FC2ブログ

家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2019-12

スナップエンドウ、今年は成長が遅い

令和最初の記事になりました。

確実に冬を越したスナップエンドウだが、春になって成長が遅い。 先日初収獲したのだがまだ4個。 本格的に収穫できるのはこれから1週間近くかかりそうだ。

成長の遅いスナップエンドウIMG_3006.jpg


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト



スナップエンドウの寒さ除け

早めに種を蒔いたスナップエンドウは成長しすぎて、寒さで大分傷んでいる。 このままではだめになってしまうかもしれないが、念のためすだれをかけて防寒しておいた。 遅蒔きのスナップエンドウは元気なので問題はないのだが、野菜栽培は時期を間違えると収穫にありつけないことが結構あるのである。

今日の農作業: 16:30~17:00
①早蒔きのスナップエンドウの寒さ除けにすだれを掛ける。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

餅つき&久ぶりの菜園作業

スナップエンドウだが、早蒔き遅まきの成長が全く違う。 早蒔きは成長し過ぎて寒さに耐えきれないか心配だ。 一方遅まきはまだ小さいがしっかりしていて安心していられる。

早蒔きのスナップエンドウ
スナップエンドウ早蒔き

遅まきのスナップエンドウ:早蒔きと遅蒔きではこんなにも違う。
スナップエンドウ遅蒔き


今日の農作業: 15:00~16:30
①収穫   ミズナ、春菊、パクチョイ、タアサイ
②第2、3弾のホウレンソウに寒冷紗や不織布をかけ防寒
③大根に虫よけシートを2重にかけて防寒


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スナップエンドウの収穫時期

エンドウ類の収穫はできるだけ若いうちにと考えていたのだが、もっと丸々太らせて収穫した方が甘くておいしいとの話が飛び込んできた。 実際に食べてみたが、多少太らせた方が甘いことが分かった。  これからは早めにとるのではなくいま少し時間を置いて収穫することにしよう。

今日の農作業: 16:30~17:10
①収穫   カキナ
②観察   オクラが発芽しそうだ。 明日には確実に芽を出しているだろう。 モロヘイヤが発芽、ゴーヤはまだ。
③すべきこと:
   ・ネギ苗、小松菜、ニンジン苗等に液肥
   ・サツマイモの植え付け
   ・次のキャベツの種まき
   ・明日は発芽したばかりのゴボウの雨除け
   ・キューリ、ナス、トマトなどのマルチ
   ・スイカのマルチとビニールトンネル
   など、すべきことはいろいろだ。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

スナップエンドウの初収穫

真冬も、半分ビニールトンネルを掛けて育てた甲斐もあって順調に生育してきたスナップエンドウ。 やっと収穫の時期を迎えることができた。 ただいま花も沢山咲いていて、これからは3,4日毎に収穫できるだろう。 絹さやよりも柔らかくておいしい。

収獲したスナップエンドウ: 初収穫、貴重品だ。
スナップエンドウ

今日の農作業: 16:00~17:10
①収穫: スナップエンドウ 18個
②低くしてある虫よけシートのトンネルを高くする: 雨対策だ。
③ホウレンソウの片付け: 後に自家製堆肥を撒いておいた。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME | 

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して13年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター