家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-10

ジャガイモの収穫

既にジャガイモは必要なだけ収穫しながら食べてはいるのだが、今日は全て収穫し、畑をフリーな状態にした。これから秋野菜の場所も確保しておかなくてはいけないので。

ジャガイモは涼しそうな納屋があって保存できれば最高なのだが、我が家にはそのような場所はないので、毎年保存しながらダメにしてしまうことが多い。 今年はどこに保存しようか思案中である。

今日の農作業: 10:30~14:30

①ジャガイモ畑の草取りをしながらジャガイモの収穫  20kg以上収獲できたのでは。

②駐車場/作業場の草刈り

③畑の北側の草取り

④収獲: ナス*4、キューリ*6、ピーマン*4、トマト*3


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

ジャガイモの芽欠き

早いものでもうジャガイモの芽欠きをする時期になってきた。 今日はそのつもりでは無かったのだが、いつまでも明るいので芽欠きをすることにした。 芽を二本にするのだが、中には芽が沢山の株もあったが、多くが2,3本の芽しか出ていないので、芽欠き作業は非常に楽であった。 

芽欠き前のジャガイモ:これは芽の数が多い株
芽欠き前のジャガイモ

芽欠き後のジャガイモ:右は欠いた芽。 この後、素手で土寄せをしておく。
芽欠き後のジャガイモ

芽欠き作業を終えたジャガイモ畑:周りには欠いた芽が沢山。
芽欠きを終えたジャガイモ畑

欠いた芽にはジャガイモの赤ちゃんが:こんな小さなジャガイモが大きくなるんです。
欠いた芽にはジャガイモの赤ちゃんができている。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの芽が出てきた

3月後半に植えたジャガイモの芽がやっと出てきた。 でも、明日は霜が降りるかもしれない。 下手すると出てきたばかりの芽は霜にやられて枯れてっしまうかもしれない。 でも、残っている芽が出てくるので、大丈夫だと思う。

じゃがいもの芽:
ジャガイモの芽が出てきた

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの植え付け

やっとジャガイモの植え付けをすることができた。 早い方は2月末には植え付けていたが、私はいつも遅くなってしまう。 昨年同様男爵を3kg、株数にして72株の植え付けだ。 植え付け途中の写真をとればよかったのでが、いつも肝心な時の写真を忘れてしまう。

これは植え付け完了後の写真: 事前に苦土石灰をまいておけばよかったのだが、それも忘れてしまい、植え付け完了後の畝に苦土石灰を撒いて土と混ぜて置いた。 どうなることやら。
ジャガイモの植え付け完了

今日の農作業:9:20~14:30
①ジャガイモの植え付け
②畑の片付け
③収穫:大根


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

秋じゃがの収穫

秋じゃがは既に試掘りをしたが、葉がすべて枯れたので、残りの全部を収穫した。 新じゃがなので、小粒の直径1cmくらいのイモも収穫。 小さな芋はおいしいのだが、絶対に市販されないので、自分で栽培しない限り手に入らない。  収量は大した量ではないが新じゃがとして食べる。  早速茹でて食べてみたが、家族の評判はいまいちだった。 やはり春のジャガイモのほうがおいしいと。このジャガイモは秋じゃが用の長崎の「出島」。 品種による違いかな。

収穫したジャガイモ: 収量は多くない。小粒のイモも収穫。
新じゃが

今日の農作業:9:00~17:00  昼食も取らずずっと畑に。
①刈り込んだ茶ノ木の残渣を片付けて一か所に集めた
②不要な材木や残渣を焼却
③さやぶどう、ホウレンソウ、ソラマメ用の畝を作成
④収穫: ジャガイモ、白菜(分決した白菜)、ホウレンソウ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

秋じゃが

2回目の秋じゃがの栽培である。 今、品種の名前は思い出せないが長崎県のジャガイモである。 ムシにもやられず、病気にもならず順調に育っている。 上手くいけば秋の新じゃがを味わうことができる。収穫が楽しみである。 
秋じゃが

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

じゃがいもの試し掘り

多少ジャガイモの葉が枯れ始めたので、ためし掘りをしてみた。 比較的小さな株の4株を掘ってみたが、適度な大きさで、出来の良いジャガイモである。 これからしばらくはおいしい新じゃがを食べることができる。

でも、ここ3,4年はジャガイモの出来は良くなく、失敗続きだったのです。 乾燥であったり、肥料不足だったり。 今年は十分なぼかし肥を与え、乾燥時には一生懸命水分補給をしたおかげで良質のジャガイモを収穫できそうだ。

他に、昔は男爵とメイクイーンを植えていたが、それなりの収穫があった。 その後北あかりにしてから不良が続いていたように思う。今年は男爵にしたら、成功。  この土地は北あかりが会わないのだろうか。

試し堀したジャガイモ:男爵  大き過ぎず、肌もきれいなジャガイモだ。収穫したジャガイモと夏大根

今日の農作業: 9:00~15:00 昼食は帰宅してから
①春菊の片づけ
②イチゴの株をポットに受ける作業
③スイカの手入れ
④追肥と土寄せ:  トウモロコシ、キューリ、ナス、トマト、ミニトマト
⑤移植: リーフレタス
⑥草取り: 落花生、トウモロコシ、キューリ、、ナス、トマト、ミニトマト畑
⑦茶ノ木刈り
⑧夏大根の虫取り
⑨収穫:  ジャガイモのためし掘り、夏大根
⑩通路の草取り
⑪水仙の天日干し
春から夏に掛けてはすることはきりがなく、終わることがないような感じだ。 


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモとテントウムシ

ジャガイモも大分大きくなり、そろそろ芽欠きをする時期になってきた。
ジャガイモ畑

ふと見るとジャガイモ君の葉にテントウムシが。 
ジャガイモの葉にテントウムシ

またテントウムシの幼虫の姿も。 
テントウムシの幼虫

テントウムシはアブラムシを食べてくれる益虫だ。 大事にしてあげなくては。

今日の農作業:16:00~16:30
①観察のみ:一通り全ての栽培作物を観察。 今のところジャガイモの生育が良い気がする。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの種イモ

もう、1か月以上前に購入したジャガイモ男爵の種イモ。 なかなか植えられないでほったらかししたので大分芽が出てきてしまった。 でも、まだ芽はかなり残っているので、出た芽は欠いてしまっても新しい芽が出てくれるだろう。 3月中には植えなくては。

大分芽が出た男爵の種イモ:5kg芽が出た男爵の種イモ

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

枯れたジャガイモ

わが畑のジャガイモはほとんど枯れてしまった。
前にも記事をアップしたが、一株には小さ目のジャガイモが4,5個ついているだけだ。
でも、粒は小さいがこれだけあれば当分は食べられる。
来年は小林さんのように大きなジャガイモを育てたいな。

枯れたジャガイモ:
枯れたジャガイモ畑
小粒なジャガイモ: 一塊が一株から収穫したもの。全部で5株だ。
今日収穫したジャガイモ:一塊は一株

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター