FC2ブログ

家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2020-03

大根

  先日数人に我が畑の大根を提供した。 美味しいかどうか心配していたが、皆さんみずみずしくて美味しかったとの返事。 ありがたいことである。 多少おせいじもあるかと思うが、皆さんが美味しかったとの感想を言ってくれたので一安心である。

今日の農作業:なし 

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト



大根を収穫

 以前にも書いたが、今年は大根の出来が良い。 しかしながら、それほど自家消費ができないので、かなり余ってしまう。 そのままにしておけば皆腐ってしまうだろう。 と言うことで大根8本ほど収穫し、職場に持参し食べてもらうことにした。 でも、職場の人に渡すのも結構大変な作業なのだ。

今日の農作業:10:00~11:30
①収穫: 大根、白菜
②霜でどろどろになった農道。 車で入るのが大変だ。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

久ぶりの収穫

  大根が余っていることを書いたばかりだが、今日大根8本を収穫した。 明日行われる竹細工に参加する皆さんにおすそ分けするためだ。 今日見たところまだ30本近く残っている。 欲しい方にわ提供したいが、欲しい方とのコミュニケーションが取れない。

今日の農作業: 16:00~16:30
①収穫: だいこん、ネギ、ブロッコリー
②生育中の作物の観察。例えばタマネギ、スナップエンドウ、カキナ、他


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根が余っている

 今年は少しだけ大根を作ればいいやと20本ばかり作ったが、殆ど自前で処理できなくて、このままでは殆どダメにしてしまいそうである。 なぜなら、周りから大根が集まってくるからだ。 私が栽培している作物をあまり人に話をしないからかもしれない。

 しかしながら、市場には沢山の大根が出回っていて100円~150円で販売されている。 買う人がいるからだ。 結局、需要と供給の関係があまりうまくいっていないのが実態だ。

 と言うことで、近く行われるイベントで私の大根を皆さんにおすそ分けしようと思っている。 もらってくれる人がいるだろうか。 私の居住地はどちらかと言うと農業地帯でもあり、大根は有り余っている気がしているからだ。 供給過剰地帯なのだ。

今日の農作業:無し

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

茶ノ木の刈り込み、片付け、種まき

すべきことが山ほどある。順番に処理していけばいいのだが、その場に行くと新たなすべきことが出てきて、勢いその新たな作業をしてしまうのである。 やり切れていないことを痛感するのである。

今日の農作業: 11:30~18:00
①収穫: トマト、キューリ、ナス、ゴーヤ
②茶ノ木の刈り込み: チャドクガの幼虫が沢山。 多少痒みを感じることがあったが何とか。
③キャベツ畑の片付けと次期野菜のための準備: 石灰+牛糞+鶏糞
④種蒔き: 大根2種類: ふじ宮重、おでん大根の2種類
⑤2次のナスを片付け、石灰をまいてほうれん草の準備。 後、3次4次のナスが残っている。
⑥挿し木したトマトは今日で終わり。 明日にでも片付ける。
⑦台風で倒された大豆が思いのほか立ち直っている。
⑧落花生の成長が昨年より遅い感じだ。 収量はどうなるか?


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

我が大根は変わった形状が多い

書きたいことは沢山あるのだが、なkなか全てを書くことができない。 今日はたまたま大根を収穫した。 つい先日までは小さかったのだが、急に成長し始め、早く収穫しないとそのうちに巨大な大根になり、おいしくなくなってしまう。 でも、変った形状の大根が沢山ある。 食べるには問題ないが、なかなか人にあげることはできない。

変った形状の大根:
変った形状の大根

今日の農作業: 15:00~17:30
①モンシロチョウの捕獲
    虫よけシートを被せていないキャベツが沢山あるので、沢山のモンシロチョウが繁殖してしまった。 モンシロチョウを捕獲して×××。
②虫よけシートを被せていないキャベツの収穫  10玉くらい。 でも虫食いキャベツは人にはあげにくいな。
③ウリハ虫の捕獲(この作業はいつも行っている): キューリ、スイカ、カボチャなどにはウリハ虫が来る。 虫取り網で捕獲し、×××。
④イチゴも殆ど収穫できなくなったので、一畝だけすべて抜いてしまった。
⑤収穫:  イチゴ(20)、大根(3)、キャベツ(10)


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

春大根

春の大根が育ってきた。 まだ十分な大きさではないが今から食べないと食べきれないので、早めに収穫を始めている。 全部で20本近くあるので、当分は大根を収穫できるだろう。  それにしても旬の作物を食べると云うことは大変なことだ。 

ダイコンの今:
ダイコンの今


走りの作物、旬の作物、そして名残りの作物があるが、旬の作物の期間はあまり長くない。 いつも旬で食べるには少しづつ時期をずらして栽培する必要があるのだが、手間暇が大変だ。 


今日の農作業: 8:20~8:35、16:00~7:30
①今日の収穫:  大根、キャベツ*4、イチゴ(28)、ジャガイモ(2株)まだそれほど大きくないが、は枯れ始めたので収穫。
      この状態ではそれほど大きなジャガイモは収穫できそうに無い。 
何か病気のようで、昨年の種芋ではうまくいかないのかもしれない。 でも、早速塩茹でしてたべたがおいしかった。
②オクラの定植: 全部で15株位
③キューリ、ナスやトマトなどのビニールトンネルをとったので、それをそのまま根元に敷いて保温のために使用。
④散水: ゴボウ、シシトウ、レタス、しゅんぎく、ニラ、トウモロコシ、人参、ネギ苗他。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

食べきれない大根

ダイコンはちょっと種を蒔くとすぐに2、30本作ってしまう。 これらが一度に食べられるようになっても食べきれるものではない。 走りの時期を迎え、盛りになり、名残りを過ぎると塔が立ち始めてダイコンが固くなり始めておいしくなくなってしまう。 おいしく食べられる時期はそれほど長くはないのです。

名残りの時期に入った大根: まだ15本も残っている。 どなたかにもらってもらえるといいのだが、なかなか。 結局はこのまま廃棄することになりそうだ。 
ダイコンが15本も

今日の農作業: 16:30~19:00
①イチゴを育苗している畑の草取り
②収穫: キューリ*1、小玉スイカ*1
③ニンジン、ネギ苗にぼかし肥の液肥散布。
④カボチャ畑の虫よけシートを外す作業。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根がない

もう家には大根がない。 出来たら畑から獲ってきて。 こんなことを言われてもこの天気では畑に行くわけにはいかない。 また、畑に行ってもぬかるんでいて思うままに菜園に入れないかもしれない。 でも、明日雨または雪が止んだら行くだけは行ってみるか。

まだ、白菜、キャベツ、大根、タケノコ芋、ヤーコンは収穫可能だろう。 

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

第一弾の大根

第一弾の大根が大分成長してきた。 まだ小さいが、後一週間もすれば食べ始めなくては。 この頃から食べ始めないと食べきれないのである。 大根は第二弾、第三弾と植えてあるので、春先まで食べられるのではないかと思う。

第一弾の大根君:
第一弾の大根


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して13年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター