家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-10

ひょーたん

昨年栽培した千成ビョータン。 長い間水につけて中を腐らせて出し、乾燥させて、やっとニスを塗る工程になってきた。 ひょーたんの中にはまだ種が残っていて、振ればマスカラのようにかちゃかちゃと音がする。 

この写真は2回程度ニスを塗ったところだ。ニスを塗り始めた千成ひょーたん

これから数回ニスを上塗りし、 最後に照りを出すニスを塗って、飾りのリボンをつけて完成だ。

今日の農作業:なし
  また今日も雪だ。あまり積もらないと思うが、畑の日陰には先週の雪も残っているので、大分積もるだろう。


  <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

千成りひょうたん

 今年は千成りひょーたんを作ってみようと5月頃種を蒔いておいた。 肥料もやらずほったらかしでいたが、ひょたんがいくつか成っている。 大きなものでも高さ15cm、小さなものは5cm位だろうか。 こんなひょうたんを育てて何にする? まだはっきりしていないのだが、これから調べてみるつもりだ。 何か面白いことができそうな予感が・・・・。 このひょーたんは幼稚園の駐車場の隅に蒔いたものである。
千成ひょーたん

今日の農作業: 16:30~18:30
①大豆の虫取り  カゲロウのほかに名前のわからない小さな蛾がちらほら。 今日は数匹退治。
②収穫   スイカ5、トマト2、ミニトマト多数


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ヒョータンの加工

 もう20年以上前になるかもしれないが、ヒョータンの中を抜き、綺麗にニスを塗って、飾り物を作った事がある。結構綺麗に出来たので、暫くは飾っておいたのだが、いつの間にかどこかに行ってしまった。

 先日、幼稚園の友人からひょうたんを2個預かったので、改めてトライしてみようと腰を上げたのである。昨日、ひょうたんの頭のツルの部分を切り取り、穴を開けてみた。穴はドリルを使うといとも簡単にできる。先ず、細いドリルで小さな穴を開け、つづいて少し太いドリルで明け、最後に5mmくらいのドリルで穴を開ける。これならヒョータンをわることなく綺麗に穴を明ける事が出来る。最後は、4,5cmの深さまで穴を開けておく。

 このヒョウータンを水をはったバケツの中にいれ、頭を上にしてヒョータンが浮かないように重石をする。この作業まで終えて、あとは10~20日待って、内部が腐るのを待つ。腐ると相当臭いので要注意。それでは、10~20日後を楽しみに。

 詳しい事は このHP にも出ているので、参照ください。 このほかにも沢山HPがありますよ。
 

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター