家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2018-07

ネギ苗の植え付け

ネギは一年中栽培している。 万年ねぎは一年中収穫できる。 そのほかに秋用のネギ、冬用のネギを栽培している。 何といっても一番おいしいのは冬用のネギである。 

これは秋用のネギの植え付けである。 
秋用ネギ苗の植え付け

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

下仁田ネギ

今期はいろいろなネギを育てている。 現在あるネギは地場のネギ、万年ねぎ、一本ネギ(小さな苗と大きな苗がある)、下仁田ネギの4種類あるが、今食べられるネギは万年ネギだけだ。  これから一本ネギの大きな苗を定植する予定で、11月になれば食べられるようになるだろう。 地場のネギはこれから種を蒔き来春には食べられるだろう。

下仁田ネギを育苗中: これは3月31日に種まきしたものである。
下仁田のネギ苗が大きくなってきた

今日の農作業: 9:00~12:30
①収穫  キューリ(4)、ナス(1)、大根、キャベツ、ミニトマト
②メインの作業は 落花生畑の草取り。  昨日1畝分、本日4畝分。 約2時間の作業となった。
③モンシロチョウのさなぎ探し。 2匹発見、


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ネギの種を採取する

ネギでも地元のネギは種を採種することができるようだ。 このネギは昔から地元(入間)で育てられたネギのようだ。 昨年も自家採取した種から育てている。  昨年はこぼれ落ちた種が勝手に生えた苗を使ったが、今年は自ら種を蒔いて苗を育てる予定である。

ネギ坊主:黒い種が見える。
ネギ坊主
こんなに沢山の種:
ネギの種

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ネギ坊主がきれいだ

ネギ坊主は本当にきれいだ。 見ているだけでほっとする感じである。 このネギ坊主、カットしてしまうとネギは枯れずにそのまま生き残るがネギ坊主を作ると枯れてしまう。 多くの人はこの現象を知らないだろう。 一部のネギだけネギ坊主を作らせて種を取り、残りのネギは全てネギ坊主を取り除いて、そのまま移植する予定だ。

きれいなネギ坊主:
ネギ坊主いつみてもきれいだ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ネギ苗

このネギは種を採取して育てたものである。 近くの農家の方からいただいたネギである。 これから定植するのだが、品種はわかっていない。 でも、比較的遅いネギのようだ。 

大分成長したネギ苗:
ネギ苗

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ねぎ植え

今まで種から育てていたネギ苗を畑に約500本定植。 収穫時期は12月から3月くらいかな。 

定植したねぎ苗:一本ネギの植え付け

  <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

いじけたネギ坊主

何でこんなに曲がってしまったのだろう。 以前は他のねぎと同じように上を向いていたのに。 でも、こうなってしまったのだからそれで良いことにしよう。  とはいってもこのネギ坊主から種を採取する予定である。

曲がったネギ坊主:
いじけたネギ?

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ネギの生育

ネギ苗の土寄せ、寒冷紗での遮光、水分補給を行ってから順調に生育している。  一時葉が枯れ始めていたが、今は順調だ。
ネギ苗の育苗には水分、遮光が欠かせないようだ。

大きくなり始めたネギ苗:
ネギの生育

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ネギ坊主

このネギは隣の畑の農家の方からいただいたもので、詳しいことはわかっていない。 ただいま10本位残っていて、皆ネギ坊主が花を咲かせている。 盛んにミツバチのような蜂が蜜を吸っている。 これから種ができるまで待って、その種を蒔こうと思っている。

ネギの様子:
ネギの全体

蜂さんがネギ坊主の花の蜜を吸っている:
ネギ坊主に蜂が

変わったネギ坊主だが、他のネギ坊主もこのようになるのかな??:
変わったネギ坊主

今日の農作業: 9:00~15:00
昨日の雨も大した雨ではなく、乾燥気味になってきている。本格的な雨が欲しいものだ。
①ネギ苗の土寄せと散水
②ニンジンの土寄せと散水
③万年ネギと一本ネギの追肥と土寄せ
④ジャガイモの追肥と土寄せ
⑤ぼかし作り:米ぬか米袋2袋、油粕20kg、燻炭少々、糖蜜400ml位を15リットルくらいの水に良く溶かして、それらをよく混ぜてビニール袋を敷いたバケツに封入し1~3か月嫌気発酵させる。 60リットルのバケツ2本と残り40リットルくらいかな。
⑥収穫: カキナ、イチゴ(8個)、キャベツ1
  明日は孫たちといちご狩りでもしようかな


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ネギの発芽は変わっている

ネギは大好きな野菜の一つである。 一年中絶やすことのない野菜だが、冬場のネギが一番おいしい。  ここにきて冬場のねぎの種を蒔いているが、その状況を報告する。

種まきは4月10日。 4月20日の状況: 植物がこのように折れて発芽してくる。  何でこのようにおり曲がっているのかいつも不思議な感じがしている。 このような発芽は玉ねぎも同じようだ。
沢山発芽したねぎ

4月25日の状況: 大分まっすぐに伸びてきているが折れ曲がったところが何か不自然。 最初から伸びていればいいのにと思うのである。
ネギの生育状況
今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター