家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-08

玉ねぎ

毎年のように失敗する玉ねぎ栽培。 世の中は殆どマルチ栽培。 私はマルチを使わないので、マルチなしで見事な玉ねぎを栽培したい。  実際に良く育った玉ねぎもあるので、乾燥さえ注意すれば失敗しないのだ。 と言うわけで、来年の玉ねぎはマルチなしで成功してやるぞ。 

今年の玉ねぎ: まともに育ったのは一割、20個くらいかな。 マルチがなくても育つことは確か。
玉ねぎ

今日の農作業: 15:30~16:20
①収穫  ナス*1、キューリ*3
②イチゴ畑の草取り。 これからランナーから苗を取るために周りの草を取る作業をした。 今日で完了したので、明日以降は孫カブ、ひ孫株をポットに取る作業を行う予定。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

玉ねぎが大分減ってきた

玉ねぎが少しづつ虫に食われて少なくなってきている。 ネキリムシらしく玉ねぎの茎の根元からやられている。 全体では半分以上が無くなっている気がする。

寂しくなってきた玉ねぎ: この後、周りに麦わらを敷いておいた。玉ねぎがまばらに

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

マルチをしない玉ねぎの状況

ビニールマルチの効用は十分わかっているつもりではあるが、ビニールマルチはごみを大量に発生するので、何となく使いたくない農業資材なのです。 ということでできるだけビニールマルチは使わないで栽培したいと思っている。 自然農法だったら当然のことだろう。

今まで玉ねぎはあまり出来が良くないのが続いている。 今年も挑戦なのだが、苦土石灰も与え、ぼかし肥も今までの倍以上与えて、マルチなしで栽培している。 

今日の玉ねぎ:今のところ順調のように見えるが、今後どうなるか。
玉ねぎの今

今日の農作業: 8:15~8:40、 15:20~16:40
①野草取り  比較的大きくなった野草を切り取った。 まだまだ残っているので、今後も継続。
②収穫  インゲン、キャベツ、ミニトマト、ゴーヤ、新戒青菜
   キャベツは初収穫である。 10株を植えたが全て順調に育っている。 当分はキャベツは購入しなくても済むだろう。
③片付け  ゴーヤ
④見回り  


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎの今

先日蒔いた玉ねぎだが、玉ねぎの発芽と同時に野草達も沢山発芽している。 玉ねぎの成長は遅いので、このままでは野草に負けてしまう。 そんなわけで野草取りをした。 

左側はまだ野草を取っていないところ、右側は野草を取った所。 黒い穴あきのマルチをすればいいのだが、マルチをしないで玉ねぎを栽培したくてこのような手間をかけている。 また、土が濡れているが、玉ねぎは乾燥に弱いので、時々散水している。
玉ねぎ

今日の農作業: 14:30~17:30
①茶ノ木刈り 今日で全部完了だ。 全部で約100mの茶ノ木を刈り込んだことになる。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎの発芽

昨日、玉ねぎが発芽してきたので、雨対策用に張った防虫ネットを外した。 ネギ類の発芽は本当に面白い。折りまがって発芽してくるのである。そのうちに一本になって成長してくる。 

玉ねぎの発芽:折りまがっているのがやけに不思議に感じる。玉ねぎの発芽

今日の農作業:8:15~8:30、 15:00~15:40
①収穫: シシトウ、ミニトマト
②観察: 白菜がカタツムリや根切り虫やヨトウムシにやられている。 気が付けば手で退治しているが、根からやられている株はもうだめだ。でも、2割くらいなので、共存共栄で行こうかな。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎの種まき

玉ねぎは毎年うまく栽培できないものの一つだ。 だいたい、アルカリ土壌の作物はあまりうまくできないことが多い。 それは、
化学肥料を使わなければ特に石灰などを与えなくてもうまく育てることができるという本を読んだことがあるからだ。 でも、それには他の条件があるような気がしている。 一番可能性が高いのは、たくさんの堆肥を入れて栽培することだ。 でも、たくさんの堆肥を確保するのは容易ではない。 

というわけで、今年は苦土石灰とぼかし肥を例年よりも3倍近く元肥として与えてみた。 どうなったかは今後報告する。

①まず、周りの残渣をきれいにして、
②苦土石灰を例年の3倍くらい撒き、
③ぼかしも例年の3倍近く撒いてから、
④シャベルで天地返し。 
⑤その後テンガで土を掘り起こし、
⑥畝を作り、
⑦レーキで表面をならし、
⑧さらに表面を平らにし、
⑨ひしゃくの底を使って種まき用の丸い溝を作る。
⑩そこで、玉ねぎの種を5個くらい蒔き、
⑪その後ふるいを使って土を被せ、
⑫ここで、虫よけシートを表面に張って(雨でたたかれないため)、
⑬ジョーロで水をかけて完了。

以上の作業完了後の写真:へこんでいるところに種を蒔いた玉ねぎの種まき

今日の農作業: 14:00~17:30
①玉ねぎの種まきの準備と種まき
②収穫  落花生、サツマイモ、キューリ
③少しだけ茶ノ木刈り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

続きを読む »

玉ねぎの定植

今年は苗を自前で育ててみた。 場所によって大きく成長したところもあるが、概してあまり生育せずに小さい。 いままで黒マルチをしないで栽培してきたが、今年は黒マルチをしてみることにした。 
玉ねぎの定植

しかし、問題はある。
①畝の下をモグラが穴を掘っているのだが、それをつぶさずにマルチをかけてしまったので、まだ空洞のところが沢山ある。
②苗がいまいち小さい

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎ

玉ねぎは多くの皆さんがうまく栽培している作物だろう。 でも、私の場合なかなかうまく栽培できないのである。 一つは苗の作り方が良くないらしく、あまり大きく成長してくれないのである。 二つ目はビニールマルチを使わないので、生育がいまいちなのである。 

今年の苗もいまいち大きくならない。 できるだけ自然農法なので、ビニールマルチは使わないで行こうと思っているのだが、使おうかな止めようかな。 いろいろと悩むのです。

今日の農作業: 15:00~16:00
①収穫  大豆の枝豆、未熟なレタス、タアサイ、未熟な白菜、大根、ミニトマト
②ズイキの天日干し 八つ頭の茎を干してから食べるのだるが、初めての経験。どうなることやら。
③ヤーコンの葉の天日干し ヤーコン茶は甘みがあっておいしいのは確か。 


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎ

 今回の玉ねぎは種や苗ではなく、昨年とっておいた小粒の玉ねぎを植えたものだ。
写真を見たほうがわかりやすいので、写真を添付。 きれいに三つに分欠している。 ただし管理が良くないので、あまり大きくない。
3つに分欠した玉ねぎ

今日の農作業:
①キューリの収穫
②キューリの吊るし上げ(いままでは地這状態だったのをキューリネットに絡ませたのです)
③食用カボチャとハロウインカボチャの虫除けシートを外す
④枝豆に虫除けシートをかぶせる
⑤大きくなった草の刈りとり
⑥玉ねぎの収穫
⑦イチゴ畑の雉除け用の釣糸を外す
⑧落花生の鳥除け用の糸を外す


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

変な玉ねぎ

玉ねぎ。

最近はほとんど穴あけビニールシートを使って栽培される。

普通、秋に苗を植えて栽培されるが、

昨年生育が不十分であった小粒の玉ねぎを植えてみた。

写真を見る限り二つまたは3つに分欠しているように見える。

一つの玉ねぎが分欠したらどんな玉ねぎになるのだろう。

これは以前にも経験済みで、丸い玉ねぎを2または3つに分割したような玉ねぎになる。

こんな玉ねぎでも食べられないわけではないので、まあ良いか。
玉ねぎの分欠


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター