家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-05

蕎麦を食べに

 毎日良い天気が続いている。今日は友人と二人で、友人でもあり上司でもあった方の7回忌の墓参りに京王線の芦花公園駅まで出かけた。気温は大分低いのだが、外に出て陽を浴びていると最高に気持ちが良い。

 帰りに以前から一度行こうと話していためん処「松根」向かった。芦花公園~高幡不動~玉川上水~東大和市とかなり離れているのだが、ここの蕎麦を食べるために。 菜園の中にちいさな家がありそこが蕎麦屋だ。周りが菜園なので、外で食べることもできる。

 家族経営で素朴な小さな蕎麦屋だが、お客さんはひっきりなしにやってくる。1mm角に揃ったきれいな手打蕎麦で十分堪能させてもらった。途中蕎麦がなくなってしまい、お客さんに待ってもらって蕎麦を打っていた。

 帰り際に菜園の地主のおばさんと世間話をしてきたが、屈託の無い方で、ついつい話が弾んでしまった。松根の宣伝をすると約束をしたので、ここに松根情報を書いておく。興味のある方は是非出かけてみてください。

店の名前:めん処[松根」  蕎麦とうどん
住所  :小平市小川町1-423  玉川上水の小川橋側
電話  :042-345-2116
定休日 :木曜日
営業時間:11:00~17:00


今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

そば粉の購入

 昨日ネットで注文したそば粉が届いた。まだ従来とおりの価格なのだが、4月からは1割くらい値上がりするとの連絡があった。 最近は食料も含めた基本的な資源の価格がじわじわとアップしているようだ。 天候不順であったり、資源そのものが少なくなってきていたり、裕福な国が増えてきていること等が原因になっているようだ。

 今は資源戦争の時代だ。多くの国が資源を確保するために戦略を駆使している。大豆、小麦、コーヒー、石炭、石油、レアメタル・・・・、など沢山の資源が・・・。

 多くの資源以外はいつかなくなることは誰もがわかっていても、景気回復のためには消費を増やさなくてはいけないと誰もが言う。消費を増やせばより沢山の資源が必要になるのに。資源のない日本は一体どうなってゆくのだろうか。 消費大国日本を憂う一人として・・・・・。

年越し蕎麦の準備

 例年、年越し蕎麦用のそば粉を関係者と共同購入をし、輸送費を浮かしている。今年もそろそろ其の時期がやってきた。さっそく、皆さんに案内を出さなくては。隣近所の年越し蕎麦を打ってあげている人もいるので、結構な注文があるのです。今年は合計何キロになるかな。私も1~2kgの蕎麦を打とうと思う。

今日の農作業:
 ①残っている共同栽培の大豆の選別作業は続きます。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

蕎麦の収穫

 昨日は大森の池の草刈のほかに、午後からは蕎麦の収穫のお手伝いをした。最高の天気の下で、充実した一日であった。150坪程の畑に育った蕎麦の収穫。私は午後からだったので、既に刈り取りは終了し、皆束ねてあったので、後は天日干しのために干し竿に干すだけだ。とは言っても大量の蕎麦だけあって、干すのに5人で約2時間の作業だ。

 午前中の作業は、先ず鳥よけの網をはずし、刈り取りをして束ねる。ここまでは結構大変だったろう。午後からは、干し竿を作り、近くに大きなブルーシートを敷き、其の上に畑全体に置いてある束ねた蕎麦を運び、2つの束を結んで、干し竿に干してゆく。其の作業中にも蕎麦の実は沢山落ちてしまう。出来るだけブルーシートの中で注意しながら作業をする。全て干したら、終わりかと思ったら、まだ作業がある。干している間に鳥に食べられないように再び鳥よけの網を掛ける。麦をはじめ実を採る作物は鳥対策が大変だ。しかし、人数もいたので、それ程の負荷ではなかったかな。後は廻りを片づけて終了だ。終了後自分の畑に行き、お茶の気の刈り込みなどをして一日が終わった。

 どんな雰囲気かは写真を見るのが一目瞭然だ。写真を添付する。バックは干し竿に干した蕎麦である。鳥よけの網がかかっている。手前のブルーシートには沢山のこぼれた蕎麦の実などが溜まっている。
刈り取って干した蕎麦の前で

 今回は最高の天気の下での蕎麦の収穫。援農に来ていた二人の方と知り合いになれたし、これからもお付き合いする機会があるかもしれない。

 なお、蕎麦畑の隣にはおやじの会の味噌用大豆も植わっているのです。大豆は順調に育っている。葉刈りは葉の色が茶色く変化してきたらしたいのだが、11月中旬かな。収穫は12月中旬だろう。大豆の様子を見ながら決めたいのだが、味噌作りの参加者にとっては早めに決めて欲しい・・・、との要望です。

 今日一日は環境まちつくり会議の生涯学習フェスティバルの展示資料作りだ。一応完成したので一安心だ。

今日の農作業:
 ①蕎麦の収穫のお手伝い。作業は昨日です。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。


蕎麦の収穫

 今年は蕎麦を作らなかったのだが、隣の畑の友人がそばを育てていた。収穫し切れないと言うので、早速おすそわけを頂いた。
 12月1日に刈り取りをし、直ぐに干して、3日に脱穀し、4日に選別をした。まだ、完全な選別状態ではないのですが、2.2kgの蕎麦を収穫。これだけあれば年越し蕎麦が十分食べられそうだ。楽しみである。

 ちなみに残渣が4.8kgあったので、2.2/(2.2+4.8)=0.31 刈り取った蕎麦の株の約30%は食べられる実であった。結構な歩留まりのような気がします。 今年は実付きが良かったのかもしれない。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター