家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-06

マルチ

 マルチにも色々ある。ビニールマルチ、生分解性マルチ、有機物(草やワラ)マルチなど。
私の勝手な判断では以下のようになる。

             価格    ごみの発生  生育   保温  保湿  生態系保存  草
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①有機物マルチ   多くはただ  なし     小     効果小 効果中  効果大   出る
②生分解性マルチ  高価     なし     中     効果中 効果中  効果中 あまり出ない
③ビニールマルチ   中間    大量     大     効果大 効果大  効果小 あまりでない

①の場合、天候に左右されるにしても雨による水分補給が容易。また、長期的な効果として土壌改良が進む。追肥も可能、など、評価しにくい点で効果が高い。

 このような状況で、どれが一番良いのだろうか。長期的に考えると、私は一番環境にやさしい①を選んでいる。収量の差はあるにしてもそれ程大きなものでは無い。
スポンサーサイト

有機マルチ

 本日は昨年収穫した大豆などの残渣をジャガイモの畝間にマルチとして敷いた。これで、畑で採れた物は食べた分を除いて全て畑に還元。まだ、残っている残渣も順次マルチとして活用する。
雑草も、出来るだけ抜かずに、どうしても抜かざるを得ないときはマルチとして使う。これで、少しずつではあるが自然農法に近づいている。

  たまには花でも観賞してください。このスイセンは約3000球。そんなには無いように思えるのですが、実際にあるのです。満開になったら豪華です。其のときは改めてアップします。

畑の入り口のスイセンの花壇
スイセン花壇
DSC05184syukusyou.jpg
拡大写真

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター