家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-03

防鳥ネット

の保護のために防鳥ネットを購入した。それなりの効果はあったが、その後がいけない。  再利用しようとして保存すべく回収作業をしたが、そう簡単には回収できない。 結局は50坪近い防鳥ネットは全部ダメになってしまい、廃棄処分となってしまいそうだ。

このように最近のビニール系の農業資材は一回使うとダメになって捨てるより他ない資材が増えている気がする。 一回で廃棄となるとごみばかり発生していることになる。 このような状態は無農薬無化学肥料そして自然農法を目指す私としては耐えられない。

次回からは防鳥ネットは使わない方法を検討したい。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

雨水タンク

畑の小屋に降った雨をためるべく200リットルのタンクを設置してある。
写真のタンクは約3万円だ。周りはあまりきれいではないのでちと恥ずかしい。
雨水は右上からのホースを通ってタンクにはいる。
200リットルのタンク

小屋の屋根から集めた雨水は雨樋を伝わってこのパイプを通って下に落ちる。
パイプの途中に雨水取り込み用の金属の受け皿を差し込み雨水をタンクに誘導する。
小屋の屋根は約4㎡なので、100mm降れば最大400リットルの雨がたまる。
実際にはその半分くらいとしても200リットルでタンクは楽にいっぱいになる。
パイプにさした雨水の取りいれ金具

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

農具の修理

 いつも使っているとよく農具もだめになる。今年に入ってからレーキと三角グワの金具と柄が外れてしまった。修理をしなくてはと思ってはいたが、代わりの農具を持っていたのと、面倒なので中々手が出せなかった。本日、一念発起して修理を行った。
修理後のレーキと三角グワの写真:
修理された三角グワとレーキ

本記事を書いている最中に雷が接近。一次パソコンを消して待機した。パソコンは雷には弱い。

今日の農作業:11:30~13:00 16:00~17:50
①農具の修理 このくらいの修理は自分でやらなくては・・・
②スイカ畑の 野草を生やしているとスイカ畑に足を踏み入れるのが大変になる。そのために足踏み場を作るために草刈りをしているのです。
③収獲:スイカ(夢枕)、ナス、トマト、ゴウヤ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

防虫シート

 今日は短い時間ではあったが畑に顔をだした。気になっていた南瓜(カチワリ)と第1弾キューリの防虫シート剥がしだ。ついでにトウモロコシの雄の穂が出てきているので、EMボカシをかけておいた。途中雷が鳴り始め、必要な作業を終えてそそくさと家路についた。

 急ぎの残務はジャガイモの廻りの草刈と掘り出し、落花生の周りの草刈、南瓜の周りの草刈、イチゴの廻りの草刈と苗つくり、しょうがの周りの草刈、天日干ししてある麦(種用のみ)の脱穀などなど。しかし、これらが終わる頃には他のところの草刈が必要になり、草刈は終わる事がない。

 明日はおやじの会の味噌作りのために大豆の種まきだ。この場所は日高にあり約150坪。種まき、草刈、枝豆の収穫、脱穀選別、味噌仕込み、と作業は来年2月初めまで続く。

今日の農作業:
 上に書いたので省略。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

鳥除け

 毎年大豆を植えるときに鳥、特にはとの被害が発生する。芽が出ると、子葉を食べてしまうのである。鳥除けの糸を張るのだが、きちんと張らないと簡単に食べられてしまう。

 そんなわけで、きちんと糸を張れる道具を考えてみたのである。ビニールトンネルを支える逆U字の支柱の上に釘を打った板を結びつけたのである(以後、糸張り具と言う)。この糸張り具を土に差し込み、板に打たれた釘に防鳥糸をからませていくのである。

 とは言っても言葉では言い尽くせないので、写真を添付する。
まず、畝に沿って糸張り具をある間隔で土に差していく。上の方に4本の釘の頭が出ているので、ここに糸をからめて張っていくのである。一畝の幅に4本の糸が張れるので、鳩による食害は防げると思っている。実際に試すのは7月になるが、改めて結果を報告する。


防鳥糸を張る道具

 <--記事を見られた方は左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

トンネル

 最近はトンネルは当たり前のような農業である。大量のプラスティックシートを使い、大量のごみを発生している。とは言っても、自然農法といえども必要最低限のトンネルは使いたい。特に虫除けである。

 トンネルには次のようなものがある。
①ビニール :遮光、保温、風除け、雨よけ、虫除け
②寒冷紗  :遮光、風除け、虫除け
③虫除け  :風除け、虫除け
④不織布  :保温、風除け、虫除け
⑤他?

今日、虫除けのためのトンネル資材を購入しに行った。虫除けと寒冷紗を比較したのだが、寒冷紗のほうが虫除けより安い。逆かと思っていたのだがあにはからんや。結果として1.5m幅の虫除けを50m分購入。ついでに1.8mの弓だけを100本購入。両方で12000円いい値段である。でも、大分丈夫そうなシートなので、管理次第で何回も使えそうなので、そうごみを発生することも無いだろう。農業資材で一番ごみを発生するのはビニールマルチだろう思っている。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター