FC2ブログ

家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2020-02

大根:第一弾二弾三弾

大根は一年中ほしい野菜である。 夏場は難しい野菜ではあるがこれからが本番であり、一番おいしい時期を迎える。 今年第一弾から三弾まで3回に分けて種まきをした。 第一弾は夏の盛りに蒔いたので、かなり虫に食べられてしまったがここにきて順調の成長を始めている。


第一弾の大根:かなり虫食いにあったが、結構回復してきている。
第一弾の大根

第二弾の大根:今のところ順調かな
第二弾の大根

第三弾の大根:まだ発芽したばかりのかわいらしい大根達

第三弾の大根

今日の農作業:8:10~8:30
①畑の見回り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

虫に食われた大根

良く食われたものだ。 大根の葉がほとんどなくなっている。 芽が食べられているものもあるが、春大根の時は芽が食べられても復活して見事な大根を収穫できた実績がある。 何者が食べたのかはわからないのだが、大根君が育ってくれればそれでよい。

大分食べれられた大根君:虫食いの大根

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根の花

この大根の花は白にピンクや薄紫色が混ざった、何とも感じの良い花だ。 私はこの花が気に入っている。 でも、春先に収穫できると思っていたのだが、塔が立ち始めてしまったので、大根は固くなってあまり食用には向かなくなってしまった。

大根の花:
大根の花

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根を間引く

冬越しの大根も次第に成長を始めている。 でも、このままでは密植もいいところ。 早く間引かないと。 と言うわけで、10cm間隔に間引きを行った。 間隔は多少狭いが、大きく育ったものから順に収穫するので、こんな間隔でも問題はない。

写真の下は間引いた大根、上は間引き終わった大根: 大きな大根は根が20cm位になっている。
大根の間引き

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

冬越し大根

冬場を乗り切った若い大根。 春を感じたのか少しずつ大きくなり始めた。 どのような大根になるか楽しみである。冬場を越した大根

今日の農作業:
①観察  大根、絹さやエンドウ、かき菜、イチゴ、水仙、キャベツなど


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

3種類の大根

今年は3種類の大根の種を蒔いた。 最初は秋用、次は冬用、最後は春用だ。

秋用は昨年から収穫しているが、まだ収穫可能だ。 でも、大分本体が地上に出ていて、本当のおいしさはない。

冬用は今が旬だ。 自分の葉で本体を見事にカバーしていて、寒さにも耐えられるようになっているようだ。

春用はまだ肥っていない。 これからだ。

野菜には「はしり、さかり、なごり」の時期があり、何でもさかりの時期に食べるのが一番おいしい。

秋用大根:大分地上に飛び出していて寒さをもろに受けている。秋用大根

冬用大根: 殆ど地上には出ていないし、葉が見事にカバーしているので大根は見えない。
冬用大根

今日の農作業:12:00~12:30
①人参の収穫
②畑の観察
相変わらず農道は霜でぐちゃぐちゃ。長靴でないと大変だ。いつになったら気楽に畑にいけるのだろう。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根3世代

 今年は大根を時期をずらして種まきしている事は前に書きましたが、今日はその写真を紹介します。

第1世代の大根: まだ十分成長していないが早目に収穫を始めている。 小さな大根は冷蔵庫にも楽に入るし便利である。1世代の大根

第2世代の大根: だいぶ成長してきた。今年中には収穫を始められるだろう。2世代の大根
第3世代の大根: 先週種を蒔いたばかりやっと発芽。 来年4~5月に収穫予定。
3世代の大根

今日の農作業: 15:00~16:30
①有機栽培をしている地元の方と農業談義。農業で食べていける世の中にしないといけない、と意見は一致するのだが、具体策なかなか。
②収穫: 白菜、チンゲンサイ、ミニトマト、大根、ナス、サツマイモ
   今まで7~8株のさつまいもの根を掘ったが全くと言ってよいほど芋がない。 今日もあてにしないで、掘ってみたらたくさんの芋が付いているし、巨大芋が収穫できた。 携帯と比べてみてください。 芋があったりなかったり全く理由がわからない・・・・・。
巨大サツマイモ
他の収穫物の写真です。
今日の収穫

③キャベツの間引き。 かなり大きくなってからの間引きなので、抜いた4株は改めて定植。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根の護身

 寒くなってくると大根は葉を傘のようにして本体を守っている。我が畑の大根の姿をみてください。
大根の葉が本体を守っている

 横から見ると葉が本体を守っているのがよ~く分かる。もし葉がなかったら本体は氷っているだろう。
大根の葉と本体

 このように自らを守る植物は多い。大豆も自分の葉で莢を守っている時期がある。自然とは何とうまく出来ていて、本当に不思議である。

今日の農作業:15:00~16:00
  相変わらず農道はぐちゃぐちゃで車は入れない。
①残っていた庭の柿の木の剪定枝を持ち込む
②ヤーコンの収獲。 寒さよけに上から土を被せる。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根の花

 大根の花は見た目には非常に清楚な感じがする。色が白いのがそう感じさせるのだろうが、この花も菜の花の一種である。
とりあえず見てください。
DSC01218trim-syuku.jpg

今日の農作業:
①継続して野草退治である。
②玉葱にボカシ肥を与える。土寄せはまだだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

大根を下から

たまにはこんな写真もいいだろう。大根も改めて下からのぞくとまた違った趣が。

大根を下の方から見てみよう

今日の農作業:
①収穫  大根
②大豆の畝に麦蒔き  まだ大豆は刈り取っていないのだが、大豆の根本に麦を蒔いた。           大豆の刈り込みはこれからだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

«  | HOME |  »

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して13年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター