家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2018-07

タマネギの収穫

玉ねぎ畑は草ぼうぼう。 草を取りながらの収穫である。 今年の玉ねぎはまあまあの出来。 今まで失敗続きであったことを考えると上出来かな。

掘りあげたタマネギ:
掘りあげた玉ねぎ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

タマネギ

今までうまく栽培できなかった玉ねぎだが、今年はまあまあの出来である。 しかしながら晴れ間が出ないためになかなか収穫できない。 また、草に覆われれどこに玉ねぎがあるのかがわからない状態になってしまった。 早く晴れて収獲したいな。

草に覆われた玉ねぎ畑: よく探さないと玉ねぎがどこにあるのかわからない。
タマネギ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

タマネギ

玉ねぎが次第に肥大してきた。 今年はある程度収穫できそうになった。  今までは殆ど失敗続きだったのです。

根元が肥大してきた玉ねぎ:タマネギも玉の肥大が始まった

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

タマネギの分欠

今期は小粒のタマネギと種から育てた苗を育ててきた。 小粒のタマネギの多くは分欠し、多いい物は4分割している。 でも、ちゃんと食べられる玉ねぎになってくれる。 分欠しているので、形は丸くならず、ちょっと歪な形となる。

4分割した玉ねぎ:分欠した玉ねぎ

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

タマネギの苗

失敗続きの玉ねぎ。 今年は苗を育ててから移植する予定である。 その育苗中の玉ねぎの苗は順調に育っている。
11月中旬には移植する予定であるが、その先が問題である。 霜で浮かされて苗が枯れてしまう失敗を繰り返してきた。今年は苗の踏みつけを徹底してやろうと思う。

今の玉ねぎの苗: まあまあの育ち方だと思う。タマネギの苗

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

タマネギの発芽

タマネギはいつも失敗する野菜だ。 寒くなってから霜で根が浮いて枯れてしまう。 根が十分土に張らないのはなぜだ。 もっと土と根を密着させないといけないようだ。 こんなことを言いながらここ数年失敗を続けている。

今年はタマネギの苗作りをしている。 1回目は9月中旬、2回目は9月末種蒔きをした。 

これは2回目の種まきをし、発芽した玉ねぎである。 麦の籾殻を蒔いてある。 その中にタマネギがきれいに発芽している。 ねぎと同じように逆U字がたに曲がって発芽してくる。
発芽した玉ねぎ

9月中旬に種まきしたタマネギ:
9月中旬に蒔いた玉ねぎの今


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎ

毎年のように失敗する玉ねぎ栽培。 世の中は殆どマルチ栽培。 私はマルチを使わないので、マルチなしで見事な玉ねぎを栽培したい。  実際に良く育った玉ねぎもあるので、乾燥さえ注意すれば失敗しないのだ。 と言うわけで、来年の玉ねぎはマルチなしで成功してやるぞ。 

今年の玉ねぎ: まともに育ったのは一割、20個くらいかな。 マルチがなくても育つことは確か。
玉ねぎ

今日の農作業: 15:30~16:20
①収穫  ナス*1、キューリ*3
②イチゴ畑の草取り。 これからランナーから苗を取るために周りの草を取る作業をした。 今日で完了したので、明日以降は孫カブ、ひ孫株をポットに取る作業を行う予定。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎが大分減ってきた

玉ねぎが少しづつ虫に食われて少なくなってきている。 ネキリムシらしく玉ねぎの茎の根元からやられている。 全体では半分以上が無くなっている気がする。

寂しくなってきた玉ねぎ: この後、周りに麦わらを敷いておいた。玉ねぎがまばらに

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

マルチをしない玉ねぎの状況

ビニールマルチの効用は十分わかっているつもりではあるが、ビニールマルチはごみを大量に発生するので、何となく使いたくない農業資材なのです。 ということでできるだけビニールマルチは使わないで栽培したいと思っている。 自然農法だったら当然のことだろう。

今まで玉ねぎはあまり出来が良くないのが続いている。 今年も挑戦なのだが、苦土石灰も与え、ぼかし肥も今までの倍以上与えて、マルチなしで栽培している。 

今日の玉ねぎ:今のところ順調のように見えるが、今後どうなるか。
玉ねぎの今

今日の農作業: 8:15~8:40、 15:20~16:40
①野草取り  比較的大きくなった野草を切り取った。 まだまだ残っているので、今後も継続。
②収穫  インゲン、キャベツ、ミニトマト、ゴーヤ、新戒青菜
   キャベツは初収穫である。 10株を植えたが全て順調に育っている。 当分はキャベツは購入しなくても済むだろう。
③片付け  ゴーヤ
④見回り  


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

玉ねぎの今

先日蒔いた玉ねぎだが、玉ねぎの発芽と同時に野草達も沢山発芽している。 玉ねぎの成長は遅いので、このままでは野草に負けてしまう。 そんなわけで野草取りをした。 

左側はまだ野草を取っていないところ、右側は野草を取った所。 黒い穴あきのマルチをすればいいのだが、マルチをしないで玉ねぎを栽培したくてこのような手間をかけている。 また、土が濡れているが、玉ねぎは乾燥に弱いので、時々散水している。
玉ねぎ

今日の農作業: 14:30~17:30
①茶ノ木刈り 今日で全部完了だ。 全部で約100mの茶ノ木を刈り込んだことになる。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター