FC2ブログ

家庭菜園と自然農法

家庭菜園と自然農法を通して気がついたことを何でも記録する場所です。農業のこと、環境のこと、人間のことなど何でも気がついたことは記述していきたいと思っています。

2019-12

キャベツ、白菜、ネギの種まき

 毎年、白菜はうまくできないことが多い。 今年も種まきの時期がちょっと遅い感じであるし、うまく成長してもヨトウムシにやられてしまうことが多い。 本日やっと60日、80日の白菜の種まきをしたが、直播なのである程度成長したら植え替えをしなくてはならない。

そうそう、一昨日蜂に刺されたが、今日その巣を取り除くことができた。 巣の中の幼虫は死んでしまうので、成虫はどこかに行ってしまうだろう。

本日人参も種蒔きしようと思ったが、種まき時期は8月中旬までだ。 雨が降ってきたので止めたが、明日以降種まきをしてみようと思う。

今日の農作業: 15:00~16:30
①収穫: インゲン、トマト、むかご、ゴーヤ、ナス、キューリ、キャベツ
   キャベツは残っている6株を収穫したので、片付ければ秋冬野菜を植えることができる。
   キューリはこれから毎日9月一杯収穫できるだろう。
②種蒔き:白菜60日、白菜80日、四季取りキャベツ、地元のネギ
   今年は白菜を沢山収穫したいな。


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。
スポンサーサイト



白菜・レタス

今日は一日家を出なかった。 歩行数は74歩。 これは今までで最低の歩数だろう。 でもたまにはこんな一日があってもいいだろう。 殆ど新聞を読み、テレビを見ていた。 

今日は天皇誕生日。 テレビで天皇の誕生からの生きざまを見たが本当に頭の下がる生き方をしてきたことを感じることができた。象徴天皇のあり方を考え続けてきたようだ。 また明日続きがあるのでぜひ見たいと思う。 

昨日確認したのだが、8株苗を購入して植えたが白菜は虫が入って全滅、同様に8株苗を購入したレタスの中が腐り気味で全滅。 だいたい原因はわかっているが野菜に対する愛が足りないとつくづく思うのである。 やるべきことをしていないのが原因。

虫の入った白菜と仲が腐り気味のレタス:白菜
レタス

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜の発芽

白菜は冬野菜の王様かな。 漬物良し、鍋良し。 どんな料理にも使える。 その白菜の栽培は結構難しい。 なぜなら虫たちにやられてしまうからだ。 特にヨトウムシには困っている。 虫よけシートを掛けてもヨトウムシは地面の中から出てきて食害するのである。

多くの方はヨトウムシ退治の農薬をまいて栽培しているが、私の場合は無農薬なので、農薬をまくわけにはいかない。 それでも、半分以上は食べられるので良しとするか。 

発芽した白菜(80日タイプ): ポットは土の上に並べてあり、ある程度大きくなればポット苗として定植する。
白菜の発芽

今白菜はこの中にいる。
白菜はこの中に


今日の農作業:5:00~7:00
①収獲:  キューリ*6、ナス*3、トマト*1、モロヘイヤ、サンチェ
②水遣り:  発芽したばかりの白菜、ブロッコリー、ニンジンの散水
③カボチャ畑の草取りを少し


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜の間引き

今年はすでに白菜の種を直播して、かなり大きく成長している。 虫よけシートがなかったので、何も防御無で成長してきた。 しかしながら、数株は上手く成長できないで枯れてしまったものがある。  それを補う意味で白菜の苗を育てるべく、育苗している。 昨日この苗の間引きを行ったのだが、今日見るとそのかいあってか白菜の株がしっかりしている。 

しっかりしてきた白菜の苗: まだ小さいです。
間引きした後の白菜

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜の育苗

畑に直播した白菜の半分が先日の大雨で流されてしまったので、すぐにポットで苗を育てることにした。順調に発芽したのだが、土に近いところに置いたので、どこからともなく侵入したカタツムリとナメクジに葉を大分食べられてしまった。カタツムリもポットの陰に隠れているので、なかなか見つけるのも大変だが、全部で7~8匹捕まえた。以降葉が食べられることは無くなったが、置き場所には注意が必要だ。


大分葉を食べられた育苗中の白菜:新しく育ってきた中心部の葉は食べられていない。

カタツムリに葉を食べられた白菜


今日の農作業:なし


  <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜のその後

寒さ対策をしていた白菜達だが、今日中を見てみたらかなり腐っているのと虫(アブラムシやミミズ)が入っている。 芯に近いところは食べられるのだが、無理に食べる必要はないので、ほとんど廃棄処分にした。

防寒中の白菜:
寒さに耐える白菜

腐りと虫がついた葉を剥いてゆくとこんな姿に。
白菜の芯だけ

今日の農作業: 15:30~17:00
①白菜の処分
②付近の野草取り: 冬の野草の根張りすごい。
③轍ができた農道の補修作業
④収穫: 白菜、フキノトウ


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

二回目の白菜漬け

一回目は塩分が濃すぎるとのことであまり人気がなかったが、私としては何も問題ない出来だった。 でも今回は塩分濃度を2.5%くらいに抑えてみた。 果たしてどんな出来になるか。

白菜5株 約8kg
海の塩  200g位(約2.5%)
唐辛子  6個
重し    6kg
容器は15リットルの漬物用樽:溢れるくらいに詰め込んだ。
現在外に置いてある。 明日の朝には水が上がっているといいな。
こんなに作ってどうするの? と言われそうですが、たぶん正月明けには食べてしまうでしょう。

天日干しする前:朝の7:30頃
天日干しを始める前

天日干し完了:夕方7時ころである。
天日干し完了

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜の収穫と寒さ対策

大好きな白菜。 冬場の野菜の女王様だ。 今年は60日、90日タイプの白菜を栽培。 ヨトウムシにやられ、アブラムシにやられ、大分痛めつけられたが、自分で食べる程度は十分に残っている。

今日は白菜の葉をくくって寒さ対策を行った。 でも、この中に虫が入り込んでいるのだろうな。 かえって虫を保護してしまうのではないかと気をもみながらの作業である。

5株ほど収穫をしたが、外葉から1/3は虫食いだ。   明日は今日収穫した白菜を天日干しし、夜には白菜漬けをする予定だ。 白菜漬けはいくら食べても飽きないのです。

収穫する前の白菜: 多少虫食いがありそうだが、実際は結構虫に食われている。白菜

虫が出てきた。 ヨトウムシだけでなくミミズもいる。虫が出てきた

虫に食われている葉を取り除くと2/3くらいになってしまった。 取り除いた葉が沢山残っている。大分葉を剥がすことになってしまった。

今日の農作業: 15:30~16:20
①白菜の寒さ除けと収穫(5株)
②大根収穫
③あとは観察


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

悩み多き白菜

今日は昼ころやっと雨がやみ、待ちに待った畑仕事に出かけることができた。 

白菜は大好物の野菜の一つである。 でも、例年思ったほどうまく栽培することはできない。 表面の葉を取り除けば食べられるところは十分あるのだが、商品にはなれないな。 前から気にはなっていたのだが、アブラムシが大量に張り付いている。 それが進むと株自体がダメになってしまうのである。すでに数株が成長できずにダメになってしまった。 ほかの株もアブラムシが付き始めているが、被害が大きくなる前に株が成長してくれれば問題はないのだが。

今までヨトウムシばかりに気を使っていたが、アブラムシの攻撃にあい、観察不足を痛感している。

白菜の下葉の裏にはびこったアブラムシ:  これが進むと白菜はダメになってしまう。白菜の下葉についたアブラムシ
 
今日の農作業
①ミニトマトの片付け
②白菜のアブラムシ対策
③来年の種まき用大豆の収穫(実着きの良い、きれいな大豆を選別)
④収獲: ミニトマト、白菜、キャベツ、レタス、大根、ホウレンソウ、ねぎ、ブロッコリー
  ブロッコリーは花が咲きそうなので残り4株全部収獲。 
  ミニトマトは片付けたので今日で終わり。
  キャベツも最後なので今日で終わりだけど、2週間もすれば次のキャベツが食べられるようになる。
  

 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

白菜が食べられている

最近白菜の観察を注意深く行っているが、大分虫に食べられている。 被害が大きいのがヨトウムシだ。他に毛虫(名前不明)やカタツムリなどがいる。 白菜の葉の隙間をよく見て糞があれば必ず虫がいる。 見つけて捕殺するのだが、すでに芯に近い葉が食べられた白菜がどこまで復帰してくれるかはよくわからないが、是非復帰してほしい。

離れてみると被害は全くないみたいだ:
離れてみた白菜

毛虫がいる。右側が結構食べられている。
毛虫に食べられている

ヨトウムシがいる。まだ小さいので、それほど葉は食べられていないが、周りには糞が。
ヨトウムシに食べられている

蜘蛛がいる。蜘蛛は小さな虫たちを食べてくれるので、沢山いても問題はない。
虫を食べてくれる蜘蛛

かなり芯を食べられた白菜:ここまで食べられると復帰は無理かもしれない。ここには大きく丸々太ったヨトウムシがいた。
芯を食べられた白菜

今日の農作業:9:15~12:00
①収穫: サトイモ、インゲン、ナス、大根、チンゲンサイ
②玉ねぎ畑の草取り
③サツマイモの弦を片付け
④白菜とキャベツの虫取り(殆どヨトウムシ)


 <--左のバナーをクリックしてください。このブログがランクアップします。と同時に、「野菜作り」に関連する沢山のブログも見ることが出来ます。

 | HOME |  »

 

プロフィール

チャッピー

Author:チャッピー
本名:釼持和夫、埼玉県入間市金子地区に居住、定年退職して13年目。当初は農薬や化学肥料を使っていたが、危険性を感じ、無農薬、無化学肥料で30年近く素人家庭菜園を楽しむ。20坪位から始め今では300坪近い。機械は使わないので、無耕起栽培や自然農法にトライ。合わせて農業に関連の深い環境関連の活動にも参加。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター