家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2017-08

ネコ

写真は撮っていなのだが面白いものを見た。 

我が畑にはよく猫(多分飼いネコ:首輪のようなものをしているので)が来るのだが、見つけると追い払ったり、猫自らが逃げていく。 今日は落花生畑に猫が潜り込んでいて、私が突然現れたからかびっくりして逃げ出していった。 

ネコがt落花生を食べるわけがないと思ったが、落花生畑を良く見てみたが案の定何の被害もない。 

逃げ出した猫は隣の畑にいて、何かを追いかけている。 たぶんトカゲだろうと思ったが本当にトカゲを捕まえてその場で食べてしまったのだ。 

最近の家ネコがトカゲを食べるのだろうか。 もしかしたら野良猫かもしれない。

そんなことを思いながらホウレン草の種まきをしたのである。
  
 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト

雉のつがい

畑に着くと農道に記事のつがいがいる。 車にびっくりして茶畑に隠れたが、しばらく車を止めて様子を見ていると茶畑から出てきて、農道を歩いたり、畑の中を歩いている。 これらの写真は車の中から撮ったもの。

石本さんのジャガイモ畑を歩くメスの雉:雉のメス

駐車場のすぐわきの農道。車の3、4m先を歩いているオスの雉:車の中にいるので、私に気が付かないようだ:雉のオス1

写真の下は車のワイパー部分
雉のオス2

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

アリと卵

 ふと菜園の隅を見るとアリが続々と巣穴から卵をくわえて出てくる。
一体どこに行くのだろうか。追跡してみたが行き先の確認はできなかった。
でもアリが増えるのは困るので、卵を持ったアリはできるだけ踏みつぶしてしまった。
普通の方は残酷な行為と思うでしょう。

アリが巣穴から卵を持って出てくるところ:アリと卵

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

モグラ

モグラが畑の中を縦横に走り回っている。 
地表に亀裂が出来るのですぐにわかるし、
わが畑の中には沢山の亀裂ができている。
多くは、柔らかい畝に沿って掘り進んでいるのがわかる。

モグラの実害の状況は難しいが、作物の根が大きな影響を受け、
その結果として生育が悪くなることは十分考えられる。

これは枝豆の畝にできた亀裂だ。亀裂のそばの枝豆は足で土を押し付けておかねばいけないだろう。
下にはモグラが掘った穴が開いているから。
枝豆の畝にできた亀裂


今日の農作業:16:00~19:00
今日は暑かった。朝からビールを飲んでしまったので、畑は午後4時過ぎから。
①まだイチゴが大量に収穫できている
②スイカの定植
  あまり良くない苗だが、とにかく植えてみた。
  スイカの苗:生育がいまいち

③キューリが受粉して実を大きくしている。3,4日で収穫できるかも。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

畑の動物たち

畑の動物たちが活発に活動している。

本日畑に行くと、雉の足跡を見つけた。

先日種を蒔いた所を悠々と歩いているようだ。当然イチゴをつついた跡もある。
雉の足跡

他に、ひばりの巣作りが始まっているようだ。畑の茶ノ木の陰に土が掘り返されたくぼみがいくつかある。
多分ひばりが作ったものだろう。 以前、我が畑でひばりの子育てを見たことがあるが、動物たちに徒されないかひやひやものであった。

そこに巣を作るかは不明であるが、茶畑の周りにはよくひばりが巣を作る。くぼんでいるのが良くわかる。

ひばりの巣?

今日の農作業: 16:00~17:30
①あり退治
②イチゴの収穫
③見回り


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

カラス

 幼稚園の帰りに畑に行くと、カラスが数羽我が畑が一望できる電信柱の近くの電線に止って、我が畑をじろりと見ている。あ~~~、こんなカラス達(鳩、雉、ハクビシン)にやられたら全滅間違い無しだ。

 だが、打って来た対策のお陰か、大豆もさつまもスイカも対策後の被害はない。

 入間ねこの会の方達が猫だけでなく畑を荒らす生き物達の対策をしてくれたら力強いな~~。・・・・・そんなことを思いながら記事を書いてます。

今日の農作業:
①収穫  キューリ、トマト、ナス

②大豆  今年はわが大豆を新たに二人の方が栽培してくれる。7月初めに蒔いた大豆は順調に育って今はこんなにも成長してきている(写真)。
草刈りが出来てきた大豆畑
 しかしながら、ここにきて毎日の暑さと水分不足状態が続いているので、中旬に蒔いた種がうまく発芽してくれるのかが心配である。私は、発芽しなかったまたは鳩に食べられた対策としてポットに35株ほど種を蒔いている。このポットには水を散布しているので確実に発芽するだろうし、一部発芽が始まっている。

③観察  今年のキューリは地上50cmくらいの所に蔓を這わせている。低いぶどう棚の様に。身体をかがめないとキューリを見ることが出来ないが、うまく吊るされたキューリは本当にきれいだ。地這えキューリだと何処に実がなっているのか分かりにくいが、この高さだと比較的取り残しは少ない。さらに、このくらいの高さだと台風の影響も少なくて済む。来年はいま少し高い棚つくりのキューリを作ってみよう。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

モグラ君

 我が畑にはモグラが沢山いる。なぜなら畑のあちこちに繋がったトンネルのような穴が沢山空いている。しかしながらまだ姿を見た事がない。

 こんなにも穴が開いているのに、今までは局部的な被害はあったが、モグラが原因で大きな被害を被った経験は無い。
是がモグラの穴である。この穴は大分長く続いている。

モグラの穴がそこいら中に


 畑には各種の生き物。動物、植物、虫、微生物などが生息している。多くの場合栽培植物にとって害となる生き物だけが話題になり、すぐに退治する話になる。しかしながら、当然益となるものもいて、両者が拮抗して、皆が共存している姿が自然農法の畑なのだろう。 したがって、畑に生息する生き物は出来るだけ退治しないのがベストなのだと思っている。

今日の農作業:なし

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

雉対策

 今朝も4:30から畑に出た。雉が3羽も畑をうろうろしていて、表土が出ているところは雉の足跡で一杯だ。一昨日から大豆を蒔き始めたがこれでは芽が出たとたんに全滅の憂き目に会いそうだ。雉だけでなく鳩も一羽いる。
 鎌を雉めがけて投げてみたが、びっくりはするのだが、遠くには逃げていかない。ここいらの主なのかも知れないが、図々しい限りである。

 そんなわけで、さっそく鳥除けの糸を畑全体に張り巡らせたのである。雉はよくお茶の木の中を通るので、茶の木に沿って糸を張り、当然大豆を蒔いた畝に沿って糸を張り、念のために横糸も張り巡らしておいた。これで被害が防げるかどうか? 芽が出る3,4日後が楽しみである。

 今日は、2畝の整理と大豆を蒔いたが、かなり暑く疲れも出てきたので、無理をせず7:30には帰宅。まだ、大豆は蒔ききれないのです。今度は24日が勝負だ。

今日の農作業:
 ①キューリ2本収穫
 ②あとは本文に書いたとおり。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

カナヘビの交尾

 畑には色々な生物がいるが、殆ど緑のない幼稚園にも色々な生き物がいる。カナヘビの餌となる昆虫を探して園の周りを歩いていると、めったに見ることが出来ない光景にでくわした。アスファルトの上でカナヘビが交尾をしているではないか。オスはメスを羽交い絞めにして(写真)、私が近づいても、網を掛けてもまったく動かない。交尾中は何があっても動じないようだ。こんな時が一番危ないのだろう。命を掛けて次の世代を残す姿は感動ものである。

 交尾の邪魔はしたくないので、しばらく観察していたが、其のうちに動き出したので、カナヘビを捕らえるべく網で追った。メスはトカゲのしっぽ切りで逃げさってしまった。オスは追いかけてとっ捕まえることが出来た。このカナヘビも園児の宝物になりました。 しっぽ切りをしたメスのカナヘビのしっぽが動いているところを動画に撮ったのだが、ここには掲載しない。

 これからは餌の確保が非常に大変になりそう。大好物は小さなこおろぎ、ハエ、蚊など比較的柔らかい虫達だ。でも、色々な虫を与えて様子を見ると良いとHPには書いてあったので、色々な虫を与えてみようと思う。

カナヘビの後尾

今日の農作業:
 ①相変わらず野草刈り。ただ今日はいつもの畑ではなく近所の50坪ほどの畑。
  大分遅くなってしまったが、近いうちにスイカを植えるので、準備だけは。

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

雉?

 以前にも書いたが、大妻の畑には雉が出る。今日、畑に生ごみを埋めに行ってみると雉らしき足跡が沢山麦畑を縦横無尽に残っている。麦は踏まれても殆ど問題ないが、気になるので、あちらこちらに糸を張ってきた。糸に足を引っ掛けるとしばらくは来なくなるだろう。
 この糸は比較的太いので、良く見れば見えるのだが、時々人間が引っかけてしまう。注意注意。

 また、魚のあらなどを含んだ生ごみを埋めた廻りにはハクビシン(実態は不明)らしき足跡が沢山残っていた。穴の上には板を敷いておいたので、掘り返すことが出来ないので、諦めたようだ。

 昨年、スイセン畑の球根を皆掘り上げ、公園の花壇に植えた。しかし、堀残しがあり、芽を出していたので、一箇所にまとめて埋め直しておいた。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して10年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター