家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-06

タケノコ芋の発芽

タケノコ芋が発芽してきた。 サトイモと同じ日の植えつけたのだが、こちらの方が早い発芽である。 水分を好むイモなので芽が出てきたら表面を落花生の殻で覆ってあげる。

タケノコ芋の芽:タケノコ芋が芽を出した

今日の農作業:
①水遣り:  落花生、枝豆、みさごなどの豆類の発芽が良くない。  土の中を見てみると、
        埋めた種の周りに全く水分がないところがある。 これでは発芽しない。 徹底的に水をやらないと。
        他に、春菊、ホウレンソウ、絹サヤ、イチゴ、大根、トウモロコシなどいろいろ。
        今日も約100リットルの水を畑に運んだ。  これから夕方には今一度100リットル運ぶ。
②春菊の周りの草取り
③万年ネギの植え替え(2種類)
④イチゴが数個赤くなってきたが、初収穫は明日かな。
⑤収穫:絹さやエンドウ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

ヤーコン、八つ頭、タケノコ芋が心配

ここにきて急に寒さが厳しくなってきた。 

ヤーコン、八つ頭、タケノコ芋等はまだ堀上げないでそのまま。 

霜にやられないか心配だ。

久しぶりに畑仕事に専念できる週末である。 

保存のための対策をしなくては。


今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

野草に埋もれそうなタケノコ芋

竹の子芋はさといもと同じように、かなり大きくなる。
その竹の子芋が、野草に襲われているような感じである。
タケノコ芋と野草
これが自然農法と言うわけではないのです。
実際は手が回らないのです。

でもこのままにしておくと土寄せが難しい。
土寄せは自然ではないと言われるかもしれません。
そうは言っても、自然農法にも色々な考え方があるのです。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

竹の子イモ

 昨年も掲載したかもしれませんが、今年も竹の子イモが美味しい季節となりました。このイモは京いもとも呼ばれ、さといもとは違いたけのこの様なところを食べるのです。とは言ってもわかりずらいですよね。さっそく写真をご覧ください。
一株から獲った竹の子イモです。表面の皮を竹の子のように剥いてゆくのです。さといもよりも絶対に美味しいです。
竹の子イモ

今日の農作業:
①収穫:竹の子イモ、大豆の枝豆
②草欠き:そのままにしておくと大変になりそうな草をかきとる作業
③観察:第三弾のほうれん草が良く発芽している。これからうまく成長してくれるかどうかが問題。
    今年の大豆の虫食いが非常に少ない。収量も大分増えるのではないかと思う。
    成長期に虫退治を徹底的にしたからかもしれない。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

竹の子芋

 竹の子芋。関東ではあまりごぞんじの方は少ないのでは。株や葉を見る限りさといもと殆ど変らないが、食べる部位が違うのである。さといもは土の中に出来た小芋を食べるのだが、竹の子イモは株の最下部(地上部と地下部にまたがったところ)を食べるのである。

 またこれが美味しい。さといもより絶対に美味しい。と言うわけで、今年も竹の子イモを育てている。まだ多少早めではあるが、早めの芋は最高に美味しい。この事は竹の子イモに限らずさといもでも同じである。

 それでは竹の子芋の写真を添付する。中央にあるのは別の株から取り出した竹の子芋の食用部位である。
竹の子芋

今日の農作業:なし


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター