家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2018-07

ジャガイモの収穫

今年のジャガイモはよくできた。 植えたのは5kgの種芋だが、収穫したのは約80kgで16倍だ。 こんなに大量のジャガイモは保存が一番大変だ。 納屋でもあれば保存もできるが、我が家ではそんな場所はない。 今日はそれほど晴れ間がでなかったので乾燥不足だ。  今度天気の日に半日ほど干してから段ボールに入れて保存する予定である。

掘り出して乾燥中のジャガイモ:
掘り出したジャガイモ
これはあまりジャガイモが着かなかった株
ジャガイモの株によって収穫はまちまち
これは比較的大きな沢山のジャガイモができた株
ジャガイモの株によって収穫はまちまち


今日の農作業: 10:00~16:30  昼飯も食べずに。
①収穫   ジャガイモ全部、タマネギ全部、蔓なしインゲン、大根、万年ネギ、キューリ。
②草刈り
③蔓なしインゲンの第三弾の種まき
④ブルーベリーの下草刈り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

ジャガイモ

二回目のジャガイモの試掘りをしてみた。 今度はもう普通に収穫して良いほどの大きさに育っている。 今のうちから新じゃがを楽しまなくては。 もう、必要なだけ収獲をするつもりだ。

一株から採れた新ジャガ:ジャガイモの試掘り

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの芽かき

今日の主な作業はジャガイモの芽欠き。 出てきた芽を2~3残して後は抜いてしまう作業である。 これは、芋を十分大きくするための作業だ。 その後、ボカシ肥の追肥を行い、土寄せをして完成だ。 今年の収穫は期待できるだろう。 なぜなら愛情をもってそれなりの手間暇をかけているから。

芽欠き前のジャガイモ畑:
芽欠き前のジャガイモ畑

今日の農作業:11:00~13:00、16:00~18:00
①ブロッコリーの防寒用ビニール袋を外し、追肥土寄せ。
②ジャガイモの芽欠き、追肥、土寄せ作業
③蔓なしインゲンが完全に発芽してきた
④山のイモが発芽してきた。 例年5月になってからと思っていたが、今年は早い。
⑤昨日蒔いたゴボウに散水


ヤマノイモの発芽:いつもながら力強い姿だ。
山芋の発芽:早い

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモ、ピーマン

今朝は結構冷え込んだようだ。 仕事を終えて畑に行ってみると、一部のジャガイモの葉が霜にやられているではないか。 天気予報では最低気温5度の予報なのだが、畑はそれ以上に冷え込んだようだ。 でも、完全にやられたわけではないので復活してくれることを祈っている。 
加えて、ビニール袋を掛けたピーマン1株が霜にやられていたが、もう一株は全く問題なし。 何で、このような違いが出るのだろうか。

霜にやられたジャガイモの葉と無傷のジャガイモ:でも、復帰してくれるだろう。
霜にやられたジャガイモの葉

霜にやられたピーマン:こちらはどうなることやら。
霜にやられたピーマン
 


今日の農作業:16:20~17:30
①散水:
②ジャガイモに虫よけシートを掛ける。
   虫よけシートはあまり寒さ対策にはならないが、気休めとでぃて掛けておいた。 明日も5度まで下がるようだ。
③観察:ネギも発芽し、順調に育ちそうだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモ

 今年はきたあかりを3月初めに5kg植えた。 このきたあかりは小粒だったので、切らないでんだのでラ期に植えることができた。
そのきたあかりのほとんどが発芽してきた。

きたあかりの発芽: 
きたあかりの今

今日の農作業: 16:00~17:00
①散水
②防寒用に取り付けたビニール袋が強風のため地際がめくれて、内部に埃が入っている物がある。 今一度土を被せ水で重たくして風に飛ばされないようにした。 また、竹でビニール袋の補強も行った。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの収穫

既にジャガイモは必要なだけ収穫しながら食べてはいるのだが、今日は全て収穫し、畑をフリーな状態にした。これから秋野菜の場所も確保しておかなくてはいけないので。

ジャガイモは涼しそうな納屋があって保存できれば最高なのだが、我が家にはそのような場所はないので、毎年保存しながらダメにしてしまうことが多い。 今年はどこに保存しようか思案中である。

今日の農作業: 10:30~14:30

①ジャガイモ畑の草取りをしながらジャガイモの収穫  20kg以上収獲できたのでは。

②駐車場/作業場の草刈り

③畑の北側の草取り

④収獲: ナス*4、キューリ*6、ピーマン*4、トマト*3


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの芽欠き

早いものでもうジャガイモの芽欠きをする時期になってきた。 今日はそのつもりでは無かったのだが、いつまでも明るいので芽欠きをすることにした。 芽を二本にするのだが、中には芽が沢山の株もあったが、多くが2,3本の芽しか出ていないので、芽欠き作業は非常に楽であった。 

芽欠き前のジャガイモ:これは芽の数が多い株
芽欠き前のジャガイモ

芽欠き後のジャガイモ:右は欠いた芽。 この後、素手で土寄せをしておく。
芽欠き後のジャガイモ

芽欠き作業を終えたジャガイモ畑:周りには欠いた芽が沢山。
芽欠きを終えたジャガイモ畑

欠いた芽にはジャガイモの赤ちゃんが:こんな小さなジャガイモが大きくなるんです。
欠いた芽にはジャガイモの赤ちゃんができている。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの芽が出てきた

3月後半に植えたジャガイモの芽がやっと出てきた。 でも、明日は霜が降りるかもしれない。 下手すると出てきたばかりの芽は霜にやられて枯れてっしまうかもしれない。 でも、残っている芽が出てくるので、大丈夫だと思う。

じゃがいもの芽:
ジャガイモの芽が出てきた

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャガイモの植え付け

やっとジャガイモの植え付けをすることができた。 早い方は2月末には植え付けていたが、私はいつも遅くなってしまう。 昨年同様男爵を3kg、株数にして72株の植え付けだ。 植え付け途中の写真をとればよかったのでが、いつも肝心な時の写真を忘れてしまう。

これは植え付け完了後の写真: 事前に苦土石灰をまいておけばよかったのだが、それも忘れてしまい、植え付け完了後の畝に苦土石灰を撒いて土と混ぜて置いた。 どうなることやら。
ジャガイモの植え付け完了

今日の農作業:9:20~14:30
①ジャガイモの植え付け
②畑の片付け
③収穫:大根


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

秋じゃがの収穫

秋じゃがは既に試掘りをしたが、葉がすべて枯れたので、残りの全部を収穫した。 新じゃがなので、小粒の直径1cmくらいのイモも収穫。 小さな芋はおいしいのだが、絶対に市販されないので、自分で栽培しない限り手に入らない。  収量は大した量ではないが新じゃがとして食べる。  早速茹でて食べてみたが、家族の評判はいまいちだった。 やはり春のジャガイモのほうがおいしいと。このジャガイモは秋じゃが用の長崎の「出島」。 品種による違いかな。

収穫したジャガイモ: 収量は多くない。小粒のイモも収穫。
新じゃが

今日の農作業:9:00~17:00  昼食も取らずずっと畑に。
①刈り込んだ茶ノ木の残渣を片付けて一か所に集めた
②不要な材木や残渣を焼却
③さやぶどう、ホウレンソウ、ソラマメ用の畝を作成
④収穫: ジャガイモ、白菜(分決した白菜)、ホウレンソウ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター