しないと徒長して、あの霜に当たった肉厚の甘いほうれん草をだべられなくなる。
   夜、一部を残して全て茹でて、殆どを冷凍にした。1時間以上の作業である。
   これで解凍しつつ2ヶ月くらいはたべれれるだろう。

最近の菜園の状況

またまた久しぶりに収穫をした。大根、ブロッコリー、ほうれん草、白菜、ネギである。

・大根は霜で腐っているかと思ったが、あにはからんや、結構食べられるものが収穫できた。

・ブロッコリーは大分前から出来てはいたので、時々収穫していたがまだ収穫できる。其のうちに側枝が食べられるようになるだろう。

・ほうれん草は石灰もまかないのに良く出来ている。化学肥料を与えないので、土が酸性になっていないのだろう。

・白菜は何もしないで、ほったらかしにしていたが、表面の葉を数枚めくればまだ食べられる。虫食いが激しかったが、大分葉を取ったので、問題ない。

・ネギは万年ネギ。小さいが、一年中食べられるのがいい。

こんな菜園の状況なれど、そろそろジャガイモを植えなくてはいけない。男爵とメイクイーンは昨年の種イモを使うつもり。当然、さといもも、大豆も、麦も、ヤーコンも、カボチャも作年の種芋であり、また種を使う。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター