FC2ブログ

家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2020-01

カボチャ畑の片付け

カボチャ畑は何も手を加えないと草ぼうぼうになってしまう。 実際にほったらかしにしてしまうので、草ぼうぼうで後が大変。 しかしながら、カボチャの実の肌はあまりきれいではないが確実に出来てくるのである。 直接土の上に置かれた実の肌はちょっと傷むのである。 今年は、中くらい以上のカボチャが30個近く収獲できそうだ。 食べきれる量ではない。 少しづつ人にあげようかな。

カボチャ畑の草刈りと収穫:完了したのは1/3くらい 
カボチャ畑の片付けと収穫

今日の農作業: 9:30~14:30
①収穫:  落花生、カボチャ、キューリ、モロヘイヤ、オクラ、ナス、サツマイモ、ニンジン、ネギ、ブルーベリー
   まだ結構いろいろな野菜が収穫できるものだ。 サトイモも試に収穫してみたがまだ早いな。
②カボチャ畑の片付け: まだ途中
③来客あり(年に一度の落花生収獲に来園するのです:6名3家族)


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト



続きを読む »

カボチャ

ロロンカボチャとケイセブン。 どちらも種を自家採取したものだ。 
IMG_1789syuku.jpg
IMG_1790syuku.jpg



 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

カボチャ

今年は4種類のカボチャを植えた。 カチワリ、k-セブン、ラグビーボール、ジャンボカボチャ。  昨日k-セブン1個を収穫したが、これからは順次色々なカボチャが収穫ができるだろう。 

ジャンボカボチャは思ったほど大きくならない感じだが、他のカボチャは順調のようだ。

これはカチワリ: 1週間もすれば収獲できるだろう。カチワリ


今日の農作業: 16:00~18:00
①収穫   キューリ、ナス、ミニトマト、トマト、インゲン
②移植   モロヘイヤを移植した。 根が直根なのでうまく移植できるだろうか。 水を十分与え、すだれで日を避けるようにしたので、うまう行くこと期待している。
③固定種のスイカ(夢枕)の周りの草刈り。 追肥が必要だろう。
④小玉スイカの収獲時期を推定。 後、10日は必要だろう。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

カボチャ

今年は4種類のカボチャを植えた。 皆順調に生育を始めている。 雌花が開花したものもあり、今後が楽しみである。 草との戦いはあるが、それ程てまのかかる植物ではない。

雌花が開花したジャンボカボチャ: どのくらいの大きさのカボチャができるかな
カボチャが順調

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャンボカボチャの成長

昨年はあまり大きくならなかったが、その種を保存しておいて今年栽培してみたらここまで成長してくれた。 どこまで成長してくれるだろうか。

ただ今のジャンボカボチャ: 直径25cmくらい
ジャンボカボチャの今


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

突かれたジャンボカボチャが成長している

7月9日にカラスか雉に突かれたジャンボカボチャ。 

そのまま腐ってしまうのかと思っていたが、傷が浅かったせいか、順調に生育している。 

突かれた時には直径20cmばかりであったが、今日は40cm近くになっている。 

ものすごい成長速度である。 

傷が痛ましいが、このまま大きくなってくれることを祈っている。
ジャンボカボチャの今

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

またまた突かれた

ひどいものである。 これから大きくなるジャンボカボチャが突かれてしまった。 これで今年もジャンボカボチャを子供たちに見せてあげることができなくなってしまったかも。 こんな未熟なカボチャは美味くともなんともないのだが、ただただ突いて試して遊んでいるのである。 犯人は9分9厘若いカラスだ。  いままで、このように熟していない作物に手を出すようなことはなかったのだが、今年はひどすぎる。 今までの対策では全く不十分なのだ。

突かれた小さなジャンボカボチャ: 直径は15cmばかりだ。
突かれたジャンボカボチャ

今日の農作業: 13:30~18:00
①サトイモの周りの草取り

②大豆の種蒔き 大豆約700粒 前回は約600粒で合計1300粒の種まきをした。
   種まき後は厳重な鳥対策を実施。

③収獲: ナス*6、キューリ*2、トマト*3、ブルーベリー少々


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

生き返ったジャンボカボチャとスイカ夢枕

種まきの土が悪かったために発芽後殆ど成長しなかったジャンボカボチャとスイカ夢枕。 成長しないまま畑に植えてみたところ、ここにきて息を吹き返してきた。 ジャンボカボチャは確実に成長し始めて弦を伸ばし始めた。 スイカ夢枕も大分株が大きくなってきた。 まだ、実を付けて収穫できる実ができるかどうかはわからないが、大いに期待している。

ジャンボカボチャ:
息を吹き返したジャンボカボチャ

スイカ夢枕:
息を吹き返したスイカ夢枕

今日の農作業: 15:30~16:30
①収穫   インゲンの初収穫、キューリ*2、ピーマン*2、万年ねぎ*10本
②食用カボチャの蔓が大分伸びてきたので虫よけシートを外した。
③200リットルの雨水タンクからペットボトル(4リットル)へ移動
④観察: この時期草の生育が著しく早い。 先週草刈りをしたところにももう草が大分生えている。 確実に草取りをしないとまたまた草にやられてしまう


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ジャンボカボチャとハロウインカボチャ

今年もジャンボカボチャとハロウインカボチャの種を購入した。 例年なかなかうまくできないので、いろいろやり方を変えている。 まずは場所を変える。 直径60cm深さ20cmくらいに穴を掘り、そこへ元肥として鶏糞とぼかしと枯れた植物残渣を入れ良くかき混ぜ、その上に土を被せる。 さらに穴の周りにぼかしと鶏糞と枯れた植物を置き、土とよく混ぜておく。 このような作業を全部で12個所行った。 スイカ*3、食用カボチャ*4、ジャンボ*3、ハロウイン*2株用だ。  

今日はハロウインとジャンボカボチャの種を蒔いた。 中心に種を蒔いたが、ここには肥料はない土なので、問題はない。 一か所に3~4粒、全部で5か所準備をした。 ジャンボ3個所、ハロウイン2個所である。 芽が出てから良い株を残して間引く予定。

穴を掘ったところ。
元肥を入れる穴

今日の農作業:11:00~15:00
①ぼかしの液肥の準備-->液肥はペットボトルへ
②スイカやカボチャの植え場所の準備
③油粕、鶏糞購入
④育苗中のカボチャを大きなポットへ移した。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

ハロウインカボチャ

ジャンボカボチャとハロウインカボチャを栽培したが、ことしもジャンボカボチャは大失敗だ。 株は大きくなったのだが、実をつけない。実をつけてもみな落ちてしまうのである。

幸い、ハロウインカボチャは2個実って本日収穫することができた。

収穫した大小2個のハロウインカボチャ: きれいだ。
ハロウインかぼちゃの収穫

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して13年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター