家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-04

種まき準備

野草を刈り取った畑。 畝に苦土石灰とぼかし肥を巻いてから一通りシャベルで天地返しのようなことをした。
今日は何も種まきや植え付け作業ししなかったが、明日はパクチョイ、春菊、新戒青菜、ニンジン、などの種まきをしようと思う。
キャベツ、レタス、白菜60/90日用は庭で育苗中である。

今日の農作業: 9:00~12:30、16:00~18:30
①収穫   キューリ、ナス、ミニトマト、ゴーヤ、シシトウ、大根、オクラ
②ミニトマトの支柱の増強
③第一弾のキューリの片付け
④イチゴ畑の草取りの継続作業。やっと完了。
  あと、残っているのはサトイモとサツマイモの周りの草取りだけ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

発芽(誕生)

 8月21日に蒔いた沢山の種が発芽してくれた。 これらの種は昨年またはそれよりも古い種なのです。 まして、自動車の中に置いてあったので、過酷な温度50度近くにさらされた種なのです。 それにしても良く発芽してくれたと、改めて種の生命力に驚くばかりだ。

 蒔いた種は株、春菊、人参、レタス、キャベツ、大根、白菜など、発芽して来ればなんだかわかるので、適当である。 狭い場所に密蒔きしたので、間引き菜を楽しみにしている。

発芽するまで寒冷紗をかけていたので、取り外しました。
発芽1

発芽2

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

種の自家採取

 昨日自然農法の種を購入したばかりだが、探し物をしていると机の上からスイカの種が出てきた。そうだ、昨年収穫したスイカ(夢枕)から採った種だ。購入しなくてもよかったかな、とも思ったが、単に熟したスイカの種を保存していただけで、きちんとしたやり方で自家採取をしたわけではない。

 例年、スイカ、トウモロコシ、カボチャは自家採取しているのだが、採取方法が適当なので、トウモロコシ以外は生育がいまいちなことが多い気がしている。

 自然農法国際研究開発センターから自家採取のやり方を説明した本が出ているので購入してみようと思う。

今日の農作業:なし
 ホームセンターに買い物に行くと、もういろいろな苗が販売されている。きぬさや、ブロッコリー、キャベツ、などなど。最近は早いな~。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

自然農法の種の注文

 毎年、自然農法国際研究開発センターから自然農法の種を購入している。今年は人参、カボチャ、スイカ、キューリ、トウモロコシの種を購入。例年もっといろいろな種を購入しているのだが、面倒を見きれないので、縮小する予定である。

 育苗もできるだけしないで、市販の苗(自然農法の苗ではないが)を少しだけ購入して栽培する予定だ。

今日の農作業:なし



 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター