家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-10

鎌と草刈り

鎌を使いこなせる人はどのくらいいるのだろうか。 持っていてもうまく使えない人が多いいのではなかろうか。 鎌は荒い砥石で少しこするだけで研ぐことができ、包丁のように研いでも全く意味がない。 また、上手く使わないと草を刈りこむことができない。 

第二駐車場は二本木公民館の駐車場だが、チョイと拝借している。 雨が降って農道がぬかっている時に借りているのである。 でも、時々駐車場の草を刈っている。 普段は刈り払い機を使って友人が行っているが、今日は普通に鎌で自動車より広い面積の刈り込みを行った。 かけた時間は約30分。 鎌をつかい、手で刈り込んでも結構刈ることができるのである。

刈り込みを終えた駐車場: 影は私と軽自動車
第二駐車場の草刈り

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

一日草との闘い

8:00から10時ころまで公園の草取りをし、その後空き家管理の家でスギナの草取りを1時間半ばかり、午後からは大豆畑の草取りを行った。 今日一日約7時間の草獲り作業を行ったことになる。 

この時期草の成長は最盛期であり、一日5~10cmは伸びる。 ちょっと気を抜くと大変なことになるのである。

公園の草取り後: 右側は草ぼうぼう、左は草取り完了。
公園の草の状況

空き家の草取り前後:
スギナがいっぱいの裏庭
きれいになった裏庭

今日の農作業: 14:00~18:10
①収穫:  ナス*3、キューリ*4
②大豆の種まき用畑の草取り完了


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スイカ畑の草取り

スイカ畑は約2か月の間草が生え放題だったので、主な野草メヒシバも伸びに伸びて1mを超えている。 したがって横に倒れて繁茂している状態だ。 こうなると草をとるのは非常に手間のかかる作業となる。 でも、とらなくては。

スイカ畑の草とりの途中:背丈の伸びた草が繁茂しているスイカ畑の草取り中

だいたい草取りが終わったスイカ畑:とった草の量が膨大だ。
草取りほぼ完了

7強の農作業: 8:30~10:30、15:00~17:00
①スイカ畑の草取り
②収穫   スイカ、ナス、ミニトマト、オクラ
③第3弾のキューリやシシトウ周りの草刈り
草刈りに追われる毎日である。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

草取り、草刈りは続く

今日のメインの作業は草取り草刈り。 現在200坪近くはきれいになっているが、まだ秋野菜用に100坪近い菜園の草取りが必要だ。
スベリヒユ、オヒバ、カヤツリグサなどほかにも野草はたくさん生えているが、今我が菜園で一番威張っているのが「メヒシバ」だ。
成長したメヒシバは草取りするにも、刈り取るにも面倒なのである。

メヒシバが繁茂してしまったスイカ畑:そろそろスイカも終わりなので、草取りをしなくては。
成長したメヒシバ

今日の農作業:5:00~10:00
①草取り、草刈り(万年ねぎの周り、農道、落花生の周り)
②収穫  スイカ、ナス、ししとう、ゴーヤ、ミニトマト、オクラ
③観察  ミニトマトがだいぶ疲れてきている。 ここで追肥をやれば秋口まで実をつけてくれるのだが。
今までいやというほど食べたので、どうしようかな。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター