家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-05

購入苗と自分で種から育てた苗の違い

 5月の連休時に、早めに収穫するためにナス、キューリ、トマトを各5株を購入。肥料は何も与えていない。このうち生育がよいのはトマト。キューリ、ナスは今一元気がない。

 また、五月の連休時に蒔いた自然農法の種は皆非常に元気がよい。スイカ以外は肥料なし。スイカはすこぶる順調。キューリは2週間前から収穫が始まっており、ナスは1週間前から収穫が始まっていて順調に生育している。トマト、ピーマンはこれからだが順調に育っている。

 これらの例を見ていると、購入苗は吾が畑にあわないものがある気がしている。全然別なところで育てられた苗が突然吾が畑にやってくるわけであり、吾が土地との相性と言うものがあるような気がするのです。

 一方吾が畑で蒔き、吾が畑で育苗された苗は大きな変化なく吾が畑に定植される。生まれながらにして同化した環境にいるために、順調に育っているのではないかと思うのである。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター