FC2ブログ

家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2020-07

ミョウガの初収穫

 ミョウガの初収穫だ。 この作物は毎年何の手入れもしなくても確実に収穫でき、多くの人に人気の作物なのである。

今まで気が付かなかったのだが、イチジクの木の下を見るとミューガの花が咲いているではないか。 周りを良く見ると、ミューガの花や芽が沢山生えている。 ミョーガは2ヵ所に植えているが、ここのミューガは早い様だ。 加えて日当たりのよい場所が早く花を咲かせるようだ。 ミューガは花が咲く前に収穫するのが原則だ。何はともあれ、これからしばらくはミューガを楽しめそうだ。

今日の農作業: 16:30~18:30

①収獲: キューリ、ナス、トマト、ミニトマト、ミョーガ

②観察: 庭でポットに種を蒔いた地ばいキューリ、双葉が何者かに食べられている。 良く見ると小さなカタツムリが葉を食害していることが判明。 カタツムリは腐りかけて様な葉に集まるのだが、全く新鮮な双葉も食べることが判明。 

③畑を見回っていると、草取り草刈りをしなくてはならない場所が沢山ある。 一番は落花生、ネギ、陸稲、枝豆、ニンジン、蔓なしインゲン、ほぼ畑全体だ。 緊急性が高い所を優先して作業をするのだが間に合わないのである。


④大豆: うまく発芽できなかった場所への追加の種まき。 また、鳥に食べられた所に種まき。 それほど多くはなかったが、30粒程追加の種蒔きをした。  釣り糸だけの防御では不十分なのだろうか。

⑤トマトが食べられた: 今までトマトを食べられた経験はなかったのだが、低い位置に実っていたトマトが突かれて穴が開いていた。 多分雉だろう。 まだ十分熟していないのに。 ここのトマトは側枝を挿し木したものなので、トマトも下の方に実を付けている。 雉も食べやすかったのだろう。 直ぐに、釣り糸で保護する予定である。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト



茗荷の花

収穫するものにとっては、茗荷の花は見ているはずだ。 でも、意外とじっくりは見ていないのである。私もじっくり見たのは初めてである。 ペリカンが口を大きく開けたような変わった花である。。
茗荷の花

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

茗荷の芽が出てきた

茗荷の芽が出た来ている。茗荷好きの私にとってはうれしい限りである。
早く茗荷タケを食べたいものである。

茗荷が出てきた


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME | 

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して13年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター